芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

NGT事件

1: なまえないよぉ~ 2019/09/16(月) 09:20:38.95
「次なる爆弾」が用意されている


「だってホントに、わかんねーんだもん」

この言葉は、ジャニー喜多川氏のお別れ会にて参列者同士の談笑の際、
AKBグループのドン・秋元康氏が、爆笑問題・太田光に、NGT騒動の件を突っ込まれた際に答えたものだ。

「秋元さんは、分からないというよりも興味がない、というのが本心でしょう。
坂道シリーズ以外は部下に丸投げしている状態のようですからね」(スポーツ紙AKB担当記者)

どちらにしろ、秋元氏でも“分からない”というNGT騒動の深すぎる闇だが、ここにきて大きな動きがあった。

「8月末に文春デジタルが、グループ運営元AKSの吉成社長が保護者説明会で発した音声を公開。
それは一番の被害者であった山口真帆が、実は暴行の主犯格の男ともともと繋がっていたという衝撃の内容だった」(同前)

今回の騒動が明らかになった今年1月の段階でも、一部報道やSNSなどで「山口が主犯の元カノではないか」という噂がまことしやかに流れていた。

「実際に交際していたかどうかの真相は別として、あくまで主犯側の主張と前置きしたうえで、主犯と山口との繋がりを運営トップが認めたことで大きく流れが変わった。
吉成氏は実際に他のメンバーたちからもそのような証言を得ていたようだ」(今回の騒動に詳しい関係者)

山口側は現所属事務所を通じて報道を真っ向否定したが、その数日後にネット番組の文春砲ライブが、
事件当日に山口が主犯グループ男性たちを尋問する1時間近い音声データを公開。

「今月7日のニコニコ動画の文春砲ライブ生配信では、いつもの回よりも多くの視聴者、そして物凄い数のコメントが流れた。
山口と主犯の繋がりを怪しむ者、それは絶対ないと主張する者、それらを冷やかす者らが入り乱れて大炎上となった」、(同前)

今回の騒動で、NGTの熱狂的ファンをやめたという新潟県在住の会社員Aさんは、
ファンを辞めて半年たった今でも騒動の件は気になるというが、今回の音声はすべて冷静に確認出来たという。

率直にどう思ったのかを聞いてみると、意外な感想があった。

「生配信を観て現役ファンとも電話で話したが、フラットに聞いても、まほほん(山口の愛称)は主犯の男性を話すときだけ口調が違っていた。
握手会で顔をあわせるだけの関係ではあのような口調にはならないと思う。やはり一部で報じられたように、もともと繋がっていたが、
主犯男性が推し変を匂わせた以降、関係がこじれた説はあっている気がします」(Aさん)

こうなると、山口は主犯格の“元カノ”とまでは断定できなくても、何らかの“繋がり”があったのは事実という線が濃厚になる。

一部報道で、山口はその男性から資金援助も受けていた説も浮上しているようで、
まだまだ収まらないこの騒動。「次なる爆弾」も噂されているから目が離せない。
https://k-knuckles.jp/1/8639/2/
00bed3

【NGT事件 「疑惑の男は山口真帆元カレ説」・・・「次なる爆弾」が用意されている】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/31(土) 07:56:12.09
「特定のメンバーだけが“黒幕”と言われ一方的に批判されているが、それは違うんじゃないかと言いたい」

そう語るのは以前NGT48の取材をしていた元記者だ。騒動が発覚した当時は、グループ複数の関係者に接触、内情を知る人物である。

「メディアは取材もせずに山口真帆の主張だけを報道した。そもそもそれが間違っている」

具体的な話の前に、まず事件について振り返っておこう。

発端は、今年1月8日。山口真帆が動画配信サービスSHOWROOMに投稿した一本の動画だった。涙を浮かべたアイドルの不可解な映像はすぐにファンの間に波紋を広げたが、決定的だったのはその翌日にアップされたツイッターの“告白”だった。

<男は最初の男と変わって私の顔を掴み、同じように押し倒されそうとしてきました>(原文ママ)

異様な緊張感が滲む文章には、帰宅した山口が暴漢に襲われる一部始終が書かれていた。これを受けメディアが一斉に報道を開始、すぐに容疑者が特定されたが、そこから騒動は意外な方向に飛び火した。他のメンバーのツイート等から、事件の裏にNGTのメンバーが関与していたのではないか、という疑惑である。そのためネットメディアを中心に「犯人捜し」がはじまり、数名のメンバーが「黒幕」とされることになった。事態は収束することなく膨らみつづけ、「メンバー内の不仲」「運営サイドの隠蔽工作」など疑惑は噴出、さらには運営会社の謝罪会見での不手際もあり山口と運営サイドの溝がクローズアップされ、ついに山口がグループを脱退、事務所を移籍することで一応の決着をみせた。

ところがここにきて、そんな状況を「おかしい」という声が噴出してきているようだ。関係者がつづけて言う。

「色々な噂が囁かれているが、今なぜかネットから“消されはじめている情報”がある。そこには山口がNGTに加入前に、『P』というアイドルグループに在籍していたこと。そしてそこで今回と“似た騒動”を起こしていた疑惑が明かされていた」

消されはじめている
「疑惑の情報」とは

その“消されはじめている情報”のひとつを見ることができた(8月26日現在)。その内容を要約すると、以下のようなものである。

山口は出身地である青森県からアイドルになるために上京、最初に加入したのがアイドルグループ「P」だったという疑惑がある。この「P」はメジャーグループではないいわゆる地下アイドルで、さほど目立った活動はなかったが、その中で“騒動”が起きた。それは、山口と思しきメンバーが、運営やメンバーにイジメられている、というツイートしたことからはじまったとされる。そして、「P」に在籍したままNGTに“移籍”したという噂が飛び交っている。


この記事について、記者はこう解説する。

「サイトの存在は知っていましたが、どこまでの話か、こちらも裏をとっていないからはっきりしたことは現段階で言えません。イジメが事実だった可能性もある。しかしツイートからはじまったとされるかつての騒動は、今回の事件発覚の流れと似ている部分が見えてきます。もし本当に同一人物であれば、同じ手法で注目をあつめていたとも考えられるーーそういった見方をする関係者もいるのは事実」

突如浮上してきた怪情報。さらにこれまで語られてきた「疑惑」に対するこんな証言も。

「山口を襲ったとされ逮捕された男と山口との関係です。これまでメディアでは疑惑として触れられてきましたが、実はコアなNGTファンの間では“ふたりが仲が良かった”というのは定説とされていたようです。決定的な証拠がない以上、明言はできませんが」

騒動が一段落したこのタイミングで新たな疑惑が浮上したその意味とは一体何なのか。ナックルズでは今後も関係者取材を進めていく。

-2019.08.30
https://k-knuckles.jp/1/8584/2/
no title

【【山口真帆ネガキャン】NGT事件「本当のことを誰も書かない」業界関係者語る「山口真帆が前に在籍していたグループで同じような騒動が」】の続きを読む