芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

TBS

    このエントリーをはてなブックマークに追加
jishin_house

1: なまえないよぉ~ 2021/11/14(日) 22:46:05.01 _USER9
俳優の小栗旬(38)が主演を務めるTBS日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」(日曜後9・00)は14日、15分拡大で第5話が放送された。


<※以下、ネタバレ有>



小栗が2010年10月期「獣医ドリトル」以来11年ぶりに同局の看板枠・日曜劇場に主演。
1973年に刊行された小松左京による不朽の同名名作SF小説を原作に、当時も扱われた題材「環境問題」を2021年バージョンとして鮮明に描く。
原作に大きくアレンジを加え、舞台は2023年の東京。国家の危機に瀕してなお、一筋の希望の光を見いだそうとひた走る究極の人間ドラマがオリジナルのキャラクター&ストーリーとして展開される。


第5話は、恐れていた関東沈没が突然始まり、首都圏を中心に深刻な打撃を受けた。沿岸部にいた天海(小栗)と椎名(杏)も巻き込まれ、天海は頭部を負傷。

天海の妻・香織(比嘉愛未)と娘・茜(宝辺花帆美)、椎名の母・和子(宮崎美子)らが乗った九州行きの避難バスが、東名高速道路・大木松葉トンネルの崩落事故に巻き込まれたという情報も入る。
東山総理(仲村トオル)は国民に全力の対応を約束。常盤(松山ケンイチ)ら日本未来推進会議のメンバーは、不安を感じながらも被害状況の把握や被災者の救助などに全身全霊を注ぐ。
そして、政府も国民も第2波を懸念する中、昼夜を徹してデータの検証作業を行う田所博士(香川照之)が一つの結論に達し…という展開。


陸路を絶たれた天海と椎名は漁師(ガッツ石松)に助けられ、海路から松葉町立病院にたどり着き、香織と茜、和子と再会。避難所の運営を手伝う。
そして、東山が避難所を慰問。天海は関東沈没の情報開示をめぐって決裂した親友・常盤との再会を果たした。

常盤「おまえが情報を先に開示したことは正しかった。オレが問い詰めても、そのことを隠し続けたのは、オレを巻き込みたくなかったからなんだろ?おまえはすべての責任を1人で背負った。なのに、オレは…。自分が恥ずかしい。すまなかった」

天海「やめてくれよ。思い上がってたんだよ、オレ自身が。被災して、震えたよ。もし茜や香織が助からなかったらと思うと、ただただ怯え続けることしかできなかった。なんにもできなかった。ここに来てからもそうだ。国民に寄り添うってことは、簡単なことじゃなかった。組織にいなければ、なんにもできなかった。いかに自分が無力か、思い知らされたよ」

常盤「何言ってんだ、啓示。おまえの使命感が、何百万人もの命を救ったんだ。ここからが大変だ。首都圏の復興をどうするのか。どういう日本の未来を築くのか」

天海「おまえがいれば何とかなるよ。頼む」

常盤「何、オレに押し付けてんだ!おまえも一緒にやるんだ、啓示。未来推進会議に戻ってこい。また一緒に、国民のために闘ってほしい」

天海は東山からも要請され、固く握手を交わした。


関東沈没から2週間。
首都圏は日常を取り戻しつつあり、椎名の毎朝新聞復帰も決定。
天海&常盤の“友情復活”も束の間、田所は関東沖の海底地殻変動が再び観測され「悪い予感がする」――。


次週予告。
「第二章 日本沈没篇」のテロップが表示され、新章突入が明らかになった。

田所は「1年後には日本が世界地図から消えてなくなるんですよ」と衝撃発言。

ドラマ後半戦は原作同様、全国民1億2000万人の国外脱出が描かれることになりそうだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/1a4cd7f0eb9331986277bdb9f583d3e2f38ec4e6

【TBS『日本沈没』次週より第二章に突入 「1年後には日本が世界地図から消えてなくなる」 全国民1億2000万人国外脱出へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_show

1: なまえないよぉ~ 2021/11/07(日) 05:28:05.37 _USER9
TBS系『ラヴィット!』の見逃し配信が、動画配信サービス「TVer」で始まった。朝の情報番組としては極めて異例。今年春、『グッとラック!』(TBS系)の後を受けて始まった当初は、その低空飛行ぶりが批判されたが、どうも猛反撃が始まったようだ。



 今月1日から始まった見逃し配信。MCの麒麟・川島明(42)はツイッターで「完全にバラエティーだと認識された証拠です!!」と反応したほど、朝の情報番組としては異例の措置だ。

 「前番組『グッとラック!』の低視聴率を受けて、内容を生活情報に完全に切り替えました。他局がコロナや政局、事件などを扱うなか、芸人をひな壇に並べ、朝から冷凍食品ランキングなどを放送し異彩を放っています。しかし視聴率は伸び悩みました」とテレビ誌編集者。

 実際、放送開始当初は視聴率も1~2%台と低空飛行を続けたため、批判も絶えなかった。しかし、いまや朝の激戦区に一石を投じる存在になりつつあるのだ。

 「MCを託された川島はボケもツッコミもできるオールマイティーな芸人なので、当初から期待が大きかったのです。その才能がまさに花開き、番組が情報番組というより、バラエティー番組として盛り上がっている状況なんです」と演芸関係者は話す。

 「ロケVTRで出される問題が大喜利に発展しています。マスターズで松山英樹が優勝したことを扱わず批判を受けたことなどで、あえてバラエティーに振り切ることにしたのです。もともとMCの川島は大喜利が得意な芸人なので、ひな壇の芸人のボケをきちんと拾って笑いにつなげていく。芸人にとっては、どんなボケでも拾ってくれる安心感がある。若手芸人にとって、いまや出演したい番組のひとつになっています」と続ける。

 それを印象付けたのが10月20日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)だ。『ラヴィット!』のゲストに、大喜利を得意とする芸人たちが無線で指示を出し、クイズコーナーで川島たちを翻弄させるという企画が放送されたのだ。

 「この様子が放送されたことで、視聴者に『ラヴィット!』が大喜利番組と化していることが視聴者にも認識されましたね。不測の事態に対する川島の対応ぶりも話題になりました。その影響か、『水ダウ』の放送後には視聴率が3%台に上がったこともあるほどです」と先のテレビ誌編集者は指摘する。

 「今ブレーク中の女性グループ、ぼる塾の田辺智加のスイーツに対する博覧ぶりを生かしたコーナーも注目されるなど、番組として生き生きしています」とも。

 お茶の間の視聴習慣が一変するかもしれない。

夕刊フジ 2021年11月6日 17時3分
https://news.infoseek.co.jp/article/00fujienn2111050007/?tpgnr=entertainment

写真
https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/fuji/00fujienn2111050007_0-small.jpg

【<TBS「ラヴィット!」>起死回生の“猛反撃”『水ダウ』話題で視聴率UP!「3%台に上がったこともある」お笑い特化へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
jishin_house

1: なまえないよぉ~ 2021/11/08(月) 00:21:51.84 _USER9
俳優・小栗旬が主演を務めるTBS系日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜 後9:00)の第4話が7日、放送された。

原作は幾度となく映像化されてきた1973年刊行の小松左京による不朽の名作SF小説。
今回は原作にアレンジを加え、主人公を含むオリジナルキャラクターたちが2023年の東京を舞台に“沈没”という目に見えない危機に立ち向かっていくさまを描く。


小栗が今作で演じるのは主人公・天海啓示。
目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚。

各省庁の次代を担う精鋭たちを招集した“日本未来推進会議”に環境省代表として参加している中、日本地球物理学界の異端児・田所博士の“ある暴論”を通し、日本が未曾有の事態へと追い込まれていく運命に巻き込まれていく。

新聞に「半年以内に関東圏沈没」の記事が掲載され、列島は大きく揺れた。
さらに東山総理(仲村トオル)が会見を開き、関東沈没の可能性が総理の口から語られたことで、人々は大混乱に陥る。


関東脱出のため、我先にと避難を始める国民たち。

その様子が描かれたのもつかの間、第4話ラストでは、ついに大地震が起こり、高層ビルが倒壊し、亀裂の入った道路が崩れる展開が。


視聴者からは「ドラマといえ怖すぎる」「いきなり来た」「災害は待ってくれないよね」などの声が寄せられている。

『日本沈没』第4話ラストに衝撃… ついに起きた大地震

「怖すぎる」「災害は待ってくれない」の声
https://news.yahoo.co.jp/articles/8385a32ad4259b60b23fa1bdfe2022207d87f7fb
https://i.imgur.com/ca4bh3P.jpg

【TBS『日本沈没』 第4話ラストに衝撃… ついに起きた大地震、避難を始める国民 「怖すぎる」「災害は待ってくれない」の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
job_sports_jikkyou

1: なまえないよぉ~ 2021/11/07(日) 10:59:53.72 _USER9
 2021年6月、テレビ朝日・斎藤ちはる(24)アナと “お泊り愛” が報じられた後、“六股疑惑” が発覚して世間を騒がせたTBS・小林廣輝アナ(27)。その影響を重く見た局の意向により、小林アナは担当番組の『アッコにおまかせ!』と『Nスタ』の出演を見合わせ、6月以来、テレビから姿を消した。

 当初は退社して起業する情報も流れたが、結局、異動もなく同じアナウンス部にとどまり、現在は事務作業に勤しむ日々だという。

 しかし11月3日、ついに沈黙を破る「声」だけの出演を果たした。

 2022年元日の「ニューイヤー駅伝」の出場権がかかる予選会を報じた『東日本実業団駅伝2021〜ニューイヤー駅伝への道〜』で、小林アナは中継所で実況をおこなった。

 これにはさっそく、ネット上でも多くの人が反応した。

《件の小林廣輝アナ、おかえりだね。おかえり廣輝。》

《表に出なくなってからもちゃんとアナウンサーの練習してたんだね 良かった》

《良かったーほんと良かったー 頑張ってるコバヒロさん》

 じつは小林アナ、2022年元日の「ニューイヤー駅伝」で “完全復活” を目指しているという。

「今年も『太田・西久保中継所』の実況を担当しました。彼のスポーツ実況はとても評判がいい。自身も入社したときからスポーツ実況をやりたいと志願していました。取材力もとても素晴らしく、期待しています」(TBS関係者)

 新年の放送で、中継所の様子を伝える際などに、姿を現す可能性が高い。局の制作スタッフが近況を語る。

「騒動後は体重もだいぶ落ちたようですが、現在は少し戻った様子で、元気になっています。喜入友浩アナや小笠原亘アナなどの先輩から実況を教えてもらっていると聞きました。

 起業の噂もありましたが、今はコロナもあり、タイミング的に厳しいと判断したようです。

 3日に放送された予選会のような中継なら顔を出さずに済むので、視聴者からクレームや反感を買うこともありませんからね」

 小林アナがやりたい道は、やはりアナウンサーということなのだろう。“禊”は今年中に終わり、“赤坂のドンファン” 汚名挽回となるか。新年のニューイヤー駅伝に注目だ。

11/7(日) 6:02配信
SmartFLASH

Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211107-00010000-flash-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c2b6a3eb428083b5b8d6f6428207a977d1dec3f

【あの六股疑惑TBSアナが声だけ出演でこっそり復帰wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bakanisuru

1: なまえないよぉ~ 2021/10/19(火) 07:59:42.61 _USER9
TBSの安住紳一郎アナウンサー(48)と俳優の香川照之(55)がMCを務める
同局系朝の情報番組『THE TIME,』がスタートしてから、2週間あまりが経過した。

「開始2週間少々で番組への評価も聞こえるようになってきました。
初回の10月1日の午前7時台の平均世帯視聴率は6.5%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率は3.4%と上々の滑り出しとなりました。
しかし、以降は世帯4%台という日が多く続き、“ご祝儀視聴率”はわずか1日で終わってしまいました」(制作会社関係者)

10月11日(月)の世帯視聴率は5.6%、12日(火)は4.9%、13日(水)は4.8%、14日(木)と15日(金)は4.9%という数字だった。

「テレビ各局が重視している13~49歳のコア視聴率は、10月11日が1.7%で火曜から金曜までは1.5%でした。
同時間帯だと、『めざましテレビ』(フジテレビ系)と『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)の世帯視聴率が8%台、『ZIP!』(日本テレビ系)が7%台を推移しています。

コア視聴率だと『めざましテレビ』が3%後半から4%前後、『ZIP!』が4%台、『グッド!モーニング』が2%前半といった感じです。
つまり、『THE TIME,』は、世帯でもコアでも4番手なんです」(前同)

同時間帯にニュース番組を放送していないテレビ東京を除けば、『THE TIME,』は最下位ということになる。

「夏目三久さん(37)の『あさチャン!』(TBS系)時代から、局の間の序列は今も変わりません。
スーパーエースの安住アナと売れっ子実力派俳優の香川さんのコンビなら、シニア層がメイン視聴者層の『グッド!モーニング』を“コアではあっさり抜いてくれる”と期待していたTBS関係者も少なくありませんでした。しかし、残念ながらそうはならなかった。

一方で、世帯視聴率は『あさチャン!』時代から1%程度は上がっている。そのため、『THE TIME,』に対しては、“最初はこんなものでは”という評価もあるようです。
特に朝の番組には視聴者それぞれに“視聴習慣”がありますからね。

安住アナと香川さんの力で、他局から視聴者を引っ張ってきてはいるのは間違いなさそうです。ただ、TBS上層部にしてみたら“悪くはないんだけど、もうちょっと頑張ってくれれば……”というのが本音ではないでしょうか」(前出の制作会社関係者)

『THE TIME,』は、決して悪いという船出ではなさそうだが、期待はずれ、と思う人もいるという。

「3月末の番組開始から低視聴率がつづいていた麒麟・川島明さん(42)の『ラヴィット!』(TBS系)は『THE TIME,』が始まれば数字も向上すると見られていました。番組関係者の間では“10月まで我慢しましょう”という声も上がっていた。

ただ、現状は『THE TIME,』の数字も思ったほどはよくない。そして、『ラヴィット!』への恩恵はほぼゼロですね」(前同)

https://taishu.jp/articles/-/98016?page=1

【TBS安住紳一郎アナ『THE TIME,』 世帯4%&コア1%台の「民放キー局最下位」記録達成かwwwww】の続きを読む