芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

NHK

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/08/07(金) 10:41:13.03 _USER9
 NHKの近江友里恵アナウンサーが7日、同局「あさイチ」で、ゲストのさかなクンのトレードマークでもあるハコフグ帽を「被っている」と言ってしまい、さかなクンから「皮膚の一部」とたしなめられ「ごめんなさい!」と謝る一幕があった。

 番組ではさかなクンをゲストに迎えてトークを展開。その中で、さかなクンのトレードマークでもあるハコフグの帽子についても触れた。

 さかなクンの被るハコフグの帽子が5種類もあることを写真で紹介し、近江アナは「いつもさかなクンが被っているお魚、こんなにいっぱい種類が」と言うと、すぐさま、さかなクンは「被っているというか、皮膚の一部…」と訂正。これに近江アナは「あ!」と口を押さえ「ごめんなさい、皮膚なんですね」とあわてて謝罪した。

 さかなクンの“皮膚の一部”であるハコフグは5種類あり、TPOで使い分けているという。鮮やかな青が印象的だが、中にはブラックバージョン、シルバーバージョンもある。

 博多大吉は「頭を下げるたびに取れやしないかとヒヤヒヤするんですけど、皮膚だから大丈夫なんですね」と納得。

 さかなクンはハコフグについて「福島県の小名浜のお魚屋さんで、小さいハコフグちゃんが大きな鯛とかにぶつかっちゃうんですね。水槽の中でフラフラになりながらも泳いでいる。頑張ってるなと。それでハコフグちゃんに決めました」とハコフグが“皮膚の一部”となった理由も明かしていた。


8/7(金) 10:22 
デイリースポーツ 

近江アナ「ごめんなさい!」 さかなクンのハコフグ帽を「被ってる」と紹介し 
NHKの近江友里恵アナウンサー 
no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200807-00000040-dal-ent

【近江アナ「ごめんなさい!」 さかなクンのハコフグ帽を「被ってる」と紹介しwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/28(火) 15:32:14.46 _USER9
 NHKは28日、2021年度後期の連続テレビ小説として、『カムカムエヴリバディ』を制作すると発表した。朝ドラ史上初となる3人のヒロインになるといい、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母・母・娘の3世代ヒロインに小さな奇跡が訪れる物語という。

 07年度後期の連続テレビ小説『ちりとてちん』を手掛けた藤本有紀氏によるオリジナル作品で、大阪放送局が制作する。

 京都・岡山・大阪を舞台に昭和、平成、令和と時代を超えたヒロインたちの日常に寄り添う。また、8月から出演者オーディションを実施し、ヒロインの1人はオーディションで選出するという。

7/28(火) 15:19 
デイリースポーツ 
NHK朝ドラ 史上初の3人ヒロイン、21年度後期「カムカムエヴリバディ」 
https://news.yahoo.co.jp/articles/08552964aeca5388df379a983a332b211e1f78cd
NHK

【NHK朝ドラ 史上初の3人ヒロイン、21年度後期「カムカムエヴリバディ」 ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母・母・娘の物語】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/22(水) 15:59:23.88 _USER9
 NHKの正籬(まさがき)聡放送総局長が22日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、新型コロナウイルス感染拡大の影響で現在放送休止中の大河ドラマ「麒麟がくる」が、8月30日から放送を再開すると発表した。

 同番組は6月7日の放送を最後に、一時放送を放送を休止していた。全体の放送予定について正籬総局長は「ドラマ全体の流れを損なわないよう考えながら、総話数は収録再開後の状況をみて検討していく」とした。

 なお同じく放送を中断している連続テレビ小説「エール」については未定とした。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/22/kiji/20200722s00041000248000c.html
20200119-00159467-roupeiro-000-3-view

【NHK大河ドラマ「麒麟がくる」8月30日から放送再開 朝ドラ「エール」は未定】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/10(金) 12:36:38.15
 NHKは10日、来年放送される同局の大河ドラマ「青天を衝け」の出演者として、草なぎ剛(45)、堤真一(56)、玉木宏(40)、和久井映見(49)、岡田健史(21)らを発表した。

 大河ドラマ60作目。24年度上期に20年ぶりに刷新される一万円札の肖像になり、「日本資本主義の父」と呼ばれた実業家・渋沢栄一の生涯を描く。吉沢亮(25)が主演を務める。

 草なぎは、徳川斉昭の七男で、のちの将軍・徳川慶喜役。堤は、慶喜の側近である平岡円四郎を、玉木は栄一に影響を与える砲術家・高島秋帆(たかしま・しゅうはん)を演じる。和久井は栄一の母親役。大河初出演となった岡田は栄一の従弟・尾高平九郎役を務める。

 その他、小林薫(68)、村川絵梨(32)、藤野涼子(20)、高良健吾(32)、成海璃子(27)、田辺誠一(51)、満島真之介(31)、橋本愛(24)、平泉成(76)、朝加真由美(64)、竹中直人(64)、渡辺いっけい(57)、津田寛治(54)、木村佳乃(44)、平田満(66)が名を連ねた。村川、藤野、朝加は大河初出演。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/10/kiji/20200710s00041000201000c.html 
2020年7月10日 11:46 
20200710002

【NHK 来年大河「青天を衝け」出演者発表 草なぎ剛、堤真一、和久井映見ら 岡田健史は大河初出演】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/29(月) 21:47:11.72 ● BE:811133648-2BP(2000)
「ワンピースの胸元から巨乳をチラリとさせながら、タマタマを艶かしい手つきでコロコロと撫で回すんですから、興奮しましたよ」(テレビ雑誌記者)

そんな熟女セクシービデオさながらの誘惑プレイが飛び出したのは、何とNHK。6月14日に放送されたNHKスペシャル『列島誕生
 ジオ・ジャパン2』の進行役を務めた和久田麻由子アナが、実にエロかった。

「この日の和久田アナは、黒と緑の鮮やかな柄のワンピース姿。ふんわりとしたデザインで、ボディーラインこそはっきりしませんでしたが、
胸元のVの切れ込みの大きなセクシースタイル。艶のある豊かな黒髪が、和久田アナの白い素肌の美しさをより際立たせ、タマらん大人の色気を感じさせてくれました」(同・記者)

 この姿だけでも十分エロいのに、冒頭のパフォーマンスまで見せてくれたという。

「関東平野の成り立ちを解説するために席を立ち、ジオラマ模型を動かす和久田アナが前かがみになったときのことです。
胸元のVゾーンがカパカパと口を開け、白いブラの一部と、ふっくらと隆起する上品な乳房の裾野が何度もチラチラ見えたのです。
ちょうど和久田アナの正面に座っていたゲストパネラーの劇団ひとりの位置からは、Vゾーンのさらに奥まで見えていたに違いありません」(同)

 しかも、土砂の蓄積を表現する数百もの木のタマが、周囲の山から関東平野の盆地に降り注がれると、
「左手の細くしなやかな指で、まるで慈しむかのように何度もコロコロ。つい、エロい妄想が止まらなくなってしまいました」(同)
https://wjn.jp/article/detail/4730011/
https://wjn.jp/images/article/11/4730011-1-1.jpg
和久田麻由子アナ
no title

【NHK和久田麻由子アナ “タマ撫で&胸チラ”大サービスに興奮MAX!www】の続きを読む