芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

鈴木奈々

    このエントリーをはてなブックマークに追加
nage_kiss

1: なまえないよぉ~ 2021/11/23(火) 19:52:21.29 _USER9
 タレントの鈴木奈々(33)が23日放送のニッポン放送「みちょパラ女子部」(後2・00)に出演。タイプだというお笑い芸人の名前を挙げた。

 パーソナリティーを務めるモデルでタレントのみちょぱこと池田美優(23)が人気お笑いコンビ「かまいたち」について話題を振ると、鈴木は「かまいたちの濱家さん、女性ウケ、半端ないよね。私の女友達、『かまいたちの濱家さん、メッチャカッコイイ!』ってガチ恋みたいな感じ。相当凄いよ、今。人気だよね」と興奮気味に語った。

 みちょぱが「濱家さんが人気とはいえ、この2人、もしつきあったりとかしたらどっちとかあります?」と尋ねると、鈴木は「私絶対濱家さん。えー濱家さん、うち結構ぶっちゃけ、マジタイプなんだけど。カッコ良くない?」と強調した。みちょぱが「見た目とか以外にもってことですよね」と念を押すと、鈴木は「結構男として見れるでしょ」とぽつり。みちょぱは「男として見たことはないですけど」、同じく共演したAKB48の大家志津香(29)は「ご結婚されてますからね」と断言した。

 鈴木が「私結構芸人さん大好きで、芸人さんに恋すること多くて。恋って言うか、なんかカッコイイーってときめくこと多くて。え、ない?うそでしょ」と尋ねると、みちょぱは「いい人ーとかはありますけど。きゅんはないですね」、大家は「あります」と回答。鈴木は「え、結構女性タレントあるあるだと思うんだけど。助けてくれるじゃん。私たちがひな壇にいた時にさ、凄い芸人さんたちが助けてくれるから、ギャップとかでやられちゃったりするじゃん」と力説した。

11/23(火) 17:51
スポニチアネックス

鈴木奈々 「マジタイプなんだけど」と話す人気芸人とは…「カッコ良くない?」「男として見れるでしょ」
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211123-00000206-spnannex-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5b1f90fbb9f83ec4f1720f7ef9a42a7adb775f4b

【鈴木奈々さんが「マジタイプなんだけど」と話す人気芸人とは】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
car_suv

1: なまえないよぉ~ 2021/11/12(金) 18:18:24.30 _USER9
 タレントの鈴木奈々さんが11月10日、自身のYouTubeチャンネル「ななちゃんねる 鈴木奈々」を更新。トヨタの自動車「ライズ 1000Z」を購入する動画が「買い方が男前」「即決すごい」と反響を呼んでいます。

 鈴木さんは「【新車購入】地元茨城で車を買う。鈴木奈々ガチで買います」のタイトルで動画を投稿し、冒頭、「今日は私が車を買います」と宣言。ディーラーに到着後、「コペン 660 GRスポーツ」や「レクサス LS500h 3500」などを試乗し、予算内で「顔が好き」とお気に入りだった「ライズ 1000Z」(約250万円)に決め、契約を交わすまでの新車購入の様子を公開しました。

 ファンからは「買い方が男前」「即決すごい」「私も奈々ちゃんと同じ車にしようかな」「車選びしている女の子ってかわいい」「庶民的でうれしくなりました」などのコメントが寄せられています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f1399a05429d706d97fbf744c5e21d394c2a4c5

https://i.imgur.com/sWL6d2H.jpg
https://i.imgur.com/XN0hFQq.jpg
https://i.imgur.com/zxTEZcl.jpg

【鈴木奈々、250万円のトヨタ「ライズ 1000Z」新車即決購入 「買い方が男前」「即決すごい」「庶民的」と称賛の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
sick_panic_woman

1: なまえないよぉ~ 2021/11/02(火) 21:52:30.79 _USER9
 タレントの鈴木奈々が2日、YouTubeを開設した。8月から体調不良により、休養していたが10月に復帰。「【復帰】鈴木奈々、やっぱり仕事が好き」のタイトルで動画を投稿している。

 鈴木の第1回の投稿は、仕事復帰した際の舞台裏動画だ。マスク姿の鈴木は「今日からお仕事復帰します。自分のペースで自分らしく頑張りたいと思います」とあいさつ。3か月ぶりの仕事復帰だったという。

 車を運転しているのは義理の姉のようだ。鈴木はすっぴん姿も披露。「3か月ぶりにヘアメークさんにメークしてもらいます」とドキドキの様子。「みんながおかえりなさいって言ってくれて、それが嬉しかった」とも続けている。

 すっぴんから、ガッツリメイク。仕事モードに変わる一部始終も公開している。

 そして本番を終えると「すっごい楽しかった。ちょっとしゃべりすぎたかなって思った。初めてテレビに出た時のような、初心を思い出しました」と興奮気味にまくしたて、「やっぱり仕事好き」と続けていた。

 この動画にファンからは「おかえりなさい」「復帰待ってました!」などと温かいメッセージが寄せられている。


「【復帰】鈴木奈々、やっぱり仕事が好き」と題した動画を公開

鈴木奈々【写真:ENCOUNT編集部】

11/2(火) 21:45配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/f55e3f668857eff39267b61ac0cb90dd9b3fa02b
https://i.imgur.com/sNFqEvj.jpg

【鈴木奈々がYouTube開設 3か月ぶり仕事復帰の裏側密着、すっぴん~激変の一部始終も】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
sick_panic_woman

1: なまえないよぉ~ 2021/10/31(日) 11:54:28.52 _USER9
 休養から3カ月ぶりに仕事復帰したタレントの鈴木奈々(33)が31日、フジテレビ系の情報バラエティー番組「ワイドナショー」に出演。8月4日に体調不良のため休養を発表して以降の心の状態や、現状について詳しく語った。

 今月16日に仕事復帰した鈴木は「今も完全に治ったというわけではない。不眠症の部分もある。100%メンタルが戻ったというわけじゃないんです」と話しながらも、終始明るい表情。ダウンした3カ月前の状況について「急に来た。動悸とか体に症状が現れて、このまま続けてしまったら壊れてしまうかなと思って」と振り返った。

 当時相談したのが、お笑いタレントの加藤茶。症状について悩みを明かすと「今すぐ、ゆっくり休んだほうがいいよ」と背中を押してくれたといい、仕事をセーブする決断につながったという。休養中の3カ月間は、規則正しい生活を心がけ、ウォーキングや水泳など体を動かすことで心身のリズムを整えていたという。

 持ち前の大きな手振り身振りのオーバーアクションをまじえて「3カ月たってから、すごく仕事したいという気持ちが戻ってきた。前に出たい、みんなに見られたい、人に会いたいとか外に出たいっていう気持ちが戻ってきた」と話した鈴木。最後は「体を張って元気を与えられればいいなと思います」と“汚れ役”歓迎の覚悟を示した。

10/31(日) 11:38配信
中日スポーツ

鈴木奈々
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211031-00000021-chuspo-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c3f66297365806d40874f47a8f72c24c5c599607

【鈴木奈々、メンタル不調は「急に来た」 仕事復帰で明かした当時の状況…動悸や体に症状 今後はファンに「体を張って元気を」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ochanoma_freeze

1: なまえないよぉ~ 2021/10/22(金) 12:02:16.61 _USER9
 鈴木奈々さんが弱って休業とは驚いた。あんなに底抜けに明るいバラエティークイーンでさえ、落ち込み体調不良に陥ってしまう芸能界。思えばトークの上手さで引っ張りだこだった若槻千夏さんも、全盛期に引退報道が出たものだ。彼女も体調を崩し、精神的にも相当追い詰められていたことを明かしている。若い女性タレントにとって、ひな壇で明るく生き抜くのは相当過酷なのだろう。

 コロナ禍という社会情勢を差し引いても、人気タレントの傾向は「低体温化」が進んでいる。お笑い界が顕著だが、いわゆる「じゃない方」にスポットライトが当たることが増えた。「陽キャ」の印象が強い雨上がり決死隊の宮迫さんやアンジャッシュの渡部さんらが、相次いで問題を起こしたことも拍車をかけた。

 たとえばオードリーなら、春日さんでなく若林さん。ハライチなら、澤部さんでなく岩井さん。見た目や芸風がポップな相方に比べて、ちょっと斜に構えたような雰囲気だ。彼らはネタを書いている方でもあるが、クールでドライな切れ者というイメージではないだろうか。二人ともエッセイを発売し、どちらかといえば文科系の匂いがする。実は若林さんも岩井さんも運動部出身だし、冷笑的な人間と思われることに葛藤があるそうだ。だからといってアクティブな印象を売りにしているわけではないのは確かだ。コメンテーターという切り口で見ても、「ノンストップ!」のカンニング竹山さんが怒るより、「めざまし8」のカズレーザーさんが淡々と切り捨てる発言の方が話題になる。

 お笑い界に限らず、いま人気のメンツはみな低体温っぽい。音楽界なら星野源さん、俳優界なら中村倫也さん。集団で一気飲みするようなタイプではなく、ひとりで晩酌するのが好きです、と言いそうな感じ。ギャル界でさえ、冷めた目線のみちょぱさん1強だ。こうした流れの中で、いちばん割を食ったのはおバカキャラたちなのではないだろうか。

元気で押し切るおバカキャラたちの凋落 滝沢カレンやフワちゃんに見る変化

 鈴木さんやヘキサゴンファミリーといった、おバカタレントのブームは下火になった。木下優樹菜さんのように問題を起こした人は別としても、misonoさんや上地雄輔さん、スザンヌさんらに当時の勢いはない。里田まいさんは田中将大選手の良妻として名を上げたが、山田親太朗さんは芸能界引退を選んだ。

 大声で見当外れのことを叫び、熱量の高いリアクションで笑いを誘う。おバカキャラの人気の源泉は、怖いもの知らずさと紙一重の「元気さ」だった。でもその元気さ一辺倒の戦い方から抜け出せない人ほど、苦労している。

 ローラさんはおバカ枠出身ながら、最も成功した一人だ。それは料理上手な一面や、環境問題に敏感という「地に足のついた」顔も発信し続けていたからだろう。今や海外で憧れのライフスタイルを送る、オピニオンリーダーのような存在だ。また、結婚を機にママタレにシフトした例も多い。木下さんや辻希美さんが当てはまるだろう。

 一方、鈴木さんはハイテンションキャラ一本でやり抜こうとしていた。彼女だって工場勤務の一般人の彼と結婚し、庶民的な良妻キャラに路線変更することもできたかもしれない。けれども結婚後も体を張って、芸人顔負けのリアクションをとり続けていた。バカというか、バカまじめな人だなあと思う。わ

ディリー新潮 10/22(金) 11:02
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc739e5b04421ea90a750ceae5118e1f50a01723

写真
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211022-00788697-shincho-000-1-view.jpg?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l

【おバカタレント冬の時代 鈴木奈々も涙…芸能界のトレンドは「低体温」!?】の続きを読む