芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

高橋真麻

4f4b7d7e

1: なまえないよぉ~ 2018/05/15(火) 19:12:29.47 ID:CAP_USER9
5月10日、フリーアナウンサーの高橋真麻(36)が、自身のブログを更新。一般人の“イジり”に対して苦言を呈した。

 この日、高橋は「イジり 弄り」というタイトルでブログを更新。最初に辞書に載っている“イジり”という単語の意味について解説。そのうえで「私が働いている業界では、イジリはエンターテインメントコンテンツでありイジリが無いとみんな困っちゃいます」「私も然り」と、イジりの重要性を説いた。

 そして高橋は、庭弄り、車弄りという言葉を例に挙げ、「庭が好きだから弄る」「車が大切だから弄る」というのが“イジり”の本来の意味だと説明。「私にとって現場での弄りには感謝しかないのです」と、テレビ番組などでの“イジり”には、相手を思いやる側面があるとつづった。

 しかし、高橋はイジった側がネットで批判されることに心を痛めているようで、「どうしたもんかなぁ…」と発言。そして「まぁ私自身、たまにプライベートで弄られると実際ムカッとする事もあります」と語り、プロがイジるのと、素人が雑にイジるのでは、「キャリアとクオリティが違う」との見解を述べた。

 また、「テレビを見て、無闇矢鱈に友達や仲間を弄るのがOKだ、面白い、と思うのは安易」「(イジられた側は)傷付いている事が多いように思います」と、素人による安易なイジりの危険性を指摘。そして最後に「この業界以外での弄りの方がめちゃくちゃ難易度が高いから、軽々しくしてはダメよ~」と警鐘を鳴らしていた。

 そんな高橋の意見は、多くの読者の共感を得たようだ。ネットには、「ほんとそれ!」「一般人のイジりって全然おもしろくないし、実質パワハラ」「完全に同意!」「やっぱり愛のないイジりはダメだよな」「芸能界でイジられるのはステータスだけど、一般人からするとウザいだけ」といった、高橋への賛同のコメントが多数寄せられていた。

「高橋真麻といえば、すっかり“イジられキャラ”でおなじみです。2017年3月の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)では、“真麻イジリベスト10”という企画を放送。過去の放送で、高橋が有吉弘行(43)にイジられたシーンをランキング形式で紹介するという内容でした。その中で高橋は“引き続き、(イジりを)よろしくお願いします”とコメントして、有吉を爆笑させていましたね」(テレビ誌ライター)――説得力がある!

日刊大衆2018年5月15日12時30分
https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_59301/?ptadid=
no title

【<高橋真麻>一般人による“イジり”に苦言 !プロがイジるのと、素人が雑にイジるのでは「キャリアとクオリティが違う」wwwwww】の続きを読む

高橋真麻

1: なまえないよぉ~ 2018/05/10(木) 10:39:47.65 ID:CAP_USER9
フリーアナウンサーの高橋真麻(36)が、一般人による“イジり”を不快に感じた経験をつづり
「めちゃくちゃ難易度が高いから、軽々しくしてはダメよ~」と私見を述べた。

高橋は10日、ブログを更新。辞書に記載された「イジり」の意味を紹介し、
「私が働いている業界では、イジリはエンターテインメントコンテンツでありイジリが無いとみんな困っちゃいます 
私も然り。私はどんなイジリも愛だと受け止めていて実際、そうだと認識しています」とつづった。

芸能界における“イジり”には「感謝しかない」というが、
「たまにプライベートで弄られると実際ムカッとする事もあります…(笑)
ムカッとする事もあります…(笑)」といい、
「だって、プロがエンターテインメントコンテンツとして弄るのとはキャリアとクオリティが違うんだもの」と、
一般人にイジられて不快に感じる場合の原因を指摘した。

「だからテレビを見て、無闇矢鱈に友達や仲間を弄るのがOKだ、面白い、と思うのは安易だし 
弄りというのはとても難しいものだと思います。そして弄られている方は安易な弄りの場合、
傷付いている事が多いように思います。弄る側のスキルと愛がないと難しいんです」と高橋。
かつては芸能界でしか求められなかった「一発芸」や「キャラ」「話のオチ」といったものが、
現在では一般社会でも当たり前になっていることに触れ、「私がこの業界で弄られて不快に
思ったことは一回もないですが(むしろ助けられています) 逆に、この業界以外での弄りの方が
めちゃくちゃ難易度が高いから、軽々しくしてはダメよ~」とつづった。

高橋真麻、一般人のイジり「軽々しくしてはダメ」 
[2018年5月10日9時2分] 

nikkansports.com
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805100000213.html
高橋真麻
no title



高橋真麻 オフィシャルブログ イジリ 弄り
https://ameblo.jp/takahashi-maasa/entry-12374800150.html

【高橋真麻、一般人の“イジり”「軽々しくしてはダメ」…芸能界におけるイジりには「感謝しかない」】の続きを読む

4f4b7d7e1


1: なまえないよぉ~ 2018/03/10(土) 10:40:14.47 ID:CAP_USER9
 フリーアナウンサーの高橋真麻(36)が、プライベートで「あまりにムカつく事がありまして」と収まらない怒りをつづった。

 高橋は10日、ブログを更新。「落ち着いて!」と自らに言い聞かせるようなタイトルを付け、「プライベートであまりにムカつく事がありまして 
ロケ終わり、26時過ぎに帰宅してもなお怒り収まらず…寝られず…」と腹の虫がおさまらない様子をつづった。

 何事があったのか、詳細は語らなかったが、「もう36歳なんだから、感情的にならず 穏やかに、穏やかに、どどーんと構えられるようにならなきゃ 
脱・独身は難しいのかも笑 とりあえず、大好きなハワイの写真でも見て気を落ち着かせよう…」と自虐的につづった。

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00145923-nksports-ent

【正解は?高橋真麻さんが怒りぶちまけwwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/27(火) 10:07:19.41 ID:CAP_USER9
 フリーアナウンサーの高橋真麻が27日、ブログを更新し、朝一番で量った体重計の数字をアップ。「オーマイガー」のタイトルでショックの大きさをにじませた。

 真麻は「たらふく焼き肉を食べた翌朝、体重が…」と切り出し、「55・70」という数字がくっきり現れた体重計の写真をアップ。「あ…朝なのに…」と、通常、一日の中で最も体重が少ないと言われる朝にも関わらず、増えている体重にショックをにじませた。

 「今まで体重で一喜一憂したくないので体重計を持っていなかったのですが、体重計を買ってから度々このようなショックに見舞われます」ともつづり、体重計を買ったことへの後悔も。真麻は昨年12月のブログで体重計を購入したことを報告しており、12月16日のブログには「今朝測ったら2キロ増。げぼー」などと、うちのめされる心境をつづっていた。

 真麻はこれまでも、数々の大食いの様子をブログで公開。2016年1月には体重を「54キロ」と公表したが、その後ダイエットに成功し、同年8月のブログでは「51・5キロ」になったと報告。フジテレビ時代は「44キロ~46キロ」だったものの、フリー転身後には、最大「58キロ」になったこともあったと告白している。

 今回の「55・70キロ」は、過去最大には及ばないものの、近づいて来ているのは事実。「今夜は夕食の予定が無いので一人サラダで済まそうかな…」と寂しくつぶやいていた。

2018.02.27
デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/27/0011022384.shtml

no title

【高橋真麻、体重計の数字に「オーマイガー」 過去最大まであと数キロ…】の続きを読む

4f4b7d7e1


1: なまえないよぉ~ 2018/02/25(日) 19:42:42.84 ID:CAP_USER9
 フリーアナウンサー・高橋真麻(36)が24日、ブログを更新。坐骨神経痛の痛みと闘いながらテレビの収録を続けていることを明かした。

 24日午後11時過ぎにブログを更新した高橋は、「昨夜から坐骨神経痛が出て 左腰、お尻、脚が痛くて」と告白。自分で痛い部分をもんでいたが、「収録に来た社長が(まぁ母ですが)モミモミしてくれました」とBSジャパンの番組のスタジオ収録の楽屋と思われる場所で、所属事務所の社長である母親にマッサージをしてもらっている写真をアップ。「社長っ!ありがとうございます」と感謝していた。

 「坐骨神経痛」とは、腰のあたりから爪先まで伸びている坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受け、腰やお尻の片側、太ももの後ろ、ふくらはぎやくるぶしなどに、電気が走ったような痛みや、ピリビリとしたしびれなどの症状が生じること。

 椎椎間板(ついついかんばん)ヘルニアや脊髄腫瘍などが原因で坐骨神経が刺激、圧迫されることもあり、帯状疱疹や糖尿病、アルコール依存症などが原因になることもある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000126-dal-ent

【高橋真麻 坐骨神経痛の痛みと闘いながら収録】の続きを読む