芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

高畑充希

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/10(月) 19:34:34.55
 土日2日間(2月8日~2月9日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、高畑充希と山崎賢人が主演を務めた映画『ヲタクに恋は難しい』が1位に輝いた。(山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記)

 7日に初日を迎えた同作は『銀魂』シリーズなどの福田雄一監督が、ふじたによる人気WEB漫画を実写映画化したラブコメディー。ボーイズラブを愛する隠れ腐女子の桃瀬成海(高畑)とイケメンで仕事もバリバリこなしながら重度のゲームヲタクである二藤宏嵩(山崎)のピュアな恋愛模様を描いている。

 2位を獲得したのは『呪怨』シリーズなどの清水崇監督の新作ホラー『犬鳴村』。福岡県の有名な心霊スポットを舞台に、霊が見えるヒロインが次々と巻き起こる奇妙な出来事の真相を追い求める。『ダンスウィズミー』などの三吉彩花が主演を務めた。

 ほか新作では『劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー』『魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO』(2作同時上映)が5位にランクインした。先週1位だった大沢たかお主演の映画『AI崩壊』(監督:入江悠)は3位に後退した。

 第92回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞(旧:外国語映画賞)の4部門で受賞を果たしたポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』は4位だった。公開5週目ながら上位を維持しており、受賞を機に今後さらに注目度が高まることが予想される。

 今週は『影裏』『1917 命をかけた伝令』『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』『阪神タイガース THE MOVIE~猛虎神話集~』『劇場版 声優男子ですが・・・? ~これからの声優人生の話をしよう~』などが公開される。(ランキング・数字などは興行通信社調べ)(編集部・海江田宗)

【2020年2月8日~2月9日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】>>0�)内は先週の順位

1(初)『ヲタクに恋は難しい』:1週目
2(初)『犬鳴村』:1週目
3(1)『AI崩壊』:2週目
4(3)『パラサイト 半地下の家族』:5週目
5(初)『劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー』『魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO』:1週目
6(2)『キャッツ』3週目
7(5)『アナと雪の女王2』:12週目
8(4)『カイジ ファイナルゲーム』:5週目
9(7)『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』:8週目
10(6)『バッドボーイズ フォー・ライフ』:2週目


2020年2月10日 14時23分
https://www.cinematoday.jp/news/N0114018
no title

【高畑充希×山崎賢人『ヲタクに恋は難しい』1位スタート!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/07(金) 05:31:23.69
女優の高畑充希(28歳)が、2月5日に放送されたバラエティ番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。好きな人へのアプローチについて語った。

高畑はこの日、一般的に、男性が「女性から好意を持たれている」と感じてしまうアプローチについて答えることとなり、ボディタッチが多い女性について「恋愛感情はない」とコメント。

高畑個人の意見としては、もともと男性に触れたいと思っておらず、好きな男性だと余計にボディタッチはできないという。ただ、関西出身で、どうしてもツッコミを入れないと会話が終わらない時もあるため、その時だけはボディタッチをすると語り、西の女にとってボディタッチは恋愛感情はないと語る。

また、「元カノの話を聞く」「もう一杯飲みません?と誘う」は、高畑基準では恋愛感情がないと語り、一方で「男性の肩に頭をもたれさせる」「旅行に行ってその人だけ特別なお土産を買ってくる」は恋愛感情があると語った。

2020年2月6日 12時49分 ナリナリドットコム 
高畑充希、“男性へのボディタッチ”に見解 
https://www.narinari.com/Nd/20200258302.html 

no title


【高畑充希、“男性へのボディタッチ”に見解「西の女にとって…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/22(水) 07:50:32.66
女優の高畑充希が「ブス会」を開催したことを報告した。

ブス会とは、高畑と元AKB48の前田敦子、俳優の池松壮亮、柄本時生で構成されている親睦会のこと。2010年に放送されたドラマ『Q10』(日本テレビ系)で共演して以降、メンバーは仲が良いことで知られている。

定期的にこのブス会を開催し、SNSなどでも報告している4人だが、高畑は19日にインスタグラムを更新し、「ブス会」とハッシュタグを付けつつ、4人で撮影した写真を公開。そこには楽しそうに鍋を囲んでいる4人の姿が写っており、仲睦まじい様子が伝わってきた。

ハッシュタグで「カワイイは正義」「ブスだって正義」ともつづっていた高畑だが、ファンからは、「楽しそう!」「全然ブスじゃないよ!」といった声が殺到。その一方ネット上では、「(絶対自分のこと)ブス(だと思ってない)会」「楽しそうだけど、絶対ブスって思ってなさそう」「確かにブスだね!っていったら怒りそう」といった冷ややかな声も少なくなかった。

高畑が自称するほど“ブス”ではないために、一般ネットユーザーからすれば違和感しかない会の名称に思えるようだ。

https://www.cyzo.com/2020/01/post_229054_entry.html
(2020/01/22 07:30)

no title

no title

no title

【高畑充希、10年目の“ブス会”報告もネットから困惑の声「絶対ブスって思ってなさそう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/07(土) 20:17:59.84
女優の高畑充希さんが12月7日、主演ドラマ「同期のサクラ」で共演している女優の相武紗季さんとの2ショット写真をInstagramで公開。一部報道にあった“不仲説”を逆手に取った仲良し投稿となっており、「記事の捏造は毎回普通に傷つくのでやめていただけると助かります(サクラ風)」と苦言も呈しています。

「ネットニュースと週刊誌によると私と相武さんは現場でバチバチらしいので再現してみた」とコメントを添えて、相武さんにパンチを繰り出したり、逆に胸ぐらをつかまれたりと“ケンカしている風”の2ショットをアップした高畑さん。一部メディアでは2人の不仲説が報じられていましたが、高畑さんは「これだけは言いたい 相武さんはめちゃくちゃエエ人 現場の女神」と根拠のないデマであることを強調しています。

全文はソースをご覧ください

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/07/news026.html 
2019年12月07日 

no title

no title

no title


元ニュース
高畑充希、「ブチギレ」相武紗季だけじゃないもう1人の共演NG女優
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574655571/

【高畑充希、相武紗季との“不仲説“否定「記事の捏造は傷つく。」と苦言】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/24(木) 19:10:32.48
 女優の高畑充希さん(27)が主演する「同期のサクラ」(日本テレビ系)の第3回が、2019年10月23日に放送された。

 同ドラマは脚本家の遊川和彦さんが脚本を担当。2017年放送の「過保護のカホコ」(同局系)で主演を務めた高畑さんと再びタッグを組んだことや、1話ごとに1年の時が経過し、大手建設会社に同期入社した主人公たちのその時々の姿が描かれることなどが話題を呼んでいる。

 第3回は入社から2年後の2011年が舞台。入社研修後から広報部に所属するサクラの同期・百合(橋本愛さん=23)は日々問題なく仕事に励むも、「ゼネコンは男社会」と嘆き節。仕事に自身の将来を見いだせないまま淡々と仕事をこなす日々を送っていた。やがて、百合は結婚を機に退職することになるが、それを知ったサクラは百合にとって寿退職が最良の選択ではないと直感し、百合と直談判を行うことになる。

■「夢があったら偉いわけ?」

 自社ビルの屋上にある庭園に佇む百合を見つけ、駆け寄るサクラ。結婚するからといって必ずしも退職は必要ないと迫るサクラだったが、百合は「彼は医者だから生活には困らないし、子供ができたら素敵な家族が作れるし」と意に介さず。すかさずサクラは、「それは百合さんの夢ですか」「そうじゃないなら、私は百合さんに会社を辞めてほしくないです」と呼びかけ、「私には夢があります」と叫んだ。

 すると、百合は「夢夢夢夢うるっさいのよ! 夢があったら偉いわけ? 夢がなきゃ生きてちゃいけないわけ? 青年の主張かっつうの。気持ち悪い!」と吐き捨て、その場を去ろうとする。すると、サクラは百合に「ブス!」「ブス! ブス! ブス! ブス!」と罵声を浴びせつつ、新潟弁で「今のアンタらったら、どこ行ったって今の繰り返しらすっけ」「種をまかねば一生花なんて咲かねんだれ!」と、思いの丈をぶつけたのだった。

「心がここまで潰れそうになるのは初めてかも」

 職場への不満を押し殺しつつ退職しようとする百合と、百合の本当の気持ちを引き出そうとするサクラの姿には、放送直後から視聴者からのツイートが続々と上がった。あるアカウントは、「心がここまで潰れそうになるのは初めてかも。考えさせられる」と、百合の絶望に共感したとつづっているほか、別のアカウントは「サクラが友達思いなのを感じられたこと、良かった...!」とツイートしている。

 また、「たぶん8割くらいの人がイライラしちゃうこのドラマで、橋本愛演じる月村百合が全てを代弁して言ってくれる笑 スカッとジャパン的な?笑」と、百合にはサクラの不器用ながら本質を突く態度を相対化する役割があるのではと分析する声も。さらに、「同期のサクラを観て心の浄化をされたので強く生きる......」と、同作を見ることでカタルシスを得られるとする声も上がっている。

10/24(木) 18:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000012-jct-ent
no title

【「夢がなきゃ生きてちゃいけないわけ?」「同期のサクラ」で問題提起→視聴者「考えさせられる」】の続きを読む