芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

黒木瞳

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/11/07(水) 05:08:56.23 ID:CAP_USER9
 お笑い芸人のつまみ枝豆が5日に、自身のアメブロを更新。自身が出演するドラマ『駐在刑事』(テレビ東京系)の撮影時のエピソードを紹介した。

 枝豆は埼玉県にあるスタジオで撮影を行ったことを報告し、「撮影の合間の楽しみは何と言っても食べること」とコメント。本来であればスタッフが用意したお弁当が提供されるはずが、「ところが今日のランチは吉野家の牛丼!!お弁当ではなくて吉野家ランチカーによるケータリング」と、吉野家の移動販売車が現場に登場したことを写真で紹介した。

 これは同ドラマで共演する女優・黒木瞳からの差し入れだったといい、枝豆は「ばんざーい!!バンザーイ!!」と大喜びした模様。「こんなランチカーがあるんだねぇ~」と感心した様子で、「いやぁ~ 久しぶりの牛丼 美味しかったなぁ~」「みんなでワイワイしながら食べた」と、黒木、俳優の佐藤寛太、北村有起哉との集合ショットを公開した。

 この投稿に「すげぇ!!!黒木さんすげぇ!!!wwwこんなのあるんですね」「やる事がスケールデカすぎです(笑)」「現場の活気が伝わってきます。「駐在刑事」観ますよ~」などのコメントが寄せられている。

 同ドラマは元警視庁捜査一課の敏腕刑事で、現在は奥多摩・水根の人々に“駐在さん”として親しまれている警察官・江波敦史(寺島進)が人々のために汗を流し奔走するヒューマンサスペンスドラマ。


つまみ枝豆公式ブログよりスクリーンショット
no title


2018.11.06 22:10 
つまみ枝豆、黒木瞳からの差し入れに驚き「こんなランチカーがあるんだねぇ」 

https://abematimes.com/posts/5135740

【つまみ枝豆、黒木瞳からの差し入れに驚きwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/06/16(土) 11:13:51.17 ID:CAP_USER9
女優・黒木瞳(57)が15日、大阪・ABCテレビの人気バラエティー「探偵!ナイトスクープ」(関西地区は金曜・後11時17分)に顧問として出演した。

黒木がスタジオに登場すると、観客からどよめきが起こった。局長の西田敏行(70)が「歳月は可憐なタカラジェンヌを、日本を代表する大女優に育てました」と黒木を紹介。
探偵の竹山隆範(47)が「黒木さんと出身が一緒なんです。僕は行けなかったんですが、福岡県人会で飲んだ時に、黒木さんが先輩後輩関係なく、誰にでもお酒をついで回ってくれたと、博多華丸大吉が感動したと話していました」と明かし、西田も「本当に気取らなくてね。ドラマや映画で何度かご一緒させていただきましたけど、もう本当に好き」とデレデレだった。

番組では、脱走して卵を産む鶏の行方を知りたい、6年前に近所で見たのが落語家・桂雀々(57)と吉本新喜劇・島田一の介(67)のどちらだったか知りたい、何でもおいしいと言う夫に本当のことを言ってほしい、3本を紹介。
2本目のVTRの際には「(このネタに)興味ありますか?」と聞かれ「あんまり」と苦笑い。3本目のVTRを見た後には「おいしいって言うのはありがとうの代わりですからね」と新婚カップルを思いやるコメント。
西田から「黒木さんの旦那さんもおいしいって言うの?」と聞かれ「そうですね。うちもまずいと言わないので、『まずい時はまずいって言って』って言います」と話していた。

また、見習い秘書としてタレント・中村静香(29)が2度目の出演となった。この模様は7月27日に放送される。なお、13日放送分は、同局のヒロド歩美アナウンサー(26)が見習い秘書として出演した。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180615-OHT1T50204.html 
2018年6月16日9時0分 スポーツ報知 

no title

【黒木瞳「探偵!ナイトスクープ」出演で西田敏行が大興奮wwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/08/13(日) 07:04:10.54 ID:CAP_USER9
 女優の土屋太鳳さんと黒木瞳さんが12日、東京都内で行われた劇場版アニメ「フェリシーと夢のトウシューズ」(エリック・サマー&エリック・ワリン監督)の初日舞台あいさつに登場。日本語吹き替え版のアフレコ時には黒木さんと会うことができず、この日が初対面となった土屋さんは「本当にお会いするのがうれしくて。すてきすぎて胸がいっぱいです」と感激していた。

 黒木さんは、劇中で土屋さん演じるフェリシーにバレエを教えることとなる元バレリーナのオデット役で、フェリシーを特訓する役どころだけに、「初めてっていう感じがしない」とにっこり。土屋さんも「(舞台あいさつの前に)憧れの方すぎて緊張していたんですが、先ほど『(舞台あいさつを)キラキラと楽しもうね』と言ってくださって。すごく心が明るくなりました」と笑顔で明かした。

 また、司会者から「特訓を受けた経験」を聞かれた黒木さんが「宝塚の時に、初めて役をいただき、動きながらせりふを言う特訓として、動きながら『はっ! はっ!』って声を出す訓練を一日中。それを2週間やった。違和感なく動くことができるようになります。今、思い返してもよい特訓でした」と明かすと、土屋さんは「なるほど。勉強になりました。今ちょうどそれで悩んでいた時なんです」と目を輝かせていた。

 「フェリシーと夢のトウシューズ」は、19世紀末、フランス・ブルターニュ地方の施設で暮らしていた、踊ることが大好きな少女・フェリシーが、バレリーナになる夢を胸に施設を抜け出し、エッフェル塔建設中のパリを訪れ、偶然たどり着いたオペラ座で、さまざまな出会いやライバルたちとの競争を経て、夢の舞台を目指す……というストーリー。


2017年08月12日
https://mantan-web.jp/article/20170812dog00m200002000c.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【土屋太鳳 憧れの黒木瞳と初対面「すてきすぎて胸がいっぱい」】の続きを読む