芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

AKB

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/30(火) 17:55:25.58
ハーフ美女 平田梨奈、激しい妄想シーン「エロエロなポージングも楽しめます」

AKB48のメンバーとして活躍し、卒業後はグラビアを中心に活動している平田梨奈。

ワイルドキュートな顔立ちのハーフ美女は、天真爛漫で明るいキャラクターで、AKB48時代には想像できなかった豊満なスタイルを惜しげもなく披露
し、グラビアファンも魅了している。そんな平田が2枚目となるDVD&Blu-ray『ひらりーBEAUTY』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。発売を
記念したイベントが、秋葉原のソフマップサブカルモバイル館で行われた。

昨年10月にバリ島ロケを敢行した今作は、アジアンビューティーをテーマにさまざまな衣装を着て、これまで見せることのなかったいろんなひら
りーが観られる作品となっている。

「打ち合わせの段階からシチュエーションを提案したり、こんな衣装を着たいとか意見を出して、自分のやりたいことをやってみました。実際に作
品でやっていることは全部わたしの妄想のお話しなんです」と説明。お気に入りのシーンについて聞いてみると「お花のお風呂がすごいんですよ。
頭に付けている王冠は現地の人の手作りです。きれいなお風呂が出来上がったんですけど、湯船の中で胸を隠すのが大変でしたね。腕で隠している
んですけど、疲れても離すことができないんです」と明かした。

セクシーなシーンについては、「仕事から帰って来て、白いシャツを脱いだら黒いスケスケの下着を着ているんですよ。そこで好きな人を誘惑して
います。私のエロエロなポージングも楽しめますよ。かなり激しい妄想のシーンなので期待してください」とアピールした。

撮影ではハプニングばかりで起きたそうで、「セクシーな黒いなワンピースを着ているシーンがあるんですけど、私の後ろが崖なんですよ。普通は
こんなところで撮影はしないと思いますけど、いい作品を作りたかったので、命がけの撮影をしました」と振り返り、ハプニングはこれだけに留ま
らず、「ジャケットにもなっている川の中のシーンは、ブラも付けないで撮影をしたんですよ。川の流れが急で両手で止めないと流されてしまいそ
うだったので、胸もさらけ出して現地の人におっぱいを見られちゃいました」と語った。

ポロリも経験してしまった平田だが、脱いじゃいけないところで脱いだりもしているそうで、「スタッフさんに止められますね。撮影のときにバス
ロープとかを着ているときも邪魔なんで勝手に脱いだりもしちゃうんですよ。基本的に裸族なので家でもパンツ一丁だったりしますよ」と衝撃発言
が飛び出した。

自粛期間中は時間がありすぎてテレビばかり観ていたという平田「家にいて暇すぎて3キロ太りました。ずっと前から痩せようと思っているんですけ
ど、なぜか痩せないんですよ。お酒が大好きなのもいけないんですよね。やっぱ人前に出ないとダメですよね。ファンの人と会えるイベントとかが
あると痩せると思うんですよ。人と会わないと痩せられないです。でもなんとかしたいです」と切実な悩みを語った。 
https://news.dwango.jp/gravure/51132-2006

画像
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【画像】AKB平田梨奈、ハーフ美女がFカップ豊満ボディ披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/23(月) 18:37:16.72 ● BE:989972537-2BP(2000)
塩月希依音@keity_1215
生誕のセレモニー
ありがとうございました
https://twitter.com/keity_1215/status/1208664858075394048
画像
no title

no title


https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1667667/

【【日常】14歳アイドルAKB塩月希依音ちゃんの握手会に集まった人達wwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/07(木) 11:25:11.93
NHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)で、主演の戸田恵梨香演じる川原喜美子の幼馴染・照子役として出演している大島優子に注目が集まっている。

子供時代から勝ち気でプライドが高く生意気な照子。子役から雰囲気や表情などがそのまま憑依したような芝居を自然に演ずる彼女の姿に驚いた人も多いはずだ。

渡辺麻友、島崎遥香、川栄李奈…朝ドラで光る卒業生
大島優子は言わずと知れた国民的アイドルグループAKB48の元メンバー。
いまだにそのイメージが強い人も多いだろう。彼女をはじめ、NHK朝の連続テレビ小説では、近作、元AKB48メンバーが注目を集めている。

記憶に新しい所と言えば、前作『なつぞら』でヒロインの同僚・茜役を演じたまゆゆこと渡辺麻友。
茜はヒロインより一足早くアニメーターになったものの、出産と育児の壁に阻まれ退職、それでもヒロインの夢を実現するために手を差し伸べ続けた物語のキーパーソンだった。

もっと遡ると、『ひよっこ』に出演したぱるること島崎遥香。
彼女はヒロインが働く洋食店のわがままな一人娘・由香の役を演じた。
彼女が持つ小悪魔的な存在感から発せられる演技は、「当たり役」だと評判が高く、視聴者の多くが、彼女の役柄に本気でイラつかされ、泣かされたのだ。

また、今やさまざまなCMやドラマで卒業生イチ活躍をしている川栄李奈も、世間的に注目を集めたのが『とと姉ちゃん』での仕出し屋の娘・富江役である。
一見クールではありながらも、繊細さや優しさなど心の機敏を白々しさなく演じた彼女は目の肥えた朝ドラファンたちの心をすぐに掴んだ。

元・AKB=演技が下手という偏見
彼女たちの名前をインターネットで検索すると、そのあとに必ずと言っていいほど出てくるのが「下手」という二文字である。
しかし、実際に朝ドラなどで見てみると、むしろ上手であり、ぐっと心を掴まれることも多い。
SNSでも評判は上々だ。

そもそも大島優子はAKB加入前に子役としていくつもの映画やドラマで活躍しており、加入後もPVや『マジすか学園』などのドラマでも抜群の演技力をみせていた。
川栄李奈も朝ドラ出演前から、汎用性の高いキャラクターやなんでもこなせる演技力は業界内で評判が高く、多くのオファーがあったという。

朝ドラは“元AKB”の冠を卒業する通過点かも
一斉風靡した国民的スーパーアイドル・AKB48の元メンバーであることで、たとえ実力で勝ち取ってドラマに出ても「事務所の力」「大人の事情でキャスティングされている」と言われてしまう。
つまり、元AKBという看板があることで、演技を素直に評価されないという壁があるのだ。

しかし、朝の連続テレビ小説は視聴者層が高く、彼女たちのアイドル時代をよく知らない人もいる。
また、毎日放映されているため、視聴者はストーリーや登場人物のキャラクターに入りこみ、役者の演技にじっくり向き合うことができる。
それゆえ、朝ドラにでた元AKBメンバーは初めて実力を評価されるのだろう。

AKBグループは、在籍中に他のドラマや映画のオーディションを受けることを制限されているのだという。
しかし、卒業したら元AKBというレッテルが貼られ、演技の評価を素直に受け辛くなってしまう。
そのため、女優の世界で苦戦している卒業メンバーも多い。

しかし、その壁を打破したことで、川栄李奈のようにAKBだったことさえも忘れられるほどの活躍をするようになった人もいる。
つまり、NHK朝の連続テレビ小説は彼女たちが今後、女優として活躍するためにくぐるべき最初の関門なのかもしれない。
これからも彼女たちの活躍に期待したい。

全文
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-01618471-sspa-soci&p

朝ドラ『スカーレット』演技が好評 大島優子
no title


元AKB48 大島優子
no title

元AKB48 渡辺麻友
no title

元AKB48 島崎遥香
no title

元AKB48 川栄李奈
no title

【AKB=演技が下手という偏見 朝ドラ『スカーレット』大島優子の演技力が話題に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/31(木) 22:22:25.29
AKB48の国内6グループの中で、“人気”でも“運”でもない、“歌唱力”だけでその頂点を決める新プロジェクト「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の第2回大会の決勝が31日、TBS赤坂ACTシアターにて開催され、AKB48の矢作萌夏が優勝した。
2位はNMB48の山崎亜美瑠、3位はNGT48の三村妃乃だった。

「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」初代に続く“女王”がAKB48の矢作萌夏に決定
AKB48グループの中でもっとも魅力的な歌い手を決める新プロジェクト「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」は、今年1月11日に第1回大会が行われ、SKE48の野島樺乃が初代チャンピオンに輝いた。

今回はAKB48国内6グループの所属メンバーのなかから、立候補で名乗り出た135人による予選を開催。
このうち決勝に参加した20人が進出し、野島に続く“女王”としてAKB48の矢作萌夏が決定した。
優勝者には秋元康プロデュースによるオリジナルソロ曲が贈られる。

ルールは20人が4グループに分かれて決勝歌唱予定曲のうちの1曲を歌唱し、審査員が各100点満点で採点。
グループ上位2人が最終決戦に進出。
8人がもう1曲の歌唱予定曲を歌い、優勝者を決定した。

決勝大会の審査員は、予選に引き続きAKB48グループの楽曲も数多く手がけている作曲家・井上ヨシマサ、ゴスペラーズの黒沢薫、加藤いづみ、佐藤嘉風の4名が務めた。

応援ゲストとして、AKB48向井地美音、SKE48須田亜香里、NMB48小嶋花梨、HKT48田中菜津美、NGT48真下華穂、STU48岩田陽菜の6名が会場に駆けつけた。

http://mdpr.jp/music/detail/1889805

「第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」 矢作萌夏が優勝  Che’Nelleの「Believe」を熱唱
no title

2位 NMB48山崎亜美瑠
no title

3位 NGT48の三村妃乃
no title


<決勝進出メンバー>
岡田奈々(AKB48/STU48)、山崎亜美瑠(NMB48)、矢作萌夏(AKB48)、秋吉優花(HKT48)、峯岸みなみ(AKB48)
矢野帆夏(STU48)、坂本愛玲菜(HKT48)、横山結衣(AKB48)、高柳明音(SKE48)、峯吉愛梨沙(STU48)
白井友紀乃(SKE48)、三村妃乃(NGT48)、門脇実優菜(STU48)、神志那結衣(HKT48)、立仙愛理(AKB48)
豊永阿紀(HKT48)、山内鈴蘭(SKE48)、小田えりな(AKB48)、明石奈津子(NMB48)、浅井七海(AKB48)
no title

no title


AKB48 矢作萌夏
no title

no title

no title

no title

【【茶番】AKBガチ歌うま、卒業発表の矢作萌夏が涙の優勝wwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/30(水) 10:37:08.23 ● BE:989972537-2BP(2000)
画像
no title


PRADA 19SS 2WAYトート ショルダー ハンドバッグ 1BA163
大体250000円
no title


鈴木絢音(20)
no title


https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoPopLine_121808/

【【炎上】AKBの陰キャ美少女・鈴木絢音さん、プラダ25万円バッグ愛用→炎上wwwwww】の続きを読む