芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

TKO

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/04/10(土) 20:52:25.60 _USER9
’20年11月、本誌インタビューに登場した木下。「アンチコメントばかりだったYouTubeもファンが増えてきました!」
「大晦日(おおみそか)の『笑ってはいけない』に出させてもらって、やっとスタート地点にまた戻ってこれたんや、と感じました。正直、オファーが来たときはめちゃくちゃ怖かった。直前に『アンジャッシュ』の渡部(建)のこともあったから、俺が出てええんかな、って不安しかなかったですよ。

でも、俺が出ていったら、『全員OUT』で……。何より『ダウンタウン』さんが笑ってくれた時は、もう心の底から安心しました。俺って笑われてええんや、これで解禁なんや、って思ったんです。楽屋に戻ってから感動と安心でしばらく動けなかったです……」

そう声を震わせるのはお笑いコンビ『TKO』の木下隆行(49)である。後輩へのパワハラ騒動から1年半。テレビ復帰を果たし、YouTubeチャンネルでも登録者数が増え始めたという。今年1月、木下は絶縁状態だった相方・木本武宏(49)とも再会を遂げた。

「まず騒動に関して、 『お前にまったく関係ないのに迷惑かけてホンマにごめん』と謝罪しました。そしたら木本に『お前はどうしたいんや?』と聞かれたので『木本と組んでたからこそ、ここまで来られた。騒動後もお前がコンビ名を残してくれたから、腐らずにやってこれたんや。俺はやっぱりコントが好きやから、コンビで舞台に立ちたい』と伝えました。

『俺もコント師や。ほんならやろう。お前はフリーで俺は松竹芸能やから、そこはルールを決めてやっていこうな』と木本に言われました。あんなに迷惑をかけたのに、見捨てずに同じ方向を向いててくれたんや、とわかった時はホンマに嬉しかった。感謝しかありません」

二人はすでにある〝準備〟を進めているという。

「再会した日にネタ合わせをしました。『こんなん考えてるんや』と互いに話し合う感じで。14歳から友達やけど、ブランクがあると息が合わないんです。そこをゆっくりと合わせていきました。復活の舞台に関してはまだ決まってません。でも、どこに呼ばれてもいいように、エンジンはかけたままにしています。『TKO第二章』はここからです」

ついに完全復活か――。木下が熱い想いを明かす。

「『キングオブコント』に出られたら、素敵なストーリーやなぁ。できることなら、もちろん出たい。決勝に行けたらいいですね。今は『お笑い第7世代』っていう強力なライバルがウジャウジャいるから、自分たちにそれに張り合えるほどの勢いとスピード感があるネタが作れるかが課題となると思います。

もう一度、若手の気持ちに戻って頑張りたいと思います。まずは5分間のネタを考えるところからですかね。作れるかどうか、ちょっと不安やけど(笑)」

ベテランではなく、若手としての再スタート。もう一度這(は)い上がれるか――。

『FRIDAY』2021年4月16日号より

4/10(土) 12:02
FRIDAY

謝罪して和解…TKOが完全復活へ!「キングオブコントに出たい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/db6dac15ad5076df46e8555f35d24dea437449dd

ojigi_animal_neko

【謝罪して和解…TKOが完全復活へ! ← 需要ないだろwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/03(金) 21:03:02.95
 ユーチューバー・カジサックとして活動するお笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(39)が3日に最新動画を更新。先月15日に松竹芸能を退社したお笑いコンビ「TKO」の木下隆行(48)が招かれ、騒動について釈明した。

 木下は一部週刊誌で報じられた“ペットボトル投げつけ騒動”について説明。その事件は、18年12月に行われた松竹の年末ライブが発端で、出演者らが飲酒しながら暴露話をする恒例イベントがあった。その時、お笑いコンビ「オジンオズボーン」の篠宮暁(47)が「木下さんのネタありますよ! あの8万円どうなったんですか?」と仕掛けてきたという。

 木下は「これ何の話かといいますと、先輩の濱口(優)さんが結婚するときに、松竹みんなでお祝いしたんですよ」とそれぞれが祝儀を持ち寄った経緯を語る。
しかし、濱口が先に会計を済ませて退店したため、祝儀の8万円が残された。その後、そのお金でプレゼントを買おうということになったそうで「これを僕はポケットに入れずに後輩に預けたんです。それを全員知ってるんですよね」と振り返った。つまり「あの8万円どうなったんですか?」は篠宮による“プロレス”だったという。

 しかし木下は「いやいやそれは俺じゃないで」と微妙な返しをしてしまい“年末最後のスベり”と言うほど会場は変な雰囲気に。不完全燃焼のままライブを終えると、木下は「カチンときてしまった」といい楽屋のペットボトルを「なんやねん今の絡み方!」と言いながら投げてしまった。
「それがたまたま篠宮の目に当たってしまって…これが本当の事実の話なんです」と話した。「本当にこれは僕が感情的になってしまって、それこそ先輩やから、うまいことさばいて、いじられなアカンかったんです」と反省していた。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-00000195-spnannex-ent
drink_petbottle

【TKO木下“ペットボトル投げつけ騒動”の真実語る「たまたま目に当たってしまって…」 ← やっぱりクズでしたwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/02(木) 22:26:50.16
 松竹芸能を退社したお笑いコンビ「TKO」の木下隆行さん(59)が、2020年4月1日にYouTubeに開設したアカウント「木下プロダクション」で公開した動画がネット上で話題だ。

   動画冒頭、木下さんは「この度は、パワハラ騒動の件で、ご迷惑をかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。木下さんについては昨年から、後輩芸人にパワハラをしていたと報じられることがあり、それに対して釈明した形となっている。

   その後、動画では、「これからは心を入れ替えて頑張ります」としつつ、YouTubeアカウントを開設した理由に言及。「やはり僕はお笑い芸人で、お笑いが好きで、僕が面白いと思っていることの形を発信できるのが、このYouTubeだと思いました」と説明しつつ、「本気で、手を抜くことなく、しっかりとお笑いと向き合い、また、皆様の信頼を取り戻せるように、YouTubeで頑張ります」と決意を述べている。

「YouTubeの使い方を間違えてる。消えろ」

   パワハラ報道に触れつつ、当面はYouTuberとして活動することを表明した木下さん。終始、殊勝な態度で謝罪と新たな決意を述べた木下さんだが、寄せられているコメントは辛辣なものが多い。

   あるアカウントは、「とりあえず後輩にお金返せよ」と、パワハラ疑惑は解決していないと木下さんを非難。また、別のアカウントは「YouTubeの使い方を間違えてる。消えろ」と、YouTuberデビューなどまかりならんと厳しく叱責している。

   芸能人のYouTuberデビューが相次ぐ中、不祥事発生の後に謝罪しつつYouTuberデビューを果たした、木下さんと「同型」のデビューと言える宮迫博之さん(50)がアカウントを開設した際には、開設を支持するファンとそれに反対するアンチからの賛否両論が激突していたのを考えると、木下さんにとっては大荒れの中の船出になってしまったと言えるだろう。

   なお、同動画につけられた「高評価・低評価」の欄を見てみると、2日19時15分時点で、高評価187件に対し、低評価は何と5000件。実に、ユーザーの96.4%が低評価を下しているわけであり、高評価はわずか3.6%。言い換えれば、「支持率3.6%」という状況であり、木下さんにとってのデビュー戦は、まさしく、テクニカルノックアウトといった状況だ。

2020/4/ 2 19:46
https://www.j-cast.com/2020/04/02383619.html
no title

【TKO木下隆行さん、YouTuberデビューは謝罪動画なのに「低評価96.4%」wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/13(金) 07:45:00.78
3月5日、松竹芸能はお笑いコンビ『TKO』の木下隆行(48)が3月15日をもって事務所を退所すると発表した。

木下の「人間性」とは

 木下といえば、昨年秋に報じられた後輩芸人へのパワハラ騒動が記憶に新しい。お笑いコンビ・よゐこの濱口優(48)とタレントの南明奈(30)の結婚パーティーを仕切った木下が、参加した芸人から会費を徴収。しかし、その金銭を自分の懐に入れたことを後輩芸人にライブで公言されると木下は激怒、楽屋でペットボトルを投げつけ、ケガを負わせたという騒動だ。

 それ以来、テレビなどでの露出が激減した木下だが、どうやら“迷惑”をかけていたのは会社や芸人仲間だけではなかったようだ──。

「木下はSNSのアイコンに、クリエイターAさんのイラストを無断使用してトラブルになっているんです。その後、事務所側が“どうにかお金で解決してもらえないか”と提案したそうですが、いまだにその支払いはない。このままトンズラするつもりなんでしょうね」(芸人仲間)

 SNSなどの発達で著作権や肖像権に厳しくなった昨今、自らも洋服をプロデュースするのに、他者の作品を無断使用した木下。Aさんの関係者に取材を進めると、トラブルの詳細が明らかになった。

「木下はAさんがデザインした愛犬のイラストを、少なくとも3か月以上、使用していました。Aさんの周囲の人がそれを発見し、“TKOの木下のSNSに同じイラストがあるけど、パクったの?”と知らせを受け、確認してみるとまさに彼のものだったんです。Aさんは、愛犬をモチーフにした思い入れのあるデザインだったため、木下にDMで“使用をやめてほしい”と送ったようです」

 しかし、木下からの返事は来ない。再度、木下がSNSを更新したタイミングで無断転載をやめてほしい旨をコメント欄で伝えると、木下はそのコメントを削除し、Aさんをブロックしたというのだ。前出の関係者が続ける。

「誠意ある対応がみられなかったため、所属事務所に連絡すると木下は無断使用を認め、取締役と、当時のマネージャーが謝罪に来たというのです。当然、一緒に来ると思っていた木下は仕事を理由に来なかったようです」

 その後、木下からDMで「このような軽率な行動は二度としない」と、やっと謝罪の言葉が届いた。が、Aさんの怒りはおさまらない。

「誰だって、当事者から直接、謝罪してほしいと思いますよ。コメントを削除したりブロックするなんてありえません。木下本人が直接出てこないので、取締役らに、アイコンの使用期間を再確認してみると、この期に及んで1週間しか使っていない、と言い張るんです。

 あげくの果てに、“慰謝料を請求してください”とまで言われたため、Aさんは木下あてに内容証明を送ると、その後、連絡が途絶えたんです。再度、事務所に回答を求めると、“回答しないことが回答です”と言われたようです」(前出Aさんの関係者)

 事実を確認すべく、知人の証言をもとに所属事務所である松竹芸能に問い合わせたが、回答期限までに返事はなかった。

 後輩芸人へのパワハラ報道後、悪い噂などを囁(ささや)かれた木下。松竹芸能を15日に退社し、今後、フリーとして活動するというが、多くのファンを失望させたことは間違いない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00017414-jprime-ent
no title

【TKO木下、パワハラに続きの“金銭トラブル”が発覚!人間性に問題か!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/07(土) 23:57:15.33
3月5日深夜、お笑いコンビ「おぎやはぎ」が、パーソナリティーをつとめるラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、お笑いコンビ「TKO」の木下隆行が松竹芸能を退所することについて語ったのだが、「クロちゃんが踏まれてるのは(報道で)出てるんだよね?」と慌ててスタッフに確認する一幕があり、ネット上で話題となっている。

「松竹芸能は5日、後輩芸人へのパワハラ報道が話題となったTKO木下が3月15日をもって退所することを発表しました。『スポーツ報知』が報じたところによれば、パワハラについて木下は『事実の部分もある』と一部認めているそうで、『会社や芸人仲間に迷惑をかけたので、一度自分を見つめ直してリフレッシュしたい』と、本人から退所を申し出たと事務所関係者が明かしています」(芸能ライター)

この報道に対し、番組で矢作兼は「オジンオズボーンのあいつ(篠宮暁)がペットボトル投げられたみたいな笑い話にしてたけど、あれが実話だったみたいな話からみんなが引いて」と木下のパワハラ騒動について説明。さらに、「クロちゃん…とかもあったよね?」と確認すると、小木は「何かあったんだっけ?」とトボけ、矢作が「あれ、クロちゃんの話って出てる?靴で踏まれた話は出てるよね?」と慌ててスタッフに確認したのだ。

これにネット上では、〈クロちゃんの話って報道では出てるけど、確か木下は否定してなかったっけ?言っちゃって大丈夫かw〉〈報道で出てるか出てないか分からないくらい、木下のパワハラエピソードは色んな人から聞いてるってことか〉〈おぎやはぎの口ぶりだとまだまだ表に出てない件が山ほどあるんだろうな〉など疑惑を生んでいた。

その後も矢作は「木下さんは、いわゆるそういうこととか、それだけじゃないのかもしれないけどね。退所って、これクビだろ」とダメ押し。

「小木はこれに『クビは出てないんだよ。それはダメなのよ。矢作さんそれはダメ。もう曲いこう』と慌ててフォローしていましたが、確かに2人ともまったくフォローする様子は感じられませんでした。矢作の止まらない言及からも、木下についての悪評がにじみ出ており、世間の評価とさほど変わらないようにも思えます。今後、木下はフリーで活動するとことですが、これでは他の芸人と絡むことは相当難しいでしょうね」(芸能記者)

俳優業あたりが妥当なところか?

http://dailynewsonline.jp/article/2226641/
2020.03.07 09:59 アサ芸プラス
petbottle_water_full

【TKO木下隆行、「おぎやはぎの暴走言及」が物語る“救いようのない悪評”!】の続きを読む