芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

NHK

1: なまえないよぉ~ 2018/05/19(土) 12:50:33.44 ID:CAP_USER9
 4月のスタート以来好調な視聴率をキープしているNHK連続テレビ小説「半分、青い。」。ヒロイン・鈴愛(すずめ)を好演している永野芽郁(18)の撮影を、意外な食べ物が支えている。

 今月6日に都内で行われたフォトブック「永野芽郁 in 半分、青い。」の発売イベントで、朝ドラの控室には「エイヒレを置いてある」と渋い好みを明かした。

 ティーンの女の子ならケーキなどスイーツが元気の源となりそうだが、「生クリームは苦手」と告白。
控室には他にもおつまみの昆布などが置いてあるといい、中でも「食べたくなるのはエイヒレだよね、やっぱり」と笑顔。「だけど、臭うとお芝居の相手の方に迷惑なので、直前は食べない」とお茶目に話し、客席の笑いを誘った。

 昨年のスポニチ本紙のインタビューでも「塩ラーメン好き」を明かし、「塩辛いものが好き。梅干しとかイカとか枝豆とか。私の中には小さなオヤジがいるんです」と話していた。

 鈴愛と共通するようなマイペースさと愛されキャラ。控え室にはカップラーメンも常備しているといい、大好物でエネルギーをチャージしながら、あと数カ月続く撮影を乗り切る。(飛澤 美穂)

朝ドラヒロイン、永野芽郁を支える意外な食べ物…お好みは塩辛い系 
2018年05月19日 10:00 
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/19/kiji/20180519s00041000056000c.html 
no title

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインを務める永野芽郁 

【永野芽郁を支える意外な食べ物…お好みは塩辛い系】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/18(金) 16:00:26.97 ID:CAP_USER9
女優の永野芽郁が、18日放送のヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)の第41話にて、ボディコン姿を披露。
抜群スタイルに反響が寄せられている。

永野芽郁ヒロイン・朝ドラ「半分、青い。」
連続テレビ小説第98作となる今作は北川悦吏子氏のオリジナル作品。
故郷となる岐阜と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れない永野演じるヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまでの物語を描く。

鈴愛の幼馴染・萩尾律役を俳優の佐藤健が演じる。

永野芽郁、美脚全開ボディコン姿で踊る<※ネタバレあり>
第41話では、漫画家・秋風(豊川悦司)の逆鱗に触れた鈴愛(永野芽郁)が、オフィス・ティンカーベルから追い出されてしまう。
行くあてもなく途方にくれる鈴愛が辿り着いたのは、ともに上京してきた律(佐藤健)のマンション。

律に泣きながら事情を明かし、その晩は東京での最後の思い出として隣人のマア(中村倫也)と3人で初めて流行のディスコ「マハジャロ」へ。

普段はまとめている髪型を大人っぽくダウンスタイルにした鈴愛は、マアが貸したゴールドのど派手なボディコンを着こなし、お立ち台でジュリ扇(羽付き扇子)を振り回しながら踊った。

永野芽郁の抜群スタイルに反響
ボディラインが強調され、くっきり曲線を描いたくびれやスラッと長くて美しい美脚があらわとなったボディコン姿を披露した永野。

抜群のスタイルに、ネット上では「ボディコン似合うしスタイル良すぎる!!」「芽郁ちゃんの美ボディにしか目にいかない」「お立ち台ナンバーワン確実」「鈴愛大人っぽくてびっくり!可愛い~!」「脚なっがい!ほっそい!きれい!!」「鈴愛ちゃん、これまで可愛い印象だったのに色気すごい」と反響。

また初めての「マハジャロ」で派手な柄シャツを着た律だったが、鈴愛から「恥ずかしいから着替えて」とバッサリ言われてしまうシーンもあり、視聴者から「律くん可愛いw」「初めてで変に気合い入っちゃう気持ちわかるよ!」「なんか当時を思い出した…自分にもそんな時期あったわ」「鈴愛と律の絶妙な掛け合い最高」などの声も寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1767067

永野芽郁がボディコン姿披露
no title

佐藤健と永野芽郁
no title

永野芽郁
no title

no title

【朝ドラ「半分、青い。」永野芽郁、金色ボディコン姿で美脚全開「スタイル良すぎる」「色気すごい」の声wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/11(金) 23:27:00.35 ID:CAP_USER9
NHKはEテレの番組「Rの法則」終了に伴って10日、同番組の司会を務めた「TOKIO」の元メンバー、山口達也さん(46)側への損害賠償請求を検討していることを明らかにしたが、「Rの法則」とは、いったいどのような番組だったのか。

「せっかく面白かったのに終了は残念」「若者文化を知ることができて結構楽しかったから、打ち切りはショック」

NHKが7日、番組終了をホームページ上で発表すると、インターネットのSNS(会員制交流サービス)などでは、さまざまな声が上がった。「Rの法則」は、NHKとしては“異色”の番組だった。

放送は平成23年3月から月曜日から木曜日まで30分の帯番組として放送された。司会は最初から山口さんで、「R’s」と呼ばれた女子中高生を中心とした未成年者が共演した。少年少女たちは、20歳になると降板。7年の放送期間中に、入れ替わりで延べ100人以上の未成年者が出演した。

中高校生が気になるニュースや話題、未成年者などの価値観についてリサーチし、ランキング形式で伝え、少年少女が感想を述べ合った。公式ホームページは「10代が、すぐに&将来に役立つ話題を伝える情報番組」をうたった。

「生体認証の信頼度合い」「感染症の実情」「犯罪の手口」など、時々の社会的話題を取り上げた一方、「10代女子の水着のお悩み ポロリしやすいポイント」「女子高生のランジェリー事情」など、民放の深夜番組も顔負けの特集を「教育テレビ」であるEテレで取り上げた。

また、制作の舞台裏では、山口さんは共演者と「最初のうちは、同じ楽屋を使っていた。途中から別にした」とNHK。また、「この番組については、出演者同士が連絡先を教え合うことをしないよう定期的に注意喚起していた」とも。

「オタク文化を『変な趣味』としてではなく真面目に扱った数少ない番組で好感が持てた」という声もあったが、そもそも「公共放送でやるような内容じゃなかった」「受信料使ってやるような番組なのか」と批判も強かった。

山口さんが所属していたジャニーズ事務所から若手タレントが出演することも多かったことから、ネット上では「残念」とファンらが悲鳴をあげたが、「総合的に判断した結果」(上田良一会長)と新年度早々の番組打ち切り以外、NHKには選択の余地がなかった。

「当初からの司会者である山口さんが事件を起こし、番組のブランドイメージに傷がついた。また、未成年者が多く出演しており、精神的ケアを考えた」と番組編成の担当者は説明しながら、「新番組の開発は並大抵ではなく、後続の番組をお示しできる段階ではない」と苦渋も見せた。(文化部 兼松康)

産経新聞 5/11(金) 9:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000502-san-ent


no title

【<NHK>「Rの法則」 どんな番組だったのか…山口達也さん司会 民放深夜番組も顔負けwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/06(日) 14:08:08.09 ID:CAP_USER9
朝ドラの脇役はブレーク女優の登竜門。
最近では13年の「あまちゃん」で、ヒロインが所属したアイドルグループ「GMT47」のリーダーを演じた松岡茉優(23)、15年「あさが来た」でヒロインの親友役だった吉岡里帆(25)らが出演をきっかけに活躍の場を広げた。
「半分、青い。」で注目されているのは、ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の親友・菜生(なお)役の奈緒(23)。
視聴者がネット上で「可愛い」「どんな人?」と注目している書き込みが目立つ。
テレビ関係者は「愛らしいルックスと透明感、鍛え上げられた演技力でブレーク必至」と話している。

脚本家野島伸司氏(55)が総合監修の俳優養成スクール「ポーラスター東京アカデミー」の1期生として演技を磨いてきた。
「まれ」(15年)、「わろてんか」(17年)のオーディションで涙をのみ、3回目の挑戦で重要な役を手にした。
「出演できると聞いた時、信じられなくて自分のことと思えない自分がいて、幽体離脱みたいになりました」という喜びをかみしめて撮影に臨んでいる。

家族の絆も描く朝ドラだけに、ヒロインの母役、松雪泰子(45)や幼なじみの律(佐藤健)の母役、原田知世(50)との共演で憧れが膨らんでいる。
「将来は朝ドラのお母さんをやってみたい。いい年の重ね方をしないといいお母さんが演じられないと思う。重ねたものが画面から漏れちゃうような女優になりたい」と夢を語っている。

◆奈緒(なお)
1995年(平7)2月10日生まれ、福岡県出身の23歳。
高校1年の時にスカウトされ、福岡のモデル事務所で芸能活動を開始。
「お芝居をちゃんとやりたい」と20歳で上京。
2017年9月huluドラマ「雨が降ると君は優しい」、同年11月のNHKBS時代劇「赤ひげ」などに出演。
1メートル60。血液型A。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000076-spnannex-ent

NHK朝ドラ「半分、青い。」 菜生(なお)役の奈緒
no title

no title

no title

no title

no title

【ネットで「可愛い」朝ドラ「半分、青い。」ヒロイン親友役で注目 奈緒(23)が「ブレーク必至」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/01(火) 10:28:27.63 ID:CAP_USER9
4月29日に放送された俳優・鈴木亮平(34)主演のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜・後8時)の第16話の平均視聴率が11・1%だったことが1日、分かった。

1月7日の初回視聴率は15・4%となり、関東地区では2000年以降の作品で最も低い数字を記録。
第2話は初回と横ばいの数字、第3話14・2%、第4話14・8%、第5話は番組最高の15・5%、第6話15・1%、第7話14・3%、第8話14・2%、第9話14・8%、第10話14・4%、第11話14・6%、第12話14・1%と推移。
2週ぶりの放送となった第13話は13・0%と番組最低の数字を記録。
第14話は11・9%となり、番組最低を更新した。
第15話は13・4%に回復したが、今回は2・3ポイントダウン。
またも番組最低視聴率を更新した。

明治維新から150年の今年、巧みな戦術と実行力で徳川幕府を倒し、明治維新を成し遂げ、近代国家・日本を作り上げた西郷隆盛の激動の生涯を新たな視点で描く作品。
林真理子さん原作、中園ミホさんが脚本を手がける。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000053-sph-ent
no title

【【視聴率】NHK大河ドラマ「西郷どん」第16話で大爆死、昨日、イッテQ無かったよなwwwwwww】の続きを読む