芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

AKS

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/05/24(金) 19:08:25.17 ID:S/jlqaEq9
新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の運営会社「AKS」(東京)が、元メンバーの山口真帆さん(23)に対する暴行容疑で逮捕(不起訴処分)された男性ファン2人を相手取り、損害賠償を求めて新潟地裁に提訴したことが24日、分かった。提訴は4月26日付。

第1回口頭弁論は7月10日に開かれる予定。

AKSは3月に新潟市内で開いた記者会見で、2人が第三者委員会の聴取に応じていないことを明らかにした上で、「(事件の)真相を解明するため」として提訴する方針を示していた。

新潟署によると、2人は昨年12月8日午後9時ごろ、新潟市内の山口さんの自宅マンションの玄関先で、山口さんの顔を手でつかんで押したなどとして、暴行容疑で逮捕された。

新潟地検は同月28日、2人を不起訴処分にした。処分理由は明らかにしていない。

山口さんは今月18日、親しいメンバー2人とともにNGT48を卒業した。
事件発覚後、NGT48は本格的な活動が困難になっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000557-san-soci
20190524-00000557-san-000-1-view[1]

【NGT48山口真帆さん暴行事件 運営会社・AKSが男性ファン2人を提訴】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/05/01(水) 04:28:03.02 ID:7QZeknKv9
 昨年12月にNGT48山口真帆(23)がファンの男2人に襲撃された事件で、NGTの運営会社「AKS」が襲撃犯グループを提訴したことが30日、分かった。被告は、昨年12月9日に逮捕された実行犯の2人とみられる。AKSが設置した第三者委員会の聴取に応じておらず、法廷で全容を解明する狙いがあるとみられる。


 事件は昨年12月8日に発生。新潟市内の山口の自宅マンション玄関先に2人が押しかけ、帰宅した山口の顔をつかむなど暴行したとされる。2人はいずれも当時25歳の男。暴行容疑で逮捕されると、「話がしたかった」などと供述。その後、不起訴処分となり釈放されている。

 事件が発覚して以降、NGTの活動は困難となった。劇場公演中止、ラジオ番組の終了、広告契約の更新が保留になるなど実害が出ている。AKSは、3月に開催した第三者委の調査報告書を受けての会見で「断固とした対応をするため、民事上の法的措置を検討する」としていたが、実際に提訴へ踏み切った。

 AKS側の対応が拙かったことで騒動が広がったが、全ての発端はこの事件。山口はNGTメンバーの事件への関与を訴えてきた。今月18日に山口はNGTを卒業するが、ファンの運営側に対する不信感は高まるばかり。再スタートを切るには、事件の全容解明は不可欠となっている。

 損害賠償訴訟に詳しい嵩原安三郎弁護士は「2人は第三者委員会の調査に応じておらず、メンバーの関与はうやむやのまま。そのため、相手の主張などを通じて事実関係を法廷で明らかにしていくためではないか。運営側にとっては、事件の加害者への厳しい姿勢を示すこともできる」と分析した。

 AKS側は提訴については否定せず、「お答えできることがありません」とした。

5/1(水) 4:00配信 
AKS、NGT山口襲撃犯を提訴 昨年12月逮捕の実行犯2人か 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000002-spnannex-ent
no title

【【茶番】AKS、NGT山口真帆さん襲撃犯を提訴 ← 出来レースかなwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/30(火) 13:16:35.97 ID:rmVOhEsP9
NGT48山口真帆とAKSの争い、新たな局面に!? 山口の過去情報が近々流出か「徹底的に調べられている」


山口真帆への暴行事件に端を発したNGT48の一連の騒動は、山口とシンパのメンバー2人が揃って卒業という形で、一段落がついた。
101日ぶりに劇場公演に出演した山口は運営会社AKSへの怒りや恨みを語っていたが、一方のAKSも山口に対しては恨み骨髄で、マスコミにネガティブニュースを積極的に発信している。泥仕合はまだまだ続きそうだ。

4月21日の劇場公演で久しぶりにファンの前に姿を見せた山口は 卒業を発表すると同時に「(事務所社長から)『今は会社を攻撃する加害者だ』とまで言われています」などと運営サイドを徹底糾 弾。未だ溝が深いことが露になった。

「運営が山口にストップを掛けたら、またそれをツイッターで暴露されるだけなので、言わせるままにした」(AKBグループ関係者)

反山口派と目されているNGT48メンバーへのバッシングは止まらず、やること成すこと叩かれている状態だ。
荻野由佳がアパレル 企業のネット広告に起用されたところ、大批判が起きてすぐに中止になったことは一例だ。

もはやグループとしての活動すら危ぶまれているのだが、AKSもこのまま黙っているつもりはないよいう。

「NGTだけではなく、AKBグループ全体をピンチに追い込んだ山口のことを、このまま悲劇のヒロインにするつもりはないだろう。
事件発覚当初は、マスコミに事件を矮小化するような情報を流していたが、最近は山口の情報も隠さなくなった」(前出関係者)

山口が卒業を発表してから、すぐに各メディアで「新しい芸能事務所に移籍」というニュースが駆け巡った。

「実際にまだ新事務所が確定したわけではないが、獲得に名乗りをあげている事務所に対して牽制するために流された情報という話もある。山口が卒業後に芸能界で堂々と活動する可能性は低いだろう」(テレビ局関係者)

「今回の一連の騒動で問題になったのは、NGTの多くのメンバーが男性ファンと私的に繋がっていたということ。山口も悪質ファンと繋がりがあるメンバーを批判していたが、AKS に言わせれば山口自身も過去にファンと繋がっていた。現在徹底的に調べ上げており、それを基にした詳細が近々どこかの週刊誌で報 じられるだろう」(前出関係者)

山口とAKSの争いは、新たな局面を迎えることになりそうだ。
https://tocana.jp/2019/04/post_94193_entry.html

no title

【ついにNGT48山口真帆さんつぶしが始まった模様・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/22(月) 10:08:52.10 ID:MNPsRARR9
HKT48の指原莉乃(26)が22日、ツイッターを更新し、NGT48の山口真帆(23)の卒業に言及した。

山口は21日に新潟市で行われた公演で101日ぶりにステージに上がり、グループ卒業を発表した。
卒業公演は5月18日に決まった。

指原は「信頼できる違う場所で輝けますように」と今後の活躍を願った上で、騒動を総括。

「本当だとしたら未成年の子供も預かっている会社としておかしい。大人数を預かっておいてその感覚の人とは思いたくない。私も現社長とは一度しか会ったことも喋ったこともなかったしコミュニケーション不足もあるのか、いま預けられている人の不安さ不信感がわかってないような。全体的に怖いしおかしい」と苦言を連発した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000004-tospoweb-ent

NGT48から卒業を発表した山口真帆
no title

HKT48 指原莉乃
no title

【HKT48指原莉乃さん、山口真帆卒業に言及 AKSに苦言】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2019/04/06(土) 22:09:48.84 ID:rp6oaub49
 指原莉乃がプロデュースを担当し、楽曲の作詞も手がけているアイドルグループ・=LOVE。4月24日発売予定のシングル「探せ ダイヤモンドリリー」のカップリング曲「いらないツインテール」の歌詞がNGT48暴行事件に対するAKSの不手際を批判したものなのではないかと話題になっている。

 というのも、指原莉乃が書いたこの楽曲の歌詞のなかに<嘘にまみれている 言い訳会見/丸められた 真実の地図/ゴミ箱から拾い/広げて飾ろう>というフレーズが含まれているからだ。

 確かに、指原莉乃はNGT48暴行事件に関してAKSの対応を批判し続けている。1月13日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも<すべての対応がひどかったように感じます。彼女に対する対応の仕方もそうですし、こうなってしまった後の対応もすべてが間違っていたなっていうふうに思います>といった発言があったことは記憶に新しい。

 とはいえ、世間的に大問題となった会見が行われたのは3月22日で、CDリリースのスケジュールを考えると、さすがにこれは「偶然の一致」といった線が強いのではないかと思われる。

 ただし、それ以外の部分でも「いらないツインテール」の歌詞はなかなか刺激的なものだ。

 というのも、この曲は指原自身がアイドルとして生きるうえで溜め込んだ怒りをぶちまけるような曲だからだ。たとえば、サビではこのように歌われている。

<いらない!こんなツインテール/なくったって 勝てるんだ/戦え!虚像のこのエール/本気出せ 枯れるまで/お前に合わせて生きてる訳じゃないんだよ/男ウケ?聞こえない/媚びる気ないよ 女子高生>

指原莉乃はアイドルファンにも「どの口でそれを言う」と批判

 同曲には他にも、<似合ってないとかダサいとか/どの口でそれを言う/無責任な言葉が/デカい傷を作る>といったフレーズもある。

 日本のアイドルファン(特に男性)のなかには、強固な「処女信仰」めいたものが色濃くあり、それはアイドルを評価するときに色濃く出る。

 たとえば、髪を染めたり、耳にピアスの穴を開けたりすると、すぐさま「悲報」というタイトルがついたスレッドが匿名掲示板に立つ不思議な現象がある。誰がどんなファッションをしようと、そんなことはファンには関係ないだろう。

 また、少しマニアックな映画や音楽に傾倒したりすると「サブカルにかぶれた」といった反応が出るし(同じマニアックなものでもアニメやアニソンではそういう反応は出ない)、その他、音楽活動において自分で歌詞や曲を書いてみたいという意向を示したり、将来のために楽曲づくりの勉強をしていると発言すれば「アーティスト病」という嘲笑が飛ぶ。

続きはこちらで↓
https://wezz-y.com/archives/64928

エンタメ 2019.04.06 
指原莉乃が「嘘にまみれている 言い訳会見」と作詞でAKSを批判!? アイドルへの処女信仰もケチョンケチョン 

【指原莉乃さんが「嘘にまみれている 言い訳会見」と作詞でAKSを批判!? アイドルへの処女信仰もケチョンケチョンwwwww】の続きを読む