芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

IPPONグランプリ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/05/24(火) 14:23:44.18 _USER9
5月21日にダウンタウン・松本人志(58)がチェアマンを務める大喜利バラエティ番組『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)が放送。非常に盛り上がり、視聴率方面でも大成功を収めたという。

「今回の『IPPONグランプリ』の世帯視聴率は9.7%で、コア視聴率が7.4%という数字。これは翌22日に放送された『世界の果てまでイッテQ』(日本テレビ系)の世帯視聴率は9.8%、コア視聴率が7.5%と比べてもまったく見劣りしない数字でした。

『イッテQ』は日~土の1週間で最高のコア視聴率を誇る番組。つまり『IPPONグランプリ』は、王者のイッテQに肉薄するという、とんでもない番組だということになります」(制作会社関係者)

SNSでは、特にハリウッドザコシショウ(48)が写真を見て一言を添える「写真で一言」のお題で「腹部のあたりでグラインダーをかけて火花を散らしている男」の写真に「火花ションベン」と答えたことが、抜群のインパクトを与えてトレンド入り。

同ブロックで対戦した千鳥の大悟(42)は「火花ションベンで今ばっと笑えたんですごく楽になりました」、野田クリスタル(35)「(大喜利に負けたショックが)僕も火花ションベンで全てが吹っ飛びました。気持ちを……すごい効果ですね」とコメントしたり、その後も千原ジュニア(48)などに何度も大喜利回答に引用されたり、松本からも「やっぱ火花ションベンで空気が変わったというか。あれはもう答えって言っていいかも……」と言わしめたりと、同業者にも圧倒的なインパクトを与えた。

そんな『IPPONグランプリ』の決勝は、千鳥・大悟と千原ジュニアとの対戦に。大悟が2本を先取し、あと1本と王手をかけた状況からジュニアが2本を取り返し、2対2の同点に。次の1本を取ったほうが優勝、という局面で出された最後のお題「“そんなとこギザギザにすな!”どこ?」で大悟が見せた一発芸が、多くの視聴者の胸を打ったという。

「大悟は1発目の回答で、イラストで勝負に出たんです。フリップに描かれていたのは、上腕部分がギザギザになった“くの字に曲がった腕”。そして、発した言葉は“アイーン”。これは、大悟が師匠と慕い、20年に亡くなった志村けんさん(享年70)のギャグ“アイーン!”。大悟さんは生前に志村さんと“師弟でもあり親友でもあった”という深い関係性を築いていたことで知られています」(女性誌記者)

大悟の「アイーンギザギザ」は大ウケだったものの「IPPON」には届かず。「結局、その次にジュニアさんが出した“スネ夫の口ギザギザ”がIPPONとなり、優勝。大悟さんは2対0からの逆転負け、という結果でした。2対2に持ち込まれてもう後がない、と追い詰められての“アイーン”だった、という可能性はありますね」(前同)

全文はソースをご覧ください

https://taishu.jp/articles/-/102192?page=1
2022.05.24

pose_yareyare_man

【フジテレビ『IPPONグランプリ』が日テレ『イッテQ』に肉薄のコア「超高視聴率」 ← 特番とレギュラー番組の比較wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/05(土) 22:58:30.80 _USER9
 大喜利番組「IPPONグランプリ」が5日、フジテレビ系で放送され、3日に謝罪会見を行ったアンジャッシュ・渡部建(48)がお題として登場した。

「IPPONグランプリ」第24回となる今回は、千原ジュニア、バカリズム、オードリー・若林正恭ら総勢10人の芸人が参戦。芸人NO1大喜利王を争った。

 渡部が登場したのは、1位に当てはまる芸能人を挙げる「ドラムロール大喜利」で、お題は「渡部の件で明日は我が身的にビビりまくってそうな芸能人 第1位は?」。

 このお題に当たったバカリズムは「えなりかずきさんです」と回答。華麗に一本を獲得したものの、バカリズムは「あくまでもフィクションですから」とフォローした。

 これにツイッター上では「嘘だとわかってるけど、やけに生々しい」「なんか、攻めすぎ(笑)」「えなりかずきwww」などツッコミが入れられていた。

12/5(土) 22:08 
東スポWeb 

「IPPONグランプリ」にアンジャッシュ渡部のお題が登場 バカリズムが衝撃回答 
ネタにされた… 

https://news.yahoo.co.jp/articles/e505dcd36c367dcb7dc53ce298cadda2dd7f6c6a

814000048

【「IPPONグランプリ」にアンジャッシュ渡部のお題が登場 バカリズムが衝撃回答www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/29(日) 08:37:59.75 _USER9
 「ダウンタウン」の松本人志(57)が大会チェアマンを務める大喜利の祭典、フジテレビ「IPPONグランプリ」は12月5日午後9時から第24回大会が放送される。2009年の第1回大会を除き、史上初の「初出場者なし」。激戦に注目が集まる。また、同局の伊藤利尋アナウンサー(48)が第12回大会(14年11月)以来、6年ぶりにフロア進行に復帰する。

 09年12月に深夜枠でスタート。第5回大会(11年6月)から「土曜プレミアム」枠に昇格し、年2回放送が定着した。

 「お台場笑おう会」から招待された10人の芸人がA・Bブロック5人ずつに分かれ、さまざまなお題に回答。Aブロックの審査はBブロックの芸人が行う。採点ボタンは1人2個。5人全員が2個のボタンを押し、合計10点満点になると「一本」。両ブロックの一本最多獲得者が決勝で激突(審査は残る芸人8人、16点満点)。「芸人大喜利王」を決める。

 今回の出場者は<Aブロック>くっきー!(野性爆弾)、駒場孝(ミルクボーイ)、西田幸治(笑い飯)、バカリズム、若林正恭(オードリー)<Bブロック>稲田直樹(アインシュタイン)、千原ジュニア(千原兄弟)、博多大吉(博多華丸・大吉)、堀内健(ネプチューン)、山内健司(かまいたち)(五十音順)。

 西田は第3回大会(10年10月)以来、10年ぶりの参戦。伊藤アナは第1回からフロア進行を担当。榎並大二郎アナウンサー(35)が第13回大会(15年5月)から2代目を務めた。

11/29(日) 8:30配信 
スポニチアネックス 

https://news.yahoo.co.jp/articles/6ebf36def6710e8cc640d8c65ed005ffd23887f7

フジテレビ

【「IPPONグランプリ」史上初の“初出場者なし”伊藤利尋アナ6年ぶりフロア担当復帰 ← でもおまえらフジは観ないんでしょwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/03/14(水) 21:15:50.63 ID:CAP_USER9
3月10日にフジテレビ系列で放送された、お笑い芸人の大喜利番組『IPPONグランプリ』は、平均視聴率が10.6%とふた桁を記録した。

「この番組はダウンタウンの松本人志がチェアマンを務め、10名のお笑い芸人のなかから大喜利ナンバーワンを決める大会です。
すでに19回目と、すっかりおなじみになっています。今回は最多16回出場のバカリズムが激戦を制し、決勝で『千鳥』の大悟を下して史上最多4回目の優勝を勝ち取りました」(芸能記者)

ほぼ半年おきに放送される『IPPONグランプリ』だが、かつて松本は「フジテレビはコンテンツがないんかい」と揶揄したことがある。つまり“おなじみ”を通り越して“マンネリ”も自覚しているのだ。

フジテレビは4月の番組改編についての説明会で、目玉は『とんねるずのみなさんのおかげでした』、『めちゃ×2イケてるッ!』などの長寿番組の放送終了と、坂上忍が司会を務める新番組との入れ替えだと発表した。
視聴率の低迷で業績が悪化しているなか、フジテレビの立て直し策がどんなものになるのかに注目が集まっている。

「視聴率の低迷はフジの業績を直撃しています。2017年4~9月期の単体ベースは、在京キー局5社で唯一、営業赤字に転落しました。
年末の特番などで放送料収入が伸びる同4~12月期では黒字に転じましが、前年同期と比べると減収減益です」(経済ライター)

◆金をかけずに視聴率を伸ばせるか

業績悪化を受け、昨年6月には宮内正喜氏がフジテレビと親会社のフジ・メディア・ホールディングスの社長に就任するなど、経営体制が刷新された。
その宮内社長は4~12月期の番組制作費を9.2%削減するなど、コスト削減を進めている。

「現場からは冷めた意見が聞こえてきています。やる気がある声はほとんどありません。制作費を削れば思うような番組作りができず、視聴率が伸びない可能性もある。

1980年代から長く視聴率上位を保ってきたフジですが、今後はお金をかけずに面白い番組を作れるかという、これまでに経験したことのない命題に挑戦しなければなりません。
失敗したら大きく株価を下げるという修羅場が待っています」(同・ライター)

フジテレビが復活するかどうか。運命の4月はすぐそこまできている。

2018.03.14 19:30
https://myjitsu.jp/archives/46023

イラスト
no title

【【嫌なら見るな】<どうなるフジテレビ!?> 金をかけずに視聴率を伸ばせるか 松本人志も「コンテンツ不足」を指摘】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/24(金) 12:57:33.72 ID:CAP_USER9
カミナリの石田たくみ(29)、アンタッチャブルの柴田英嗣(42)、中川家の礼二(45)が大喜利の祭典、フジテレビ「IPPONグランプリ」(12月2日後9・00)に初参戦することが24日、発表された。

 2009年12月に深夜枠でスタート。第5回(11年6月)から「土曜プレミアム」枠、年2回放送が定着。今回、第18回大会を迎える。

 「お台場笑おう会」から招待された10人の芸人がA・Bブロック5人ずつに分かれ、さまざまなお題に回答。Aブロックの審査はBブロックの芸人が行う。採点ボタンは1人2個。5人全員が2個のボタンを押し、合計10点満点になると「一本」。
各ブロック4問(1問の制限時間は7分)出題され、1両ブロックの一本最多獲得者が決勝(審査は残る芸人8人、16点満点)で激突。「芸人大喜利王」を決める。

 今回は<Aブロック>柴田、千原兄弟・千原ジュニア(43)、ロッチ・中岡創一(39)、バカリズム(41)、オードリー・若林正恭(39)<Bブロック>ロバート・秋山竜次(39)、石田、麒麟・川島明(38)、ネプチューン・堀内健(47)、礼二。

 石田は「非常に緊張しています。事務所の先輩の永野さんから『困った時は大きい声を出せ』とアドバイスを頂きましたので、大きい声を出していこうと思います」、
柴田は「様子を見ながら、自分のやりたいように」、礼二は「今までの経験をフルに使いたいと思います。この緊張感は久々」とあいさつし、回答席に向かう。

 秋山、川島、ジュニア、バカリズム、堀内、若林の6人が優勝経験者という実力者揃いの今大会。激戦を制するのは誰か。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/24/kiji/20171123s00041000214000c.html 
2017年11月24日 11:00 

 
no title

【フジ「IPPONグランプリ」カミナリ石田たくみ&アンタッチャブル柴田英嗣&中川家・礼二が初参戦】の続きを読む