芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

AKB48

1: なまえないよぉ~ 2018/10/05(金) 11:53:50.29 ID:CAP_USER9
AKB48の小栗有以(16)が、10月からインターネットテレビ「DHCテレビ」の「キレイを磨く!エクストリームBeauty」(月~水曜午後1時から)の月曜レギュラーを務めている。
5月に発売されたAKB48シングルで初のセンターに抜てきされ、次期エース候補の筆頭ともいわれる小栗。
ソロとして知名度を上げ、AKB48グループを「私たちが進化させる」と本紙に決意も明かした。

――ソロとして初の番組レギュラーを務める

小栗:私自身もモデルとしても活躍の場を広げていきたいとすごく思っていたので、すごくありがたいです。私はメークや美容に関して好きなんですけど、番組でもやっぱり私以上に詳しい方々が多かったので、勉強になりました。

――他の曜日レギュラーには秋元康氏がプロデュースする「劇団4ドル50セント」の糸原美波、HKT48指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ「=LOVE」の大谷映美里らも顔を揃える。AKB48代表として爪痕を残さないとですね

小栗:そう考えると、本当に頑張らなきゃなと気が引き締まります(苦笑い)。でも、気負わず楽しく番組ができたらなって思っています。

――AKB48グループや小栗さん自身をアピールするいい機会

小栗:アイドルとしてAKB48にいる中で、やっぱり男の方のファンが多い。AKB48では、卒業されたこじはる(小嶋陽菜)さんがモデルとかで活躍されて女性のファンの方も多かった。私も(ファッション誌の)「LARME」などでのモデル活動もそうですし、この番組もですけど、女の子にもアピールするチャンスなんじゃないかなと思っています。ファンになっていただいて、AKB48に少しでも貢献できたらと思います。

――小栗さん自身は5月発売のシングル「Teacher Teacher」で初めてセンターを務め、ドラマ主演も経験した。意識の変化は

小栗:七夕の時に「いつかセンターになれますように」と書いていたこともあって(笑い)。それがかなってうれしかったですけど、一回で終わらせず「またセンターになりたい」って気持ちはあります。先輩と一緒にいろんな活動をさせていただいて、経験を積ませていただいてるうちに、少しずつ自分に自信がついてきて。AKB48を代表してのお仕事も増えてきたので、他のアイドルグループのみなさんもいますし、AKB48代表として「負けていられない」と思って頑張りたい。

――6月の総選挙では自己最高の25位。壇上スピーチでは「AKB48を進化させる先頭を絶対に走りたい」と語った

小栗:次のAKBシングル(「NO WAY MAN」)もそうですけど、最近は若手メンバーが選抜に多く入ることができている。若いメンバーが「私たちも(選抜に)なれるんだ!」という気持ちになっていると耳にしたりしているので。もちろん横山由依さんや柏木由紀さんなどの先輩方が先頭で走っていただいてきたからこそ今のAKBがあるし、いろんな経験をされている。たくさん教えてもらいつつ、私たち後輩はAKBグループをこれからさらに「私たちが進化させる」という気持ちを持って盛り上げていきたいです。

☆おぐり・ゆい 
2001年12月26日生まれ、東京都出身。
AKB48チーム8の東京都代表で、5月発売のシングル「Teacher Teacher」で初のセンターに抜てきされ、9月まで放送された日テレ系連続ドラマ「マジムリ学園」でも初主演した。
ファッション誌「LARME」のレギュラーモデル、「LOVE berry」の専属モデルも務めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000004-tospoweb-ent

DHCテレビ「エクストリームBeauty」月曜日レギュラー
no title


ドラマ「マジムリ学園」で主演 小栗有以
no title

no title


AKB48 小栗有以
no title

no title

no title

【【AKB48】「2万年に1人の美少女」小栗有以、次期エース候補の筆頭が「AKBの顔」決意】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/02(火) 15:23:16.27 ID:CAP_USER9
AKB48チーム8メンバーで初めて、写真集を発売するAKB48大西桃香(おおにし・ももか/21)が、モデルプレスのインタビューに応じた。
フィリピン・セブ島で撮影を敢行したファースト写真集『夢の叶えかた。』(10月3日発売)では、水着やランジェリーカットといった大胆な露出にも初挑戦し、53cmの“神くびれ”を惜しげもなく披露。
前後編に渡って送るインタビュー前編では、撮影のために増量したというボディメイクについて聞いた。

大西桃香、3キロ増量で撮影挑む

チャームポイントは、ほっそりとしたくびれ。
「AKB48に入ってから公式のプロフィールにチャームポイントを書く場所があって、“くびれ”と書いてからチャームポイントと言っています。昔から自分自身でも気に入っていて、友達にも『綺麗なくびれしているね』と言われてから『あ、綺麗なんや』と思うようになりましたね(笑)。AKB48は衣装を作るために、毎年全身のサイズを測るんですけど、今年の4月に測ったときが53cmで、細いのか自分では分からなかったんですけど、衣装さんが『えー細いね!』と褒めてくれたので『あ、細いんだ』と気付きました(笑)」

スレンダーな体型は生まれつきで、「太るとしても顔から太っていっちゃうので、気にしていたら全身太れないんです」と太れない体質だという大西。
一般的にアイドルが写真集を撮影する準備としてダイエットを想像するが、大西の場合は逆。
「太った方がいいと言われたんですけど、太れなくて。だから夜中寝る前にカップラーメンのシーフードの上にとろけるチーズをぶわ~とのっけて、それをスープまで完食するというのを毎日やっていた時期はあったんですけど…あんまり肌に良くなかったのでやめました(笑)。あとは、とりあえず食べ続けることと、毎日小さいパックで豆乳を朝と晩、計2本は飲むようにしていました」と体質ならではの苦労が。
実際には約3キロ増量したといい、「正直いうともっと太りたかったんですけど、これがこのときの限界だったので(笑)」とストイックな一面をうかがわせた。

大西桃香、ウエスト53cmキープに驚きの方法

そんななかでも“神くびれ“を死守するための努力も怠らず。
「お守りになると思って、ミサンガじゃないけど紐を一時期ずっとウエストに付けていたときがありました」とスタイルキープに余念がない。

「先輩のグラビアを見たらもっとダイナマイトな感じなので、それに比べたら全然ペーペーだし(笑)、自分のスタイルに自信を持つことは難しいです。でも、これも私らしくて良いのかなと。流通の関係上、もう写真集が届いたというファンの方もいらっしゃって感想を聞いたんですけど、『すごく良かったよ』と言って下さるので、だんだん自信を持てるようになりました」と謙虚に胸を張った。

大西桃香(おおにし・ももか)プロフィール
1997年9月20日生まれ。
AKB48の全国47都道府県代表メンバーで構成されるチーム8奈良県代表と、チーム4を兼任。
2016年10月17日からライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」にて朝5時半配信を開始。
どんな環境においても配信し、665日間継続。
「朝5時半の女」という異名を持ち、広く支持を得る。

全文
http://mdpr.jp/interview/detail/1796205

大西桃香ファースト写真集『夢の叶えかた。』より
no title

no title

no title

no title

no title


AKB48 大西桃香
no title

no title

no title

【【AKB48】「朝5時半の女」大西桃香、“53cm神くびれ”披露 水着やランジェリーで大胆露出に初挑戦】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/29(土) 22:26:53.20 ID:CAP_USER9
AKB48の藤田奈那(21)が29日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われたチームK『RESET』公演でグループからの卒業を発表した。

終演後、自身のブログでも「今日の公演でAKB48を卒業することを発表させていただきました。驚かせてしまったみなさんごめんなさい」と報告。
「わたしは13歳の頃にAKB48の10期生としてグループに加入していま、9年目になります」「そのなかで卒業を考えたことは何度かありましたが、"卒業はAKB48に何か少しでも残してから"という想いがあり、踏み切ることができませんでした」と告白した。

卒業を決意したのは「今年5月に上演した劇団れなっちの『ロミオ&ジュリエット』でロミオ役をさせていただき、その千秋楽を無事に終えた時です」と説明。
「舞台で活躍できる女優」を目標に掲げる藤田は「いままで何度か外部の舞台作品に出演させていただいたことはありましたが、ロミジュリでは大好きな"舞台"という場でAKB48にすこしでも貢献できたことが自信となり、それと同時に"もうAKB48でやり残したことはない"と思いました」と胸中を明かした。

卒業後も「舞台女優という夢に挑戦していきたい」という藤田は「必死に頑張って自分の夢を叶えたいですし、大好きなメンバーたちに次の道を示せるような人になりたいです」「AKB48を卒業してからもわたしは舞台に立ち続けますし、みなさんとお会いできる機会を必ずつくると約束します」と宣言した。

藤田は2010年、10期生として加入。
シングル選抜歴はなかったが、2015年に『第6回AKB48グループじゃんけん大会』で優勝。
ご褒美として同年12月23日、シングル「右足エビデンス」でAKB48グループ13人目のソロデビューを果たした。

握手会参加は12月23日が最後。
卒業公演の日程は決まり次第発表される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000327-oric-ent

AKB48から卒業を発表した藤田奈那
no title

no title


AKB48 藤田奈那
no title

no title

no title

【【AKB48】藤田奈那、卒業を発表「舞台女優の夢に挑戦したい」】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/09/25(火) 16:49:38.73 ID:CAP_USER9
AKB48、総選挙シングルで通算&連続40作目首位 総売上枚数が5000万枚突破

 AKB48の最新シングル「センチメンタルトレイン」(9月19日発売)が、初週144.9万枚を売り上げ、10/1付オリコン週間シ
ングルランキング(集計期間:9月17日~9月23日)で初登場1位を獲得した。これで「シングル1位獲得数」は、「RIVER」(
2009年10月発売)から通算並びに連続40作目となり、「シングル通算1位獲得作品数」および「シングル連続1位獲得作品数
」の「女性アーティスト歴代1位」の自己記録を更新した。

 また、「歴代1位」の記録を持つ「シングルミリオン通算達成作品数」は今作で通算35作目、「シングルミリオン連続達成
作品数」は「桜の木になろう」(2011年2月発売)から34作連続となり、こちらも共に自己記録を更新した。

 さらに「歴代1位」記録の「シングル総売上枚数」は、今週付で5000万枚超えとなる5087.8万枚となり、「歴代3位」およ
び「女性アーティスト歴代1位」記録の「音楽CD(シングル・アルバム)総売上枚数」は、合計5751.8万枚(シングル:5087
.8万枚/アルバム:664.1万枚)と、こちらも自己記録更新となった。

 本作は、6月16日に愛知・ナゴヤドームで行われた『AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙』の上位16名による楽曲で、明る
く爽やかな曲調にのせ不器用な恋を歌った“センチメンタル”な内容。ミュージックビデオ(MV)では、女子大を舞台に「
不思議な転校生」との触れ合いがストーリー仕立てで描かれた、印象的な映像の仕上がりとなっている。

 なお、楽曲・MV共に、センターの松井珠理奈が体調不良で療養となったため、不在のまま制作が進められたが、松井は9月
6日に無事復帰。今後改めて再録と再編集を行い、シングル購入者には再編集された楽曲とMVを何らかの形で視聴できるよう
に対応する予定となっている。
https://www.oricon.co.jp/news/2120189/full/
画像
no title

動画
【MV full】センチメンタルトレイン / AKB48[公式]
https://www.youtube.com/watch?v=ADh4z1VPdVI


【AKB48、CD売上が5700万枚 女性アーティスト歴代1位】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/26(水) 22:04:00.92 ID:CAP_USER9
9月23日、『AKB48』グループの「ユニットじゃんけん大会」が東京・蒲田の片柳アリーナで行われ、『HKT48』松田祐実と『AKB48』多田京加のドラフト3期生コンビ「Fortune cherry」が優勝。
12月19日にメジャーデビューすることが決定したが、期待度は全くといっていいほどない。

今回のじゃんけん大会はブロック別に分かれ、それぞれの優勝者が決勝戦でぶつかる仕組み。
決勝に進んだ4つのうち3ユニットが、今年グループに加入したばかりのメンバーになり、6月の「世界選抜総選挙」で選抜入りしたメンバー16人は早々にすべて敗退してしまった。

そんなフレッシュな顔ぶれの中で、多田&松田のコンビが優勝。松田は「予備戦から2人とも自信があって、勝てそうな気がしていたらやっぱり勝ちました」とコメントしている。

大会自体に旨味がない

「『AKB48じゃんけん大会』では、当初は優勝者が次のシングル曲で“センターができる”というご褒美を与えられていました。
第1回では無名の内田真由美が優勝し、シンデレラガールとして大注目を浴びましたね。
その後も、篠田麻里子、島崎遙香、松井珠理奈など人気メンバーも優勝。
AKBが大ブームだったこともあって、メディアでも大きく取り上げられていました。
しかし、14、15年は優勝者がソロCDデビュー、16年は勝ちぬいた上位7人がユニットとしてデビューなど、ご褒美が微妙なものに。
AKB人気の下降もあって、注目度はかなり薄れています」(芸能記者)

実際、ワイドショーなどでも今年の「じゃんけん大会」はあまり報じられず、
「え?もう終わったの?」「まだやっていたことすら知らなかった」といった声も上がっている。

「今回優勝した2人も、ひっそりとユニットデビューをして、ひっそりとコンビを解消するでしょう。
秋元康さんなら、すでに『じゃんけん大会』にうまみがないのを十分に理解しているはずなので、すでに新たな計画に着手していると思います」(同・記者)

人気下降気味の『AKB48』を盛り返す、秋元の“神の一手”に期待だ。

http://dailynewsonline.jp/article/1528083/
2018.09.26 21:00 まいじつ
no title

【AKB48『じゃんけん大会』は今年で終了?「盛り上がり皆無」で“ご褒美”も適当にwwwww】の続きを読む