芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

NHK

1: なまえないよぉ~ 2019/06/15(土) 07:11:29.29 ID:aSQub3cA9
今週、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主役のたすきリレー会見がNHK局内で行われた。

 今年1月にスタートした第1部では、中村勘九郎演じる日本人初の五輪選手・金栗四三を中心に1912年のストックホルム五輪からベルリン五輪、そして東京五輪までが描かれた。

 今月30日から始まる第2部では東京五輪開催に向けて奔走した、阿部サダヲ演ずる新聞記者の田畑政治に視点が移る。

 ようやく場面が切り替わるタイミングで様々な刷新も期待されていたが、「いだてん」の視聴率は6月9日の放送でついに7%の大台を割り、6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という大河史上最低の数字を記録してしまった。現場のスタッフはさぞかし落ち込んでいるかと思ったら、撮影は淡々と進んでいるという。

「局トップの上田良一会長が大河ドラマの途中打ち切りの可能性を否定していることもあり、現場はまだ白旗は挙げていません。ただ、『いだてん』の終了後に複数の現場責任者の異動があるそうです。事実上の左遷人事だと聞いています」(芸能プロ関係者)

19/06/15 06:00 日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/256170

写真
no title

【【朗報】NHKが密かに画策!「いだてん」終了プランwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/11(火) 14:04:02.99 ID:m0jyHW0E9
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第1部主役の中村勘九郎(37)と第2部主役の阿部サダヲ(49)が11日、都内で、主役を引き継ぐ「主役たすきリレー会見」を行った。

第1部は23日の放送で終了し、30日から第2部となる。

9日放送の第22回では関東地区の平均視聴率が大河ドラマ史上最低となる6・7%(ビデオリサーチ調べ)を記録していた。

阿部は「気にしなかったな。一軒家も、もうそんなにないでしょう。(一軒家を見ている人も)帰ってくると思う。帰って来ていただかないとだめ」と語った。

勘九郎は「(2部は)近代日本の有名人がどんどん出てくる」とし
「『ポツンと一軒家』を見ている人も知っている方々がたくさん出てくる。帰ってきてほしいです」と語った。
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906110000370.html
201906110000370-w500_0[1]

【【大河ドラマ】 いだてん主役陣 「ポツンと一軒家を見ている人、帰ってきて」wwwwwww】の続きを読む

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/06/10(月) 09:33:52.64 ID:8abhryLd9
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第22回が9日に放送され、
関東地区の平均視聴率が6・7%だったことが10日、ビデオリサーチの調べで分かった。

4月28日放送の第16回で大河ドラマ最低の7・1%を記録したが、
この数字を下回り、大河ドラマ史上ワースト記録を更新してしまった。

関東地区で大河ドラマの6%台は初めて。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-06070336-nksports-ent

【【視聴率】NHK大河ドラマ「いだてん」、ついに過去に例を見ない記録を更新しまうwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/08(土) 07:48:29.92 ID:4jwDuRCf9
NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』。「日本のアニメーションの草創期」がメインテーマで、ヒロインの奥原なつ(広瀬すず)は北海道・十勝から東京に生活の場を移し、自らの夢であるアニメーターになるべく奮闘している。

『なつぞら』は脚本家・大森寿美男が執筆したオリジナル作品だが、アニメーションの勃興期を知る様々な関係者たちに入念に取材し、登場人物の造形やエピソード、設定などに活かしている。

ヒロインの「奥原なつ」は、実在のアニメーター「奥山玲子」をモデル、モチーフにしているし、実在の制作会社「東映動画」と長編漫画映画『白蛇伝』が、朝ドラでは「東洋動画」『白蛇姫』とそれぞれ名前を変えつつ、重要な要素となっている。そして、奥原なつが働く「東洋動画」の同僚たちも、実在の人物をヒントにして設計されているのだ。

そこで今回は、なつの厳し~い先輩である大沢麻子(貫地谷しほり)と、やさしい同僚・森田桃代(井原六花)を紹介する。ドラマ独自の展開や解釈を大いに楽しみつつ、実在の人物の業績にも思いをはせる一助にしていただきたい。※文中、敬称略

◆大沢麻子(おおさわ・あさこ):貫地谷しほり
美大卒業後、東洋動画に入社したスゴ腕アニメーター。通称「マコ」。作画監督の仲をサポートし、現場をまとめる。クールに見えるが内面は熱く、誰に対しても物おじしない性格から、社内で孤立することも。なつにとっては厳しい先輩。『なつぞら』公式サイト(NHK)より抜粋

⇒★中村和子(なかむらかずこ):モデル、ヒントと思われる人物◆
満州生まれ。女子美美術大学洋画科に在学中、フランスの長編漫画映画『やぶにらみの暴言』(1952年/ポール・グリモア監督)を観てアニメーターに関心を持ち、卒業後、東映動画にスタジオ開設とともに入社。『白蛇伝』(1958年)、『少年猿飛佐助』(1959年)、『西遊記』(1960年)に動画として参加した。

『西遊記』の制作スタッフとして関わった手塚治虫に気に入られ、1962年頃に株式会社虫プロダクションに移籍。『鉄腕アトム』や『リボンの騎士』などの作画を担当し、技術面で虫プロの黎明期を支えた。

東映動画時代から美人アニメーター「ワコさん」として知られ、東映の守衛に女優に間違えられたというエピソードや、「週刊漫画TIMES」(芳文社)による取材記事が残されている。手塚も虫プロイチの美人と認め、『三つ目がとおる』のヒロイン・和登千代子のモデルにした、ともいわれる。

「絵は生活の一部」と言うほどで、ヒマさえあれば展覧会を見に出かけ、アニメーターの仕事で多忙を極める日々でも油絵の創作をしていた。また、着ている服はすべて自分でデザインするというこだわり屋の面もあった。

広告代理店「萬年社」の穴見薫氏(後に虫プロダクションの常務に就任)と結婚し、穴見和子の名義を使用するようになった。

車好きのアニメーター大塚康生に、いすゞの新車・ベレットを見せに行った際、運転を誤った大塚が車をブロック塀に激突させて、廃車にしてしまった。虫プロに謝罪に訪れた大塚に、夫の薫は車のことは気にしなくても良いから、替わりに『W3』(ワンダースリー)のオープニング作画をやって欲しいと依頼したという。

>>2以降に続きます

6/8(土) 7:03配信 FRIDAY
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190608-00010000-friday-ent
001l

【「なつぞら」貫地谷しほり&井原六花が演じる東洋動画の「モデル」人物がスゴイ!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/07(金) 15:17:19.79 ID:U7nYJCzX9
“まゆゆ”こと渡辺麻友が本日放送のNHK連続テレビ小説『なつぞら』に初登場し、ファンの間で話題になっている。

渡辺が演じる三村茜は絵をかくのが大好きな、眼鏡をかけたおっとりとした女の子。
漫画映画をよく知らず、東洋動画には見習いとして就職し、次第にその面白さにひかれていくという役どころだ。

第59回では広瀬すず演じる奥原なつがアニメーターの能力審査試験に挑戦。
渡辺演じる茜もその試験に参加しており、試験中になつの存在を気にする彼女の様子が描かれていた。

渡辺の朝ドラデビューにネット上では「朝ドラみてたらまゆゆ出てて面喰らった」「ついにまゆゆが登場」「朝ドラデビューおめでとう」「地味服メガネっ娘まゆゆ可愛い」など多くのコメントが書き込まれた。

第59回では終盤に少しだけしか出ていなかったが、渡辺が今後どのような演技を見せてくれるのか注目したい。

http://news.infoseek.co.jp/article/rbbtoday_170419/

NHK朝ドラに初登場 渡辺麻友
no title

no title

no title

『なつぞら』三村茜役 渡辺麻友
no title


元AKB48 渡辺麻友
no title

no title

no title

【“まゆゆ”渡辺麻友が朝ドラデビュー!『なつぞら』初登場にファン歓喜wwwww】の続きを読む