芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/12/04(火) 12:55:17.13 ● BE:599478628-2BP(2500)
欅坂46平手友梨奈(17)が3日、第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞(日刊スポーツ新聞社主催、石原プロモーション協賛)の新人賞に輝いた。
映画初出演で初主演の「響 -HIBIKI-」でエキセントリックな天才女子高生を演じ、鮮烈な印象を残した。
授賞式は28日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで行われる。

普段はステージのパフォーマンスで多くのファンを魅了する平手だが、映画で賞を贈られるのは初めてだ。
スクリーンデビュー作での受賞に「正直、あまりよく分からないです。実感が湧かないので」と率直な心境を語り、ほほえんだ。

原作者の柳本光晴氏から「もし響が実写化するなら、主演は平手さんしかいない」と太鼓判を押され、天才女子高生小説家、鮎喰響(あくい・ひびき)役に抜てきされた。
信念を曲げず、建前やごまかしを許さず、時に暴力的な行動にも出てしまう役どころだ。
クールで大人や体制への反抗を歌う欅坂46の世界観とシンクロする部分もあり、存分に存在感を発揮した。

今年6月に終わった撮影を振り返り、「『響』チームの皆さん、スタッフさんから、演者さんまで、いい出会いをさせていただいたな、と思います」と話した。
特に、響の担当編集者、花井ふみ役の北川景子(32)に「現場でも『響』と『ふみ』として接してくださって、本当に助かりました」と感謝する。
今でも毎日連絡を取り合い、「ふみ」「ひーちゃん」と呼び合う仲だ。
「ご飯のこととか、仕事のこととか、いろいろ話します。テレビでドラマの再放送を見た時に、『ふみ、出てたよ』って写真を送ったりしました」と笑顔で明かす。(中略)

◆平手友梨奈(ひらて・ゆりな)
2001年(平13)6月25日、愛知県生まれ。
15年8月、欅坂46の1期生オーディションに合格。愛称「てち」。
昨年12月放送のフジテレビ系「FNS歌謡祭」では、平井堅との「ノンフィクション」のコラボパフォーマンスが話題になった。
ヤクルト「ミルミル」のCMに出演中。
163センチ。血液型O。

◆響-HIBIKI- 
出版不況の中、15歳の天才少女、響の小説が脚光を浴びる。生き方を絶対曲げず「この天才、ヤバい。」がキャッチフレーズの響の行動は、有名作家や記者、売れない小説家、さまざまな人に影響を与えていく。そして、処女作が直木賞、芥川賞に同時ノミネートされた。月川翔監督。

◆新人賞・選考経過 
木竜麻生、平手友梨奈が票を争った。
「感情を上下させながら、アップで5分間、撮られる場面は相当な演技力」(渡辺武信氏)という木竜への高評価を、「正直びっくりした。目ぢからもすごい。次の映画もやってほしい」(木下博通氏)と平手を推す声が、決選投票で上回った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00409933-nksports-ent

平手友梨奈 主演映画「響 -HIBIKI-」
https://www.youtube.com/watch?v=6_9DS6aASSY


no title


【欅坂46・平手友梨奈さんが映画デビュー作『響-HIBIKI-』で映画大賞・新人賞を受賞! ← もうねwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2018/10/31(水) 10:39:07.47 ID:CAP_USER9
今年9月14日に295館で公開された映画「響 -HIBIKI-」は、10月25日を最後に主要な映画館での上映が終了した。
人気漫画を原作に、いまを時めく欅坂のエースを投入した本作には“大コケ”の声も聞こえるが、
意外にも「アイドル女優」として評価は悪くないのだとか。

公開から1週間が経った9月21日付の「毎日新聞」夕刊は、「響」について〈最終の興行収入10億円が難しい情勢だ〉と分析した。

「現時点での公式の詳しい発表はないものの、ネットでは熱心な欅坂ファンがどこからか数字を引っ張ってきて、
最終的な数字を『5・5億円程度』と見積もっています。

初週がランキング6位、翌週には9位に転落していたことを考えると、これはそう遠くない数字のはず。
公開前の大宣伝と公開館数を考えれば、少なくとも“成功”とはいえないでしょうね……」(芸能記者)

天才女子高生作家を描いた本作で主演を務めたのは、欅坂46のセンター・平手友梨奈(17)である。
“女優・平手”については「監督にダメ出しした」との常人離れエピソードが紹介されたり、
「絶対的な存在感を見せつけた」といったレビューがメディアに掲載されたりと、ヨイショで埋め尽くされていた。

それだけに興収振るわず、平手の面目丸つぶれ――と思いきや、さにあらず。

「いえいえ、普段は感情を表に出さず、突飛な行動で周囲を驚かせる主人公が見事に憑依していました。
数字の反面、彼女の演技は悪くなかったんじゃないですかね」と、先の記者はいう。

「今でいえば橋本環奈(19)なんかが『アイドル女優』の枠でしょうが、
平手の場合はちょっと独自の道をひらいているイメージ。あえていうなら昔の中森明菜(53)みたいな感じです」

共演者には北川景子(32)や吉田栄作(49)、高嶋政伸(52)らがいるが、「撮影のスケジュールは完全に“平手あわせ”」でした、と関係者は明かす。

「撮影は今年の4~5月だったかと思います。早目にリハーサルをしても本番撮影まで日が空くのが嫌らしく、
リハ翌日に本番なんてこともありました。異例も異例です。欅のプロデューサーの秋元(康)さんが作品のスーパーバイザーですし、
なにより平手の起用は原作者の希望もありましたから」

こうしたお膳立てがあったにしろ、“憑依系女優”としての評価は悪くなかったというわけである。これは来年あたり、連ドラ主演もあるか!?

「ネックになってくるのが平手の体調です。昨年の『紅白』では過呼吸で倒れていましたが、
その後も負傷して武道館公演がなくなったり、ステージから転落したり……。
この10月も、グループの新曲の握手会ミニライブを体調不良で欠席していました」(先の記者)

かねてよりメンタル不安が囁かれてもいる。

「ですから、連ドラに使うのはキツイ。短期間で撮り終える映画と違って、ドラマの撮影は長期にわたる。
そこで休まれたりしたら、撮影スケジュールがめちゃくちゃになってしまいますからね」

オファーがあるのかを含め、次回作にご期待あれ、ということか――。
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10310700/?all=1&page=1

【【欅坂46】平手友梨奈 主演映画「響」“大コケ”wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/09/25(火) 22:00:51.66 ID:CAP_USER9
『響 -HIBIKI-』を観て思った率直な感想は、「“欅坂46の平手友梨奈”という存在を深く知らない人がこの映画を観た時、どんな感想を抱くのだろう」ということだった。

映画初出演にして初主演。アイドルシーンに留まらず、音楽シーン全体としても重要な位置にいる欅坂46の不動のセンター・平手友梨奈がこれまでに築いてきた看板ブランドがなければこの大抜擢はありえないわけだが、これまでの平手の経歴を知らなければ、『響 -HIBIKI-』に抱くイメージは乱暴に言えば“アイドル映画”というフィルターだろう。
アイドル映画か否か。まずはこのハードルが『響 -HIBIKI-』には立ちはだかるが、平手はそのイメージの壁を快楽と感じさせるほどに、軽く飛び越えていく。

平手が演じる鮎喰響は、圧倒的な文才を持った現役女子高生だ。
身分の上下関係を超越し、堂々とした態度で自身の感性に直結した言葉を投げつける。
それはナイフのように鋭く、言葉が出なくなるほどにまっすぐな意見。
天才と言われる所以は、ブラックボックスとして描かれる文才のほかにも、響の言動とオーラによって形成されていく。

原作者である柳本光晴は、「サイレントマジョリティー」のMVを観た時から、実写化の場合、主演は平手と決めていたとコメントしているが、決め手はその目力にある。
劇中序盤、文芸部の部室にたむろする不良の指を平気で折るシーンで目力がクローズアップされる。
デビューシングル『サイレントマジョリティー』で、平手がモーセの十戒の如く歩いてきたように、『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)でも披露され話題となった「不協和音」の見るものの有無を言わせない鬼気迫る「僕は嫌だ!」のフレーズのように、平手は何度となく我々の想像の域を超えてきた。
もちろん、それは欅坂46としてのグループによるパフォーマンスが大きい。
しかし、7thシングル『アンビバレント』まで全作品のセンターを務めてきた平手は、やはり圧倒的なカリスマ性を持ったメンバーの1人であることは間違いないのだ。

平手は作品の中で、役作りなどはせずに、等身大の自分で挑んでいる。
作品の中にいるのは響であるが、どこか平手のイメージと被らせて見てしまうのは、信念の塊であることと彼女がまとう危うさが限りなくマッチしていることにある。
劇中には絶対に自分の信念を曲げない響に、担当編集としてつく花井ふみ(北川景子)が翻弄されるシーンが幾度となく描かれる。
100か0かという、まるで諸刃の剣のような響の立ち振る舞いに、編集長の神田正則(高嶋政伸)は頭を抱えるが、良くも悪くも平手にもそんな言動はしばしば見受けられる。
今回の上映開始にあたり、平手は様々なメディアに露出しており、その中で監督の月川翔に脚本がつまらないと意見したことが明かされている。
それは大人が聞いてもなるほどと思う意見だったといい、劇中で芥川賞作家の鬼島仁(北村有起哉)や、響と同タイミングで新人賞を受賞する田中康平(柳楽優弥)に真っ向からぶつかっていく姿と重なる部分がある。

響の危うさは、劇中後半に花井も止められないほどにエスカレートしていく。
平手が上腕三頭筋損傷で全治1カ月のけがを負っていたことが発表されたのは、今年1月のこと。
先述した紅白の舞台での「不協和音」にて、右腕を激しく床に打ちつけたのが原因と見られている。
9月5日に幕張メッセで開催された『全国アリーナツアー2018』では、平手がステージ上から転倒落下し、病院に搬送されるという事態もあった(ライブにおけるステージパフォーマンスの危険性についての是非は別として)。
「ガラスを割れ!」で、1人インカムマイクを振り乱しながら花道を疾走し、センターステージで微笑を浮かべながら落ちていく姿を観ていたものとしては、やはりその危うさに否が応にも惹かれてしまうのが事実だ。

冒頭の感想に、今回答えを出すならば、懐疑心を払拭するほどの、圧倒的な平手のオーラに魅了されるだろうということ。
それは、かつての「サイレントマジョリティー」や「不協和音」のように、新たな欅坂46への“入口”としても機能している。
運命的な巡り合わせの上にある響と平手という関係性故に、平手が再び女優として他作品に出演を快諾することは難しいだろう。
しかし、本作を観た多くの人が「平手があのキャラクターを演じたら」とその女優活動を期待せずにはいられないはずだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00010002-realsound-ent

平手友梨奈 主演映画「響 -HIBIKI-」
no title


欅坂46 平手友梨奈
no title

【【欅坂46】『響 -HIBIKI-』は単なるアイドル映画ではない 圧倒的な平手友梨奈のオーラwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/09/18(火) 19:18:37.54 ID:CAP_USER9
欅坂46の平手友梨奈が19日深夜1時から放送のラジオ番組「平手友梨奈のオールナイトニッポン~映画『響 -HIBIKI-』スペシャル~」(ニッポン放送)に出演。
このほど、収録が行われた。

主演映画「響 -HIBIKI-」が公開中の平手。
共演している北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、板垣瑞生、月川翔監督とともに同番組に登場する。

「響」共演者とラジオ出演
平手の年齢では生放送を担当することができないため、事前に収録。
最初は一人しゃべりに緊張した様子の平手だったが、映画の共演者をスタジオに迎えると徐々に慣れてきた様子で「初めて主人公の響が執筆した小説が直木賞・芥川賞にダブルノミネートされる歴史的快挙を達成する」というストーリーに合わせた「初めての○○」のトークテーマや、映画撮影時の裏話を中心に盛り上がりながら2時間進行していった。

http://mdpr.jp/news/detail/1793468

■ ニッポン放送ほか全国36局ネット「平手友梨奈のオールナイトニッポン ~映画『響 -HIBIKI-』スペシャル~」
2018年9月19日(水)25:00~27:00

「平手友梨奈のオールナイトニッポン~映画『響 -HIBIKI-』スペシャル~」
no title

(左から)月川翔監督、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、板垣瑞生
no title


平手友梨奈 主演映画「響 -HIBIKI-」
no title


欅坂46 平手友梨奈
no title

no title

no title

【【反省会】「平手友梨奈のオールナイトニッポン」放送決定!北川景子ら「響-HIBIKI-」共演者が集結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/09/17(月) 00:03:19.51 ID:CAP_USER9
欅坂46の平手友梨奈(17)が16日、日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。
映画「響―HIBIKI―」の監督に発した、衝撃のひと言が明かされた。

「響―HIBIKI―」のメガホンをとったのは月川翔監督(36)。
監督いわく、平手は「『現場に入る前にリハーサルしましょう』と呼んでも『いや今日はちょっと…』というような人だったので『いつお芝居を見られるのかな』という感じだった」と告白。
「最初は(平手に)目も見てもらえなくて…」と嘆くばかりだった。

それに対し、平手は「『(この人)どういう方なんだろう?』というところから入っちゃうので」とポツリ。
監督は「僕はこういう事が苦手ですとかいう弱みも全部話して、僕が丸腰になって、大丈夫だよって状態にして」と、まるで小動物を扱うかのように平手に接していったようだ。

そんな平手にも意外な一面が。
初めてのリハーサルの時、平手は映画初出演ということで緊張をほぐそうと「まずは台本を見ながらでいいから…」と監督が声をかけると、突然「リハをやる前に監督と2人でお話させていただけませんか?」と願う平手。
監督は快諾し、別室に行ったものの、平手はなかなか口を開かない。
どうしようもなく「脚本どうだった?」と質問すると、「つまらなかった」と衝撃の一言。

監督は、あまりの出来事に驚きを隠せなかったが、17歳のまっすぐな意見に理由を聞き出し、平手の意見を脚本家に説明。
すると脚本家も納得して修正されたという。
普通はキレてもおかしくないが「スゴい的確なことを言っていた」と理解し監督・脚本家ともに納得したのだとか。

本作は平手の蹴りのシーンが印象的だが、「もっと蹴りたかった?」の問いに「うん」と即答しスタジオは騒然。
そのやり取りを聞いた平手ファンの東野は「俺、楽屋おるから、蹴ってもらって…」と発言すると、共演者たちからは「なんでやねん!」と強烈なツッコミが入っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000198-spnannex-ent

「行列のできる法律相談所」 平手友梨奈
no title

no title

no title

no title

no title

no title


欅坂46 平手友梨奈
no title

no title

no title

【【欅坂46】平手友梨奈(17)さん、完全に天狗になっている模様wwwwwwww】の続きを読む