芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

NHK

1: なまえないよぉ~ 2018/08/25(土) 09:24:18.95 ID:CAP_USER9
 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)の来週第22週「何とかしたい!」(8月27日~9月1日)に、
女優の小西真奈美(39)が初登場することが25日、分かった。この日放送の第126話のラスト、次週予告で判明。緑一色の“衝撃ビジュアル”も初披露された。

 小西の朝ドラ出演は2001年前期「ちゅらさん」以来17年ぶり。

 小西演じる加藤恵子は、鈴愛(永野)の人生に大きな影響を与える津曲(つまがり)雅彦(有田哲平)の妹で主婦。キャラクターは「廃校を利用したシェアオフィスで“グリーングリーングリーン”という会社を1人で立ち上げ。
儲けは二の次に、自分の大好きな緑色と手触りの良さに特化した商品を開発している。当の本人も全身緑色のものをまとい、一面緑色のオフィスでモノづくりを行っている」と説明されていたが、髪の毛も緑色だった。

 インターネット上には「え、今の小西真奈美さん?」「小西真奈美がコスプレイヤーだと?w」「予告の小西真奈美さんに全部持っていかれた」などの書き込みが相次いだ。

 新キャスト発表の際、小西は「脚本家の北川悦吏子さんが“ぶっ飛んだ役です”と仰っていました。読みながら、ぶっ飛んだ、でも真っ直ぐで素敵なこのキャラクターを “私に”と書いてくださったことがとてもうれしく、
心を込めて、精いっぱい演じたいと思いました。北川さんの脚本からは、言葉の随所に、深い愛情と優しさを感じます。初回から欠かさず見ていたこの作品に、何度も勇気づけられ、涙した1人として、参加する立場になった今、
少しでも皆さまに楽しい朝のひと時を過ごしていただけるよう、元気に、そして丁寧に、愛情を持ってこの役に向き合っていきたいと思っています」と意気込み。その“ぶっ飛び”ぶりが注目される。

[ 2018年8月25日 09:00 ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/25/kiji/20180825s00041000103000c.html
no title

【「半分、青い。」小西真奈美が来週初登場!全身緑色の“衝撃ビジュアル”解禁 コスプレイヤー?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/22(水) 05:11:35.79 ID:CAP_USER9
 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月?土曜前8・00)のヒロインを務める女優の永野芽郁(18)が21日、自身のブログを更新。17日夜にクランクアップ、大役を勤め上げた心境を明かした。

 ドラマは昨年10月23日に岐阜県内でクランクイン。永野は昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走した。(中略)

 永野は「『半分、青い。』撮影無事終了しましたー!!わーい!!おわったー!!」と切り出し「長いようで短かったなぁと今は思えます。ゴールはこの辺だと分かっていても、そこまで辿り着けない気がして、朝起きるのがしんどくて、笑いたいのに笑えない日もあったし、色んなことがあった10カ月だったな」と振り返った。

 「10カ月現場にいるのは、やっぱり自分にとってはものすごい長い時間で、少しの間だから毎日笑ってよう!ができなくて、いつもなら笑ったまま終えてたものも、そうはいかなくて、泣きまくってる時もあったし、全く声を発さない日もあったし、でも、ある意味すごく人間らしく、生きてる時間だったなと思います。毎日押し寄せる感情をなかったことにしようと頑張ってみたり、これが私だって開き直ってみたり、色んな方法で試したりして、自分に正直になってみたり、少し嘘ついてみたりするって、生きてるからこそだなとか思ったり、ちょっとなにが言いたいのか、よくわからなくなってきたけど、とても人間らしかった気がします(笑)」と苦闘の日々を明かした。

 「今までなら帰りの車に乗ると、スイッチが切れて素に戻れてたけど、長い期間スズメとして生きてたから、家に帰っても自分が何者なのか、よくわからなくなってたなぁ。心が2つあると、パワフルにもなるけど脆くもなるから、なんだろうな。自分なのか、スズメなのか、何かと一生懸命向き合って毎日毎日朝ドラしてました」

 そして「スズメがよくわからなくなった時も、頑張って近づこうと思ったし、どうやったらこのセリフが言えるかって何もない頭なりに考えたし、周りの方々に支えていただいたりしながら、がむしゃらに過ごしてました。台詞が全く入らなくなった時、どんだけ読み込んでも、2行しか入らなくて、そんな自分にも腹が立って、全部がカチコチに固まって、ほぐれる瞬間がなかなかなくて、布団に入っても目を閉じても、眠れなくて苦しくなって、撮影しながら眠くてカクンカクンしてたり(笑)」。不眠にも悩まされていた。

 さらに「耳が本番中に聞こえなくなって、あ、完全にスズメが乗り移ってるって、重い話とかじゃなくて、ちょっとうれしくなったりして(笑)」と難聴にまでなった。「境地に達したとは、まさにこのことかもしれないと、自分の身をもって初めて体験したかも(笑)色んなお薬を処方していただいて、飲むと顔がボールみたいになって、そんな姿でも毎日撮影するから、それが毎朝放送されることが悔しい!(笑)。コンディションを完璧になんていうのは、もう全然無理で(笑)、みなさま、ごめんなさい(笑)」と打ち明けた。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

[ 2018年8月21日 16:35 ] 
永野芽郁「半分、青い。」苦闘の日々明かす…涙、不眠、難聴「境地に達した」薬も処方「飲むと顔が…」 

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインを務める永野芽郁Photo By スポニチ
no title


https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/21/kiji/20180821s00041000198000c.html

【永野芽郁「半分、青い。」苦闘の日々明かす…涙、不眠、難聴「境地に達した」薬も処方「飲むと顔が…」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/18(土) 16:13:00.05 ID:CAP_USER9
NHKは18日、女優の永野芽郁(18)がヒロインを務める連続テレビ小説「半分、青い。」
(月~土曜前8・00)の撮影が17日に終了したと発表した。
朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、近年、異例の非公開。
昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走した永野は同局を通じて
「私にとって永遠に自慢できる作品になったことは間違いないです!だから、朝ドラでまたヒロインをやりたいな、
また戻ってきたいなって思っています」とコメント。
同局関係者によると、永野は最後の撮影を終え、涙を流したという。

ドラマは昨年10月23日に岐阜県内でクランクイン。
永野は「長いようで短いような10カ月でした。こんなに長期間の撮影は初めてだったので、
先が見えずに不安になってヒロインとしては頼りない時もあったと思いますが、共演者の皆さんや
スタッフの皆さん、本当にたくさんの人に支えられて、乗り切ることができました」と
クランクアップの心境を明かし、周囲に感謝。

「『半分、青い。』は私にとって永遠に自慢できる作品になったことは間違いないです!
だから、朝ドラでまたヒロインをやりたいな、また戻ってきたいなって思っています」と笑いを誘い、手応えを示した。

「鈴愛の七転び八起きの人生をテレビの前で応援してくださっている皆さん、
まだまだ驚きの展開が待っています!ハラハラ、ドキドキしながら最後まで見守ってください。
きっと素敵なラストになっていると思います」と呼び掛けた。

朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、今回は異例の非公開。
同局はネタバレを防ぎ、視聴者に物語に没頭してほしいこと、撮影が夜遅くに及んだことを主な理由とした。
大河ドラマとしては2016年「真田丸」のクランクアップが最終回の結末に触れるため、異例の非公開となった。

近年の前期朝ドラの撮影終了日は17年「ひよっこ」(ヒロイン有村架純)が9月4日、
16年「とと姉ちゃん」(ヒロイン高畑充希)が8月25日、15年「まれ」(ヒロイン土屋太鳳)が8月20日、
14年「花子とアン」(ヒロイン吉高由里子)が8月26日、13年「あまちゃん」(ヒロインのん)が8月1日、
12年「梅ちゃん先生」(ヒロイン堀北真希)が8月24日、11年「おひさま」(ヒロイン井上真央)が8月23日、
10年「ゲゲゲの女房」(ヒロイン松下奈緒)が8月19日。

朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」や
TBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み
“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。
岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が
高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

序盤はやや苦戦した視聴率も、第7週(5月14〜19日)から直近の第19週(8月6~11日)まで
週平均(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)で13週連続大台超えと好調をキープしている。

北川氏が自身のツイッターを連日更新。視聴者とやり取りしてきた。
放送中のドラマを執筆している脚本家と視聴者の直接交流は異例。
「神回」予告や秘話・裏話で“副音声的”なドラマガイドの役割を担った。

「半分、青い。」撮了 異例の非公開 永野芽郁は涙と感謝「永遠に自慢の作品」「またヒロインをやりたい」 


スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/18/kiji/20180818s00041000152000c.html
ヒロインを務める連続テレビ小説「半分、青い。」の撮影を終え、花束を受け取る永野芽郁
no title

【NHK「半分、青い。」撮了、異例のメディア非公開 永野芽郁は涙と感謝】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/09(木) 10:36:52.44 ID:CAP_USER9
女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)の第111話が8日に放送され、平均視聴率は番組最高の24・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが9日、分かった。
第67話(6月19日)と第82話(7月5日)の23・2%を1・3ポイント上回り、自己最高を更新した。

今回の24・5%は、放送時間が午前8時になった2010年以降、10年前期「ゲゲゲの女房」の番組最高=23・6%、10年後期「てっぱん」の番組最高=23・6%、17年前期「ひよっこ」の番組最高=24・4%を上回った。

第109話(8月6日)から「岐阜出戻り編」がスタート。
第109話こそ午前8時からの「平成30年 広島平和記念式典」生中継のため、放送開始が通常から38分遅れの午前8時38分に変更になったことが影響したとみられ、自己ワーストの14・6%だったが、第110話(8月7日)は22・5%と1日で大台に回復。
佐藤健(29)演じるヒロインの“運命”の幼なじみ・律らの再登場に注目が集まっている。

朝ドラ通算98作目。
フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。
岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

第111話は、草太(上村海成)のカツ丼がヒットし、つくし食堂は大繁盛。
楡野家の台所事情もよくなり、鈴愛(永野)は養ってもらおうと企んでいたが、それを見抜いた晴(松雪泰子)から仕事を見つけるように促される。
困った鈴愛は大手メーカーに勤める律(佐藤)や不動産業を営むブッチャー(矢本悠馬)らに相談。
しかし、仕事は見つからない。
その頃、涼次(間宮祥太朗)が監督を務める映画が完成し、試写会の開催が決定する。
そして、ユーコ(清野菜名)とボクテ(志尊淳)が岐阜を訪れる…という展開だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000082-spnannex-ent

「半分、青い。」 永野芽郁
no title

【【視聴率】NHK朝ドラ「半分、青い。」第111話は24・5% 自己最高を更新 「ゲゲゲの女房」「ひよっこ」超え】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/08(水) 10:05:49.52 ID:CAP_USER9
女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)の第110話が7日に放送され、平均視聴率は22・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが8日、分かった。

 前日6日の第109話は、午前8時からの「平成30年 広島平和記念式典」生中継のため、放送開始が通常から38分遅れの午前8時38分に変更になったことが影響したとみられ、自己ワーストの14・6%を記録。大幅7・9ポイント上昇となり、1日で大台に回復した。

 14・6%は第25話(4月30日)の17・4%を2・8ポイント下回り、自己最低を更新。第59話(6月8日)以来50話ぶり、約2カ月(59日)ぶりの大台割れとなった。第60話(6月9日)から続いていた20%の大台超えは49話連続で途切れたが、再スタートを切った。

 週平均(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)は第7週(5月14~19日)以降、12週連続の大台超えをマークしている。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

 第109話から「岐阜出戻り編」がスタート。第110話は、岐阜に戻った翌朝。茶の間で寝ていた鈴愛(永野)は食卓を囲む家族の中に見知らぬ青年を見つける。米国育ちの青年・健人(小関裕太)は草太(上村海成)の作るカツ丼の修行のため、楡野家に住み込んでいるという。
久しぶりに実家に戻ったことで、自分の知らないことがたくさん起きていることを知る鈴愛だったが、さらに晴(松雪泰子)と貴美香(余貴美子)から和子(原田知世)の病気について重大なことを知らされる…という展開だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000079-spnannex-ent
no title

【【視聴率】 「半分、青い。」1日で大台に回復!自己最低14・6%から大幅増】の続きを読む