芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

TBS

宇垣美里2

1: なまえないよぉ~ 2018/11/15(木) 11:30:13.61 ID:2GSmmVvr0 BE:306759112-BRZ(11000)
TBSの宇垣美里アナが、近く地上波から消えるという何とも残念な評判が囁かれている。

「彼女は今、アナウンス室でも浮きまくっているようです。
自分は誰よりも美人だというウヌボレは、タレント化したアナウンサーとしては大事なことですが、
周囲はそれほど評価せず、地味な仕事を与えるるとフテくされる。
常に目立つ仕事じゃないとやりたがらないから、どの番組のプロデューサーも使うのを敬遠しているというのです」(TBS関係者)

宇垣アナは今年3月まで、朝の情報番組『あさチャン!』に出演。
遅刻に始まり、巨大なバストをことさら強調して見せたり、揚げ句は自分の企画した単独コーナーをやりたいと言いだした。

「これにはプロデューサーも激怒し、降板を言いわたす事態に発展。すると宇垣アナは逆ギレ。
『なんでよッ!』と暴言を吐き、コーヒーを壁に投げつけたのです」(同・関係者)

この“コーヒーぶちまけ事件”は多くの新聞、週刊誌に書かれ、彼女の人間性を如実に表した。

「4月から出番激減で、司会のレギュラーは情報番組『ひるおび!』ぐらい。それもホンの少し映るだけ。
あとは新人やフリーがやるリポーターとか。今の仕事を見る限り完全に終わっている感じですね」(同)




TBS宇垣美里アナ“性格”がたたってBSニュースへ転出か
https://myjitsu.jp/archives/67188

【【悲報】TBS宇垣美里アナ、“性格”がたたってBSニュースへ転出かwwwwww】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/10/28(日) 12:30:57.71 ID:CAP_USER9
“闇が深いキャラ”扱いされつつあるTBSの宇垣美里アナウンサー(27)が28日放送の同局系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)にVTR出演。手料理を披露した。

野菜を切っている時、番組スタッフから「どういう時が楽しいですか?」と聞かれた宇垣アナは「切っている時。バラバラになる感じがいいですよね」と返答。
さらに、たたききゅうりを作っている際も「普段の生活をしていて、何かを殴ったり、たたいたりとかとかは許されていない。
でも、たたきキュウリを作っている時は許される。うっぷんをたたきつける」と話した。

このVTRが流されている間、スタジオの「サバンナ」高橋茂雄(42)は「やばい、やばい」と本気で怖がっていた。

番組では、コンビニチェーン「ローソン」で発売中の「悪魔のおにぎり」を特集。
その“悪魔的なおいしさ”から、発売わずか10日で約200万個を販売。
現在でも売り切れが続出しているという。SNS上では、「悪魔のおにぎり」のアレンジ料理を投稿することが流行していることから
「1日1食は必ず自炊する」という宇垣アナが挑戦することになった。

http://news.livedoor.com/article/detail/15510494/
2018年10月28日 12時0分 スポーツ報知
no title

【“闇キャラ”TBS宇垣美里アナ、手料理でスッキリ「うっぷんをたたきつける」】の続きを読む

宇垣美里3

1: なまえないよぉ~ 2018/10/25(木) 08:24:05.27 ID:CAP_USER9
キャラクターの薄さが徐々に露呈?

毎週日曜10時から放送される情報バラエティ番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、2018年1月よりアシスタントを任されている山本里菜アナが、イマイチ“パッとしない”のはなぜだろうか。

2001年の小倉弘子アナに始まり、竹内香苗や青木裕子、田中みな実といった錚々たる個性派な女子アナによって継承されてきた「サンジャポ」の進行アシスタントだが、
2014年から務めた吉田明世アナが産休に突入したことでそのバトンを受け継いだ山本アナは、現時点で“進行アシスタント”という最低限のミッションをこなすにとどまっており、
同番組を盛り上げるプラスアルファの働きをこなしているとは言いがたい。

あまりにも凛々しい表情はやや堅い印象を与え、隙の見当たらない“優等生”といったイメージがラフな情報バラエティの空気感にマッチしていないのも、彼女が輝けない要因の一つかもしれない。

「まず、爆笑問題が司会を務める『サンジャポ』という番組の特徴としては、まじめにニュースを語るだけでなく、どこか笑いを交えたシニカルな噛み砕きを真髄にしており、不謹慎スレスレの指摘や茶化しも多いです。
また、出演者やゲストにもタレントの杉村太蔵や“育休不貞”で炎上した宮崎謙介氏を始め、どこかスネに傷のある“可燃性抜群の著名人”を好みます。
そんな中で学級委員長のようにかしこまった山本アナはゲストの言いたい放題な雰囲気に馴染めず、彼らの“プロレス芸”に入り込めていません」(テレビ誌ライター)

過去のアシスタントと比較しても、やはり山本アナの存在感の薄さは一層際立ってしまう。

「青木裕子や田中みな実は自ら濃いキャラクター性を発信して存在感を出すことで盛り上げていましたし、前任者の吉田アナもプライベートの彼氏(現在の夫)を“サムライのように真面目な人”だと紹介して話題を呼びました。
つまり、歴代の『サンジャポ』アシスタントはただ進行をこなすだけでなく、イジられ要素やツッコミの対象となるようなネタを自ら提供してきた歴史があるんですが、
山本アナはひたすら堅い表情で真面目な進行をしているだけ、というイメージです。
周囲には爆笑問題の2人を始め、テリー伊藤や西川史子など、ツッコミに長けたタレントがズラリと顔を揃えていますから、どんなボケも拾ってもらえる最高の環境にいることは確かですからね」(前出・テレビ誌ライター)

同番組共演者も山本アナのターンを作ろうと必死に彼女へトスを上げているが、なかなか見せ場には転化させられておらず、
最近では同局の先輩アナで抜群の存在感とイジられ要素をふんだんに兼ね備える宇垣美里アナに完全にお株を奪われているのが現状だ。

このまま無難な進行役を進めていけば、“サンジャポ史上最もキャラの薄いアシスタント”という汚名を着せられる可能性も高く、今後の巻き返しを切に願いたいところ。
まずはかしこまった鎧を脱ぎ捨て、なんらかの身を削った“ボケ”が求められるのかもしれない?

http://news.livedoor.com/article/detail/15494998/
2018年10月25日 7時15分 アサジョ

no title

【イジられまくりの宇垣美里に勝てない?「サンジャポ」山本里菜の受難】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/23(火) 05:08:48.31 ID:CAP_USER9
 女優の深田恭子(35)が、来年1月クールのTBS系ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(火曜後10・00)に主演し、俳優の永山絢斗(29)、横浜流星(22)、中村倫也(31)演じるイケメンたちと恋の四角関係を繰り広げることが21日、分かった。“しくじり鈍感女子”のヒロインが、エリートのいとこ、不良高校生、いちずな学生時代の同級生というタイプ違いの3人から思いを寄せられる。イケメンの波状攻撃を受ける深田は「何ともぜいたくなラッキーラブコメディーです」と、ちゃめっ気たっぷりにコメントを寄せた。

  ◇  ◇

 東大受験に失敗してから転落一途の人生を歩む塾講師のヒロイン・春見順子が、タイプの違う3人のイケメンたちに囲まれる…のだが、恋に鈍感なため、気づかない-。年明け早々、深キョンのコメディエンヌぶりがさく裂する。

 四角関係を構成するイケメンたちには旬の俳優が集結した。塾の教え子で不良高校生の由利匡平役には横浜。今年、主演2作を含む4本の映画に出演した次世代の“王子様系イケメン”が、新境地のワルに変身。髪をピンク色に染め、鮮烈なビジュアルで深キョンに迫る。

 “朝ドラコンビ”も黙っていない。デキるエリート商社マンのいとこ・八雲雅志役の永山はNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインの夫を好演。匡平の担任でヒロインの同級生となる山下一真役の中村は前期の「半分、青い。」で“まー君ロス”を引き起こしたばかりだ。フレッシュな新鋭、ダンディーな演技派、売れっ子カメレオン俳優…と最強の布陣が、ヒロインにアタックする。

 イケメン包囲網の中心となる深田は「タイプの違う素敵な男性たちとの恋を楽しんでいただいて『初めて恋をした日』を皆さんにも体感していただけたらと思います」とコメントした。原作は少女漫画誌「Cookie」で連載中の同名作。


 深田恭子
no title

10/23(火) 5:01 デイリースポーツ 
深キョン イケメンと四角関係「ぜいたく」&「ラッキー」1月スタート連ドラ 

https://www.daily.co.jp/gossip/2018/10/23/0011754485.shtml

【深キョン イケメンと四角関係「ぜいたく」&「ラッキー」1月スタート連ドラ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/20(土) 00:52:06.58 ID:Ify76tu50 BE:306759112-BRZ(11000)
先日、インスタグラムに上がった“G乳谷間動画”が過激すぎるとして、TBSの公式アカウントから削除されてしまった宇垣美里アナウンサー。
ネット民の興奮も冷めやらぬ中、テレビで爆乳を強調してまたもネット上に歓喜を巻き起こした。

10月14日、CS放送のTBSチャンネル2では『TBS女子アナ 鉄道の旅“宇垣美里・大山・境線の旅”』を放送。
宇垣アナが鳥取県の米子駅と境港駅を結ぶJR境線の旅に出て、鉄道の魅力や沿線の見どころをレポートした。

「番組冒頭、宇垣アナは5分袖の白いTシャツを着て登場。
持ち前の爆乳を抑えるには心もとない衣装で、くっきり浮き出たバストラインが今後の旅を期待させるオープニングになっていましたね」(女子アナウオッチャー)

境港が『ゲゲゲの鬼太郎』作者、故・水木しげる氏の出身地ということもあり、『鬼太郎列車』という車両も運行されている同路線。
そこで宇垣アナも鬼太郎のコスプレに扮して駅を紹介し、鬼太郎列車に乗車した際は、
コスプレ衣装の短パンから太ももや美脚が何度も映し出されていった。

宇垣美里アナ“G”強調Tシャツのコスプレ旅番組に視聴者は大興奮!
https://myjitsu.jp/archives/64910
no title

【TBS宇垣美里アナ、Gカップ強調Tシャツのコスプレ旅番組wwwwwwwww】の続きを読む