芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

AKB48

1: なまえないよぉ~ 2018/11/03(土) 16:49:04.02 ID:CAP_USER9
3日、AKB48の54thシングル「NO WAY MAN」(11月28日発売)のジャケット写真、アーティスト写真、カップリングMVが解禁された。
カップリング曲「池の水を抜きたい」では、AKB48の活動12年目となる大家志津香が、27歳を目前にして初センターに抜擢された。

“努力は必ず報われる”大家志津香、12年目で初センター

大家は、6月に放送されたテレビ東京系列「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」でドロドロな池に全身で飛び込み、体を張って果敢に生物捕獲に取り組む姿が番組スタッフの目に止まり、そのまま番組レギュラー出演を獲得。
数々の池で活躍する姿は、視聴者に笑顔と勇気を与えてきた。

そんな大家の努力が実を結び、この度MVが公開となった「池の水を抜きたい」が同番組のテーマソングに決定。
MVでは実際に池の水へ入水するシーンのほか、「抜きのプロ」として様々なものを「抜いて」いるところにも注目だ。

池の水選抜の顔ぶれは?

「池の水を抜きたい」を歌う池の水選抜は、大家に加え、加藤玲奈・込山榛香・佐々木優佳里・谷口めぐ・西川怜・峯岸みなみ・山邊歩夢の9名。
MVは、6月の放送で水を抜いた、埼玉県・そうか公園で行われた。

大家志津香コメント
今回、センターに選ばれることを本当に知らなくて、MV撮影当日に並びを見て「大家センター」っていうのを知って、「え?そうなんですか!?」と驚きました。本当に驚きの連続で、センター曲をもらえたというのも驚いたのですが、それが12年AKB48をやっていて初センターをもらえたタイミングが27歳を目前にして今来た!というのがまたすごく驚きました。

しかもその曲が、テレビ東京さんの「池の水ぜんぶ抜く大作戦」のテーマソングになるというのを、MV撮影の当日にサプライズ発表されて、もう驚きが連続すぎてよくわかりません!「こんなことってあるんだな」という気持ちです。

センターということで、単純に「前に人がいない」という経験が初めてで、ダンスシーンが不安すぎて、合っているかどうかを確認できないことがこんなに不安なんだと初めて知りました(笑)。センターの人ってすごいんだなって。今までMV撮影をしても、「これ絶対映ってないよね」と思える撮影が9.5割だったので、こんなに自分にカメラが向いているのが初めてで、この撮影1日でなんだか可愛くなった気がしました(笑)!やっぱり人って見られて磨かれるっていうので(笑)!

全文
http://mdpr.jp/music/detail/1802655

【MV】池の水を抜きたい Short ver.〈池の水選抜〉/ AKB48[公式]
https://www.youtube.com/watch?v=SqBxO9hjBnM



AKB48 池の水選抜「池の水を抜きたい」MVより
no title

no title

no title

no title


テレビ東京「緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦」(左から)大家志津香、峯岸みなみ、加藤玲奈
no title


AKB48 大家志津香
no title

no title

no title

【【AKB48】大家志津香、12年目27歳目前で初センター「池の水を抜きたい」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/04(日) 07:16:08.24 ID:CAP_USER9
AKB48/NGT48柏木由紀(27)が、12月に放送のTBS系連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」(12月4日開始、火曜深夜1時28分、MBSは同2日開始で日曜深夜0時50分、全4話)で主演することが3日、分かった。

同作は、小学館ビックコミックスから6月に発売の鳥島灰人氏による人気コミックが原作。
柏木演じる、童顔で巨乳、癒やし系の32歳プロ棋士・駒田多恵と、ダブル主演の伊藤健太郎(21)演じる、恋愛経験なしのさえない24歳の童貞サラリーマン・小日向大河が繰り広げる格差恋愛を描いたラブコメディーだ。

今年、NHK大河ドラマ「西郷どん」に出演するなど、役者としても幅を広げる柏木にとって、連ドラ主演は13年放送の「ミエリーノ柏木」以来5年ぶり。
女流棋士役、実年齢より年上役はともに初挑戦となるが「勝負に挑むかっこいい姿と、普段の少し抜けた天然な姿のギャップが大きいので、ぜひそこを楽しんでいただければと思います」。

さらに柏木は、オープニング曲を担当することが決まった。
12月5日に発売の配信限定シングル(タイトル未定、ECサイトなどでの販売も予定)で、オリジナルシングルの発売も13年の「Birthday wedding」以来となる。
柏木は「演じる大人なキャラクターにもぴったりな楽曲。オープニング曲も初めてですし、5年ぶりの新曲なのでレコーディングにも気合が入りました」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00381834-nksports-ent

TBS系連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」主役の柏木由紀と伊藤健太郎
no title


AKB48 柏木由紀
no title

no title

no title

【【AKB48】柏木由紀、5年ぶり連ドラ主演決定!童顔巨乳の癒し系プロ棋士役 童貞サラリーマンと格差恋愛】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/03(土) 00:11:10.41 ID:CAP_USER9
モー娘。好きはその実力を買って、AKB好きはグループの結びつきに惹かれた?

 アイドルグループといえば、世間の注目を集め、なおかつグループ内でも注目を争う“下克上”というイメージがありませんか? そんな流れを作ったのは、古くはおニャン子クラブ、そしてモーニング娘。、そしてAKB48と、時代に合わせて大規模なアイドルグループが世間の支持を集め、いつしか消えていきます。

まさにアイドルグループは諸行無常といえますが、現在20~30代の女性にとってメジャーグループといえるのはAKB48とモーニング娘。では、それぞれどんなイメージを抱かれているのでしょうか?

そこで、リアルタイムでその人気を目の当たりにしてきた20~30代の女性200人にアンケート調査を行いました!(協力:アイリサーチ)

■AKBとモー娘。ぶっちゃけどっちが好き?嫌い?

・「モーニング娘。」 49票
・「AKB48」 28票
・「どちらも嫌い」 12票
・「どちらも好き」 3票
(フリーアンサーで回答。有効票数92票)

 人気だったのは、モー娘。という結果に。酒気帯び運転に加えひき逃げという罪を犯してしまった吉澤ひとみの醜聞が記憶に新しいところですが、AKBにこれだけの差をつけたのは注目すべき結果ですよね。

 アイドルというと、虚飾に彩られた銀幕の中でぶりっ子全開で歌って踊る……なんてイメージは今や昔のことですが、皆さんは具体的にどんな印象を持っているのか、それぞれを選んだ人たちの詳しい理由を見ていきましょう。(コメントは原則として原文ママ)

【モー娘。派の理由】
「クリーンな感じだからモーニング娘。が好きです。 AKBは黒さしかない」(32歳・宮城県)

「プロ意識がこちらの方があるのと、可愛い子が多い」(30歳・栃木県)

「今の新モーニング娘。は全く知らないけど、世代だったから」(28歳・兵庫県)

「モーニング娘。が好きです。アイドルだけど顔だけで勝負してなくて、歌声やダンスパフォーマンスにおいてもAKBより上だと思います」(28歳・青森県)

「モーニング娘。のほうが好き。自分の青春時代に活躍していて憧れがある。かわいい子も多かった。 つんくさん、秋元康さんどちらもカリスマ性があるが、モーニング娘。のほうが断然曲がいい。 AKB48はかわいい子がいない。センターでやっていた前田敦子が特に嫌いだから」(28歳・長野県)

「モーニング娘。の方が好き。AKB48のお遊戯会のような踊りと歌は見ててグッとこない。最近のモーニング娘。はあまり知らないが、昔のモーニング娘。世代なのでモーニング娘。を推す」(26歳・神奈川県)

【AKB派の理由】
「AKBの方がかわいい子が多い。 モーニング娘。は誰も知らない」(28歳・大阪府)

「可愛いし、曲も好き。 モーニング娘は強いイメージであまり華がない」(39歳・千葉県)

「楽しそうだから。モーニング娘はあんまり仲がよくなさそう」(34歳・京都府)

「AKBの方が、表裏のある人がいなさそう。モーニング娘。は、年をとって色々な事件や事柄がありすぎた」(30歳・長崎県)

それぞれひいきがあるでしょうが、モー娘。派の見方は「AKBよりクオリティが高い」というものが多く、AKB派は「モー娘。よりも明るい」というものが多かったように見受けられます。

とはいえ自分の“ひいき”の対象以外は、どうしても見下したくなるというのが好き嫌いの心理なのでしょうけどね。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181102-00013653-jprime-ent&p=2
続きます
no title

【女子が好きなアイドル対決「モーニング娘。」VS「AKB48」、好き&嫌いな理由】の続きを読む

ninniku

1: なまえないよぉ~ 2018/10/30(火) 08:27:11.09 ID:CAP_USER9
AKB48の柏木由紀さんが、このほど、自身のツイッターで「これ美味しすぎる!!」として大絶賛したコンビニ商品があります。

SNSでも大注目の一品
それがこちら、セブン-イレブンで販売中の「生ミルキー」です。

柏木さんは2018年10月27日、

「朗報!これ美味しすぎる!!」
として商品を紹介しました。

「生ミルキー」は、セブン&アイグループと不二家の共同開発商品。魅力はなんといっても、通常の「ミルキー」とは異なる、柔らかな食感。口の中に入れた瞬間にとろっと溶け、濃厚な生クリームの味わいが口に広がります。

SNS上では以前から注目を集めており、ファンも多い商品。そのためツイッターのリプライには、

「わかる!!美味しいよね」 「同意」 「私も毎日のように食しております...」 「分かります私も累計10パックくらい食べてます。生キャラメルよりしつこくないし永遠に食べられるよね」
などと共感の声が多数寄せられています。

価格は7粒入りで203円。地域や店舗によって取扱いがない場合がありますが、柏木さんを含め多くの人が虜になっているスイーツなので、まだ食べたことがないという人は手に取ってみては?

no title

http://dailynewsonline.jp/article/1552414/
2018.10.29 18:45 東京バーゲンマニア

no title

no title

no title

【柏木由紀が「美味しすぎる!!」と大絶賛したコンビニスイーツ】の続きを読む