芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

CM

1: なまえないよぉ~ 2017/10/16(月) 18:32:32.38 ID:CAP_USER9
女優でモデルの唐田えりか(20歳)が10月16日、自身のInstagramで、韓国の芸能事務所BHエンターテインメントと契約したことを報告。韓国での活動を本格化させるという。

唐田はこの日、「この度、韓国事務所BHエンターテインメントに所属することになりました」とファンに報告。
そして「事務所の方々も温かく、素晴らしい先輩方ばかりなのでとても光栄で、嬉しいです。
大好きな韓国で活動することが夢の一つだったので、ここから本格的に頑張っていきます!!」と意気込みをつづっている。

BHエンターテインメントは、俳優のイ・ビョンホン(47歳)らが所属する芸能事務所。
唐田は以前より韓国好きを公言しており、今年9月にはLG電子のスマートフォンの韓国版CMに起用されている(https://www.youtube.com/watch?v=3AUwggHvfB4

)。

唐田は2014年、アルバイトをしていたマザー牧場でスカウトされ、同年9月に韓国のアイドルグループ・少女時代のミュージックビデオ「DIVINE(Story ver.)」に出演し芸能界デビュー。
2015年よりソニー損害保険のCMに起用され、一躍注目を集めた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13755721/
2017年10月16日 18時5分 ナリナリドットコム

no title

no title

no title

no title

【【悲報】ソニー損保CMの唐田えりか、韓国の事務所と契約!!!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/16(月) 13:57:11.51 ID:CAP_USER9
月桂冠が公開したCM「『すき、つき、レシピ』キッチンおいしい編」に登場する女性の木ベラの使い方にツッコミが殺到している。

このCMは、発売20周年を迎える月桂冠の日本酒「つき」のブランドサイト公開とともに9月21日に公開されたもの。遠距離恋愛中の彼女が、得意料理のレシピを自撮り動画で彼氏に送るというストーリーとなっている。YouTubeに公開されているCMには、歌を口ずさみながら料理をする女性が登場。フライパンで炒め物をしているが、女性は持っている木ベラで大きい具材だけをツンツンつつき、少し転がすだけ。そして、自撮りという設定のカメラに目を向け、ツンツンの調理すら中断。最後は木ベラを舐めて味見し、「おいし」と満足そうにつぶやく。

木ベラの使い方程度にも関わらず、ネットではこのCMにツッコミが殺到。単純に「イラつく」という声や、木ベラの向きがおかしいという指摘、味見はやめてほしいといったコメントが多数寄せられている。

「これほど木ベラの使い方がイラつく動画あっただろうか」
「木ベラの使い方にムカつくも無いだろ、と思ったらほんとにこれひどいw」
「フライパンの上で木ベラを動かす呪術的儀式」
「料理が苦手な彼氏に彼女が料理を作る自撮りを送る設定の動画でこの木ベラの使い方」
「木べらの向きがまず逆」
「奥の厚揚げが1mmも動いてなくてクッソイライラする」
「木べらより味見するなら菜箸で小皿にのせてから食べなさいと思った」

公式サイトでは、この彼女が彼氏に送った動画がCMのほかに2本公開中。ただし、「つき」とともに料理を食べるシーンがメインになっており、彼女の木ベラ調理はみることができなくなっている。

2017年10月16日 11時1分 BIGLOBEニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/13753882/

動画
https://youtu.be/InRxleCqQiQ



画像
no title

【ツンツンしてペロリ 月桂冠CMの木ベラの使い方にツッコミ殺到って沸点低すぎだろwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/08(日) 13:07:31.36 ID:CAP_USER9
平成29年10月8日から県内での発売を開始している、岩手県産米の最高級品種「金色の風」。
そのテレビCM映像を公開いたします。

出演するのは、女優「のん」さんです。昨年の「「金色の風」名称・ロゴマーク発表会」にも駆けつけていただきました。
「金色の風」作付けほ場の雄大な風景と、金色の風の使者・「のん」さんの華麗な舞にご注目ください。

2017/10/08 

【「金色の風」テレビCM映像を公開します】 
 
視聴は、岩手県公式動画チャンネルからお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=7rVV4wmVJmA



県外では、10月16日から発売開始となります。
岩手県が約10年の歳月をかけて開発した「金色の風」。
(以下略、全文はソースをご覧ください。)


https://www.facebook.com/iwateKonjikinoKaze/posts/1977125885897644


∥参考画像∥
no title

【きゃわわ、金髪"のん"が華麗に舞う… 岩手県産米の新CMが公開!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/25(月) 17:00:52.98 ID:CAP_USER9
ロハス製薬のフェイスマスク「ALFACE(オルフェス)」のCMに、容姿の良し悪しだけで人を判断しているという批判が多数寄せられ、炎上状態となっている。

元KARAのク・ハラが出演している「ALFACE」のCMは、“キレイ”が巻き起こすコミカルなストーリーとして、「ピンチ篇」「チャンス篇」「迷わせる篇」の3本が9月から公開。
「ピンチ篇」では、買い物帰りの女性が落として転がったリンゴを、その場に居合わせたぽっちゃり目の男性が拾う。満面の笑みで拾い上げる男性に、女性は嫌悪感を浮かべた表情で後ずさり。
そこに通りかかったク・ハラも男性を見て怯えるような表情で通りすぎようとする。すると、男性はク・ハラに見とれてしまい、落とし主ではなくク・ハラにリンゴを渡し、「キレイはピンチを招く時もある。」と締めくくられる。

「チャンス篇」「迷わせる篇」は、同様のシチュエーションで男性がイケメンになったバージョン。
イケメンを目にしたリンゴの落とし主とク・ハラは、先ほどとは表情が一変。しかし、イケメンも落とし主ではなく、ク・ハラにリンゴを差し出してしまう。

このCMは、女性が男性の容姿で表情や対応を変え、男性も容姿の良し悪しのみで行動を変えていることから、ネットでは容姿差別だと感じた人が続出。批判の声や意見が多数寄せられている。

「ブサイクは気持ち悪がられ、ブスは優しくされないのは当然と世間に広めるようなCM」
「不細工は近寄るのも罪なんだと言うのを教えてくれる」
「女はどっちも整ってる人で男はあからさまな落差があるな」
「作った奴が気持ち悪い差別主義者って事だけは分かった、あるいは炎上商法か」
「CMのコンセプトの意味がわからないし、ギョッとした。気色が悪いという意味でフェイスマスクのCMとしてはそぐわない内容で、絶対買いたくないと思った」

一方では、「誇張してるけどこれが現実」「事実をCMにしただけなのになぜ叩かれてるんだ?」「このCMで直接被害被った訳じゃあるまいし、他にやる事ないのかよ」と理解を示す声も寄せられている。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0925/blnews_170925_3716093003.html 
9月25日(月)15時26分 BIGLOBEニュース編集部 

555569e7

 ALFACE(オルフェス)CMピンチ篇
https://youtu.be/S_HuE-zSwpE


ALFACE(オルフェス )CMチャンス篇
https://youtu.be/KcNKNfpHmoQ


【【炎上】ブサイクは気持ち悪がられる… 容姿の良し悪しで異性の対応が変わるフェイスマスク「オルフェス」のCMに批判殺到wwwww】の続きを読む

能年玲奈2


1: なまえないよぉ~ 2017/09/15(金) 20:20:05.87 ID:CAP_USER9
所属芸能事務所とのトラブルで仕事を減らしてしまったのんが、ゲームメーカーのCMなどを中心に、テレビでの露出を増やしている。

「2014年に所属芸能事務所と揉めて、昨年には訴訟にも発展しました。和解に至ったという話は伝わっていません。もしかしてお互い極秘裏に話し合いをし、手打ちしたのかもしれません」(芸能ライター)
のんと揉めた芸能事務所は、芸能界大手の芸能事務所の系列だとされている。

「大手の芸能事務所も、のんとトラブルになった事務所に対して、そろそろ矛を収めてもいいのではないかという意向を打診しているといいます。
しかし、強硬姿勢を崩さずに、争いをやめる気がなかったようです」(同・ライター)

トラブルがあったにもかかわらず、のんは現在、ゲームメーカーをはじめ、SNSの大手企業、広島県の自動車ディーラー、岩手県の組合、企業などのCMに出演し、活躍の場を広げつつある。

「特に岩手県のCMには、JA全農いわて、県の最大銀行であるいわて銀行など、県全体からバックアップを受けていると言っても過言ではありません。
いわて銀行などは最近、首都圏でものんのCMを放送しています。その宣伝効果はなかなかなものだと思います」(広告雑誌編集者)


現在もトラブルのあった芸能事務所HPにはのんの写真が…
のんは2013年に朝の連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)で主演を務め、岩手県の架空の町である北三陸市を舞台に、東日本大震災で被災した多くの人たちを勇気付けた。

「のんは兵庫県出身ですが、岩手県が生んだ大スターとして北海道日本ハムファイターズの大谷翔平と並び称せられる存在です。
東京での事務所トラブルは岩手県に関係ない話で、のんを盛り立てようとする人は大勢います」(同・編集者)

現在、のんには公式サイトがあるが、一方ではトラブルになった芸能事務所のホームページにも写真が掲載されたままで、現在も所属していることになったままだ。

「のんの仕事が制限されているような現状は、業界内外から惜しまれています。
そのため、揉めた芸能事務所も和解金を少しずつ払わせて、近く円満独立という形にするのではないでしょうか。
そうすれば事務所のイメージダウンがなくなり、のんのためにもなります」(芸能プロダクション関係者)

完全復帰はまもなくだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1355377/
2017.09.15 19:00 まいじつ

【のんがCMを中心にメディア露出を増やしてきた背景】の続きを読む