芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

M-1

1: なまえないよぉ~ 2019/12/30(月) 07:49:17.54
 今年のM-1がめちゃめちゃ面白くて、リアルタイムでも見たのに、その後も何度も見てしまっています。かまいたちがサイコパス漫才の最高峰を披露して、ぺこぱは漫才の概念を覆す発明を生み出し、しかしそれを上回るミルクボーイのコーンフレーク。ボケの手数がとかアドリブはNGとかM-1で勝つ漫才はこれだ!みたいな訳知り顔の風説を「おもしろいが勝ち」というシンプルなルールが吹き飛ばす、痛快さ。ちなみにぺこぱの松陰寺さんはZOZOマリンのライトスタンドで跳んでる系ロッテファン、ミルクボーイの内海さんは大天使里崎を彷彿とさせ、かまいたちの狂気は突然9回裏に6点差をひっくり返すロッテ野球そのものです。来年はロッテの年となるでしょう。

 いや、しかしやっぱり狂気といえば、M-1の大天使、上沼恵美子。狂ってる。恵美子は今年も狂っていました。昨年、M-1史上最年少優勝を果たした霜降り明星、その快挙をもかすませた例の“更年期のオバハン”事件、いや事変(feat.とろサーモン久保田)「今年は審査員を降りるのでは」と囁かれながら、しかし不死鳥のようにテレ朝に蘇った上沼恵美子。11月に発売したニューシングル『時のしおり』を携えて、2019年もまた審査員席の一番右端に座ったのでした。

■「和牛には悪いんだけど……」突然、牙を向く恵美子

 開口一番の「無事更年期障害も乗り越えまして」、講評中の「あらこんなところにこんなものが(自分のCD宣伝する)」など色々ありましたが、今年最も上沼恵美子が狂ったのは、「からし蓮根のネタ終わりのコメント」で、おそらく異論はないかと思われます。初々しい若手漫才師に「ファンです」とうっとり見せた後、恵美子が突然牙をむいたのは、この2組前、敗者復活で勝ち上がり暫定ボックス2位の席に座る和牛にでした。菩薩out般若in。「和牛には悪いんだけど、去年もその前も私は和牛にチャンピオン入れました。でもそういう横柄な感じが、和牛に対しては感じました。だからちょっと厳しい意見も」

■「緊張感も何もない、ぞんざいなものを感じました」

 何かを察した司会の今田耕司がフォローを入れようとするより一瞬早く「このステージは僕のもの、リサイタル、何のコンテストでも緊張感も何にもない、そういうぞんざいなものを感じました」。そしてここであらためてからし蓮根に向き直り「でも私からし蓮根には初々しいものを感じ、ほんと笑っちゃったし、この必死さ、てっぺんを取ろうという、チャンピオンを取ろうというこの必死さ! この気持ちがぐっと伝わってきて、私は大ファンよ!!」。半ば放心状態のからし蓮根、ハッとなって慌ててガッツポーズ。こんなせつな面白いガッツポーズ見たことない。「がんばれ!! がんばってね!!」さらに絶叫をやめない恵美子。ようやく隙間を見つけてねじ込んだ今田耕司の「若い子たちがチャンピオンを目指して取りに来てる感じが」という合いの手をも「それがいいの、それが、M-1じゃないの!?」「それがなんかわからないけども、去年もその前もチャンピオンに決勝まで残りくさらんかった、それが腹たつっていうんですわ」すぐさま和牛批判に揺り戻す。そして「それに比べてこの子たちは!!」ここまで言って力尽きたかのようにパッタリと机に突っ伏したのでした。エミコ・ジ・エンド。

 わざとらしい標準語とまくし立てる関西弁。演技と本音。これが交互にあらわれて聞いている方は、からし蓮根じゃなくてもパニックです。狂っている。なぜあなたは狂うのですか上沼恵美子。海原千里万里が天才漫才師だったことに疑う余地はなく、今現在関西バラエティ界での確固たる地位もある。スカしながら採点して、コメントでひとっつも面白くないがボソボソっとそれっぽいこと言ってればいいのに。出場者やそのファンに嫌われないように、指摘は穏やかにあとちょっといい話とかすればいいのに。すぐさまツイッターで「愛がある」「実はいいひと」みたいに拡散されるのに。志らくという噺家さんがおりましてね。

■「いい人」も「愛がある」も求めていない恵美子の“正解”

 全く求めてないのでしょう。「いい人」も「愛がある」も、そして「安定」も。私は思い出していました。

以下全文はソース先で

■「だから今の芸人はおもろない」

■好き勝手してるようでルールは守る恵美子

2019年12月29日 18時0分
文春オンライン
https://news.livedoor.com/article/detail/17597588/
no title

【和牛に突然説教…“M-1の大天使”上沼恵美子はなぜ狂いつづけるのかwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/12/23(月) 12:15:37.96
12月22日に放送された『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で、出場した芸人が審査員の松本人志に悪態をついたとして話題になっている。

視聴者の間で話題になったのは、この日トップバッターとして登場したコンビ『ニューヨーク』。ボケの嶋佐和也が「ラブソングができた」と切り出して歌い、屋敷裕政がツッコミを入れる構成。ネタ終了後、屋敷は「今までの漫才で一番楽しくできた」、嶋佐は「いい意味で緊張が抜けた感じ」とほっとした表情を見せた。

結果、合計点数は616点。10組中最下位とはなったが、初の決勝でトップバッターの大役を務め上げた。

立川志らく(90点)が「言ってることは現代の話。だがテクニックは昔の漫才を引き継いでいる。気持ち良く聞けた」、オール巨人(87点)は「歌の中でたくさんの笑いを取るのは難しい」とコメントすると、2人もおじぎしながら反応していた。

「あんまり好きじゃない」の評価に「最悪や!」
一方、82点をつけた松本人志は辛口評価。「僕の好みなんでしょうけど、最近ツッコミの人って、けっこう笑いながら楽しんでる感じが(して)…あんまり好きじゃないんですよ」と指摘した。

すると屋敷は「最悪や!マジで最悪や!もう俺無理ですわ」と嘆き、スタジオから去るそぶりを何度も見せた。松本は「ごめんごめん」と謝りつつ、「(ツッコミは)怒ってるのが好き。緊張感を出してほしかった」と評価したものの屋敷は終始不満げで、腰に手を当てて落胆した表情。今田は「音、入ってるし!」「がっつり映ってるし!」とテレビの前では態度を改めるよう訴えていたが、屋敷は終始うなだれていた。

「2本目はブチ切れながらやる」と宣言していた屋敷だったが、結局、最終決戦進出はならず。視聴者からは「屋敷がブチ切れている」との指摘が相次いだ。

《ニューヨークの態度悪過ぎて好感持てない》
《思いっきりフテ腐れたのがムカついた》
《気持ちは分かるけど話はちゃんと最後まで聞いた方が良かった》
《ニューヨークは素人相手にも空気読めないが松本今田相手にも空気読めないとは》
《1組目の子が松本さんに変な絡み方をしてめっちゃ気分を害しました》

念願の決勝進出だったが、ニューヨークの2人にとっては苦い思い出が残ったことだろう。

http://dailynewsonline.jp/article/2127982/
2019.12.23 11:03 まいじつ
20191223003

【松本人志に若手芸人ブチギレ!? 『M-1』視聴者騒然「態度悪過ぎ!」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/11/20(水) 13:42:56.84
漫才日本一を決める「M-1グランプリ2019」主催者は20日、準決勝進出の25組を発表した。
和牛、ミキ、かまいたちらは順調にコマを進めた一方、闇営業で謹慎処分となったスリムクラブ、今年大ブレイクしたEXITは敗退となった。

スリムクラブは10年に決勝に進み、笑い飯に敗れたものの、堂々の準優勝を果たし、一気にブレーク。
だがその後はM-1では16年に決勝に進んだものの、準々決勝の壁を破れないでいた。

さらに今年は、反社会勢力から金銭を受け取ったとして謹慎処分となる逆風も。
8月19日に舞台で復帰したが、今年もM-1準々決勝の壁を破ることはできなかった。

EXITも無念の敗退。
兼近はツイッターで「くぅーーM1きびしーーー!!でもまだまだこっからバズってくから目を離さずにパリピ漫才を楽しめ!来年もかき回す」とつぶやいていた。

準決勝は12月4日に開催予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000052-dal-ent

敗退したスリムクラブ
no title


「M-1グランプリ2019」準決勝進出者 25組
アインシュタイン / からし蓮根 / ミルクボーイ / ぺこぱ / オズワルド / マヂカルラブリー / すゑひろがりず / ダイタク / くらげ / セルライトスパ / ラランド / 天竺鼠 / 錦鯉 / カミナリ / ニューヨーク / 東京ホテイソン / ロングコートダディ / インディアンス / 見取り図 / 四千頭身 / ミキ / かまいたち / 囲碁将棋 / トム・ブラウン / 和牛
no title

【【吉本忖度】「M-1」準決勝進出者発表!闇営業騒動のスリムクラブ敗退 今年大ブレイクEXITも… 和牛、ミキ、かまいたちらは順当】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/08(金) 22:04:12.60 ID:CAP_USER9
12月3日に決勝戦を迎えた「M-1グランプリ2017」(テレビ朝日系)。悲願の優勝を達成したとろサーモンを筆頭に、あらためてその実力を知らしめた和牛や、
知名度を全国区に広げたミキが活躍を見せた中、結成14年目のベテランコンビが失態をさらす形となった。お笑い系ライターが声を潜める。

「最後に登場したジャルジャルは、松本人志の評価こそ高かったですが、実際は、さほどの笑いも取ることなく6位に惨敗。芸歴では和牛やかまいたちよりも
先輩なのに、何の見せ場も作ることができませんでした。しかもネットでの検索回数を見てみると、ネタ披露中のピーク回数では7位のさや香や8位のゆにばーすに
及ばず、放送終了後の推移では負けっぷりがネットニュースになった10位のマヂカルラブリーにも負ける有様。つまり話題性では若手にすら負けてしまったのです」

 そんなジャルジャルにとって、今回のM-1は本来なら、起死回生のチャンスになるはずだったという。それをモノにできなかったことで、いよいよお笑い芸人を
続けられるかどうかの瀬戸際に追い詰められたというのだ。

http://www.asagei.com/excerpt/94512
no title

【M-1惨敗でお笑い廃業?ジャルジャルが若手より話題にならずイタすぎwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/06(水) 13:39:27.67 ID:CAP_USER9
とんでもなくハイレベルの戦いだった。
3日行われた漫才の日本一を決める「M-1グランプリ2017」の決勝大会は知名度は低いが、実力派がそろい、予想通りの激戦に。
そんな中、王者となったのは芸歴15年目のとろサーモンだったが、3位になったミキは王者より輝く可能性をみせた。

今年は、オーソドックスなスタイルがそろったが、敗者復活を含む決勝進出者10組のうち、6組が決勝初出場という新鮮な顔ぶれ。
キングオブコント王者のかまいたちや、前回3位のスーパーマラドーナも沈む中、ファイナルステージの3組に進んだのはとろサーモン、ミキ、和牛だった。

演芸評論家の高山和久氏は「3年連続決勝進出の和牛とキングオブコントとの2冠を狙うかまいたちの対決が評判だったが、若手の台頭が目立つ大会だった。ミキだけでなく、5年目のゆにばーすや4年目コンビのさや香らが斬新なネタで笑いを取っていた」とレベルの高さを指摘する。

それを象徴するのが、初代王者、中川家以来の兄弟コンビとなったミキだろう。
兄の昴生(こうせい、31)と弟の亜生(あせい、29)のコンビは結成5年目。

中田ダイマル・ラケットや夢路いとし・喜味こいしといった昭和の漫才師の影響を感じるしゃべくり漫才だが、スピード感は若手ならでは。
さらに昴生の絶叫に近いつっこみが強烈なインパクトを持っている。

「関西ではすでにかなりの人気を得ているが、今回の大会でかなり強い記憶を残したのでは。かわいいキャラの弟とひねくれキャラの兄はバラエティーでも使いやすく、王者となったとろサーモンよりもブレークする可能性を秘めている」とは放送関係者。

誰が抜けて出るか。

http://news.livedoor.com/article/detail/13986244/

ミキ
no title

【「M-1」3位・ミキが魅せた衝撃度 斬新なネタと絶叫つっこみ 王者・とろサーモンよりブレークの可能性】の続きを読む