芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

長澤まさみ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/10(月) 06:52:38.92 BE:512899213-PLT(26000)
 女優の長澤まさみが、初夏公開予定の映画『MOTHER マザー』にて自堕落な母親役で主演し、デビュー20周年に華を添えるべく“最大のエロス”を見せるという。

「今年はデビューから20年。大きな節目の年に、女優としての殻を破るような過激な役をやりたかったようです。
長澤が演じるのは、奔放な性格で行きずりの男とエッチしまくる、破滅的なヤリマン母親。
一方で息子を溺愛するという二面性を持つ、女優生活初の本格的“汚れ役”です。長澤はノリノリで過激シーンの撮影に臨んだというのです」(映画ライター)

長澤大好き週刊実話
https://wjn.jp/article/detail/8443925/

長澤まさみ4

【長澤まさみ デビュー20周年“最大エロス”主演映画で爆乳全開!www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/22(水) 08:41:38.88
 昨年、報知映画賞で主演女優賞に輝いた女優・長澤まさみ(32)が、映画「MOTHER マザー」(初夏公開、大森立嗣監督・脚本)に主演し、自堕落で奔放な母親役を演じることが21日、分かった。女優デビュー20周年の節目の年に、初の汚れ役に挑む。

「新聞記者」「宮本から君へ」の映画製作・配給会社スターサンズが、実際に起きた少年による祖父母殺害事件に着想を得て映画化。大森監督とタッグを組み、同監督が脚本も手掛けた。

 長澤が演じるのは、行きずりの男たちと肉体関係を持ち、その場しのぎの生活を送る自堕落な女・秋子。「女」としては破滅的な一方、「母」としては子供をなめるように、かわいがって育てる。複雑な内面を抱え、二面性を持った秋子が社会の闇に落ちていくさまを描く。

 オファーを受けた理由に、長澤は「結婚しておらず、子供がいない自分は、母親目線ではなく、息子の目線で脚本を読んでいた。人ごとじゃないと思わせられるリアルさがあって母親の存在の大きさ、親として子供を育てる責任について考えさせられ、演じてみたいと思った」。息子(郡司翔、9)には母親しか頼る存在がおらず、社会の底辺で生きる2人の間に“ある感情”が生まれる。その結果、成長した息子は自らの祖父母を殺害する事件を起こす―。

 映画「コンフィデンスマンJP」などコメディエンヌぶりに注目が集まる長澤だが、今作は全く異なる役どころ。「視点の違いで理解が大きく変わるキャラクター。母親に対して、見る方に同情の余地を持たせると、この物語が成立しない気がしたので一番意識しました」とコメントした。

 内縁の夫になるダメ男のホスト・遼役を演じる阿部サダヲ(49)は「親子って何なんだろうとしばらく考え、何かに寄生していないと生きていけない…人の弱さ、もろさを感じた」。初共演の長澤に「母親役の印象はあまりなかったのですが、グッと来ましたよ。親子のシーン…僕はいないシーンです(笑い)」と話した。

 ◆「どんどん大きく」大森監督も太鼓判

 約1か月の撮影期間を経て、昨年6月にクランクアップ。大森監督は「秋子は強烈で想像を超えたキャラクター。大変だったと思いますが、撮影を進めるにつれ、長澤さんが、作品の中でどんどん大きな存在になっていきました。非常に良い表情を収めることができたと思います」と太鼓判を押した。

長澤まさみ、女優デビュー20周年で初の汚れ役 自堕落で奔放、闇落ちの母「演じてみたいと思った」…映画「MOTHER マザー」 
1/22(水) 4:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-01210229-sph-ent 
20200122001

【長澤まさみ、女優デビュー20周年で初の汚れ役 自堕落で奔放、闇落ちの母…映画「MOTHER マザー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/08(水) 07:41:18.70
女優の長澤まさみが“犬猿の仲”とされている沢尻エリカの薬物逮捕を受け、ご満悦。イイ気分に乗り、歓喜の“美乳出し”をついに決意したとウワサされている。

「長澤と沢尻の不仲は10代のころから有名でした。長澤は2003年、映画『ロボコン』で共演した俳優の塚本高史と熱愛説が浮上。当時から長澤を嫌っていた沢尻は、別ドラマで塚本と接点を持ち、お色気作戦で誘惑したというのです」(芸能記者)

 2人はその後、映画賞に同席。沢尻が賞を受け取る際、長澤が“鬼ニラミ”する写真が流出している。

「沢尻は、長澤の父親がジュビロ磐田の初代監督という毛並みのよさも気に入らなかったようです。沢尻は子役からのたたき上げ。対して長澤は有名コンテストでグランプリ受賞。“コネ澤コネミが嫌い”など、悪口を吹聴していたとか」(同・記者)

 そんな長澤といえば、去る12月18日、都内で開催された「第44回報知映画賞」の表彰式に登壇。『マスカレード・ホテル』『コンフィデンスマンJP ロマンス編』で主演女優賞を受賞。順調な歩みを見せている。

「07年に和解を兼ねて、沢尻司会のラジオ番組にゲストで出演したこともあるんです。ところが、現場でもギクシャクし、仲直りとはいかなかったそうです」(ラジオ制作関係者)

 その後、沢尻は長澤たたきの場である「沢尻会」を結成。一方、長澤も対抗して「長澤会」を作ったという。

「沢尻は09年に所属事務所を解雇。薬物疑惑が原因だったともいわれています。このころは、実力的にも長澤とは勝負にならなかったが、12年に映画『ヘルタースケルター』でヌードを披露し、復活。もし20年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出れば、『真田丸』(16年)に出た長澤と肩を並べた格好。長澤にとっては、不快人間の復活となるところでした」(芸能ライター)

 長澤は32歳になったが、エロボディーは健在。最近もスリットの入ったスカートで太もも見せや、ゆったりドレスでのヨコ乳見せなどビジュアルも好評だ。

「今回の沢尻の逮捕に大喜びしているといいます。彼女には、以前から複数の出版社から下着や肘ブラ写真集のオファーがあったのです。今、ご満悦の長澤は、ヌードオファーを受けたとも伝わっています」(写真集編集者)

 沢尻に向けた“完勝写真集”。ぜひとも見てみたいものだ。

2020年01月07日 22時03分
https://npn.co.jp/article/detail/76614085/
no title

【逮捕にご満悦…長澤まさみ“犬猿の仲”沢尻エリカにトドメをさす「美乳披露」決意かwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/24(火) 00:03:23.47
 12月17日、東京・下北沢に姿を見せたのは、長澤まさみ(32)。出演する舞台の上演後、関係者と訪れた “演劇人御用達” の飲食店を後にしたところだ。
雑然とした “下北の街” に自然と溶け込むのは、名女優たる所以だろう。

 翌日の「報知映画賞」で主演女優賞に輝き、女優としての評価は右肩上がり。デビュー20周年の2020年、中国映画やひとり芝居への出演が控えている彼女。
ファンに嬉しいニュースを、本誌はキャッチした。

「『ドラゴン桜』の続編の制作が決まったんです。2020年7月スタートのTBS『日曜劇場』枠で放送予定。2005年放送の前作では生徒役だった長澤が、
教師になって母校に帰ってきます」(芸能プロ関係者)

「落ちこぼれ高校の生徒たちが東大合格を目指す」物語は、15年前、阿部寛(55)主演で大ヒット。新垣結衣(31)、山下智久(34)、小池徹平(33)ら、
いまのスターたちの出世作だ。

「そこに、女優としての15年の経験と実績を引っ提げて、長澤が凱旋するのだから、話題沸騰は必至です」(テレビ誌記者)

 長澤の2020年は、「子」年じゃなくて、「辰(ドラゴン)」になる!


(週刊FLASH 2020年1月7・14日号)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191224-00010000-flash-ent
no title

【長澤まさみ、『ドラゴン桜』15年ぶりの続編制作が決定】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/21(土) 08:16:40.99
《しゃぶしゃぶ食べ放題に飲み放題付きで2980円》。東京都下の商店街にある格安宴会プランがウリの居酒屋。

 朝の3時をまわっても何やら熱が冷めやらない様子で店を後にした集団は、そのまま路肩で話し始める。いつも通りの上下黒姿にベージュのストールを垂らしているのは斎藤工(38才)。
大口を開けてケラケラと声を立てて笑っていたのはパンツスーツで会社員風の長澤まさみ(32才)だった。

「そのお店にいたのは夜9時からですから、なんと6時間ですよ! しかもそれだけじゃない。この日の飲み会スタートは夕方6時過ぎ。トータル9時間飲みっ放し。斎藤さんも長澤さんも“鬼強”です…」

 そう話すのは2021年公開の映画『シン・ウルトラマン』の関係者の1人だ。この日は映画の打ち上げだったという。

「1次会は映画会社の撮影スタジオ内で行いました。たこ焼きやラーメンなどの屋台が並ぶお祭りムードで、しょっぱなから熱気がすごかったですよ。スタッフ含め100人ほどが参加していましたが、
特に盛り上がったのは、本まぐろの解体ショー。長澤さん、西島秀俊さん(48才)、斎藤さんが刃渡り70cmはあろうかという包丁を握って、頭の切り落としに挑戦していました。

 最近すっかり料理上手の称号が板についた長澤さんは、果敢に攻めていましたが、まぐろの頭をなかなか切り落とせず悪戦苦闘していました。さすがに出刃包丁はハードルが高かったようですね」
(別の映画関係者)

 1次会は2時間で終了。向かった先が件の居酒屋だった。

「西島さんはご家族が待っているということで1次会で帰りましたが、長澤さん、斎藤さんはノリノリで参加。飲むのもハイスピードでした。スタッフとのおしゃべりも止まらず、
日付が変わってもテンションは上がる一方。それなのに翌日はケロリと仕事をこなすという人たちですから、やっぱりあの2人には脱帽ですね」(前出・映画関係者)

 ウルトラマンは地球上で3分間しか活動できないが、2人は、9時間活躍し続けていた。

※女性セブン2020年1月2・9日号

https://www.news-postseven.com/archives/20191221_1511442.html?DETAIL
20191221003

no title

20191221004

【長澤まさみ&斎藤工、マグロ解体と飲み続けた9時間】の続きを読む