芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

麒麟がくる

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/26(金) 17:17:40.31
『麒麟がくる』出演女優Xにジャンキー説浮上


数々の映画やドラマに出演する演技派女優Xに、コカイン使用の疑惑が持ち上がっている。
本誌がコンタクトした売人は「上客として有名。我々の中では“Xはジャンキー”で有名だった」と驚きの証言をした。

さらにXには同じ女優で薬物仲間もいるらしく、ドラッグパーティ用に部屋も借りているという。

芸能界の薬物汚染が問題になっているいま、もしも逮捕などという事態になれば、その影響は計り知れない。
驚きの詳細は、6月29日発売の実話ナックルズ8・9合併号を確認していただきたい!
https://k-knuckles.jp/1/10495/2/
police_tejou

【NHK大河ドラマ「麒麟がくる」 出演者、コカイン使用疑惑・・・数々の映画やドラマに出演する演技派女優】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/09(火) 14:01:07.39
NHKは9日、新型コロナウイルスの影響で4月から休止していた大河ドラマ「麒麟がくる」の収録を、今月30日から再開すると発表した。出演者同士は原則として2メートルの距離を取るなど、感染防止のためのマニュアルに基づいて行うという。


※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
https://this.kiji.is/642950702102348897
20200119-00159467-roupeiro-000-3-view

【NHK大河ドラマ『麒麟がくる』収録再開へ…出演者同士は2メートルの距離を取る等の感染予防】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/08(月) 05:29:39.30
俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第21回「決戦!桶狭間」が6月7日に放送され、織田と今川が激突した「桶狭間の戦い」で今川義元(片岡愛之助さん)の壮絶な最期が描かれた。義元を討ち取ったのは毛利新介(今井翼さん)。“最後の一撃”は高く飛び上がってから、槍(やり)で突き刺すというド派手なアクションシーンとなり、「飛んだああああ」「どんなジャンプ力だ」「カッコ良すぎ!!」「跳躍力やべえ」「鳥肌たってまった」「やばい感動」「すごい! 今井翼無双やった!」などと視聴者の興奮を誘った。

 ◇織田軍が強襲! 自ら刀を取り、勇敢に応戦する今川義元だったが…

 第21回は、今川から松平元康(風間俊介さん)を離反させる工作は失敗に終わるが、父・信秀の教えを思い出した織田信長(染谷将太さん)は、今川が本当にうわさされるような2万もの大軍であるのかを疑い、前線へ出陣する。

 局地戦を展開して、今川義元(愛之助さん)率いる本隊から、徐々に兵を引き離す作戦を決行する信長。一方の元康は、三河勢を駒のように扱う今川方に次第に嫌気が差し始め、織田軍の迎撃に加わることを拒否する。そして暴風雨の中、数の減った今川本隊は、桶狭間山での立ち往生を余儀なくされ、そこに織田の軍勢が襲いかかる……。

 義元の姿をいち早く発見した毛利は槍を振り回して肉薄。義元も自ら刀を取り、勇敢に応戦するも、足を刺されてしまい、動きを止められてしまう。そこへ勢いよく助走をつけた毛利が、台を使って大きくジャンプ。下で待ち構える義元の目には空から降ってくる毛利の姿が映し出され、次の瞬間、毛利の一撃により、義元は命を落とした。

 ◇義元の目に映る毛利の姿は「自分の死」 ワイヤアクションとVFXで表現

 まるで大作アクション映画のようなワンシーンとなったが、同回の演出を担当した一色隆司さんは、「毛利新介が今川義元を討つのが桶狭間の戦いシークエンスのクライマックスです。なので、どのように今川義元が討たれるのかは、台本を読んだときからずっと考えておりました。単なる殺陣だと、それまでの話の流れと同じようになる可能性が高かったので、毛利が空中に飛び上がり義元を討つという場面を考えました」と説明する。

 また「一番最初に浮かんだイメージは、義元の目に映る毛利の姿でした」と話す一色さん。実際には“義元の目に映る毛利の姿”はVFXによって表現されているが、同シーンで描きたかったのが、「自分の死」が目に映るようにやってくる瞬間。そのためにも毛利を高く飛ばす必要があったようだ。

 一色さんは「よろいを着けていると20キロ近くあるので、普通に飛ぶのも難しく、ワイヤアクションで表現することにしました。実際には2メートルぐらいは空中に上がってもらったかと思います」と明かすと、「大変だったのは、義元の見た目で飛んでくる毛利のショットでして、格好良くダイナミックな動きにしたかったので、何度も何度もやり直しました。
飛ぶときの体勢、空中での身のこなし、そして、芝居やワイヤチームとの連携が本当に難しく、かなり時間がかかりました」と振り返った。

麒麟がくる:視聴者興奮! 今川義元討った“最後の一撃”は2mの高さから “毛利新介”今井翼を「飛ばした」ワケ 
2020年06月07日 MANTANWEB 
https://mantan-web.jp/article/20200607dog00m200045000c.html 
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第21回の一場面 今川義元(片岡愛之助さん)を討ち取った毛利新介(今井翼さん) (C)NHK 
no title

no title



 
【麒麟がくる:今川義元討った“最後の一撃”は2mの高さから “毛利新介”今井翼を「飛ばした」ワケ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/08(月) 10:43:23.86
 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第21回「決戦!桶狭間」が6月7日に放送され、平均視聴率(世帯)は16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第20回(5月31日放送)の15.3%(同)から1.0ポイントアップし、番組4番目の好数字だった。

 第21回「決戦!桶狭間」は、今川から松平元康(風間俊介さん)を離反させる工作は失敗に終わるが、父・信秀の教えを思い出した織田信長(染谷将太さん)は、今川が本当にうわさされるような2万もの大軍であるのかを疑い、前線へ出陣する。
 局地戦を展開して、今川義元(片岡愛之助さん)率いる本隊から、徐々に兵を引き離す作戦を決行する信長。一方の元康は、三河勢を駒のように扱う今川方に次第に嫌気が差し始め、織田軍の迎撃に加わることを拒否する。そして暴風雨の中、数の減った今川本隊は、桶狭間山での立ち往生を余儀なくされ、そこに織田の軍勢が襲いかかる……という展開だった。
 「麒麟がくる」は同回を最後に一時放送休止に入る。大河ドラマ枠では、6月14日から特集番組「『麒麟がくる』までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル」を3週にわたって放送する。

まんたんウェブ

https://news.yahoo.co.jp/articles/41ceb929e47b3b0548d6d08c9cf872706bf15fec
20200119-00159467-roupeiro-000-3-view

【【視聴率】NHK大河ドラマ<麒麟がくる>第21回「決戦!桶狭間」視聴率16.3% 好数字なのに無念の一時放送休止へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/07(日) 20:49:31.38
 俳優の長谷川博己(43)が主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)は7日、第21話がオンエアされ、新型コロナウイルスの影響のため、この夜の放送をもって一時休止に入った。収録は4月1日からストップ。既に公式サイトなどで告知していた放送一時休止はこの夜、改めてテロップでも告知。次回予告の代わりに「これからの麒麟がくる」と題したスポットが流れ、今後の展開を紹介した。撮影再開は6月末から7月初旬、放送再開は8月下旬の予定。

 大河ドラマ59作目。第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。

 この夜のオンエアの最後に「『麒麟がくる』は、新型コロナウイルスによる収録の一時休止に伴い、次回からの放送を休止いたします。再開についてはHP等でお知らせいたします」とテロップが表示された。

 この夜は中盤最大のヤマ場「桶狭間の戦い」(1560年、永禄3年)が描かれ、次回予告の代わりは「これからの麒麟がくる」。足利義昭役・滝藤賢一(43)近衛前久役・本郷奏多(29)らの映像とともに「将軍暗殺計画」「若き破天荒関白 近衛前久」「新将軍擁立」「室町最後の将軍 足利義昭」「宿敵の台頭」「更なる混沌が待ち受ける」「本当に麒麟はくるのか?」と次々にテロップ。最後は馬上の光秀の映像。「本当に麒麟はくるのか?」のテロップに「のう、十兵衛(明智光秀)。わしに仕える気はないか?」という織田信長(染谷将太)の声が重なり、期待を高めた。

 ドラマの当初の予定通り全44話の方向。6月末から7月初旬の収録再開に向け、ロケ地などの調整に入る。放送再開は8月下旬となる予定で、最終回が来年になることは決定的。視聴者のニーズに応えるためにも、制作陣は越年覚悟で撮影再開を準備している。

 来週6月14日からは「麒麟がくるまでお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル」を放送。第1弾は大河ドラマ歴代最高視聴率をマークした1987年「独眼竜政宗」。当時27歳の主演・渡辺謙(60)が撮影の舞台裏を語る。

スポニチ Sponichi Annex
2020年06月07日 20:45 芸能
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/07/kiji/20200607s00041000328000c.html
no title

【NHK大河ドラマ「麒麟がくる」テロップで放送一時休止を告知 次回予告の代わりに今後の展望「本当に麒麟はくるのか?」】の続きを読む