芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

高橋真麻

4f4b7d7e1

1: なまえないよぉ~ 2019/06/03(月) 21:08:41.57 ID:4qgz0dlq9
フリーアナの高橋真麻が5月30日のブログで、レストランへ調味料の持ち込みをしたことを明かしている。

真麻は夫とイタリアンレストランを訪れ、ピザを注文。タバスコをかけようとしたものの、店には「辛みオイル」しかなかったという。
すると真麻は〈やっぱり私ピザはタバスコで食べたい〉と思い至り、じゃんけんで負けたほうが、お店の隣りにあるコンビニにタバスコを買いに行くことを提案したという。
すると、夫はじゃんけんをせず、すぐにタバスコを買ってきてくれたそうで、真麻は〈やったー〉と、顔文字も使って喜びを表現している。

「ただのノロケ自慢か…とツッコミたくもなりますが、それでは収まりませんでした。真麻の行為は調味料の持ち込みで、マナー違反ではないかというんです。
近年、レストランにマヨネーズなどの調味料を持ち込むことを“モンスター客”の行為であるとして、話題に上っているんですが真麻は知らなかったのでしょうか」(芸能ライター)

さっそく、彼女もこの「モンスター客」に該当するのではないかと声が上がっている。

「店名が明かされていないのでレストランのランクはわかりませんが、真麻さんの写真を見ると内装やシルバーの感じから、決して安いお店ではないようにお見受けします。
辛みオイルしかおいていないという“こだわり”から考えても、それなりのお店なのでしょう。そこにわざわざ、一度席を外して、購入してきたタバスコを持ち込むのはいかがなものでしょうか…」(フードライター)

改めて、タバスコはアメリカの会社がメキシコの唐辛子を使って作った調味料で、イタリア料理とは無関係。
日本ではピザやパスタにタバスコを用いることは珍しくないが、本格的なイタリア料理店にしてみれば面白くないだろう。

「例えるなら、日本料理店で、刺し身につけたいからと豆板醤を持ち込むようなものです。
好きなように食べる自由はもちろん客側にあるのですが、食文化に対する軽視と言えますし、ほめられた行為ではありませんね」(前出・フードライター)

こうした行為を、お店の人はどう思うのか…都内でカジュアルなイタリアンレストランを営むオーナーシェフに聞いた。

「料理や飲み物の持ち込みであれば、すぐにお断りします。ですが、調味料となると断りづらいのは確かです。『料理の味付けが合わないからだ』と言われたら返す言葉がありませんからね。
まして真麻さんのように著名な方や、常連客は断るのが難しい。ただ衛生面を考えても、やめていただきたいというのが本音です」

真麻にしてみれば、夫とのハッピーなエピソードを自慢したかっただけだろう。幸せいっぱいなのはわかるが、少し落ち着いて投稿したほうがよかったのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1856292/
2019.06.03 12:05 アサジョ

【高橋真麻さんがマナー違反のモンスターぶりを発揮してしまうwwwww】の続きを読む

4f4b7d7e

1: なまえないよぉ~ 2019/05/26(日) 13:06:51.14 ID:XR7erk9+9
昨年12月22日に一般男性と結婚し、新婚生活を送っているフリーアナウンサーの高橋真麻。しかし、早くも冷めきった夫婦関係があらわになってしまったようだ。

5月19日、高橋は『ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~』(テレビ東京系)でジャニーズ『NEWS』増田貴久と共演していることから、
「NEWS」のライブに夫とともに訪れたという。ブログでは、そのときの様子を写真付きで楽しそうに報告している。

ところが、その日の夜ご飯について、

《主人はおなかいっぱいと言うので 1人でジンギスカンに行ってきました(笑)》

と投稿。何とライブ後に別々に別れ、高橋だけが1人でご飯を食べに行ったらしい。

また、この後には、「お夜食」というタイトルでブログを再度更新し、

《主人がおなか空いたというのでカレー やっぱりカレーや煮込み系は冷凍しておくべきですね》

などと投稿。結局、夜遅くになっておなかが減った夫のために〝夜食〟を作ってあげた様子をアップした。

?

一人ジンギスカンは高難度
この投稿に、ネット上では、

《普通、お腹いっぱいでも一緒に行くよね。食べないで飲んでりゃいいんだし》
《いつか離婚するだろうな》
《コンサートは一緒で、その後の食事は1人ジンギスカン?……旦那、もう嫌になってきたんだな》
《このすれ違いの積み重ねが離婚の原因だと思うのですが》
《あまり幸せそうな感じがしない。旦那さんはいつも離れたがっているように見える》
《1人食事別にOK派だけど皆で食べる料理のジンギスカンに1人はさすがに。それをさせる旦那の冷酷さが際立つ。結婚してすぐこれって愛ないよな》

など、夫婦仲の冷えを指摘する声が相次いだ。

「高橋は『大好きな人に毎日会えるのはうれしい』と新婚生活を喜んでいるようですが、夫はそうでもないように見えますね。
2月にも高橋はブログで、1人焼肉をしたと報告。その中で『今週は主人が仕事や会食で遅く寂しい…』と漏らし、『既読スルーは我慢できない~(笑)』と、LINEも無視されていることを明かしていました。
また、『週刊ポスト』のインタビュー記事では、高橋が夫に『ラブラブでいたい』と訴えたところ、『結婚は長距離走。
新婚のときだけ盛り上がっていたら長くは続かない』とやんわり拒否されたとも告白しています」(芸能記者)

夫との出会いは約8年前だったという高橋。簡単に壊れる絆ではないと思うが…。

http://dailynewsonline.jp/article/1841958/
2019.05.25 19:00 まいじつ

【高橋真麻“夫婦仲”に早くも亀裂? 夫の行動に「冷酷」「愛がない」批判が続出www】の続きを読む

4f4b7d7e1

1: なまえないよぉ~ 2019/03/30(土) 05:06:00.15 ID:kMdOQ0Aa9
 フリーアナウンサーの高橋真麻(37)が29日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・後8時57分)に父で俳優の英樹(75)と出演。局アナ時代に精神的ストレスで体重が37キロまで体重が落ちたことを打ち明けた。

 小学校6年生の時に体重が60キロで、中学生では最高75キロあったという真麻。当時流行っていた安室奈美恵さんのファンションをまねる「アムラー」になりたいとダイエットを決意し、家族の協力を得た。すると2年半でで55キロと、約20キロの減量に成功した。

 その後は、フジテレビにアナウンサーとして入社たが、インターネットの掲示板サイトに「ブス」「コネ入社」「七光り」などの悪口が書かれる地獄の日々。さらにやっていないことで上司に怒られたりと、臆測のうわさ話が日々エスカレートする苦悩の時期だった。

 そして2年目になると指名の仕事が来なくなり、精神的ストレスなどから食事が一切とれず体重が37キロまで落ちた。「ガリガリになってました。食べられなかった。辛すぎて記憶がない。久しぶりに報道の方に会うと、あの時『ご飯が食べられないからチョコレート食べてます』とか言ってたよって。自分がおかしいってこと、ちょっとは分かっているんですよ。痩せすぎてることも」と、もがき苦しんでいた時代を振り返った。

 さらに激やせのもう一つの理由として「他の女子アナって『きれい』『かわいい』って言われるんです。私はそれは言われない、でもすごく痩せて出て行くと『細ーい』って言われるんで。それが自分の中で快感というか」と当時の心境を明かした。

 現在はバラエティー番組に多数出演するなどブレイク。立ち直ったきっかけは、父・英樹に「誰でもいい仕事こそ一生懸命やりなさい」との助言だったと感謝していた。


高橋真麻
no title

2019年3月30日 3時27分スポーツ報知 
高橋真麻、局アナ時代にストレスで体重37キロ「辛すぎて記憶がない」 

https://hochi.news/articles/20190329-OHT1T50386.html

【高橋真麻さん、局アナ時代、ストレスで体重37キロだった!?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/19(土) 23:17:26.91 ID:mYVqITKL9
昨年12月に結婚を報告したフリーアナウンサーの高橋真麻が19日にアメブロを更新。深夜に猪の肉を焼いて食べる様子を報告した。

この日「深夜に」「頂いた猪の肉を焼いて食べる…」と調理中の写真を公開。「脂身を一緒に焼いてそれを焼き油にするとめちゃくちゃ美味しいんです」と調理のポイントも紹介した。

「主人は寝ていたのでお肉を焼いている香りで起きないか心配していましたが大丈夫そうです」とつづり、
「しかし、こんな変な私を嫁に貰ってくれて有難いですね」とコメントし、「普通は夜中に猪は食べません」と補足した。

この投稿に読者からは「真麻ちゃん最高笑っ」「夫にバレないように食べたお肉は美味しかったでしょうね!」
「夜中の猪は最高ー!(笑)そんな真麻さんだから、奥さんにしたはず!」
「最高!世界一可愛い花嫁さんですね!これでこそ高橋真麻」などのコメントが寄せられている。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12105-12732/
2019年01月19日 17時25分 アメーバニュース

no title

【高橋真麻、深夜にこっそり猪肉を焼く様子に「こんな変な私を嫁に貰ってくれて有難い」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/14(月) 05:07:56.28 ID:9XB6ii629
 フリーアナウンサーの高橋真麻(37)と父で俳優、高橋英樹(74)親子が2月上旬にお笑いコンビ、サンドウィッチマンらが所属する芸能事務所、グレープカンパニーに移籍することが13日、分かった。関係者によると、親子で活動の幅を広げるため、親交が深い彼らの事務所に入ることを決断。芸人が多数所属しているだけに、真麻が持ち味のトーク力をバラエティーで生かす機会が増えそうだ。

 芸能界きっての仲良し親子が、新たな門出を迎える。

 関係者によると、2人はさらなる活躍の場を求めて、親族が経営する事務所を離れることを決意。真麻は火曜MCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)でサンドウィッチマンの伊達みきお(44)、富澤たけし(44)と共演中。親交が深いことから同コンビが所属するグレープカンパニーに入ることになった。

 同社は他にも永野(44)やカミナリら多数の芸人や構成作家が所属。昨年12月22日に1学年上の不動産会社社長と結婚した真麻は、同25日に同社の芸人らが動画を配信する無料アプリ「サンドチャンネル」の開設イベントで司会を担当していた。

 今後、英樹はドラマや映画、真麻はバラエティーを中心に、それぞれの分野でさらに活動していくとみられる。高橋親子を知るテレビ関係者は「英樹さんは俳優として実績は申し分ない。娘さんはしゃべりも面白いし、人当たりも良い。サンドウィッチマンを含めた3組の“化学反応”が楽しみだね」と期待する。

 また、富澤は昨年10月に番組企画で短編映画の監督を務め、第13回札幌国際映画祭で話題賞を受賞しており、今後、真麻が女優業にも本格進出する可能性もありそうだ。

 高橋親子は近くコメントを発表するとみられる。15日放送の「バイキング」では、MCの坂上忍(51)を含めて移籍についてトークしそうだ。


高橋真麻と高橋英樹の親子がサンドウィッチマンらが所属する芸能事務所グレープカンパニーに移籍することが分かった
no title

1/14(月) 5:00 サンケイスポーツ 
真麻&英樹の高橋親子そろって事務所移籍、サンドウィッチマンら所属のグレープカンパニー 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000508-sanspo-ent

【真麻&英樹の高橋親子そろって事務所移籍、サンドウィッチマンら所属のグレープカンパニー】の続きを読む