芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

Koki

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/09/17(金) 21:22:42.86 _USER9
歌手の工藤静香が9月5日に投稿したインスタグラムの写真が話題になっている。

この日の工藤はストーリー機能を使い、焼いた鮭やゆで卵、明太子、梅干し、フルーツなどが盛りつけられたプレートの写真をアップ。「今朝の朝食 The日本食 By次女」との文字を添え、さらに焼き上げたパンを切る動画を投稿し、「野菜天然酵母パン きゃー 次女完全にマスター」と、次女でモデルとして活躍しているKōki,の料理の腕が上達していることをアピールした。

しかし、工藤絶賛のこの料理も、ネットにかかるとご覧の評価に早変わり。

《本当だ! 完全にマスターしている化石パン。水分補給を忘れると命の危機もありそう。そして朝食。和朝食なのにあのプレートといい、センスのない箸置きといい、さすが母親譲り》

《プレートに盛ってる鮭以外の食材が、まるで生ゴミのコーナーから拾ってきたかのような見た目で、ちゃんと食べられる食材が盛ってあるのでしょうか?》

《日本食の基本は一汁三菜ですね 米が黒かろうが、おかずのお皿が洋皿だろうが家庭によって朝食はそれぞれだけど、いい年してこれをTHE日本食と言ってしまうあたり笑 せめてみそ汁ほしいな》

などなど、けちょんけちょんに言われている。しかも、

《ある意味楽しみにしてる。これを世間に見せるメンタルとセンス。ある意味すごい》

と、完全に〝おもちゃ扱い〟する者も…。

公開された手料理は独特の感性が光るものばかり…

「工藤は8月30日にもインスタグラムのストーリー機能を使って、自分が作ったリンゴ酵母を使ったカシューナッツ入りのパンに、Kōki,がフルーツなどをトッピングして作った朝食の写真を披露。このときも《一度くらい他の人のインスタを覗いてみてください》《盛り付けが理解不能な並べ方です!》などとツッコミが殺到していました。料理を投稿するたびに、工藤はネット上でネタにされていますが、それを娘さんがしっかり引き継いでいるというわけです」(芸能ライター)

Kōki,は昨年の工藤の誕生日に手作りのホールケーキを作成。スポンジに生クリームとバラをかたどったリンゴ、こぼれんばかりのブルーベリー、さらにスライスしたイチゴをサイドに貼りつけ、その見た目のインパクトは『お母さん譲り?』と驚かれた。その後に公開された手料理写真は、いずれも独特の感性が光るものばかりだ。

好きな食べ物は「ママの手料理」と公言しているKōki,だけに、今後のますますの〝上達〟に注目だ。
no title

no title

no title

no title

https://weekly-jitsuwa.jp/archives/31643

【工藤静香、後継者は次女Koki, インスタ料理写真が「まるで生ゴミ」と話題 ← これは言い過ぎ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/07/08(木) 22:42:14.92 _USER9
 7月5日、木村拓哉と工藤静香の次女で、ファッションモデルのKoki,がInstagramに投稿した内容が波紋を呼んでいる。

 前日の7月4日には静岡県熱海市で降った豪雨による大規模な土砂災害が明らかとなっていた。

 Koki,も熱海の被害を知り、Instagramに『今日も雨ですね。これ以上被害が出ませんように祈っています』という一文を投稿している。

「しかし、そこに添えられていたのが、Koki,さんが笑顔で、高級ブランド『ルイ・ヴィトン』のバッグを抱えた写真でした。これに『被災者に対して不謹慎すぎる』『常識がない』とネット上では批判が続出。炎上してしまいました。

 まだ、こうした投稿が初めてであればいいのですが……。じつは、一年前の2020年7月に起きた豪雨災害の際にも、まったく同じ炎上騒ぎを起こしているのです。

 被災者の無事を祈る一文とともに、花を手にし、微笑んでいるKoki,さんの写真が添えられていました。その当時も彼女の服装は『COACH』のトップスで、今回と同じ構図で炎上していたんです」(芸能記者)

 Koki,の今回の炎上は防げたのではないだろうかーー。心理カウンセラーでマナー講師も務める鹿屋由佳氏に話を聞いた。

「私は、Koki,さんの心の中にはしっかりとお悔やみの気持ちがあったと思います。しかし、マナーにそった表現の仕方に対して、まだ若い彼女には“照れ”があるのではないでしょうか。18歳で成人といっても、まだまだ未熟なんだと思います。

 しかし芸能人として社会で活躍しているKoki,さん。マナー講師としては、表情、態度、服装などで相手に寄り添う気持ちを表せれば、炎上はなかったと考えます。人が判断するのは視覚情報が55%と言われます。気持ちを伝えたいのであれば、仕事上のブランドバッグを持った写真とは別で、という配慮が必要でしょう。

 SNS上には『地味な服装ですべきだ』『笑わないべきだ』との声も上がっています。ほかの方の気持ちを守るためにも自分の気持ちを守るためにも、Koki,さんもそろそろ最低限のマナーを知っていくころです」

 ブランドのモデルとして、活動していることもあり、2021年に入ってからだけでも、Koki,は自身のInstagramでブランドバッグを手にした写真を37回投稿している。今回も無意識な投稿の延長線上で起きてしまったように思えた。鹿屋氏が続ける。

「私は職業上、Koki,さんのように自然と高級ブランドを身に着けるインフルエンサーに憧れて『ブランド依存』に陥る人のカウンセリングもおこなっているんです。だからこそ、Koki,さんには『自分は憧れられる存在なんだ』『真似をされる存在なんだ』と影響力を意識して、成長していってほしいです。

 Koki,さんはこれまで、環境的にも自然と高級ブランドに触れてきたでしょうし、あの若さでブランドバッグをさりげなく使いこなせる人はなかなかいないと思います。しかし、Koki,さんのアピールするつもりがない、まったく悪気のないところに不快さを感じる人もいるでしょうし、SNSを見る側の心理的要素も炎上の背景にはあったのかもしれません。

 いまの時代、誰でも見られるSNSなどでは受け取る側の気持ちを考えて、発信する心づかいが必要です。発信する側のマナーを学び、そういった面でもKoki,さんには若い人たちにお手本として憧れられる女性になってほしいです」

 彼女にとって“住む世界が違う”というのは魅力でもあり、難しさもあり……ということなのだろう。

7/8(木) 20:21
SmartFLASH

Koki,の“お見舞い投稿”は間違いだったのか?高級バッグが37回登場…マナー講師からも苦言
Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
https://news.yahoo.co.jp/articles/ccb5a34bd27d94573fc9a588530260cc66571bee

no title 【Koki,の“お見舞い投稿”は間違いだったのか?高級バッグが37回登場…マナー講師からも苦言】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/07/07(水) 08:11:45.60 _USER9
 やっぱり〝ステージママ〟の影響だった? 木村拓哉、工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,(18)が、5日に更新したインスタグラムが波紋を呼んでいる。静岡・熱海市の大規模な土石流の被災者を見舞うとともに、高級ブランドを手にした写真を投稿しためだ。冷静に考えれば「炎上するかもしれない」と分かるはずだが、それでも高級ブランドの写真を更新したウラには、母・静香と交わした取り決めがあったという――。

 Koki,は5日、インスタグラムに「これ以上被害が出ませんように祈っています」とメッセージを投稿したが、高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のバッグを手にした自身の写真なども添えた。死者や行方不明者、避難している被災者が出ている自然災害と世界的なハイブランドの〝宣伝〟はあまりにもミスマッチで、SNSには「不謹慎!」などと批判が殺到した。

 Koki,はちょうど1年前の昨年7月に発生した熊本豪雨の時もインスタで「この雨の中で皆さまが無事であり、すぐに良くなることを祈っています」と英字で投稿。笑顔で人気ブランド「コーチ」の商品を手にし「コーチのこのトップスが大好き」と記していた。熊本豪雨は80人以上の死者を出した大災害。ネット上では「2度目じゃん」「学習能力ないのか」といった声も飛んでいる。

 冷静に考えれば、自然災害のお見舞いで高級ブランドを交えれば炎上しかねないと分かるはずだが…。それでもやってしまったウラには、母・静香と交わした取り決めがあるとの見方が出ている。

「Koki,さんに悪気は全くありません。彼女の活動のメインは、モデルというよりインスタを通したインフルエンサー。実質的なマネジャーである母の静香さんと話し合って、インスタの投稿には基本的に毎回、アンバサダーを務める高級ブランドをアップし続けると取り決めたと聞きました。つまり、それが〝仕事〟だと」(テレビ局関係者)

 そのため、熱海の土石流でもお見舞いとともに、悪意がないままヴィトンのバッグの写真を添えたというのだ。とはいえ死者が出ている自然災害に対する投稿は、慎重になるべきなのは当然のことだろう。

「こうも炎上が続いては、Koki,さんが新規のクライアントを獲得するのは難しくなります。ヴィトンやコーチといった既存のクライアントもこういう炎上での露出は望んでいないでしょうから」(同)

 アンバサダーとはいえ、柔軟に対応すればよかった。まずは〝常識〟を指導する必要がありそうだ。

7/7(水) 5:15
東スポWeb

Koki,インスタ炎上の裏に母・工藤静香とのビジネスルール 1年前にもKY投稿
悪気はなかったが…
https://news.yahoo.co.jp/articles/315d74f24504afc4a6ee6762f1ee626653da80ad

no title 【Koki,インスタ炎上の裏に母・工藤静香とのビジネスルール 1年前にもKY投稿】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/07/06(火) 06:12:23.12 _USER9
 木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKoki,(18)がまたも炎上だ。

 5日、自身のインスタグラムを更新。「今日も雨ですね。これ以上被害が出ませんように祈っています」とつづった。「被害」というのは言うまでもなく、静岡県熱海市の伊豆山地区で3日に発生した土石流災害を指すのは間違いない。そのコメント自体に炎上要素はないが、添付した2枚の写真と1個の動画がマズかった。

「写真と動画には、高級ブランド『ルイ・ヴィトン』のバッグを抱えたKoki,が車の後部座席に座り〝Koki,スマイル〟をサク裂させています。3月に同ブランドの『フレンド・オブ・ザ・ハウス』(ルイ・ヴィトンの友達)に選ばれているため、商品をアピールする狙いがあったのでしょう。ただ、被災者を思うコメントにはミスマッチです」(ワイドショー関係者)

 案の定、ネットは大荒れ。「不謹慎すぎる」「いくら何でも良識を疑う」「心配しているようには見えない」などと批判が殺到している。Koki,と言えば、3月に高級ブランド「ヴァレンティノ」のウェブ動画で、ヒールを履いたまま着物の帯の上を歩いたとして大炎上したが、またもブランドがらみで炎上した格好だ。

「前回は、制作したブランド側の責任が大きく、静香は『娘のブランドイメージが傷ついた!』と怒り心頭だったそうです。でも、今回は極めてプライベート感が強い。静香あるいは、かなりの側近が撮影したとみられ、バツが悪いですね。もともと静香自身、よくインスタが炎上している。一時コメント欄を制限したこともあるほどでSNSは苦手なのでは。娘のインスタは別の誰かがディレクションしたほうがいい」(芸能プロ関係者)

 次々と高級ブランドのアンバサダーを務め、このほど主演映画まで決まったKoki,。そのかじ取りは炎上と隣り合わせだ。

7/6(火) 5:15
東スポWeb

Koki,〝不謹慎〟投稿でインスタまたも炎上…高級バッグ抱えた写真が物議

https://news.yahoo.co.jp/articles/565187e8002bf14fbada509eac116aded549c088

 インスタグラム↓

no title

no title

no title

【Koki,〝不謹慎〟投稿でインスタまたも炎上…高級バッグ抱えた写真が物議】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/07/05(月) 20:00:47.32 _USER9
俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の次女でモデルのKoki,が、インスタグラムで大雨の被災地に言及したものの、ネットからは批判が殺到している。

 大雨の影響で大規模な土石流が発生した熱海。130棟の家屋も被害を受け、5日朝時点で死者は3人。安否不明者は113人という事態になっている。

 そんな中、発生から3日目となった5日に朝にK?ki,はインスタグラムを更新し、「Going to shooting with my coffee and @louisvuitton bag(コーヒーとルイ・ヴィトンのバッグを持って撮影に行く)」と語尾にハートマークのついた文章と車内で撮影した自身の写真を披露。微笑みを浮かべたKoki,が腕の中でルイ・ヴィトンのバッグを大切そうに抱えているショットになっていた。

さらに、Koki,は英文のあと日本語で「今日も雨ですね」とし、「これ以上被害が出ませんように祈っています」と被災地を気遣うような内容の文章もつづっていた。

 しかし、ルイ・ヴィトンのバッグを抱えた自身の写真と被災地を気遣う文面のあまりのちぐはぐさから、ネット上からは「被災地馬鹿にしてるのか?」「自分のアピールとしか思えない」「全く説得力ないし、響かない」という批判が殺到している。

 「Koki,と言えば、昨年7月にも、姉が撮影した自身のショットを披露しつつ、『I hope everyone is safe in this rain and praying that everything is going to get better soon.』と大雨の被害を受けた九州へのメッセージを発信していましたが、その際も写真と文章の噛み合わなさに疑問の声が集まっていました。その上、今回に関してはブランドバッグを手に『祈っています』発言。死者も行方不明も多数いる中、決して適切な投稿ではないという指摘が集まっています」(芸能ライター)

 一度批判を集めているにも関わらず、再度の投稿。ネットからは「被害を利用してまで自分アピール」「こんな投稿するくらいなら黙ってて」という厳しい声が相次いでいる。

https://npn.co.jp/article/detail/200014511
no title

【Koki,、被災地を気遣う投稿も「自分のアピールとしか思えない」批判集まる 高級ブランドが不適切?】の続きを読む