芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

AKB48時代

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/07/24(火) 11:53:40.80 ID:CAP_USER9
女優の島崎遥香が23日、自身のTwitterを更新。
AKB48に所属していた約4年前の写真を公開し、ファンから歓喜の声が溢れている。

島崎遥香、4年前のツインテール姿が可愛すぎる

島崎は「フォルダー整理をしていたら…四年前の写真が!!!二十歳の時」と高い位置でツインテールをしたAKB48時代の写真を投稿。

美しいデコルテやくびれ、スラッとした脚を見せたドット柄のセットアップを着こなしており、「なんのグラビアだろう?可愛くて楽しかったな~ また可愛い撮影沢山したいなぁ」と当時を振り返った。

島崎遥香のレアショットにファン歓喜

2016年末にAKB48を卒業した島崎。
約4年前のレアショットに、「懐かしい~!」「このグラビアお気に入りすぎて今もとってあるよ!」「またこのグラビア見たくなったから探そう!」と懐かしむファンや、「ぱるちゃんリアル天使!」「可愛すぎる~!!!昔も今も素敵です!」「ツインテール似合いすぎ!」「可愛い写真もっとみたーい!」などと歓喜の声が続々と寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1781636

島崎遥香がAKB48時代の「可愛すぎる」ツインテール姿公開
no title

no title


元AKB48 島崎遥香
no title

no title

no title

【【必死】島崎遥香さんが困ったときの昔の写真を公開wwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/06/27(水) 11:04:17.23 ID:CAP_USER9
元AKB48の小嶋菜月(23)が、グループ在籍中の給料事情について明かした。

27日深夜放送のTBS系「有田哲平の夢なら醒めないで」に西野未姫ら48グループ卒業生たちと出演し、AKB時代の給料査定について語った。

小嶋によると、所属していた48グループの運営管理会社AKSでは当時、年1回の契約更改で給料が決定していたという。
ファンに対する態度やあいさつ、さらにグッズの販売数や握手会の売上などから査定されていた。
「学校みたいにグラフがあって、それを渡されるので、今の自分の現状を丸々そこで……」といい、当時は自分に下された評価にショックを受けていたという。

しかし、その制度は「メンバーでメンタルに来ちゃった子がいたのか、分からないですけど、1回でなくなった」とすぐに廃止されたことを明かし、「傷つくんです、本当に。現実を見るので」と振り返った。

西野も「つらかったです」と振り返り、「私の場合は、態度とかあいさつとかは全部10点中9(点)とかなんですけど、人気だけ4」と自虐ネタで笑いを誘った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00251208-nksports-ent

「有田哲平の夢なら醒めないで」
小嶋菜月
no title

西野未姫
no title

(下段左から)元AKB48小嶋菜月、西野未姫、奥真奈美(上段左から)神谷由香、元SKE48平松可奈子
no title

【元AKB48小嶋菜月「傷ついた」AKB48時代の給料事情告白 ファンへの態度などが査定材料 西野未姫も「つらかったです」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/03(日) 17:17:46.46 ID:CAP_USER9
元『AKB48』でモデルに女優などマルチに活躍する永尾まりや(23)が3日、東京・福家書店新宿サブナード店でカレンダー『マブい女カレンダー2018』(ワニブックス)発売記念イベントを開き600人が集まった。

1万枚を超えるカットのなかから厳選した自身の写真集『マブイ!まりや。』のなかから未使用の貴重なカットがセレクトされた作品。

カレンダー内にもあるショッキングピンクのジャージ姿で登場した永尾。
「朝寝坊して撮影に来ちゃったよっていう格好です。お仕事で朝寝坊したことはないですよ。でも、これは近所しか行けませんね(笑)」と、率直な評価で報道陣を沸かせながらの会見に。

その出来について、「表紙がいいなって。表紙の字体が格好良くないですか?」と、オススメポイントを挙げる。
お気に入りのカットは1月のヤンキー座りしているカットだそうだが「お昼のヤンキーってなかなか見ないな。お昼は戦闘態勢じゃなくて、ちょっと緩んだ感じのうんこ座りという感じです」というと、報道陣からも“確かに”というリアクションで唸らせた。

この表紙にもある“マブい”を永尾自身はどう捉えているのかへは、「モテる女というか、みんなには届くようで届かないような1人というか」といい、「自分のことをと思ったときに、私に合う言葉はなんだろうなって編集の方と話し合ってこうなりました」と、タイトルにもつながることも。

今年の振り返っての話題が振られると、「あらためて大変だなって。AKB48を昨年やめたんですけど、メンバーが友達みたいだったので。自分の名前にも自覚が出てきました」と、ソロになって寂しさもあるがやりがいもあるようだ。

『AKB48』といえば今年“まゆゆ”渡辺麻友の卒業もあったが、「まゆさんはいつ見ても本当に完璧で、人間じゃないくらい完璧なんです。でも、楽屋ではふざけたりしていて。私が研究生で入ったときに、チームBでは“みゃお”宮崎美穂さんとかすごく怖くてまゆさんは本当に優しくて、オアシスみたいでした」と、回想し、「まゆさんから絶対にアイドルの代表だったんで、何かを完璧に成し遂げてほしい。私もそれを見て頑張りたい」と、卒業後の渡辺の背中を押していた。

カレンダーということで来年の目標も尋ねると、「来年はちゃんとする。だらける部分とかあるので、ちゃんと目標を決め手、当たり前のことがちゃんとできないときもあるので」とよりしっかりしていくそうだ。

「ベッドの上の天井に張ってもらえれば。威嚇しているようなの見れば寝坊しないし、『ちゃんとしないと!』思ってもらえるのでは」と、アピールしていたカレンダー『マブい女カレンダー2018』は2300円(税抜)で好評発売中!

http://www.edgeline-tokyo.com/entertainment/9618

カレンダー『マブい女カレンダー2018』発売記念イベント 永尾まりや
no title

no title

no title

no title

永尾まりや 写真集 『 マブイ! まりや。 』
no title

元AKB48 永尾まりや
no title

no title

AKB48 “みゃお”宮崎美穂
no title

【永尾まりや、AKB48時代の怖かったメンバー明かす「“みゃお”さんとかすごく怖くて…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/07/20(木) 01:02:54.73 ID:CAP_USER9
アーティストの板野友美が、18日放送のフジテレビ系バラエティ番組『志村の夜』(毎週火曜24:55~

※この日は25:20~)にゲスト出演。AKB48時代の苦労と卒業後の変化について語った。

2013年に、8年間在籍したAKB48を卒業した板野。卒業を考えるようになったきっかけを聞かれると、2011年のソロデビューが転機になったといい、

「今までソロになるのが夢でもあったので、中途半端になりたくないというのがあった」と当時の思いを振り返った。

◆AKB48時代の苦労、仕事観の変化

AKB48時代には、多忙なスケジュールのあまり苦労も多かったようで、「グループの時は、どの仕事かわかってなくてやっていました。

その場に行って言われてやる、何するかわからないけど起きてとりあえず行く、みたいな。

人数も多いからスタッフさんもその場で言うことが多かった」と、目の前の仕事に必死だったそう。

卒業から約4年が経った現在は仕事との向き合い方も変化。「ずっとこなして、こなして…みたいな仕事のやり方だったので、

そう思うとソロになってからの方が、一つ一つ着実に仕事するという感じがしています」と充実感を滲ませていた。(modelpress編集部)

2017年7月19日 15時49分 モデルプレス
http://news.livedoor.com/article/detail/13357530/

写真
no title

【板野友美がいまさらAKB48時代の苦労を明かす!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
永尾まりや


1: なまえないよぉ~ 2017/05/09(火) 14:19:04.65 ID:CAP_USER9
永尾まりや「嫌すぎてトイレで号泣」AKB48時代を回顧

【永尾まりや/モデルプレス=5月9日】タレント・モデルの永尾まりやがレギュラーモデルを務める雑誌「S Cawaii!」6月号にて、AKB48時代を振り返った。

 先月号より誌面に登場していた永尾。今号では永尾の紹介特集が組まれ、50の質問に答えた。

◆AKB48時代のヘアを回顧

「もしやギャルだった?」という質問に「ギャルってうかヤンキー?(笑)」と回答した永尾は、AKB48加入当初も男子受けしないビジュアルだったそう。

「最初はAKBの中でも研究生っていう立場で、髪型も上の人に決められるんですよ。それで私の髪型はツインテールって言われて。もう嫌すぎてトイレで号泣しました!『あたしのキャラじゃない!』みたいな」と振り返りつつ「でもアイドルとしては王道の髪型だったんで、まわりの子はうらやましがってくれて。それで受け入れなきゃって思って頑張りました」と過去を明かした。

 このほか誌面ではファンションについてや美の秘訣、恋愛観についてなど語っている。(modelpress編集部)

モデルプレス 2017年5月9日 12時41分
http://news.livedoor.com/article/detail/13037633/

【永尾まりや AKB48時代を回顧 上の人に決められたツインテールが嫌すぎてトイレで号泣・・・】の続きを読む