芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

長瀬智也

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/01(月) 23:58:48.26 _USER9
女性週刊誌『週刊女性』(主婦と生活社)は2021年3月1日、人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さんが番組スタッフを負傷させたと報じた記事は誤りだったとして、公式サイト上で謝罪した。


■「絶対にありえません」

記事は、2月23日号およびウェブサイト「週刊女性PRIME」で公開された。

ウェブ上では、「長瀬智也、ドラマ『俺の家の話』撮影中にプロレス技でADを負傷させていた」と題し、TBS系ドラマ『俺の家の話』の撮影時にアクシデントが起きていたと伝えていた。
芸能プロ関係者の話として次のように記していた。

「プロレスシーンの撮影前には、ADさんが長瀬さんに技をかけられてカメラ映りなどをチェックするんです。でも、とあるADさんが長瀬さんからプロレス技をかけられた際に受け身をしっかり取らなかったため、変な姿勢で着地。その後、痛みを訴えたんです」


同記事をめぐっては、複数の関係者らがSNS上で否定するなど、信ぴょう性を問う声が少なくなかった。

「こんなことあるわけない!! スタッフをリングにあげて技をかけることなんて絶対ない!そのために現場にガンプロやDDTからレスラーが何人も行ってるんだし。こんなウソの記事書いて誰が得するの?」(ドラマに出演するプロレスラーの勝村周一朗さん)

「絶対にありえません。なぜなら長瀬さんが初めてやる技は必ず自分が最初に受けています。テストも必ずレスラーが技を受けています。そして本番はどのプロレスシーンもスタントなしで全部本人達が演じています」(お笑い芸人でプロレスラーの渡瀬瑞基さん)


指摘を受けてか、週刊女性は3月1日、「TOKIO長瀬智也さんがドラマ撮影のリハ中にADにプロレス技をかけて病院送りにしたという記事ですが、再取材の結果、そうした事実の確認はできませんでした」とのコメントをサイト上に掲載し、
「長瀬智也さん、株式会社TBSテレビ及び関係者にお詫びをして、訂正いたします」と謝罪した。

長瀬智也が「ADを負傷させた」記事は誤り
週刊女性が謝罪「事実の確認できなかった」
https://news.yahoo.co.jp/articles/6b21d20f5d349019c25b3d1cc7884c593ac2f661

news_fake_dema

【長瀬智也さんが「ADにプロレス技をかけて病院送り」の記事ウソでした、週刊女性が謝罪www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/15(月) 09:59:46.35 _USER9 BE:808539225-2BP(0)
 3月でTOKIOを脱退し、ジャニーズ事務所を退所する長瀬智也(42)が主演するTBS系金曜ドラマ「俺の家の話」(金曜・午後10時)第4話が12日に放送され、世帯平均視聴率が8・2%だったことが15日、分かった。

 初回は11・5%で2ケタ発進。第2話は9・7%。第3話は8・9%と推移。今回は前回から0・7ポイントダウンした。個人視聴率は4・6%だった。

 ドラマは、宮藤官九郎氏が脚本を手掛けるオリジナルストーリー。長瀬とは「池袋ウエストゲートパーク(IWGP)」(00年4月期=同局系)を代表作に、数々の名作を送り出してきた。長瀬が演じるのは、重要無形文化財「能楽」保持者で人間国宝の父を持つプロレスラー。父の介護のために引退し、ヘルパー女性と介護と遺産相続を巡ったバトルを繰り広げた先の家族の姿を描く。

 昨年12月に松坂桃李と電撃結婚した戸田恵梨香が謎の介護ヘルパー・志田さくらを演じるほか、西田敏行、桐谷健太、江口のりこ、永山絢斗らが出演する。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

2/15(月) 9:51配信
スポーツ報知

戸田恵梨香
https://news.yahoo.co.jp/articles/7fdfc08b2d8e14a3ddb1a061479152c441ffd4e6

no title 【【視聴率】長瀬智也主演「俺の家の話」第4話視聴率は8・2% 前回から0・7ポイント減】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/11(木) 12:05:22.51 _USER9
 TOKIOの長瀬智也(42)が10日放送のフジテレビ「TOKIOカケル」(水曜後11・00)に出演。キャンプを疑似体験する中、「レストランとか行ってご飯食べたほうがおいしそう」と“全否定”した。

 この日はゲストの高畑充希(29)の持ち込み企画としてスタジオの中でたき火やテント、ハンモックなどを持ち込み、キャンプ場を再現した。

 焼いたマシュマロをクッキーで挟むキャンプで定番のスイーツ「スモアクッキー」を楽しむ中、長瀬は「これは絶対にハマらない」。松岡昌宏(44)が「バイクでちょっとソロキャンプでスモアやってたらかっこいい」と指摘したものの、長瀬は「普通にレストランとか行ってご飯食べたほうがおいしそうだもん」とバッサリ。あまりの言葉に、松岡も「俗にいう、全否定」と苦笑いを浮かべた。

 普段からキャンプを楽しんでいる国分太一(46)は「長瀬は絶対キャンプハマると思ったけどな」とポツリ。それでも、長瀬は「泊まるのって結構敷居が高い。行って、ちょっと作って食べて帰るぐらいだったらできるけど」と主張。さらに、「バンガローだったら俺はビジネスホテル行っちゃう。車でビジネスホテル探しちゃう」と元も子もない発言で、メンバーを困惑させた。

 さらに、たき火を囲む空間に「悪くないよね、このたき火お前でやるっていうのも」と長瀬。この言葉に、国分は「ホントか?泊まる?」と投げかけるも、長瀬は「泊まりはしない。絶対泊まりはしないけど」とブレることはなかった。

2/11(木) 10:52配信
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/2091d305787b112b334f3520bedb1b9b08cfdbe1

bfbfdd11

【長瀬智也さんがキャンプの魅力“全否定”でメンバー困惑「俺はビジネスホテル行っちゃう」www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/06(土) 15:25:13.66 _USER9
クランクイン!

TOKIOの長瀬智也が主演を務め、宮藤官九郎が脚本を手掛けるドラマ『俺の家の話』(TBS系/毎週金曜22時)の第3話が5日に放送され、長瀬ふんする元レスラーの寿一が覆面レスラーとして現役復帰。放送後、本作の関係者が劇中のプロレスシーンを長瀬本人が演じていることを明かすと、ネット上には「え?!本当ですか!?」「長瀬さんすごい」といった声が寄せられた。

 父・寿三郎(西田敏行)の介護を続ける寿一は、ある日寿三郎がしたためたエンディングノートを目にする。そこで寿一は、寿三郎が家族旅行に行きたがっていることを知る。同じ頃、寿一は現役時代に所属していた「さんたまプロレス」の仲間たちから現役復帰を持ちかけられる。

 悩んだ寿一は、家族旅行の資金を稼ぐために覆面レスラー「スーパー世阿弥マシン」としてプロレス復帰を果たす。後輩の試合に乱入したスーパー世阿弥マシンこと寿一は、後輩のプリティ原(井之脇海)に倒されるものの、豪快なネックスプリングではね起きて反撃を開始。相手の頭を両脚で挟み込み投げ飛ばす「ヘッドシザーズ・ホイップ」でリング上のレスラー、スーパー多摩自マン相手に披露すると、セカンドロープからの「フライング・ボディ・アタック」で2人の後輩レスラーを圧倒する。

 第3話の放送終了後、本作のプロレス監修を務めるガンバレ☆プロレス所属の翔太(@shota0810)がツイートを更新。ツイートの中で翔太は「これだけは一人でも多くの人に知って欲しい。スーパー世阿弥マシーンのプロレスシーンは全て長瀬さん本人です」と明かした。

 難易度の高い技を披露していたのが、長瀬本人だったという事実に、ネット上には「え?!本当ですか!? スタントかと…」「マジか!!長瀬さんすごい」「ストイックな長瀬くんにますます目が離せないです!!」などのコメントが相次いでいた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210206-00085985-crankinn-ent
no title


【『俺の家の話』長瀬智也のプロレスシーンは「全て長瀬さん本人です」 監修レスラーが明かす驚きの声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/29(金) 13:16:33.32 _USER9
 3月末にジャニーズ事務所を退所することが決まっているTOKIO・長瀬智也主演のドラマ『俺の家の話』(TBS系)。

 1月22日放送の初回は視聴率11.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と好スタートを切ったものの、脚本家・宮藤官九郎(クドカン)の独特なノリが肌に合わなかったり、人間国宝の父を介護するというテーマにのめり込めなかった人もいるかもしれない。

 もし、1話で見切りをつけて、2話目以降は観なくていいやと考えている方がいたら、ちょっと待ってほしい。

 クドカンドラマは、初回はそこまで飛び抜けた面白さはないことがままあるのだが、話数が進んでいくごとに面白さが重層的に高まっていくのである。

 長瀬智也が主演し、クドカンが連ドラ脚本を初担当した双方の出世作、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(2000年/TBS系)で、暴力団構成員であるサル(妻夫木聡)の初登場回を例にあげてみよう。

 サルが惚れている姫(組長の娘)が行方不明となっていたが、レイプビデオを撮られたあげく、遺体で発見されるという凄惨な展開。サルは姫の殺害犯を殺して穴に埋め、自分は責任を取って指を詰められるという結末だった。

 ハードかつシリアスな回でスポットが当たったサルだが、その後は準レギュラーとなり、脱力してしまうようなギャグパートにもサクッと登場するのである。そのキャラのパーソナルな部分やエピソードを存分に深掘りした後に、惜しげもなくコントのようなシーンに使うのがクドカンの真骨頂なのだ(と筆者は思っている)。

 同じく長瀬智也主演、クドカン脚本のドラマ『タイガー&ドラゴン』(2005年/TBS系)の林屋亭どん吉(春風亭昇太)は、古典落語一筋の優等生落語家といったキャラだった。

 けれど、女性恐怖症のどん吉と、多額の借金を抱えてヤクザに追われている女性との恋愛模様が描かれたエピソードが用意され、そうやってどん吉の深みが描かれた後は、彼がからむなんてことない掛け合いシーンの面白さが増すという構造なのである。

■第1話は初期設定紹介の “前振り” にすぎない

 クドカンが生み出すアクの強いキャラは、からむ回数が増えるほどに掛け合いの妙も増していく。そうして話数が進むにつれ、ミル・クレープのように面白みの層が積み上げられ、クセになるクドカンワールドが完成するのだ。

『俺の家の話』1話では、長男・寿一(長瀬智也)が家に戻ってきたことを心から喜べないでいる妹・舞(江口のりこ)や、寿一を反面教師としてきた弟・踊介(永山絢斗)との関係性がまだ良好とは言いがたい状況。また、父の介護ヘルパーで婚約者となったさくら(戸田恵梨香)が、遺産を狙う “後妻業の女” なのではという疑惑も持ち上がっている。

 そのため、まだ主要キャラたちがギクシャク、ピリピリしており、クドカンワールドの掛け合いの妙が、いまいち発揮されていない。しかし、初回は主要キャラたちの初期設定を紹介する顔見せだ。

 一見、主人公を快く思ってないように見えたり、嫌味でいけすかなく見えたり、あるいは重苦しい展開のキーマンになりそうだったりしても、言ってしまえばそういった見せ方は丁寧な “前振り” 。

 2話以降、主要キャラ一人ひとりにスポットが当たっていき、語られるエピソードでその人物の深みやギャップが周知されていくはず。こうして主人公とのからみの面白さが倍増し、肩ヒジ張らないギャグシーンの練度が高まっていくことだろう。

 クドカン作品の第1話で披露される初期設定は、そのイメージを裏切るためにある。序盤の印象を逆手に取り、軽妙な掛け合いに惹きつけるための “前振り” にすぎないので、1話で見切りをつけるのは早計なのだ。

 今夜22時から放送の2話、そして来週放送される3話は、きっと1話より数段面白みが増している。

●堺屋大地
恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。これまで『女子SPA!』『スゴ得』『IN LIFE』などで恋愛コラムを連載。現在は『文春オンライン』『週刊女性PRIME』『日刊SPA!』などに寄稿中

長瀬智也『俺の家の話』第1話が「面白くなかった」と思った人に聞いてほしい話
1/29(金) 11:10配信 FLASH
https://news.yahoo.co.jp/articles/6197420359b379ae83f6672117740a28bfe241c6

20210129004

【長瀬智也『俺の家の話』第1話が「面白くなかった」と思った人に聞いてほしい話】の続きを読む