芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

NHK

1: なまえないよぉ~ 2019/06/04(火) 12:54:19.95 ID:+w2EFvcl9
女優広瀬すず(20)が、ヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜午前8時)の3日に放送された第55回の平均視聴率が19・4%(関東地区)だったことが4日、ビデオリサーチの調べで分かった。最高視聴率は第15回の23・6%。

同ドラマは、戦争で両親を亡くし、父の戦友の養女として引き取られたヒロイン奥原なつ(広瀬すず)が、北海道を舞台に、亡き父の戦友の柴田剛男(藤木直人)と妻富士子(松嶋菜々子)、柴田夫妻の父泰樹(草刈正雄)に育てられ、豊かな想像力と開拓者精神を生かし、アニメーターを目指す姿を描く。脚本家の大森寿美男氏のオリジナル作品。元AKB48で女優の渡辺麻友、井浦新、染谷将太、伊原六花、小手伸也らが朝ドラ初出演。ほかに貫地谷しほり、中川大志、麒麟の川島明、木下ほうか、角野卓造が出演する。また、語り(ナレーション)をなつの父親という設定で内村光良が担当する。

あらすじは、なつは念願の東洋動画に入社し、さっそく仕上課で同じ19歳で会社の先輩の森田桃代(伊原六花)から、挨拶もそこそこに手ほどきを受けながら、セル画の色塗りを始めることになった。しかし、いざ始めると緊張で手が震えてしまった。そして作業中に桃代との会話で絵コンテが1冊だけあるのを聞き、昼休みになって見入っていた。するとそこで仲(井浦新)と陽平(犬飼貴丈)に会い、作画課にも来てもいいと誘われ、仕事が終わった後に訪ねた、という内容だった。

6/4(火) 10:05配信 
広瀬すず「なつぞら」セル画の色塗りを19・4% 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-06030111-nksports-ent
no title

【【視聴率】広瀬すず「なつぞら」セル画の色塗りを19・4%】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/04(火) 05:54:43.61 ID:BV6HzkKh9
NHKが毎週火曜夜に放送する音楽番組『うたコン』。

NHKホールをはじめとした公開生放送で、演歌・歌謡曲の歌手からアイドル、J-POPアーティストなど、幅広い出演者が毎週番組を彩る。

演歌の大御所からアイドルまで
「放送枠としては、もともと高年齢層をターゲットに、演歌・歌謡曲の歌手を中心とした公開生放送の長寿人気番組『NHK歌謡コンサート』を引き継いでいます。
NHK全体の編成見直しのひとつとして、J-POP系の歌手・アーティストが出演する『MUSIC JAPAN』と統合したかたちでスタートした番組です」

 と、あるテレビ関係者は言う。

 系統の異なる2つの歌番組が統合されたことで、番組の雰囲気も変わり、新たなものが誕生。あるテレビ誌記者は言う。

「2番組のミックスではありますが、ベースはどちらかといえば『歌謡コンサート』。
演歌・歌謡曲系の大御所が毎回メインを務め、そこにアイドルやJ-POP歌手がからむような構成になっています。
若手アイドルが演歌歌手や大物アーティストのバックで踊ったり、旗を振るなどして盛り上げます。
また、出演歌手同士のコラボやデュエット、名曲カバーなどもあり、基本的に最新曲や代表曲を歌う歌番組とは違った雰囲気がありますね」

五木ひろしや堀内孝雄、石川さゆりに氷川きよしといった演歌の大物から、山内惠介に純烈、丘みどりといった気鋭の歌手。
さらにコブクロや森山直太朗、DA PUMP、ジェジュンらも出演すれば、ジャニーズからもKinKi KidsやV6、Kis-My-Ft2にKing & Princeなど豪華な顔ぶれも。
女性アイドルも、48グループや坂道シリーズ、ハロー!プロジェクトにももクロなどが週替わりで出演している。

若手から大御所までバラエティーに富んだ顔ぶれ。出演者同士が絡み、ときには観客を巻き込んだ演出をしている。
そしてNHKホールでの公開生放送。このように見ると“あの番組”との共通点が多い。再びテレビ誌の記者が言う。

「紅白歌合戦ですね。番組のにぎやかな雰囲気と、公開生放送の緊張感。放送時間は46分なので“プチ紅白”といった雰囲気で仕上がっています。
それに、大阪など地方からの放送回もありますが、基本的には紅白と同じNHKホールからというのも、ひと役買っていると思います。
毎週、紅白的な空気感が味わえると思うと、お得な歌番組です(笑)」(前出テレビ誌記者)

その“お得感”が功を奏しているのか、同番組の視聴率は好調、10%を突破することも珍しくない。

『Mステ』との違い
「テレビ界全体の視聴率の低下、さらに音楽番組の需要が低くなっている中、安定した視聴率が見込めるのはなかなか強い。
『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)を抜き、視聴率トップの音楽番組へと成長しました」(前出・テレビ関係者)

 視聴率が安定する理由のひとつは、やはり演歌・歌謡曲系の歌手の出演によるところが大きいという。

地上波のテレビをよく見る、高年齢層の支持が厚いことが何より大きいですね。これは中高年をターゲットにしたドラマ作りが強い、テレ朝の手法と似た構図です。
また、演歌勢の大御所がこぞって出演するところが『Mステ』との大きな違いですね。

 中高年層が見て楽しいと感じる番組作りをすることで、テレビの視聴率が低空飛行する中、固定客がしっかりとついてきた。
そこに、ジャニーズや坂道ファンの若い視聴者も見てくれるようになり、新しいものが生まれ、親しみやすい番組になっています。
“火曜の夜8時はうたコン”という、習慣も根づいてきたのではないでしょうか」(同)

好調の波に乗り、思わぬ大物のサプライズ出演など、ますます『紅白』化が進んでいったりするかもしれない。

https://www.jprime.jp/articles/-/15264
無題

【『うたコン』が “プチ紅白化” で安定の視聴率、中高年を狙ったNHKの手腕】の続きを読む

1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec

1: なまえないよぉ~ 2019/06/03(月) 18:37:28.60 ID:4jRv0zjY9
 女優の広瀬すず(20)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)の第9週の平均視聴率が20・8%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが3日、分かった。初週から第8週までに続き、9週も大台を超えた。

 各日の番組平均は5月27日=21・4%、28日=20・6%、29日=20・8%、30日=21・2%、31日=20・1%、6月1日=20・5%と全話で大台越えだった。初回22・8%と今世紀最高のスタートを切り、週平均も初週22・1%、第2週22・2%、第3週22・6%、第4週22・5%、第5週20・7%、第6週21・3%、第7週22・1%、第8週21・6%と絶好調をキープしていた。

 戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。

 節目の朝ドラ通算100作目。大河ドラマ「風林火山」などで知られる脚本家・大森寿美男氏(51)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。主題歌「優しいあの子」はスピッツが書き下ろした。9月28日まで全156話。

 第9週は「なつよ、夢をあきらめるな」。アニメーターを目指して東京にやってきたなつ(広瀬)。憧れの東洋動画の入社試験を受けるものの不合格となり、自らの行く先を見失ってしまう。雪次郎(山田裕貴)から、なつの様子を知らされた兄・咲太郎(岡田将生)は役者仲間のツテを頼り、東洋動画のアニメーター・仲(井浦新)に直接、不合格の理由を聞きに行く。すると仲は、試験に落ちたのは咲太郎のせいだと語るのだった。数日が経ち、なつが亜矢美(山口智子)の店「風車」にいると、咲太郎が警察に捕まったと信哉(工藤亜須加)が知らせにやって来る…という展開だった。


2019年06月03日 10:42芸能
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/03/kiji/20190531s00041000160000c.html

【【視聴率】「なつぞら」9週まで全週大台超えで絶好調キープ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/03(月) 17:40:36.86 ID:aK0mMPdD9
NHKは3日、2020年春から放送されるNHK連続テレビ小説第102作『エール』のヒロインに、
女優の二階堂ふみ(24)を起用することを発表した。二階堂は連続テレビ小説に初出演となる。

同作は2月に俳優の窪田正孝(30)が主演を務めることを発表した会見で、主人公の妻となるヒロインを、
3月からのオーディションで決める意向であることを明かしていた。
求めるヒロイン像について、制作統括の土屋勝裕氏は「金子さんは明るく元気な女性だったようです。
積極的に自分が思ったことを発言していました。なので、活発なイメージのある方がいいですね」と話していた。

二階堂は「この作品を朝ドラでやると聞いたときから、携われたらいいなと思っていました」と話し、
「実は、きのう結果を聞いたばかりで…。うそなんじゃないかな」と冗談交じりに笑いながら
「(窪田を)1年間、明るく元気に支えられたら」と力を込めた。
窪田の印象については「すごく誠実で真っ直ぐな方。それでいて繊細さもあり、
大胆なところもある方。今回の裕一さんはピッタリなんじゃないかな」とべた褒めした

3日前にヒロイン決定を聞いたという窪田は「彼女の描く芝居の繊細さ、キャラクターの入り方が魅力的。
1年間できることが幸せ。2人にしかできない化学反応が起こったら」と気合十分。
互いに深々とおじぎし、協力と誓うと「結婚式みたい」と苦笑いした。

同作は、全国高等学校野球大会の歌「栄冠は君に輝く」をはじめ、「六甲おろし」(阪神タイガースの歌)
「闘魂こめて」(巨人軍の歌)など スポーツシーンを彩る応援歌など数々を作曲した
福島県出身の作曲家、古関裕而(こせき・ゆうじ)氏と妻で歌手としても活躍した
金子(きんこ)氏をモデルに音楽とともに生きた夫婦の物語を描く。

 二階堂は1994年9月21日生まれ、沖縄出身。2009年に『ガマの油』でスクリーンデビュー。代表作は映画『ヒミズ』『地獄でなぜ悪い』『オオカミ少女と黒王子』『翔んで埼玉』、ドラマ『西郷どん』『ストロベリーナイトサーガ』など。2011年に『ヒミズ』で第68回ベネチア国際映画祭「マルチェロマストロヤンニ賞 (最優秀新人俳優賞)」を受賞、14年に『私の男』で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。

◆ヒロイン関内音(せきうち・おと)の役柄
豊橋市内で馬具の製造販売を行う関内の三姉妹の次女。将来はプロの歌手として舞台に立つことを夢見ていた。
ある日、福島に住む青年の古山裕一(窪田)が英国の作曲コンクールに入賞したことを新聞で知り、
手紙を送り文通を始める。二人は結婚し、音は本格的に歌を学ぶために音楽大学に入学。
夫の才能を誰よりも信じて叱咤激励し、時代の流れの中でさまざまな困難に遭遇しながら、
自らも歌手になる夢を追いかける――。

◆NHK連続テレビ小説第102作『エール』物語
日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服店に、
待望の男の子が誕生する。のちに多くの名曲を生み出すことになる天才作曲家・古山裕一である。
 
老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、周りには取り柄がない子どもだと思われていた。
しかし音楽に出会うと、その喜びに目覚め、独学で作曲の才能を開花させてゆく。
青年になった裕一は家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募。このことが裕一の運命を変えてしまう。
なんと応募した曲が上位入賞したのだ。そしてそれをきっかけに、裕一は歌手を目指しているという女学生と知り合う。
福島と豊橋―遠く離れた地に住みながらも、音楽に導かれるように出会った二人は、結婚。上京すると、
二人には個性豊かな人々との出会いが待っていた。そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。
 
しかし時代は戦争へと突入し、裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。
自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一……。 戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。
古山夫妻は、傷ついた人々の心を音楽の力で勇気づけようと、新しい時代の音楽を奏でていく――。

2020年前期朝ドラ『エール』ヒロインは二階堂ふみ 主演・窪田正孝の妻役 
2019-06-03 17:02 

 ORICON NEWS https://www.oricon.co.jp/news/2136771/full/
2020年前期朝ドラ『エール』で主演を務める窪田正孝(左)と妻役の二階堂ふみ
no title

no title

【2020年NHK前期朝ドラ「エール」、ヒロインは二階堂ふみ 主演・窪田正孝の妻役】の続きを読む

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/06/03(月) 10:06:02.84 ID:KCnO8crm9
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第21回が2日に放送され、関東地区の平均視聴率が8・5%だったことが3日、ビデオリサーチの調べで分かった。

4月28日放送の第16回で大河ドラマ史上最低の7・1%を記録するなど先週の第20回まで15話連続で1桁となっていたが、これで16話続けて1桁となった。

2日の放送では、アントワープ五輪でメダルを逃した四三(中村勘九郎)が失意のうちにヨーロッパを旅している際、戦災に負けずにたくましくスポーツを楽しむ女性たちに刺激を受け、日本に女子スポーツを根付かせようと決意する姿が描かれた。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

6/3(月) 9:46
日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-06030207-nksports-ent

【【固定化】NHK大河「いだてん」視聴率wwwwww】の続きを読む