芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

YouTube

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/09/19(月) 23:49:45.80 _USER9
お笑いコンビ・爆笑問題が9月9日に開設した公式YouTubeチャンネルが〝苦戦〟している。

『爆笑問題のコント テレビの話』は、毎週火曜と金曜の週2回更新され、新作コントを初回は4本、その後は1本ずつ配信する予定。
太田光は、マスコミの取材に対して次のように意気込みを語った

「コントを地上波でやりたいなあと思っていたけれど、なかなかそんな機会もない。YouTubeならテレビと遜色なくできるのかなと思った。僕が社長(妻・太田光代氏)に頼み込みました」


今後については「世の中で起きてることを反映しながら、素に近いやりとりをコントの設定でゆるい感じでやりたい。例えばロケなど、最終的には広がっていくのかなという感じはします」と明かし、「肩の力を抜いて、ぜひ暇つぶしに見てください」とPRした。



「#太田光をテレビに出すな」

しかし、ネットの反応は微妙だ。

《うーん、正直爆笑のコントはイマイチ。無理にYouTuberなんかやらずに漫才しなさいw》

《第1回見たけど、やっつけで作った安っぽいコントみたい。せめてもう少し金かけろよ》

《あれだけユーチューバーに対し敵意剥き出しでバカにしてたくせに、結局YouTube始めるとか草 案の定、彼らの足下にも及ばず大惨敗w》

《太田ってカジサックとか馬鹿にしてたよね。プライドないのかね~》

《なんかただの内輪ノリのコントだったな。その内、更新が止まりそうだなw》

あの爆笑問題が、満を持してYouTubeを始めるとあって、ネットニュースなどでも大きな話題になったが、思ったよりも再生回数は伸びていない。


「記念すべき第1回の動画は12万回以上(9月14日時点)再生されていますが、続く動画はあっという間に半減。現状は大惨敗といえる」(芸能記者)


お笑いコンビ・かまいたちや江頭2:50は、チャンネル登録者100万人突破まで、さほど時間もかからなかったが…。

「公開されたコントも決して面白くないわけではないが、太田がユーチューバーに否定的な態度をとっていたことが影響している可能性もある。YouTubeを日常的に楽しんでいるユーザーからすれば、『バカにしてたのに何しに来てるんだ』といった感情でスルーしているのかもしれない」(同・記者)


太田は、選挙特番の言動や旧統一教会に対する発言などで物議を醸し、「#太田光をテレビに出すな」というハッシュタグまで登場している。


「もともと万人受けするタイプではないが、独立直後にギャラが安いという理由からテレビで重宝され、いつの間にか〝大物芸人〟扱い。アンチの多いネットとは相性が悪いんです」(同・記者)

9月10日に放送された『FNSラフ&ミュージック ~歌と笑いの祭典~』(フジテレビ系)でもスベりまくり、ダウンタウンの松本人志をあきれさせていた太田。そのうちテレビにも居場所がなくなりそうだ。

爆笑問題が大爆死!YouTube開設も登録者たった4万人…「過去の態度」影響か
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12311-1871810/

question_head_gakuzen_boy

【爆笑問題、YouTube開設も大爆死! 登録者たった4万人… 「過去の態度」影響か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/05/07(土) 00:41:16.99 _USER9
人気ユーチューバーが多数在籍しているマネジメント会社『UUUM』。
トップユーチューバーのHIKAKINやはじめしゃちょーなどが所属している大手事務所だが、ここ数年の迷走っぷりに、ネット上では〝オワコン〟を指摘する声が加速している。

「UUUM」が行なっているのはユーチューバーの総合プロデュースや、クリエイターのマネジメント、商材とのマッチング。 ユーチューバー事務所として数多くの人材を抱えており、『東海オンエア』『Fischer’s-フィッシャーズ-』『水溜りボンド』などが有名どころだろう。


ただ「UUUM」を牽引する存在であるユーチューバーたちも、最近は再生数が伸び悩んでいる印象。
「水溜りボンド」はショート動画を除くと、ここ1カ月で100万回再生を超えている動画はゼロ。HIKAKINや「フィッシャーズ」においても、再生数200万回以下の動画が大半を占めている。


「UUUM」の大黒柱とも言えるはじめしゃちょーですら、元『AKB48』の小嶋陽菜とコラボして再生数は80万回ほど。 これにネット上では、

《もう終わりよ、オワコン》
《UMMMはほぼ全滅状態だよな》
《水溜りとか、もうマジでヤバそう》
《ユーチューバーという名の素人》
《新世代ユーチューバーたちは軽く1000万超えよ。先に始めただけのつまらない奴らはこれからどんどん落ちていく》

などといった辛辣な意見が目立つようになってきた。


次世代ユーチューバーも終わりが近い?

しかし、YouTube界隈全てが〝オワコン化〟したのかというと、そうでもないらしい。
古参ユーチューバーを追い抜き、再生回数を稼いでいるのは『スカイピース』や『中町兄妹』、『コムドット』、『平成フラミンゴ』といった若手のユーチューバーたちだ。

彼らは昨年末に『スカイピース』のYouTubeチャンネルに公開された『【合唱】明日があるさ』に参加。
この動画は公開から4カ月で1,400万再生を突破しており、その勢いは世代交代を強く感じさせる。

とは言え、彼らの人気も一部の熱狂的なファンから注がれているだけだろう。
〝共感性羞恥〟が味わえる動画と馬鹿にする人も多く、

《大の大人がこんなに集まってやることがこれだったんだと思うと、すげー面白いな!》
《これ、純粋に喜んで見れる視聴者を尊敬する》
《1人ずつ前に出てきたから嘘だろ?と思ったんだけど、本当に全員分替え歌の出番があった。苦痛すぎて泣いちゃった》
《ユーチューバーは所詮一般人だった、と再認識させてくれる素晴らしい動画です!》
《この曲を聴くと「学が無いとこうなる」と思えて勉強が捗るのでいつもお世話になってます》
《日本の名曲をここまで無下にするのもはや天才でしかない》

などの声が少なくない。



次なるエンタメ時代を担っていくであろう「明日があるさ」の参加メンバーたち。
アンチでさえ跳ね除けるとびきりの魅力があれば良いのだが、このままではYouTube界隈だけでなく、エンタメもろともオワコン化してしまうかもしれない…。

YouTube“全体的に”オワコン化?次世代台頭も「苦痛すぎて泣いた」「所詮一般人」
https://myjitsu.jp/archives/349533

douga_haishin_youtuber

【YouTube“全体的に”オワコン化? 次世代台頭も「苦痛すぎて泣いた」「所詮一般人」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
douga_haishin_youtuber

1: なまえないよぉ~ 2022/03/29(火) 10:43:33.40 _USER9
暴露系ユーチューバーである東谷義和氏の『ガーシーch』で、3月25日に東谷氏は『【緊急生配信】芸能関係者聞け!』というタイトルの動画を投稿。どうやら暴露を恐れて、芸能関係者が東谷氏のアカウントをBAN(=停止、はく奪されること)しようと動き始めているというのだ。

その流れの中で、メンタリストDaiGoも

『ガーシーchが33日以内に終了する理由を解説します』

という動画で東谷氏のアカウントがBANされる理由を7つ挙げて解説した。その他にも『ガーシーchの倒し方』など3本に渡り動画を投稿している。

このDaiGoの動画に対し東谷氏は

「興味ない。無視するのが一番」

とした上で、

「DaiGoは再生回数が2万とか3万とかになって相当落ち込んでいるので僕に絡んで来てるだけ」

と今最も勢いのあるユーチューバーとして“現王者の貫禄”を見せつけた。

さらに今後の暴露のターゲットになっている俳優Aが

「人材派遣会社を使ってガーシーchの動画を通報しまくってる」

ことを知ったと明かした。

東谷氏は“通報したければすればいい”とした上で

「このアカウントがBANされても暴露は辞めません。海外のサーバーを使ってサイト使ってまた暴露します。

芸能事務所の方々、ユーチューブやからこれくらいの動画で済んでいるということ忘れたらダメですよ。今はまだ相当緩い情報出してますよ。ほんまえげつないの持っているんで。出せない写真・動画いっぱいあります」

万が一ユーチューブがBANされた場合、他のサイトを使ってさらに“えげつない爆弾”を投下し続けると宣戦布告。そして今はもうサイトを立ち上げてその準備を進めているというのだ。

「当初はタレントのリベンジポルノ的な動画もメンバーシップ内で晒すと言っていましたが、やはりユーチューブのガイドラインを考えて思いとどまったようですね。今は収益化の審査自体は通ったのですが、個人情報を特定するPINが手元に届くのを待っているそうです。

このPINが届いてから振込先などを登録しなければ、収益化されたお金は手に入りません。だから今BANされたら今まで稼いだユーチューブの収益もメンバーシップの会費も1円も手に入らずに終わることになるんです」(女性誌記者)

そんな危機的状況でも東谷氏は、

「ユーチューブの収益化なくなったらめちゃめちゃ痛いですけど、痛いからこそその痛みを爆弾にして投げ返します」

とBANされた後の活動も視野に入れているようだ。

「現在暴露するメインのメディアはユーチューブの本アカウントですが、バックアップとしてユーチューブのサブチャンネルや、TikTok、ツイッター、インスタグラムなど発信できるSNSを複数用意している。

今後暴露される予定の芸能人からすると、一刻も早くBANされることを祈っているでしょう。ですが、そのBANされたことへの報復はさらにひどくなる可能性もはらんでいるわけですから、どこまで行っても“イタチごっこ”で終わる可能性は高いですね」(ワイドショー関係者)

安定のユーチューブか、他サイトでのさらに過激な暴露か。ガーシーファンはどちらでも歓迎かもしれないが…。

3/29(火) 10:02配信
FRIDAY

YouTube番組『ガーシーch』で芸能人の私生活を暴露し続ける東谷義和氏。嫌がらせに対しては徹底抗戦の構えだが…(オフィスYouTube動画より)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c4cc3ed1830b82081ba79ec466857c0cb7bc8058

【【暴露系ユーチューバー】『ガーシーch』嫌がらせ”アカBAN”なら過激暴露で徹底抗戦へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
video_dance_odottemita

1: なまえないよぉ~ 2022/02/04(金) 15:02:09.81 _USER9
本日2月4日に誕生日を迎えた小泉今日子のYouTubeチャンネルがオープン。3月21日発売の映像作品「コイズミエキシビション~コンプリートビジュアルベスト1982-2022~」から12本分のミュージックビデオが同チャンネルで公開された。

今年デビュー40周年を迎える小泉。「コイズミエキシビション~コンプリートビジュアルベスト1982-2022~」には、これまでに制作された彼女の全MVの、アップコンバートされた映像とリマスタリング音源が収録される。

小泉のYouTubeチャンネルでは、彼女にとって初のMVとなった1984年発表の「迷宮のアンドローラ」をはじめ、東京の竹下通りから代々木公園界隈を闊歩しながら撮影された1990年発表の「丘を越えて」のMV、新宿西口の高層ビル群を背景に撮影された1993年発表のアルバムタイトル曲「TRAVEL ROCK」のMVなどを楽しむことができる。

https://natalie.mu/music/news/464394

https://www.youtube.com/c/kyon2/videos

小泉今日子 ミュージックビデオ一覧
・T字路 / 小泉今日子&中井貴一(2014年)
・100% / 小泉今日子(2012年)
・モクレンの花 / 小泉今日子(2003年)
・for my life / 小泉今日子(1999年)
・TRAVEL ROCK / 小泉今日子(1993年)
・優しい雨 / 小泉今日子(1992年)
・あなたに会えてよかった / 小泉今日子(1991年)
・丘を越えて / 小泉今日子(1990年)
・La La La... / 小泉今日子(1990年)
・Fade Out / 小泉今日子(1989年)
・Smile Again / 小泉今日子(1987年)
・迷宮のアンドローラ / 小泉今日子(1984年)

https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2022/0203/koizumikyoko_mv.jpg

【小泉今日子がYouTubeチャンネル開設 12本のMV公開】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
hidoi_reply_yokeru_man

1: なまえないよぉ~ 2021/11/11(木) 10:35:49.26 _USER9
11月10日、YouTubeが低評価数を非公開に切り替えると発表しました。この変更は本日から順次適用されます。

今年前半、YouTubeは低評価数を非公開にする実験をおこないました。

低評価ボタンは表示したままで、低評価のカウントを非表示にしたところ、クリエイターへの嫌がらせが減少することが確認できたとのこと。
実験では、小規模なチャンネルのほうが攻撃の対象になりやすいことも分かったそうです。

この結果を受け、YouTube全体で低評価数を非公開にすることを決定したとしています。
変更は本日から実施され、徐々にYouTube全体に適用されていくとのことです。

低評価数は非公開となりますが、低評価ボタン自体は据え置かれます。
また、クリエイター自身は、YouTube Studio(管理画面)で引き続き低評価数を確認することが可能です。

YouTubeによると、実験中には、「低評価数は動画を見るかどうか決めるのに役立つ」といった意見が寄せられていたとのことで、この決定に同意できないユーザーがいることは認識しているものの、「プラットフォームのためにおこなうべき正しいことだと信じています」とコメントしています。

ユーチュラ

https://ytranking.net/blog/archives/63736

【YouTubeの低評価数が非公開に 本日から順次】の続きを読む