芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

TBS

001


1: なまえないよぉ~ 2017/12/09(土) 21:11:37.57 ID:CAP_USER9
在日本エストニア大使館の公式ツイッターは9日、今月3日に放送された
TBS系「東大王 2時間半SP」(日曜・後6時30)内で出題された問題の
「正解」に誤りがあることを指摘した。

番組では国名が「ア」で終わる国について出題された。
その中の映像で、バルト三国について、
北から「リトアニア」「ラトビア」「エストニア」として地図で紹介された。

もちろんこれは誤りで、正しくは北から「エストニア」「ラトビア」「リトアニア」だ。

大使館ツイッターは番組内で紹介された誤った画像を添付し
「どぉもー!TBSさん!これは、空前絶後のぉ!間違いであります!
エストニアはバルト諸国で一番!北ぁ~っ!超絶怒涛の抗議を!し・ま・せ・ん!
これからもよろしくね!エストニアを愛し、エストニアに愛された大使館でした!」と指摘した。

「TBSさん!これは、空前絶後のぉ!間違いであります!」 
エストニア大使館がツイッターで「東大王」に物言い 
2017年12月9日19時3分 

スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/topics/20171209-OHT1T50173.html

https://twitter.com/estembassyjp/status/939379939786178560
no title

【「TBSさん!これは、空前絶後のぉ!間違いであります!」 在日本エストニア大使館がツイッターで「東大王」に物言いwwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/03(日) 11:46:01.74 ID:CAP_USER9
チーズタッカルビ特集にネットでは否定的な意見

no title


昨今では、韓国アイドルや韓国料理などがテレビで紹介されると、ネットでは「ゴリ押し?」との反応が少なくない。

そ2日に放送された、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』が特集した「チーズタッカルビ」に対しても、「韓国への忖度」を疑う人が続出している。


■寂れた新大久保を救った?

2004年に『冬のソナタ』が韓流ブームをもたらして以来、新大久保は韓流ファンで埋め尽くされていた。しかし、2012年頃から政治的な問題もあり、日韓関係が悪化。新大久保を訪れる人は減少し、活気を失っていた。

韓流ブームも過ぎ去り、新大久保を復活させるにはグルメが必要だと感じて考案されたのが、野菜や鶏肉を甘辛く味付けし、溶けたチーズを絡めて食べるシンプルな料理。チーズタッカルビだったという。

リーズナブルな値段とインスタ映えする見た目が若い女性に大人気となった。そして、女子中高生の流行語大賞を決める、「JC・JK流行語大賞」で見事に1位を獲得した。


■韓国への忖度?

しかし、番組の放送にネットでは韓国への忖度を疑う声や「韓国キャンペーンに必死」といった意見が目立つ。

モンゴルには忖度しないが韓国には忖度するTBS。#ニュースキャスター #Nキャス #tbs

ぴーXXXX December 2, 2017

はい、懲りずに韓流ゴリ押し来ました
#tbs #情報7days

suXXXX December 2, 2017

韓国キャンペーンに必死だな?? #ニュースキャスター

koXXXX December 2, 2017


■韓国が嫌いな人は?

しらべぇ編集部は、全国20~60代の男女1,358名を対象に調査を実施。
no title


男女では傾向が大き・・・ (全文はソース元で)

2017/12/03 07:30
テレビがチーズタッカルビを特集 「女子中高生に人気」報道に韓流ゴリ押しを疑う声も
https://sirabee.com/2017/12/03/20161397916/

【【偏向報道】TBSがチーズタッカルビを特集 「女子中高生に人気」報道に韓流ゴリ押しを疑う声もwwwwwwww】の続きを読む

001

1: なまえないよぉ~ 2017/10/27(金) 19:43:00.45 ID:CAP_USER9
2017年10月26日放送の「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」(TBS系)で、九州共立大の望月涼太選手(22)が特集された。そのエピソードが「あまりに重すぎる」とインターネット上で波紋を広げている。

 「死にたいと思うくらい、申し訳ないなって」。望月選手は番組VTRの中で、両親へのこんな「懺悔」を口にしていた。一体、彼と両親との間に何があったのか。そして、ドラフトの「結果」はどうなったのか。番組で生中継された、その一部始終とは......。

■「自分が野球をやってから、家の中がおかしくなった」

 望月選手は滋賀県出身の遊撃手で、大学通算110安打を記録したヒットメーカー。高校時代は通算32本塁打を記録するなど、パンチ力ある打撃も特徴。今年のドラフトでは、複数の社会人チームの誘いを断ってプロ志望届を提出していた。

 そんな望月選手の生い立ちを紹介したのが、ドラフト当日に放送されたTBS特番だった。特集のタイトルは、「野球が切り裂いた家族の絆 今夜、笑顔を取り戻す」。野球をきっかけに「崩壊」したという望月選手の家庭をクローズアップした内容だ。

 この特集VTRの冒頭で望月選手は、

  「自分が野球をやってから、家の中がおかしくなった。死にたいと思うくらい、申し訳ないなって思っていました」

と懺悔の言葉を口に。その上で、家族がそろって写真を撮影したのは「15年前が最後」との情報も紹介された。

 いったい、望月選手の家庭に何があったのか。番組のVTRで特集されたエピソードは、次のような内容だった。

 幼い頃からプロ野球選手を目指していた望月選手は、小学4年生の時に周囲との「温度差」から少年野球チームを退団。そこで、建設会社を経営していた父に「毎日練習に付き合って欲しい」と頼んだ。

 息子からの真剣な願いに父は応えた。毎日2時間の朝練習に付き合い、会社も早退した。さらに、息子を高額な野球塾に通わせるなど、毎月10万円以上を望月選手のために費やした。

 当然、家計は苦しくなり母はパートへ。だが、それでも父は息子のサポートを優先した。あるときは、息子の練習のために85万円のバッティングマシーンを購入したというのだ。


部下の横領で父の会社は廃業に

 望月選手が中学生になると、親子の練習時間はさらに伸びた。父が会社を休んで練習に付き合い、経営を部下に任せることも多くなっていた。

 このとき、一家を揺るがす大事件が起きる。父が仕事を任せていた部下が、会社の建設資材を転売し、その金を持ち逃げしたのだ。被害額は数千万円に達し、父の会社は廃業を余儀なくされた。

 会社を失ったことで、望月家の生活は激変。日々の食費にも困るようになり、父と母が衝突することも多くなった。だがそれでも、父は「高校入学まで付きっ切りで練習を見たい」として、なかなか新たな仕事を始めなかった。

 徐々に崩壊する家庭に強く責任を感じていたという望月選手。番組の再現VTRでは、自分の部屋で一人号泣する望月選手に、妹が、

  「やめなよ、野球。家族がここまでぐちゃぐちゃになってるのに。そこまでして続けるものなの、野球って?」

との言葉をかけるシーンも放送された。

 こうした状況について、望月選手は番組のインタビューの中で、

  「泣いてるときは死にたいって思っていました。お父さんを見てても、お母さんを見てても前までは普通だったのに...。幸せな普通の家族。でも自分が野球をやってから、家族が無茶苦茶っていうかバラバラになった」

と悲壮な表情を浮かべて振り返る。その上で、「自分が何とかしないといけない。プロ野球選手になって、親を生活できるようにさせてあげたい」とも話していた。

ドラフトの結果は...

(続く)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000012-jct-ent&p=1

【「これ、放送しちゃダメだったろ」 TBSドラフト特番、死にたかったと嘆く「指名漏れ」選手にスタジオ絶句】の続きを読む

001


1: なまえないよぉ~ 2017/10/12(木) 18:33:55.80 ID:CAP_USER9
10月11日、タレントの坂上忍とお笑い芸人・ヒロミがMCを務める「犯人に告ぐ!盗聴盗撮 怒りの追跡バスターズ第3弾」(TBS系)が、約3時間にわたり放送された。

その中で目玉となった事件は「300通の脅迫文を送り続けた卑劣なストーカー男! 追跡すると番組史上最大のどんでん返しが待っていた!! 坂上忍が真相を追及!! ストーカーの正体は弟だった!」というものだ。

事件の概要は、1年間で300通もの脅迫状が送られてきた既婚者女性が、探偵事務所に相談。
そして、相談を受けた探偵と番組スタッフがタッグを組み、犯人を追い詰めるというもの。そして犯人は、女性の夫の友人と判明したのだが……。

ところが実際には、売名を目論んだ探偵がシナリオを書き、探偵の実弟が犯人役、その妻が被害者女性を演じていただけのことだった。つまり、TBSはこの探偵に騙されていたというオチだった。

しかし、この展開に視聴者は「このヤラセ番組マジふざけんな!」「この茶番はひどい」「テレビ局がハメられた!って設定のストーリーなのね。
やるならもっと上手いの書けよ」「視聴者舐めんな!」「テレビで流す必要ある? 本当に騙されたのなら局内で解決すればいいのに。時間を返せ」
「騙されたならお蔵入り企画だよね」「これ、結構問題があるよね。BPO動いてくれ」などと怒り心頭だ。

テレビ誌ライターも「視聴者が怒るのも当然」と番組サイドを非難する。

「TBSで不定期に放送している恵俊彰MCの特番『緊急!公開大捜索』は、実際に行方不明者の身元が判明したり、公開捜査の結果、犯人が出頭するなど、いい結果を出してきた。
それなのに、同じ局でこんな内容を放送するとは、愚行としか言いようがない。他の番組まで“ヤラセなのか”と誤解を与えかねません」

今回ばかりは、視聴者をバカにするなと言いたい。

http://dailynewsonline.jp/article/1364409/
2017.10.12 18:14 アサジョ

【TBS「怒りの追跡バスターズ」に批判殺到wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/28(木) 06:07:55.82 ID:CAP_USER9
狭き門をくぐり抜けてきた女子アナのプライドが高くなるのは想像ができる。とはいえ、一皮剥いたら自己顕示欲のカタマリでは、周囲は困惑するばかりである。

日テレの朝の情報番組「ZIP!」でブレイク中なのは郡司恭子アナ(27)。昨今の若い女性には珍しい清楚な雰囲気を持ち、同性には厳しい視線を向けがちの主婦層からも高い支持を集めている。

その性格のよさがたびたび報じられることもあったが、なんと局内からは「最近、あいつは天狗になっている」という厳しい意見も出ていた。

日テレ関係者が明かす。

「最近、番組を私物化しているところがあるんです。今春、商社に勤めている彼女の友達が結婚した際、番組で押さえている編集室に仲のいいスタッフ数人を呼び出して、結婚式で流すムービーを作らせていたらしい。
しかも勤務時間中にですよ。使われていたスタッフはウチに出入りしている外部のディレクターとかADだから、立場上、文句も言えなかったんだろうけど、公私混同もはなはだしいよね」

あらら、「朝のさわやかな顔」とはずいぶんギャップを感じる証言である。

一方、愛くるしい童顔フェイスと推定Gカップと言われる豊満なバストとのギャップが魅惑的なTBS・宇垣美里アナ(26)は、同局屈指のアイドルアナとして人気を集めている。だが、そんな世間のイメージと素顔のギャップは外見以上のようだ。

同局の情報番組スタッフは苦笑まじりに語る。

「一見、おとなしそうに見えますが、実はかなり勝ち気で、ディレクターなど番組スタッフに対して高圧的な態度が目立つんです。『どうして?』『何で?』と番組の進行にケチをつけては、自分のやりたい方向に無理やり持っていこうとする。
本番前のプレビューで原稿にケチをつけて、時間がない中でスタッフが必死に内容を修正することもしばしばです」

しかも、宇垣アナの高飛車な態度はお茶の間での人気が定着してからのことではなく、筋金入りとも。

「売れてから態度が変わる女子アナはたくさんいますが、彼女の場合は入社2年目くらいからすでに態度がデカかった(笑)。そういう意味では生来の“大物”なのかもしれませんね」(TBS関係者)

テレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」でサブ司会を務める弘中綾香アナ(26)は、天然ぶりで人気を博している。ところが、学生時代を知る慶應義塾大学の同級生は現在のイメージとの違いを指摘するのだ。

「今は何も知らなそうな“不思議ちゃんキャラ”で売っている弘中ですが、大学時代は女王様のごとく複数の男子大学生を引き連れて、キャンパスを練り歩いていましたよ」

大御所・タモリや番組プロデューサーをもトリコにしている天然キャラは、計算されたキャラ作りのたまものかもしれない。

ASAGEI PLUS 2017年9月28日 05:57
http://www.asagei.com/excerpt/89232

写真
no title

【【美女アナ】実は勝ち気なTBS・宇垣美里】の続きを読む