芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

V6

1: なまえないよぉ~ 2018/10/12(金) 15:54:08.10 ID:CAP_USER9
V6の三宅健(39)とモデル女性の交際を、きょう12日発売の写真誌「フライデー」が報じている。
同誌によると、女性はブラジル人の父と日本人の母を持つハーフで、ファッション誌などで活躍中のプリシラ(32)。
2人で三宅の自宅を出入りし、スクーターに2人乗りしたり、都内のカフェでデートする姿を掲載している。

三宅が所属するジャニーズ事務所は「プライベートは本人に任せています」と話している。
V6のメンバーは07年の井ノ原快彦(42)をはじめ、長野博(46)、岡田准一(37)、森田剛(39)と結婚ラッシュ。
三宅がゴールインすれば、グループ5人目の妻帯者となる。

http://news.livedoor.com/article/detail/15433913/
2018年10月12日 12時0分 スポニチアネックス

no title

【V6三宅健、ハーフモデルとの交際問題、ジャニーズ事務所は・・・】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/12(金) 07:10:41.03 ID:CAP_USER9
■安室奈美恵、柴咲コウと浮き名を流してきたモテ男がついに人生の決断をするのか

no title

本誌は10月上旬、仕事へ向かうために自宅を出た三宅を直撃


白い125ccのスクーターに跨り、都内を颯爽と走り抜ける美男美女。まるで、かの名作映画『ローマの休日』を彷彿させるシーンである。

慣れた様子でスクーターを乗りこなすイケメンは、『V6』のメンバー・三宅健(39)。40歳を目前にしてもデビュー当時と変わらない体型とベビーフェイスで、近年では“奇跡のおじさん“とも称される超売れっ子アイドルである。

気になるのは、相手の女性。スラリとした抜群のスタイルの彼女は、ファッション誌などで活躍中のモデル・プリシラ(32)である。

「彼女はブラジルのサンパウロ生まれで、ブラジル人の父と日本人の母との間に生まれたハーフです。5歳のときに移住して以来、日本を生活拠点にしています。彼女の武器は、なんといっても168cmの高身長です」(女性誌関係者)

たしかに三宅がこれまで付き合ってきたのは、安室や柴咲をはじめ、どこかエスニックな雰囲気が漂う美女。そんな三宅にとって、彼女のルックスはまさに“ドンピシャ“なのだろう。

本誌が確認した限り、二人は生活を共にするほど親密な様子。行きつけのカフェ常連客も、こう証言する。

「健クンは、よくこの店に来ています。多いときは、週に2~3回顔を見せることもありますよ。健クンが来るときは、いつも彼女と一緒です。彼女も美人で、まぁ目立ちますから。それでも二人はコソコソと隠れることもなく、堂々とした様子でデートを楽しんでいますよ」

実際、本誌は今年8~9月の間に、三宅とプリシラが彼の自宅から出かけるところを何度も目撃している。

まるで“婚前愛“とも言える甘い生活を送る二人。ジャニーズアイドルとモデルだけに、結婚までの道のりは遠いかのように見えるが、このままゴールインというのも十分にあり得るという。

「三宅は自身の両親が25歳で結婚したということもあって、実は若い頃から結婚願望はかなり強いんです。“幸せな家庭“に対する憧れを昔から持っていて、一部の親しい友人には『40歳になるまでには結婚したいんだよ』と漏らしているようです」(芸能関係者)

『V6』の年下組3人で作られた『カミングセンチュリー』では、結婚ラッシュが続いている。昨年12月には岡田准一(37)が宮崎あおい(32)と、今年3月には森田剛(39)が宮沢りえ(45)とゴールイン。この勢いを駆って、三宅が人生の決断をする日も近いかもしれない。

10月12日発売のFRIDAY最新号では、スクーターに跨る”ニケツ”写真やプリシラとの仲睦まじいツーショットを掲載。さらに三宅への直撃取材の模様などを詳細にレポートしている。

撮影:西原秀

10/12(金) 7:05配信 FRIDAY
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181012-00010000-friday-ent

【デート姿をキャッチ『V6』三宅健&美人ハーフモデルの「婚前愛」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/03/16(金) 19:59:26.49 ID:CAP_USER9
人気グループ・V6の森田剛(39)と女優の宮沢りえ(44)が16日、結婚を発表した。森田はV6では4人目の既婚者となったが、同グループで結婚したメンバーの妻は全員が女優となっている。

グループで最初に結婚したのは、井ノ原快彦(41)。2007年9月に瀬戸朝香(41)との電撃婚を発表した。ついで16年11月に長野博(45)が白石美帆(39)と、17年12月には岡田准一(37)が宮崎あおい(32)と結婚している。

ジャニーズ事務所では、10年10月に少年隊の東山紀之(51)も木村佳乃(41)と結婚。現在は退所しているが元KAT-TUNの赤西仁(33)も在籍時の12年2月に黒木メイサ(29)と結婚した。

V6の独身は坂本昌行(46)と三宅健(38)。

3/16(金) 14:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000334-oric-ent

写真
no title

【<V6メンバー>既婚者4人に 妻は全員女優wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/03(土) 08:32:31.63 ID:CAP_USER9
V6の井ノ原快彦(41)が3月末で司会を務めるNHK朝の看板番組「あさイチ」(月?金曜前8・15)を降板することが2日、分かった。2010年春の番組開始時から8年間にわたってコンビを組んできた有働由美子アナ(48)とともに同時降板することになる。近日中に発表される見込み。国民的な「朝の顔」を失う番組の今後が注目される。

 元日付のスポニチ本紙報道で有働アナの降板が明らかになって1カ月。井ノ原も同時に番組を降りることが分かった。

 同局関係者によると、きっかけは“相方”の降板決断。有働アナは50代を目前に「プライベートを充実させたい。年齢的にも自分の時間がほしい」と希望。3月末で番組を降りることが決まった。これを受け、井ノ原も降板を申し出たという。

 2人は番組開始時の10年春から司会を担当。「セックスレス」「子宮」など、どんな大胆なテーマでも本音で語る有働アナと、それを柔らかく受け止める井ノ原のやりとりは人気を集めた。番組関係者は「絶妙なコンビネーションだった。硬軟どちらのネタでも対応できたし、民放の情報番組から視聴者を取り込むことができたのも2人のおかげ」と指摘する。

 連続テレビ小説の放送直後に、2人が“井戸端会議”風に感想を語り合うのも名物になった。番組は「朝の情報番組戦争」と言われる激戦区でライバルを寄せ付けず独走。NHKの看板番組として高視聴率をキープしている。15年の紅白歌合戦では井ノ原が白組司会、有働アナが総合司会の立場で番組を仕切ったこともあった。

 国民的な「朝の顔」として親しまれた名コンビ。その同時降板は番組、テレビ界にとどまらず大きな波紋を広げそうだ。

[ 2018年2月3日 08:05 ] 

イノッチも「あさイチ」降板 8年間の相棒・有働アナと同時に…3月末で 

 
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/03/kiji/20180202s00041000314000c.html
no title

【有働アナと同時にイノッチも「あさイチ」降板、完全に別番組だな・・・】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/29(金) 16:13:16.02 ID:CAP_USER9
 11年12月に不倫交際が発覚したV6の岡田准一(37)と女優の宮崎あおい(32)が今月23日、ついにゴールインを果たした。

 不倫交際が発覚した直後、宮崎は元夫で俳優の高岡奏輔(35)と離婚。その後、高岡はSNSで岡田を“攻撃”していたが、岡田と宮崎は極秘交際で愛を育んでいた。

 「不倫を知って岡田を呼び出し謝罪させたと報じられた高岡。ならば、慰謝料を取るなりなんなりすれば良かったが、実は高岡にも負い目があった。どうやら高岡のDVがかなり激しかったようで、宮崎は岡田にそのことを相談していたようだ」(週刊誌記者)

 宮崎は苦境を乗り越え、晴れて岡田と再婚。今後、こそこそデートする必要もなくなったが、もっぱらドライブデートを楽しむことが多いようだ。

 「大人しそうに見える宮崎ですが、愛車は走り屋たちに人気のポルシェ・カイエン。ハンドルさばきはかなりのもののようで、宮崎がハンドルを握ることが多いようです」(テレビ局関係者)

 そして、どうやらドライブだけでは終わらないようで…。

 「岡田といえば、若かりし頃、タレントの優香とのカーセックスを報じられたことがありました。どうやら、ノーマルなプレイでは物足りないようで、車の中でするのがお好きなのだとか。宮崎もノリノリで応じているのでは。つまり、あっちの相性もバッチリなんです」(先の記者)

 この分だと、早いうちに宮崎からのおめでたい報告がありそうだ。

http://wjn.jp/article/detail/8775412/
no title

【あっちの方も抜群の相性だったV6・岡田准一と宮崎あおいwwwwwwwww】の続きを読む