芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

MV

1: なまえないよぉ~ 2019/02/09(土) 23:29:35.74 ID:7LJISjs19
欅坂46・平手友梨奈(17)の出演するSEKAI NO OWARI「スターゲイザー」のMVが2月8日に公開された。

「スターゲイザー」は、SEKAI NO OWARIのニューアルバム「Eye」に収録されている楽曲。
MVで平手はフードを被った金髪姿となり、ラストシーンでは満月をバックに気迫溢れるダンスを披露している。

MVの原案を担当したのはSEKAI NO OWARIのFukase(33)。
各メディアによるとFukaseは、ストーリーとキャラクターのイメージが平手にピッタリだったためにオファー。
さらに「本物の月をバックにダンスをしているところを撮りたいという思いから撮影期間がトータルで一年近くかかってしまいました」と回想し、こう語ったという。

「スケジュール的にも最後のチャンスだった最終日、月と重なる数分しかないタイミング、絶対に失敗出来ないという緊張感の中やって下さった平手さん、ならびにスタッフの皆さんに心より感謝しています」

Twitterでは平手の新たな一面に、感激する声が上がっている。

《日本を代表するバンドに、日本を代表するアイドルのコラボ、、、やばいよねこれ》
《誰よりも強く、時に負けながらも、周囲を黙らす程の圧倒的パフォーマンスを魅せる平手さん。そんな彼女らしさも際立つ脆く、儚くも力強い美しいMVでした》
《こんなの見せられたらますます好きなるやん。好きを通り越して尊敬》

「スターゲイザー」のMVは公開されて1日ほどで、110万回以上の再生を記録している。

「平手さんはセカオワをリスペクトしています。それだけでなく以前番組で悩み事を打ち明けた際、Fukaseさんが真剣に答えてくれたことに感謝しているといいます。平手さんとセカオワは相思相愛ですし、さらに110万回という再生回数でも証明されたように話題性もある。再びのコラボは近いかもしれません」(音楽関係者)

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190209-00010005-jisin-ent

平手友梨奈が金髪姿で圧巻ダンス披露
SEKAI NO OWARI「スターゲイザー」
https://www.youtube.com/watch?v=5ipdCmaHrLM



平手友梨奈/SEKAI NO OWARI「スターゲイザー」MVより
no title

no title

no title

no title

no title


欅坂46 平手友梨奈
no title

no title

no title

【【欅坂46】平手友梨奈が圧倒的パフォーマンス 「セカオワ」MVが公開1日で110万回再生突破! ← カリスマって表現は止めたのかなwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/02/08(金) 19:17:51.86 ID:nG/GqYYm9
4人組ロックバンド・SEKAI NO OWARI(通称:セカオワ)のニューアルバム「Eye」(2月27日発売)に収録される楽曲「スターゲイザー」のMVが公開。
欅坂46の平手友梨奈が出演した。

MVストーリーの原案は楽曲の作詞作曲であるFukaseが担当。
ストーリーを考える中、イメージする主人公のキャラクターが平手と重なり、出演をオファーした。

そして、以前にNHKで対談していた経緯もあり、平手がオファーを快諾。
歌の中にある「普通の日常」を生きる少女を、平手が演じた。

脚本・Fukase、振り付け・平手友梨奈の大作MV
満月をバックにシルエットで踊るシーンを入れたい、というFukaseのアイデアから、満月のタイミングや天候、平手のスケジュールなど含め、構想から約1年半をもかけた同MV。
Fukaseは、「脚本は僕が担当し、ダンスの振り付けはご本人にお願いしました」と平手が振り付けを担当したことも明かし、「CGみたいに綺麗な月ですが、本物の月です。スケジュール的にも最後のチャンスだった最終日、月と重なる数分しかないタイミング、絶対に失敗出来ないという緊張感の中やって下さった平手さん、ならびにスタッフの皆さんに心より感謝しています」とコメント。

命を削って踊る様な、息を飲むエンディングのダンスシーンは圧巻で、Fukaseも「最後のダンスシーンを観たとき、作詞作曲家でありながら言葉にならない気持ちになったのを覚えています。それは心温まるような、恐ろしいような、涙がこぼれるような、そういったものでした」と感想を語っている。

なお、監督はSEKAI NO OWARI では「サザンカ」なども手がける藤代雄一朗氏が務めた。

Fukaseコメント
本物の月をバックにダンスをしているところを撮りたいという思いから撮影期間がトータルで一年近くかかってしまいました。

ロケ地に行ったのに月が雲で隠れてしまったり、夏は空が明るくてイメージに合わないので撮影が一旦お休みになったりと、自然に振り回された撮影でした。

脚本は僕が担当し、ダンスの振り付けはご本人にお願いしました。

CGみたいに綺麗な月ですが、本物の月です。

スケジュール的にも最後のチャンスだった最終日、月と重なる数分しかないタイミング、絶対に失敗出来ないという緊張感の中やって下さった平手さん、ならびにスタッフの皆さんに心より感謝しています。

最後のダンスシーンを観たとき、作詞作曲家でありながら言葉にならない気持ちになったのを覚えています。

それは心温まるような、恐ろしいような、涙がこぼれるような、そういったものでした。

皆さんも是非ご覧下さい。

Fukase form SEKAI NO OWARI

http://mdpr.jp/music/detail/1820978

平手友梨奈が金髪姿で圧巻ダンス披露
SEKAI NO OWARI「スターゲイザー」
https://www.youtube.com/watch?v=5ipdCmaHrLM



平手友梨奈/SEKAI NO OWARI「スターゲイザー」MVより
no title

no title

no title

no title

no title

SEKAI NO OWARI
no title


欅坂46 平手友梨奈
no title

【【欅坂46】平手友梨奈、「セカオワ」MV出演 金髪姿で息を飲む圧巻ダンス披露!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/02/01(金) 13:29:46.78 ID:F/5L4bkm9
欅坂46の8thシングル「黒い羊」(2月27日発売)のMusic Videoが公開された。

欅坂46「黒い羊」MV解禁
2019年最初のプロダクツであり、前作の「アンビバレント」から約半年のリリースとなるだけに、リリース情報解禁から大きな反響があった同作。
メンバーもラジオやブログでMVも楽しみにしていて欲しいと口々に語っており、期待が高まっていた。

そんな中、2月1日にMVが公開。
監督は「二人セゾン」「不協和音」「風に吹かれても」「ガラスを割れ!」「アンビバレント」などでもMVを手掛けた新宮良平氏、振付も引き続き世界的なダンサーのTAKAHIRO(上野隆博)氏が担当した。

欅坂46史上もっともメッセージ性に溢れた作品「黒い羊」
毎作品において強いメッセージやアイドルらしからぬ激しい振り付けで、観る者を唸らせてきた欅坂46だが、同作はさらにその表現力や迫力が押し進められ、胸に深く突き刺さる歌詞を、生きることの葛藤や様々な人との共存・対立などを抱きしめあう振り付けや突き放す振り付けを軸に見事にコンテンポラリーなダンスで表現。
欅坂46史上最もメッセージ性に溢れた作品と言っても過言ではない仕上がりとなった。

センターはデビューから8作連続で平手友梨奈が務めるが、各メンバーも約3年の活動の中で大きく成長。
まさに欅坂46の“今”の集大成ともいえる作品となった。

http://mdpr.jp/music/detail/1819415

MV解禁
欅坂46「黒い羊」
http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/?ima=0000

欅坂46 8thシングル「黒い羊」MVより
no title

no title

no title

no title

no title


センター平手友梨奈
no title

欅坂46
no title

【【欅坂46】平手友梨奈復帰「黒い羊」MV解禁 渾身のコンテンポラリーダンス 表現力と迫力で圧倒!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/25(金) 11:34:43.13 ID:dYpK/7ow9
2月6日に、秋元康プロデュースで日本デビューする話題のグローバルガールズグループ・IZ*ONE(アイズワン)のデビュー曲「好きと言わせたい」のMVが、25日に解禁された。

IZ*ONE、美脚全開で踊る 日本デビュー曲MV解禁
今作の監督は、乃木坂46「シンクロニシティ」や欅坂46「サイレントマジョリティー」など数々のMVを手掛ける池田一真氏で、撮影は12月中旬に千葉県内の屋外スペースで2日間にわたっておこなわれ、IZ*ONEにとって初めて日本で撮影されたMVとなる。

MVのテーマは「一方通行」。
ダンスシーンのメンバーの足元に広がる色鮮やかに描かれた模様や、同じ方向に並べられた一方通行の標識が、“プライドが邪魔をして素直になれない”“想いが加速してもう引き返せない”、そんな女性のもどかしさを表現した作品となっている。

IZ*ONEといえばダンスシーンも大きなみどころのひとつ。
シチュエーションにあわせて、カラフルな模様の上で踊るシーンと、コートを着てポケットに手を入れながら踊るシーンの2パターンで構成されていて、サビで胸の前でハートをつくって想いを届けるようなしぐさをみせる“ライクミーダンス”が、クールな世界観の中で彼女たちの可愛さをひきたてている。

池田監督は「相手の気持ちがわからない不安な気持ちを隠すかのようにコートで武装しクールに振る舞う姿。でも心の中は爆発しそうな感情が迷路のように複雑に入り組んでいる。素直になれないもどかしさを2種類のダンスとビジュアルで表現しました」とコメントを寄せている。

http://mdpr.jp/music/detail/1817900

IZ*ONE '好きと言わせたい (Suki to Iwasetai)' MV
https://www.youtube.com/watch?v=dLymsYC7Kmo



IZ*ONE
no title

no title

no title

宮脇咲良
no title

矢吹奈子
no title

本田仁美
no title

チャン・ウォニョン
no title

【宮脇咲良、矢吹奈子ら所属「IZ*ONE」、美脚全開“ライクミーダンス”が可愛い 日本デビュー曲MV解禁】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/26(金) 07:32:40.53 ID:CAP_USER9
AKB48が11月28日に発売する54thシングル「NO WAY MAN」のミュージックビデオ(MV)が公開された。

同楽曲は先月9月24日に発表となった選抜メンバー23名による楽曲となるが、その際、同時に発表となった宮脇咲良(センター)、矢吹奈子、本田仁美の3名は10月29日に韓国デビューを飾るIZ*ONE(アイズワン)専任となり、48グループとしての活動を2年6ヶ月休止となるため、今作は「IZ*ONE専任前ラストシングル」となる。

アイドルの可愛らしさを表現するMVとは一線を画す、AKB48史上最高難度を更新したダンス曲。
「そのダンス、凶暴につき」AKB48史上最高難度更新と銘打ち、最高難度のダンスから起因するメンバーの表情に注目だ。
特にセンターの宮脇の目からは狂気すら感じ、作品に深く入り込む彼女の底知れない力が開花した記念碑的作品となった。

「そのダンス、凶暴につき」AKB48史上最高難度更新のMV

9月某日。集められた選抜メンバーは翌日に控えた「NO WAY MAN」ミュージック・ビデオ撮影のための振り入れを行うが、その振付の難しさに悪戦苦闘。
全身を烈しく使う今回の振付による筋肉痛を伴い、満身創痍でMV撮影に挑んだ。

ダンスシーンは同じシーンでも何度もカメラの位置を変え、多様なバリエーションの撮影を積み上げていく。
そのようにして完成された「NO WAY MAN」MV。
まさに全身全霊AKB48魂を捧げたダンスシーンは、マルチ画面で視覚的にも多角的にもその振付の烈しさを表し、且つ絶妙なカット割りによって画面からメンバーが飛び出して来るかの如き映像に仕上がった。

イメージシーンでのごく僅かな微笑みを除けば、アイドルらしい可憐な立ち振舞、笑顔は無く鬼気迫るメンバーの表情、そして極端に少ないリップシーン、見て取れるのは「AKB48史上最高難度を更新したダンス」。

持ち得るアイドル要素をかなぐり捨て、髪を振り乱し、個の表現を廃しAKB48という塊の底力が溢れたアイドルの定義を覆す傑作MVとなった。

Dメロ歌詞の「レッドオーシャンなんてきっと面白くないだろう?
ブルーオーシャンこそがこれから目指す場所」はまさにAKB48の新境地を示している。
現代社会に投げかける「不撓不屈」の精神があらわれた非常にメッセージ性の強い楽曲であり、「IZ*ONE専任前ラストシングル」として2年6ヶ月もの間、48グループとして活動休止となる宮脇・矢吹・本田に向けられた「はなむけ」の言葉でもあるようだ。

宮脇咲良コメント他全文
http://mdpr.jp/music/detail/1800970

【MV full】NO WAY MAN / AKB48[公式]
https://www.youtube.com/watch?v=yMb0BLDlOwo



AKB48「NO WAY MAN」MVより
no title

no title

no title

no title

no title


センター 宮脇咲良
no title

no title

【【AKB48】「そのダンス、凶暴につき」史上最高難度更新 センター宮脇咲良の狂気に満ちた目 新曲「NO WAY MAN」MV公開】の続きを読む