芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

24時間テレビ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/25(水) 11:57:37.99 _USER9
1978年の番組開始から今年で44回目となった、日本テレビ系「24時間テレビ」(8月21~22日放送)。コロナ禍での開催により、メイン会場の両国国技館は昨年に続き無観客となった。


 今年はジャニーズの人気グループ「King & Prince」の5人がメインパーソナリティーを務めた。恒例のチャリティーマラソンは、全100キロの「復興への想いをつなぐ募金リレー」が行われ、キンプリの岸優太(25)のほか、東京五輪卓球混合ダブルス金メダリストの水谷隼(32)や、元ラグビー日本代表の五郎丸歩(35)などアスリート勢が数多く参加。最終走者の城島茂(50)が完走した直後に瞬間最高視聴率23.4%(世帯)を記録。番組全体の世帯平均視聴率は12%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と昨年の15.5%から低下、歴代29位タイ(全44回中)と冴えない。

「今年はオリンピック後の放送というのもあったと思いますが、80年から続くスペシャルドラマに、チャリティーマラソン、笑点……といった構成のマンネリ、番組への関心の薄さが視聴率低迷につながっていると言われています」(スポーツ紙記者)

 “番組のマンネリ化”“感動の押し売り”といった指摘は毎年のこと。今年はほぼ全面的にキンプリ推しだったため、断片的にしか番組を見ていなかった筆者でさえ、キンプリメンバー全員の顔と名前を覚えてしまったほど。そのため“露骨なジャニーズのプロモーション番組”という声も少なくない。

■重要なのは募金額

 だが、この番組の存在意義は、障害を持つ人や病気と闘っている人などの現状を知ることだけでなく、支援を必要とする人たちや関係する団体、施設のためのお金をいかに多く集められるか、の一点に尽きる。番組はいわば募金喚起のためのコンテンツということになる。

 コロナ禍での実施は今回で2度目。緊急事態宣言中、感染者が増加する中での開催だったため、両国国技館はじめ対面での募金が中止されたほか、コンビニなどの店頭での募金もしづらい状況で、その代わりスマホなどによるキャッシュレス募金が推奨された。

 放送終了時点で発表された募金額は4億2102万9826円。昨年の5億2102万9826円に比べて20%ほど減少したが、放送開始から43年間で集まった募金総額は、405億6415万1601円に上る。毎年、1年を通じて10億円近い金額が集まっていて、視聴率と歩調を合わせるように募金額が低迷している様子は今のところ見られない。

 これらの募金は、入浴車をはじめ、リフトつき、スロープつきバスのほか、車いすなどの福祉車両贈呈のほか、環境保護支援事業、災害復興支援事業に使われており、新型コロナウイルス感染症対策支援が新たに加わっている。24時間テレビは、地球温暖化や頻発する豪雨災害、そして、コロナ関連の支援といった行き渡りにくいところにお金を回す役割を果たす、唯一の番組といっていい。それだけに視聴率とともに募金額がさらに落ち込んだときが、番組終焉のときだろう。

8/25(水) 9:06 日刊ゲンダイ
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b02f9604b6cd364b50cce4b872dd93303a92f30

pose_lose_boy

【24時間テレビ<“終焉”のサインは募金額のさらなる低下 >感動の押し売りによる不要論は以前から】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/24(火) 07:44:10.44 _USER9
 日本テレビ系恒例のチャリティー番組「24時間テレビ 想い~世界は、きっと変わる。」(21~22日)の世帯平均視聴率が23日に発表され、関東地区で12・0%(ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。昨年の15・5%から3・5ポイント下落した。

 今年は昨年以上に新型コロナウイルスが感染拡大し、13都府県に緊急事態宣言が出される中、ジャニーズの人気グループ「King&Prince」が初めてメインパーソナリティーを務めたが、キンプリファンを除くとネット上には「感動の押し売りに飽きた」、「ただの24時間ジャニーズテレビ」といった批判的な声があふれた。

 コロナ禍のためワクチン接種2回を徹底するなど万全の体制での放送だったが、コロナ感染を意識してか全体的におとなしめ。一方、場を盛り上げようと「くりぃむしちゅー」の上田晋也(51)が1人奮闘する場面もあった。

「東京五輪のメダリストらを集めたバラエティー企画では、一部で上田さんが『ごちゃごちゃうるさい!』、『上田は放送事故!』などと批判されていました。ただ、実際はバラエティー慣れしていないキンプリが積極的にトークに絡めないのを察して、上田さんが1人でボケ、ツッコミ、司会の3役をこなして盛り上げていた感じ」(芸能関係者)

 上田はフリーの有働由美子アナとの真剣白刃取り対決で不意を突き、有働アナの大絶叫を引き出すなど、東京五輪直前にコロナに感染して五輪関連番組をすべて降板したツケを払うかのような大奮闘を見せたが、番組の視聴率を押し上げることはできなかった。

 前出の芸能関係者は「毎年のようにマンネリと言われているが、そろそろ本気で考える時では?」と、テコ入れの必要性を訴えた。

8/24(火) 5:15
東スポWeb

24時間テレビ 視聴率下落は誰のせい? 業界内からは「そろそろ本気で考えるべき」の声
くりぃむしちゅー・上田は「孤軍奮闘」を見せたが…
https://news.yahoo.co.jp/articles/c19450d02b2de72bb6230373c2bdc31aa93a6a48

no title 【24時間テレビ 視聴率下落は誰のせい? 業界内からは「そろそろ本気で考えるべき」の声 ← 毎年言ってんじゃねwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/23(月) 09:04:13.63 _USER9
 21日から22日にかけて放送された日本テレビ「24時間テレビ44」(21日後6・30~22日後8・54)で番組終盤「PART10」(22日後7・00~8・54)の平均世帯視聴率が18・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。

 瞬間最高視聴率は午後8時49分に記録した23・4%だった。

 昨年は番組全体の平均視聴率が15・5%で、瞬間最高は27・6%だった。

 1978年にスタートして今年で44回目のテーマは「想い~世界はきっと変わる。」。アイドルグループのKing&Princeが初のメインパーソナリティーを担当。平野紫耀(24)は番組内のスペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」で初の教師役に挑戦。高橋海人(22)は番組恒例のチャリTシャツをくまモンの生みの親である水野学氏とともに手掛けた。番組内でも「スゴ技達人と5番勝負!」などさまざまな企画に挑戦し、盛り上げた。

 恒例のチャリティーマラソンは行わず、10組のランナーがリレー形式で約100キロの距離を走る「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」を福島県樽葉町にある東日本大震災からの復興の象徴「Jヴィレッジ」で実施。第1走者・岸優太(25)、第2走者・東京五輪卓球混合ダブルス金メダルの水谷隼(32=木下グループ)、第3走者・フィギュアスケートの荒川静香さん(39)、第4走者・東京五輪レスリング女子57キロ級金メダルの川井梨紗子(27=ジャパンビバレッジ)、62キロ級金メダルの妹・川井友香子(23=ジャパンビバレッジ)姉妹、第5走者・ラグビー元日本代表の五郎丸歩さん(35)、第6走者・元体操日本代表の田中理恵さん(34)、第7走者・ボクシング元世界王者・長谷川穂積氏(40)、第8走者・元サッカー女子日本代表でタレントの丸山桂里奈(38)、第9走者・東京五輪女子バスケットボール銀メダルの女子日本代表の林咲希(26=ENEOS)、第10走者・「TOKIO」の城島茂(50)とタスキをつなぎ、最後は水谷、五郎丸ら7人でゴールを切った。

 総合司会はフリーの羽鳥慎一アナウンサー(50)と同局の水卜麻美アナウンサー(34)、チャリティーパーソナリティーは女優の菅野美穂(44)、スペシャルサポーターはチョコレートプラネットの長田庄平(41)と松尾駿(38)がそれぞれ務めた。

 今年も昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年に引き続き東京・両国国技館で無観客開催。通常行っている対面募金も中止し、キャッシュレス募金を行った。

8/23(月) 9:00
スポニチアネックス

「24時間テレビ44」瞬間最高は23・4% 終盤「PART10」平均18・9% 
https://news.yahoo.co.jp/articles/a938be234e0923655e6245c5f42db0b0b0343752

pose_english_wow_woman

【【視聴率】「24時間テレビ44」瞬間最高は23・4% ← おまえら、ぐぬぬwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/20(金) 20:12:01.25 _USER9
毎年恒例の『24時間テレビ「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)が、今年も8月21日から22日にかけて放送される。今年もチャリティー企画を実施する予定となっているが、ネット上で物議を醸している。

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、放送を強行。賛否両論が飛び交ったが、結果的に全枠番組世帯平均視聴率15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録し、成功を収めていた。

「昨年は新型コロナで志村けんさんが亡くなったこともあり、番組内でスペシャルヒューマンストーリー『誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-』を放送。こちらは22.6%と世帯平均で高視聴率を記録しました。また、5キロの私有地を1周するごとに10万円を募金する〝募金ラン〟では、115キロを突破しても続行され、番組終了直後のタイミングで27.6%の世帯最高瞬間視聴率を記録。番組関係者もほくほく顔でしたね。もっとも、今年は昨年とは比べものにならないくらい感染者数が増えており、放送に反対の声が圧倒的です」(テレビ誌ライター)

チャリティーの意味をなさない『24時間テレビ』
同番組の放送に対し、ネット上では

《金かけて金集める自己満足な番組。ジャニーズ出しとけば、時間ギリギリにサライ流しておけば!みたいなところが安易で嫌い》
《儲かってるうちは終わらないだろうね。感動の押し売りにすぎないんだけど》
《マラソンより出演者及び関係者全員分のギャラを集めて募金に回した方がよっぽどいいのでは? ギャラが発生するチャリティーってそもそもチャリティーなの?》
《聖火リレーはあれだけ辞退者が続出したのに、募金ランは喜んで走るんだ。矛盾してる》
《チャリティー番組とうたいながらも出演ジャニーズはギャラ貰ってるという矛盾した番組です。今の時代に無理がある》

などと、否定的な意見が相次いでいる。

「今年は15日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の番組内で、募金リレーを行うことが発表され、第1走者をメインパーソナリティーの『King & Prince』岸優太が務めることが分かりました。復興を目指す被災地への想いを胸に、合計10人のランナーが、リレー形式で約100キロの距離を走る予定になっています。走る場所は沿道が密になるのを防ぐために公表せず、閉鎖された敷地内で行うといいますが、もし番組関係者から1人でも感染者が出たら、一気に非難の声が殺到するでしょうね」(テレビ誌ライター)

そもそもチャリティーとマラソンにはなんの関連性もなく、ここ数年は批判の対象となっていた。日テレはいつまでマンネリ化した内容で24時間テレビを放送し続けるつもりなのだろうか…。

2021.08.20 17:33 まいじつ
https://myjitsu.jp/archives/299440

20200824001

【【いつものネガキャン】<24時間テレビ>募金リレーの“強行開催”に批判殺到!「ギャラが発生するチャリティーってそもそもチャリティーなの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/05/21(金) 16:28:23.89 _USER9
『24時間テレビ』(日本テレビ系)の放送まで3か月となった。夏の風物詩となった同番組は今年で44回目を迎える。コロナ禍元年となる昨年は感染対策をとりながら行われたが、昨年よりはるかに感染者が増加している今年はどうなるのか。

 視聴者だけでなく業界も注目するなか、フジテレビ『27時間テレビ』は放送中止を発表。『24時間』も……と懸念されていたが、予定通り8月21日から22日にかけて放送されることに。

 同番組でいちばん視聴者の興味をそそるのは、「ランナーは誰なのか」と言っても過言ではないだろう。『チャリティーマラソン』は、ランナーがゴールである武道館を目指して24時間かけて100km近い距離を走りぬくという、過酷なだけに大きな感動を呼ぶ目玉企画だ。近年は走者が誰か放送ギリギリまで明かされないため、業界内でも“ランナー当て”競争が盛んになっている。

今年もランナーは“決まっている”

 また、ファンや野次馬が集まらないようにランニングコースは伏せられているのだが、今の時代に誰にも知られずに公道を走ることは困難で、人が集まるのは避けられない。そのため昨年は、関係者以外入ることができない場所で撮影が行われたようだ。

「走者は高橋尚子さんが率いる『チームQ』。ほかのメンバーは土屋太鳳さん、吉田沙保里さん、陣内貴美子さん、松本薫さん、野口みずきさんの5人。通常のマラソンができなくなった昨年は、ただ走るのではなく、1周5kmのコースを周回するごとに10万円を募金する『募金ラン』となりましたが、批判の声も大きかったです」(同・制作会社関係者)

《なぜランナーが自分で募金をするの》

《チャリティーランって、そう言う事なのか? 意味がわからん》

 視聴者からは疑問の声が多数噴出し、評判は散々だったという。企画のテーマが定まらないうえに、マラソン放送としても厳しいものがあったようで、

「トラックを周回する彼女たちに画(え)的な変化がなく、単調になってしまっていました。競争するわけでもないので見ていた人はつまらないと思ったでしょう。日テレもその回の盛り上がらなさについては自覚的で、局内では箱根駅伝の予選でもやった方がよかったんじゃないか、なんて自嘲気味な冗談も出ていました。ただ、今年もランナーはすでに決まっています」(日本テレビ関係者)

動く数十億円の広告費

 緊急事態宣言がいつ解除になるかわからない状況で、同番組が強行されることに非難の声が出ているのも事実だ。今年は去年以上の感染対策を取ることが必要となるのは当然のことだが、

「走者は決まっているのですが、緊急事態宣言も解除されないままに、まだ“マラソン企画”をどのようなパッケージにするか定まっていない。内定したランナーたちは“もうそろそろ練習を始めなくてはいけない”という状況なので、放送3ヶ月前になってもなかなかどのような距離・場所を走るのか決まらないこの状況に困惑しているそうです」(同・日本テレビ関係者)

 現在の番組全体の進行状況はというと、

「去年と同じく武道館は無観客ですし、出演者は極力少なくする予定です。メインパーソナリティー(今年はKing &Prince)のみになるかもしれません。番組全体としてはドラマのような先に収録するいわゆる“完パケ”映像を中心に、生放送部分を減らす。全国各地からの中継リレーがメインとなるでしょう」(同・日本テレビ関係者)

 このまま緊急事態宣言が解除されず、またオリンピックが中止あるいは延長となった場合でも内容が変わる可能性はあるというが、

「日テレといえば『24時間テレビ』、『24時間テレビ』といえば日テレ。看板中の看板番組ですからね。意地でもやるつもりです。また、この番組は“チャリティー番組”であるがゆえにスポンサーもお金を出しやすい。数十億円もの広告費が動きますから」(同・日本テレビ関係)

 強行開催されようとしている東京オリンピックと似たような話になっているような気も……。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a8ebc2b4a067682359653efaaf287a1be9bc835a

20200824001

【今年の『24時間テレビ』、コロナ禍でも強行放送へ ランナーもすでに決定済み】の続きを読む