芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

TBS

1: なまえないよぉ~ 2019/11/16(土) 21:28:00.79
 TBS系の報道番組「報道特集」(土曜午後5時)が16日、逮捕前夜の沢尻エリカ容疑者(33)の姿を放送した。

 15日午後9時45分ころ、サングラスをかけ、ゴージャスなコートに身を包んで自宅を出て、タクシーに乗り込む様子を映した。沢尻容疑者は15日夜に渋谷区内のクラブを訪れていたとも伝えた。

中日スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00010051-chuspo-ent
no title

no title

【TBS系「報道特集」に逮捕前夜の沢尻エリカ容疑者 豪華コートにサングラス姿「渋谷のクラブへ」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/27(日) 06:35:20.12
 ◇チュートリアル徳井 申告漏れ問題 

 徳井がMCを務めるTBS「人生最高レストラン」(土曜後11・30)は降板が避けられない状況となっている。1社提供のスポンサーである「サントリー」が、危機管理の甘さを問題視。局関係者は「番組を傷つけることはスポンサーに泥を塗ることになる。復帰するのは難しいでしょう」と話した。

 同番組には3月まで、麻薬取締法違反罪で有罪判決を受けたピエール瀧(52)が出演。局関係者は「当時の逮捕報道で番組名が出ることにサントリー側は不快感を持っていたようだ。今回が2回目の“不祥事”ということも考慮しなければならず、必然的に厳しい対応になる」と話した。

 一方、11月3日放送分から“東洋の魔女”こと女子バレーボール日本代表を率いた大松博文役で出演予定だったNHK大河ドラマ「いだてん」(日曜後8・00)は放送する方向で調整を進めている。関係者によると、徳井の会見翌日の24日に一度は放送する方針を決めたが、その後、新事実の発覚を考慮して差し替え番組の準備も並行して作業しているという。

 こちらも瀧に続いて2度目のトラブルに巻き込まれた形。瀧の逮捕時は代役を立てて出演シーンを撮り直し。徳井の出演パートについては全て撮影が終了しているが、今後どのような判断となるか注目が集まる。

 フジテレビの「テラスハウス」(月曜深夜0・35)、「乃木坂46のザ・ドリームバイト!」(火曜後11・30)は収録済みのものに関して徳井の出演シーンをカットして放送が決定した。

 「しゃべくり007」(月曜後10・00)、「今夜くらべてみました」(水曜後9・00)などを放送する日本テレビは対応を検討中で、局関係者によると「ゲストに迷惑がかかるので、どうにか編集でカットして放送できないか」と作業を進めている。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00000112-spnannex-ent
no title

【チュート徳井、TBS「人生最高レストラン」降板か スポンサー激怒】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/24(木) 19:53:38.23
TBSアニメに「踊り手のダンスと酷似」指摘 局は「事実関係の確認中」と回答

 TBS系で2019年10月から放送中のアニメ「星合の空(ほしあいのそら)」に対し、自ら振り付けたダンスをキャラたちに無断で使用したのではないかと、踊り手2人がツイッターで訴えている。

 確かに酷似しているとネット上でも波紋が広がっているが、TBSは、「事実関係の確認中」だと取材に答え、アニメの公式ツイッターでも同様な報告を行った。

■踊り手2人は、「制作側に問い合わせている」
 星合の空は、「天空のエスカフローネ」などで知られる赤根和樹監督(57)の作品だ。
 廃部寸前の中学校男子ソフトテニス部を舞台に、キャプテンの新城柊真が転校生の桂木眞己を弱小チームに誘うことで始まるストーリーを描いている。

 このアニメでは、登場キャラの部員ら数人がエンディングでダンスを披露している。
 それらと、ユーチューブなどで振り付けたダンスを披露している「踊り手」の1人が16年5月にアップロードしたダンス動画を比べると、手や足の動きなどが似ているとネット上で指摘されている。
 この人物は19年10月23日、比較動画をツイッターに投稿し、アニメの制作側に問い合わせをしていることも明かした。

 さらに、別の「踊り手」も23日、自ら振り付けたダンスがキャラ1人に対して無断で使われた恐れがあるとして、比較動画を投稿した。
 こちらも、制作側に問い合わせるつもりだと明かしている。

 TBSの広報部は10月24日夕、J-CASTニュースの取材に対し、「現在事実関係の確認を進めております」と回答した。
 アニメの公式ツイッターでも、「『星合の空』エンディングアニメーションでご指摘いただいている点について、現在、事実関係を確認しております」と製作委員会名で報告した。

J-Castニュース 2019/10/24 19:37
https://www.j-cast.com/2019/10/24370909.html
news_20191024193302-thumb-autox380-167122

【【疑惑】TBSアニメ『星合の空』EDダンスに「踊り手のダンスと酷似」指摘 「確かに酷似している」ネット上でも波紋】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/21(月) 15:33:53.23
TBSは21日、映像の不適切な加工を施し放送していた『消えた天才』と、爬虫類ハンター企画で、計15種類の生物を事前に準備し、捕獲シーンを撮影していた『クレイジージャーニー』(両番組ともに一時休止中)の2つの番組について、番組を終了することを発表した。

『消えた天才』は、野球の試合映像を早回しすることで実際の投球よりも球速が速く見えるようにするなど、映像の不適切な加工が4件あったことを9月5日に公表し謝罪。

 この日、サイトでは「その後も、同様の加工がなかったか、全26回の放送内容を精査し、スタッフへのヒアリングを行うなどの調査を行いましたが、他には確認されませんでした」と報告し「私どもは、改めて、これらの不適切な加工で視聴者の皆様の信頼を損なったことを重く受け止め、番組の継続は困難と判断し、放送を終了することを決めました」と説明。

「これまで番組をご覧頂いた視聴者の皆様、取材に協力して下さったアスリートの皆様、番組に出演して下さった方々、関係者の方々に、重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 一方、『クレイジージャーニー』は、爬虫類ハンター企画で、計15種類の生物を事前に準備し、捕獲シーンを撮影していたことを9月11日に公表し謝罪。

 この日、サイトでは「その後も調査を続けてまいりましたが、同様の手法は、それ以外には確認されませんでした」と記し「私どもは、改めて、これらの不適切な手法で視聴者の皆様の信頼を損なったことを重く受け止め、番組の継続は困難と判断し、放送を終了することを決めました」とした。

最後は「これまで、番組をご覧頂いた視聴者の皆様、番組に出演して下さった方々、取材に協力して下さった方々、関係者の方々に、重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 9月10日に同局で行われた『10月期番組改編説明会』では、編成局長の合田隆信氏は『消えた天才』について「非常に短い期間で調査した結果をご報告した。
それ以外になかったかなどを精査している。その調査が終了するまで放送中止を決めている」。
その後の放送可否については「未定。調査が終了した時点で判断いたします」と言及を避け、調査の間の同枠については「当面は特番で」としていた。

TBS、一時休止中“やらせ”2番組打ち切り「継続は困難と判断」  
『消えた天才』『クレイジージャーニー』終了を発表 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000348-oric-ent 
001

【TBS、一時休止中“やらせ”2番組打ち切り『消えた天才』『クレイジージャーニー』終了を発表 ← サンモニは?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/24(火) 06:49:40.17
 TBS系の人気バラエティ番組「消えた天才」と「クレイジージャーニー」で相次いで制作過程での不正が発覚した。「消えた」は映像を早回しする加工を行い、「クレイジー」では、事前に準備した珍種生物を、あたかも自然に捕獲したような演出をつけて放送した。TBS関係者いわく、

「両番組とも、最近の放送回だけでなく、1、2年前からやらせ演出をしていたことが分かり、やらせが常態化していたことが局内でも問題視されています」

 この問題について怒髪衝天して息巻いたのが昨年TBSホールディングスの社長に就任した佐々木卓(たかし)氏。

「佐々木社長は就任時、社員に対して『アンフェアに勝つな』というメッセージを出した。早大ラグビー部出身の社長らしいフェアプレー精神溢れる言葉です。その想いを裏切られた今回、調査結果の公表から放送休止までで見せた迅速な対応には、社長の意思が強く反映されている」(同)

 その気持ちも理解できるが、民放バラエティに厳格な真実性を求めている人はどれだけいるだろうか。「クレイジー」によく似た探検バラエティといえば、かつてお茶の間の話題をさらった「川口浩探検隊」シリーズが思い出される。田中信夫氏のナレーションと過剰な効果音、幾度となく危険な目に遭いながらも、確実にターゲットを捕獲する、“演出効果”てんこ盛りの川口浩に視聴者は心躍らせた。

「捜したけど全く見つかりませんでした、というリアルをバラエティに求めてる人なんかいませんよ」

 とは評論家の唐沢俊一氏。

「『川口探検隊』のスタッフから昔、“人類未踏の地に棲む人喰いワニ”というナレーションを使ったけどクレームも無かったとの笑い話を聞いた。視聴者は正しさではなく、楽しさを求めている。制作側はそう思って娯楽を作っても、最近は視聴者とのキャッチボールができなくなってきたのです。クレームや検証が拡散されるSNSの登場が原因かもしれません」

 やらせが悪いのは自明の理。が、演出が必要なエンタメにも四角四面では……。「それを言っちゃあ、おしめえよ」と、寅さんの言葉がどこからともなく聞こえてくる気もするのだ。

「週刊新潮」2019年9月26日号 掲載


9/24(火) 5:59配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00583777-shincho-ent
001

【TBSやらせ発覚後即放送休止騒動に見る「バラエティの終焉」】の続きを読む