芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

GACKT

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/21(月) 16:52:38.24 _USER9
アーティストのGACKTとカリスマホスト・ROLANDの共同プロジェクト「G&R」の第1弾であるランジェリープロデュース企画にディレクターとして関与していた“伝説のキャバ嬢”門りょうが21日、自身のYouTubeチャンネル「門りょうチャンネル」を更新。騒動について言及した。

「本日は急遽動画を撮っております。昨日発覚した『G&R』のパクリ問題、そして商品の発売中止を受けて私から謝罪と少しお話をさせていただきたいと思います」と話し出した門。

まず、発覚した直後に投稿したストーリーズに関して謝罪し、「その騒動が発覚した時、すごくイライラしてしまって、ムカついて、そのまま怒りの感情のままストーリーズをあげました。よくよく冷静になって考えた時に、私が書いていた言葉って、思っているのは私を応援してドレスを買ってくれた方々の気持ちだと思うし、“門りょう”という名前が出ている以上、私はそういう方々にとっては加害者なのに、被害者面してそういう方々の思いを飛び越えて怒りをぶちまけて、本当に申し訳ないことしたなって思っております。謝るのは私のほうだったのに、本当に申し訳ございません」と自身の対処について言及し、頭を下げた。

また、今回オファーを受けたことに関して「自分がすごく尊敬しているGACKTさんからのオファーということもあって、もう正直嬉しくて舞い上がってしまって、これまで当たり前のように企業様からのオファーを断ってきていたのにも関わらず、自分の私的感情が入って受けてしまい、その結果いつもの自分とは違う発言だったり、違う行動に繋がってしまったんだと、自覚しております」と振り返り、今後オファーを一切受けないことをファンに誓った。(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/2359209 

no title


no title


関連
【アーティスト】GACKTがドレス〝デザインパクリ〟騒動で謝罪と釈明「非常に怒りを感じています」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1608525811/

【“年収2億超”伝説のキャバ嬢・門りょうさんもGACKT&ROLAND新プロジェクト「パクリ問題」騒動謝罪】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/21(月) 13:43:31.72 _USER9
 パクリ騒動で大炎上中のアーティスト・GACKT(47)が自身のユーチューブチャンネルでコメントを発表した。

 GACKTは「まず、初めに『G&R』を応援してくれたファンのみんな、こんなお知らせをすることが残念でなりません。今回、起きてしまった出来事そのものに非常に怒りを感じています」と謝罪した。

 同ブランドはGACKTと、20日にプロデューサー契約解除を発表したカリスマホスト・ROLANDの共同プロジェクト。2年前から「いろんなことができるんじゃないか」と2人で話し合っていたものだった。その中で「話を聞きつけたdazzy社の社長が『ぜひ、自分たちにやらせてほしい』とオファーをしてきました」(GACKT)という。

 GACKTは「ところが、この2年の間にdazzy社が急成長し、社長が現場に出ることも少なくなり、若い人間に、現場を任せていることには再三、苦言を呈してきました。この前の記者会見も段取りが悪く『調子がいい時だからこそ、調子に乗るな。足元見て、きっちり仕事やれと。本当、足元すくわれるぞ』とかなりきつい言葉で何度も話をして、その中で彼も初心に返り『もう一度やり直します』と言葉をもらった矢先に今回の問題が発覚しました」と裏舞台を明かす。

 デザインのパクリには「1人のデザイナーが行き詰って、他社のデザインを模倣したと聞いています。そしてその子が仕上げたデザインのごとく、僕らはそれをチェックし、採用し、そして製品化に至りました」と報告した。

 責任はデザイナーのクビやブランド企画の消滅だけでは終わらないとし「個人的には今回のプロジェクトの顔となった責任が自身にもある、と思っています。今回のことでがっかりさせてしまったファンには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と再度詫びた。

「ただ、失敗してしまった個人や会社を切り捨て、非難するだけなら、根本的な解決になるとは思ってません。いま社会が1度の失敗ですべてゲームオーバーになるような風潮が少なからずあります。僕はその風潮があることで、これから新たにチャレンジしようとする人の行動を阻害することになることになると思っています」と続け、大事なのは、これから〝dazzy社の今後の対応〟だ、と話した。

「僕自身、最後まで見届けようと思っています。時間が掛かると思いますが、若い彼らを見捨てずに、サポートしていくのも先輩である僕の責務だと思っています」とした。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2534304/ 

no title


関連
【芸能】ガクトとローランドが立ち上げたアパレルブランド 続々とパクリ疑惑が浮上し販売中止&商品回収 ★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1608523283/

【GACKTがドレス〝デザインパクリ〟騒動で謝罪と釈明「非常に怒りを感じています」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/20(日) 20:03:20.21 _USER9
「ホスト界の帝王」ROLANDが20日、自身のツイッターを更新。ROLANDと歌手のGACKTによる女性を一流にするためのプロジェクト「G&R」について、契約を解除したと発表した。

 同ブランドについては19日にSNS上で、同プロジェクトの商品が他ブランドの模倣ではないかとの指摘を受けていた。これを受けて同プロジェクトのサイトでは「当該事案発覚後、直ちに社内調査委員会を編成し、外部の専門家の指導を得ながら調査を実施した結果、上記の内容が事実と確認できました。経緯と致しましては、GACKT氏やROLAND氏、門りょう氏から商品、コンセプト、デザインの方向性のオーダーを弊社企画室のデザインチームが応対し、複数の商品の具現化を行う過程の中で、ドレスを担当するデザイナーのひとりがデザイン考案に行き詰まり、既存商品とほぼ同一と思われるデザインを提案してしまった結果、酷似商品が出来上がってしまったという事実が判明致しました」と発表した。

 そして「本件は、弊社へ現場実務を任せて頂いたGACKT氏、ROLAND氏、門りょう氏及びご購入頂いたお客様の信頼を失墜させる重大な事態と捉え、当該商品については直ちに販売を中止し、ご購入頂いたお客様へは回収の上、全額払い戻しをさせて頂きます。関係者各位の皆様へ深くお詫びするとともに、該当デザイナーおよび社内体制も外部専門チームの指導を受け取締役含め全社員再教育を徹底し今後このようなことを二度と起こさぬよう、より一層管理体制、意思統一を強固にし、再発防止に努めていく所存でございます」と謝罪していた。

 これを受けてROLANDも自身のツイッターで「この度G&Rとの契約を解除した事を発表致します。不快な思いをさせてしまった全ての皆様に謝罪させて頂きます」と謝罪。「仕事を引き受け問題の商品をPRをした以上多大なる責任があると感じており深く反省しております」とつづり、「応援して頂いている方々、なにより購入された方々この度は大変申し訳ございませんでした」と再度、謝罪した。

 同プロジェクトの発表会は16日に実施。ROLANDとGACKTが出席していた。
ENCOUNT編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/8960ef3fa36728aa7a447167449377e79da1c2e7
20201220007

【【逃げ足速】ROLAND、GACKTとのプロジェクト「G&R」の契約解除 公式HPは“盗作疑惑”で謝罪】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/30(金) 23:37:44.97 _USER9
10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の2週目の興行収入が、10月26日に発表。
初日から10日間の興行収入は107億5423万2550円、動員数798万3442人を記録し、日本映画史上歴代最速で100億円を突破したことが分かった。

同作は、全国403館で公開スタートし、東京の『TOHOシネマズ新宿』では、公開初日に12スクリーン中11スクリーンで上映。
1日42回という異例の上演スケジュールが組まれたことで大きな話題になった。


もはや〝社会現象〟になっている『鬼滅の刃』。
この状況で話題にあがるのが、実写化の話だ。すでに、ネット上ではキャスト予想も始まっているようで…。

「ファンが一番気になるのは、主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)と竈門禰豆子(かまどねずこ)役でしょうね。炭治郎役の一番人気は、俳優の神木隆之介。続いて山崎賢人、佐藤健、新田真剣佑の名前が上がっています。一方、禰豆子役の一番人気は、女優の橋本環奈ですね。ビジュアルのかわいさはもちろんのこと、アクションもこなせるのが理由でしょう。また、実際に実写版『銀魂』『キングダム』などの実績もあるのが強みですね。他には、浜辺美波や今田美桜らも有力候補として上げられています。実際、アニメが大ヒットしたことで、実写版の企画も急速に進んでいるといいます。公開の可能性はかなり高いのではないでしょうか」(映画ライター)


GACKTが出演するなら実写化もアリ?

漫画の実写化は、原作ファンから否定的な声が殺到するのは、ご存じの人も多いかもしれない。
しかし、主人公たちと対峙する鬼の首領・鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)役にGACKTを推す声も多いようで、SNSなどでは

《鬼舞辻役はGACKTしかいないだろ。すべてがうり二つで他の役者は考えられない》
《鬼滅実写化はしないでおいて欲しいけど、GACKT様に無惨様のコスプレをして欲しい…》
《無惨様がGACKTなら鬼滅実写化めっちゃ見たい》
《無惨Gackt様とサイコロステーキ加藤諒さんは少し見たいと思っちゃったじゃん》
《GACKTは見た目もそっくりで、絶対に敵わないラスボス感があるよね。実写化されるの今から楽しみにしてる》
《なにをいっても実写化するというなら、無惨はGACKT様で》
《GACKT主演で、無惨が鬼化するまでを映画化、とかならちょっと観てみたい》

といった前向きなリアクションが続出している。


現在、水面下で実写版の企画が進行しているというが、果たしてファンに〝成功〟と思わせるようなキャラクターたちは誰が演じるのだろうか…。

『鬼滅の刃』“実写化”計画が進行中!? 鬼舞辻無惨はGACKTに決定か… 

https://myjitsu.jp/archives/138538

鬼滅の刃4

【『鬼滅の刃』“実写化”計画が進行中!?  鬼舞辻無惨はGACKTに決定かwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/31(土) 12:41:08.50 _USER9
ミュージシャンのGACKTさんは、2020年10月30日、漫画「鬼滅の刃」(作・吾峠呼世晴)の登場人物・鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)に扮した自身の姿を、インスタグラムに投稿した。

以前からツイッターでは、仮に「鬼滅の刃」が実写化するならば、無惨役はGACKTさんではないかという声が、複数上がっていた。実際に無惨を意識したGACKTさんの姿に対し、ツイッターでは大きな反響が寄せられている。

GACKTさんは10月30日、自身のインスタグラムに、

「おはよ
昨日は撮影が朝の8時までだった
大変だったが面白いものが撮れたよ
今日はこれからファーストテイクだ
【鬼滅の刃】に敬意を表し、
無惨風でやることにした
じゃ、やってくる」

とコメントをつけて動画を投稿した。

全文はソースをご覧ください
https://www.j-cast.com/2020/10/31397890.html 
2020年10月31日 

no title

【GACKTさん、「頭を垂れて蹲え。平伏せよ」鬼滅の刃・無惨風コスをインスタで披露、話題にwww】の続きを読む