芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

NHK

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/19(月) 18:11:27.21 _USER9
 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第28回「新しき幕府」が10月18日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。ドラマは同回から「京~伏魔殿編」が本格的にスタートした。

 第28回は、足利義昭(滝藤賢一さん)がついに上洛(じょうらく)を果たし、勢いに乗った織田軍は、周囲の三好勢を一掃。光秀(長谷川さん)も活躍が認められ、将軍奉公衆に取り立てられる。先の将軍・義輝(向井理さん)暗殺に関与していた疑いのある松永(吉田鋼太郎さん)の処分を巡り、織田側と三淵(谷原章介さん)ら奉公衆の意見が割れる。

 義昭は信長(染谷将太さん)の意見に従うといい、その代わりに幕府の政務を、代々将軍に仕えてきた摂津晴門(片岡鶴太郎さん)に任せることを認めてほしいという。光秀と藤孝(眞島秀和さん)は、幕府を腐らせてきた張本人ともいえる摂津の再起用に胸騒ぎを覚える……という展開だった。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。

2020年10月19日 テレビ 
https://mantan-web.jp/article/20201019dog00m200016000c.html 
no title


【【視聴率】NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第28回「新しき幕府」視聴率12.5% 片岡鶴太郎“摂津晴門”登場】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/06(火) 07:06:55.25 _USER9
いまやNHKにとって基幹番組と言っても過言ではない朝の情報帯番組「あさイチ」の視聴率が振るわない。

番組世帯平均視聴率はいまや7~9%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
有働由美子(51)やV6の井ノ原快彦(44)らがキャスターを務めていたかつての人気絶頂期の半分近くに数字が落ち込んでしまっているのだ。

「当初、NHKはコロナ禍で朝ドラ『エール』の本放送が休止になったことが低迷の原因だと分析していたようです。
事実、穴埋めのために再放送を流すと視聴率は下がり続け、悲惨な状態になった。

さらに『エール』休止中、起死回生を狙って『あさイチ』名物の“セックス企画”を扱っても視聴率は伸びなかった。
ちなみに内容は“新型コロナの感染を恐れるため、中国・武漢で性生活にも影響が出ている”というものでした。スタッフは皆、頭を抱えているようです」(制作関係者)

NHK関係者の間では、朝ドラ「エール」の本放送さえ再開すれば視聴率は回復すると信じられていたそうだが、期待はもろくも崩れ去った。

「先月14日から『エール』の本放送が再開しましたが、『あさイチ』の視聴率は、かつてのように同枠トップに回復することはなく、
いまだにテレ朝に食われ続けている状況なんです」(NHK関係者)

NHKが最も警戒し、ライバルと位置付けているのが最近、同時間帯でで視聴率ナンバーワンを獲得している
「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)。ちなみに直近の視聴率を見てもそれは明らかで、民放関係者はこう話す。

「21、22日は『あさイチ』の放送がなかったため、9月23~28日の4日間に絞って見てみると、
『あさイチ』の世帯平均視聴率は8・95%(朝8時台)。対する『モーニングショー』は9・82%(朝8時台)で、テレ朝のほうが上回っています」

こうした状況を受け、NHKはある決断をしたという話もある。

「現在、リニューアル案が浮上しているようです。このまま年末までどんどんテレ朝に差をつけられ、
回復の見込みがない場合は、最悪、打ち切りも視野に入ってきているようです」(前出の制作関係者)

同番組の打ち切りも含めたニューアルの予定について、NHKに聞いてみたが「ご指摘のような事実はございません」(広報部)との回答。

しかし、こうした状況がいつまでも続くようだと、キャスターの「博多華丸・大吉」の2人と近江友里恵アナウンサー(32)も、枕を高くして寝ていられなくなるだろう。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/279569
no title

【NHK 「あさイチ」ピンチ テレ朝に負け続け打ち切りも視野か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/05(月) 09:53:31.43 _USER9 BE:439362949-PLT(40000)
 NHKの近江友里恵アナウンサーが5日、同局「あさイチ」で、“推し”だというアニメ「進撃の巨人」のリヴァイ兵長を真似た前髪で登場した。

 この日の「あさイチ」は、「『推し』のいる生活のススメ」と題して特集。番組史上最多となる4万4000件以上のメールが届き、さまざまな「推し」約3000件がスタジオのボードに記された。

 この日、前髪を真ん中で分けたヘアスタイルの近江アナは推しを聞かれると「あんまり長らく推しがいなかったんですけど…」と切り出すと「『進撃の巨人』のアニメを見まして、その中のリヴァイ兵長が素敵だなって、一目ぼれして…」と現在の“推し”を告白。「彼の巨人を倒す時の前髪がすごく好きで、ちょっと憧れて今日は…」とヘアスタイルの秘密を明かした。

 松岡忠幸アナから「リヴァイ兵長に寄せて髪を切ったって事なんですよね?」と聞かれた近江アナは「憧れてショートカット、いいなって…」と9月16日に突然ショートヘアで出演した本当の理由も明かしていた。


10/5(月) 9:40 
配信 
デイリースポーツ 
近江アナ、突然のショートヘアはリヴァイ兵長?前髪センター分けで登場「憧れて…」 

https://news.yahoo.co.jp/articles/cad5e42cc730e7a63f5944cff100c7afde31d130
no title

no title

no title

no title

no title

no title

【NHK・近江友里恵アナ、突然のショートヘアはリヴァイ兵長?前髪センター分けで登場】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/04(日) 15:12:58.50 _USER9
 NHKのエースアナとして、『おはよう日本』の平日キャスターを務める桑子真帆アナウンサー(33)の争奪戦が水面下で繰り広げられている。早晩、NHKを退局してフリーになり、なんとTBSの番組に抜擢(ばってき)されるという情報が浮上したのだ。あの俳優との結婚の可能性も含めて、桑子アナはどこへ向かうのか。

 桑子アナといえば、今年春、NHKニュース『おはよう日本』のキャスターに就任し、“朝の顔”として活躍中だ。夜の看板番組『ニュースウオッチ9』のときより、肩の力が抜け、笑顔が明るくなったとして、評価も高まっている。

 そんな彼女だが、今年4月中旬には俳優、小澤征悦(46)との交際が報じられたばかり。「桑子アナのほうが積極的です。当然、結婚も視野に入れている」(テレビ関係者)といわれており、「仲人にはあの大物芸人の名前も挙がっているそうです」(同)とも。そして、結婚してフリーに転身するとみられている。

 『ウオッチ9』や『おはよう日本』、『NHK紅白歌合戦』で司会を務めてきた桑子アナの実力は誰しも認めるところ。NHK内でもエースアナとして扱われていたが、「いまや実質のエースは和久田麻由子アナ(31)です。桑子アナがNHKに見切りをつけてもおかしくはない」とはNHK関係者。

 そこで受け入れ先として有力なのが、TBSだという。番組の候補に挙がっているのが、夏目三久アナ(36)がキャスターを務める『あさチャン!』の後番組と、『news23』のキャスターの座だというのだ。

 「この2つの番組は、以前から視聴率がなかなか伸びず、TBS側も何らかの補強をしたいと考えているのです」とテレビ誌編集者。そして、こう続ける。

 「特に『news23』は、元テレビ朝日の小川彩佳アナ(35)を三顧の礼をもって迎えましたが、思うほど数字が上がりませんでした。しかし、7月から産休の小川アナの代わりに局アナの山本恵里伽アナ(26)が入ってから視聴率が3%台から4%台に上昇しました。この時間帯の1%の差は大きく、『小川アナはもういらない!』という声が上がっているのです」

 『あさチャン!』についてはこんな声もある。

 「こちらは夏目アナの去就がカギになります。そこさえクリアできれば一気に改編が進むでしょう」とは局関係者。

 道が整備されたとき、果たして桑子アナはどのような決断をするのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9669c6834ddca4f679c04e890b28ce4d1a3861b0
no title

【【NHK・桑子真帆アナ】気になる独立と結婚 TBS番組に抜擢情報、大物俳優とは交際順調?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/28(月) 11:47:37.58 _USER9
 27日放送された俳優・長谷川博己(43)主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(日曜・後8時)第25話の平均世帯視聴率が12・9%だったことが28日、分かった。

 新型コロナウイルスの影響で6月7日の第21話「決戦!桶狭間」をもって放送を一時休止。8月30日の第22話で再開した。

 視聴率は初回19・1%でスタート。放送再開の第22話は14・6%。第23話は13・4%。第24話は13・1%。今回は0・2ポイント微減した。

 本能寺の変を起こした明智光秀(長谷川)を通して描かれる戦国絵巻。史料がほとんど残っていない20代の青年期も描き、斎藤道三や織田信長に仕え、最後は本能寺の変で謀反を果たす光秀の前半生に光を当て、足利義昭、今川義元、細川藤孝、松永久秀らくせ者たちの激動の群像劇が描かれる。

 第25話のあらすじは「羽運ぶ蟻(あり)」。覚慶(滝藤賢一)は還俗(げんぞく)し、足利義昭を名乗る。しかし受け入れを希望する越前・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の態度が決まらず、近場で立ち往生を余儀なくされていた。

 一方、信長(染谷将太)は長きにわたる斎藤龍興との戦に勝ち、ついに美濃を平定する。かつての家臣・伝吾(徳重聡)から文が届き、光秀(長谷川)は母・牧(石川さゆり)を連れて、なつかしい美濃へと旅をする。

 訪ねた岐阜城で「何のために戦っているのかわからなくなった」と言う信長に、光秀は「上洛して新しい将軍と幕府を再興すれば、武士が誇りを持てる平らかな世になりみんなが喜ぶ」と言う。しかし肝心の将軍候補・義昭の評を信長から聞かれると、光秀は口ごもってしまうのだった。越前に戻った光秀を、なんと義昭が待ち構えていた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/69e4873cf28656c7a52dc37486cbe3b9fa82ab16
20200119-00159467-roupeiro-000-3-view

【【視聴率】長谷川博己主演「麒麟がくる」第25話視聴率は12・9%右肩下がりが続くwww】の続きを読む