芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

野沢雅子

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/22(日) 12:03:59.28
声優・野沢雅子がパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「野沢の雅子さん」。毎週日曜日の夜に、さまざまな人が野沢を訪ねてやってきます。12月15日(日)の放送では、人気アニメ「ドラゴンボール」でも共演している声優・田中真弓さんが訪れました。

◆アニメ「ドラゴンボール」で共演
田中:もう長い付き合いになりますけど、やっぱり「ドラゴンボール」ですよね。

野沢:そうね。

田中:クリリン(田中さんの演じたキャラクター)の出番ってね、始まって1年くらい経ってからなんですよ。その頃は私、独身で。それから数年して結婚して、子どもを産んで、離婚もして……。ドラゴンボールの(放送していた)11~12年間に、私の人生が組み込まれてます。

野沢:あ、そうなんだ!

田中:それで、私が子どもを産んでる間に(物語のなかで)クリリンが死んでたんです。それでうまいことね、穴開けずに、息子(現在は大道芸人「こ~すけ」として活躍)を産みまして。

野沢:そうだった。

田中:それでその間に、(新キャラとして)ヤジロベーが出てくるでしょ。クリリンが死んでる間に、私の仕事を入れてくれようと(原作者の)鳥山先生がしたんじゃないかな。だって、悟空が言うんですよ、「おめぇ、クリリンの声に似てるな」って。

野沢:そう(笑)。ヤジロベーにね。

田中:それで東映さんが、「作家の希望ですから、真弓さんは同じ声で演じていいんです」って。それからクリリンが生き返って、ヤジロベーとクリリンが同じカットに出てきたんですよ。いじめのように!

マコさん(野沢の愛称)がさ、悟空、悟飯、悟天とずっと(同時に)演じてたじゃないですか。それでスタッフが、(声優なら誰でも)一緒に上手にできるもんなんだと思っちゃって。「あれはマコさんだけですから!」って言ったのに、やらされましたよ。マコさんに「迷惑だ!」ってよく言ってましたよね。

野沢:ほんとよね。みんなが「迷惑!」ってあの頃言ってて。「迷惑~(笑)?」なんて感じだった。

◆「ここまで続くとは…」
田中:ドラゴンボールって、(アニメが)終わってもまた始まり、映画もあり、世界中で楽しまれてて……そういうのを含めちゃうと、もちろん(歴史が)長いんですけど、たぶん成長するアニメのなかでは、「ワンピース」が最長だと思うんですよ。

20周年なんです、ワンピース。マコさんだってさ、(悟空役を)引き受けるときに、ドラゴンボールがよもやこんなに続くなんて思わなかったでしょ?

野沢:思ってない思ってない。最初は(収録話数)26本って言われて始まってるわけだから。

田中:でしょ? 私もワンピースがここまで続くって思ってなかったもんだから、“ああ。これ大河ドラマだな”って思ったときに、“やっぱり最後までやりたいな”と思って。でも“なんかうっかり死んじゃう年齢になってきたぞ”って思ったの。

それで、“ワンピース大好きな人たちも、(後任を)私が決めたんなら(ルフィの声が変わっても)文句ないだろ”と思って、東映さんに「(後任の候補を)書いときますから、そのなかからオーディションしてください」って話をして。

それで息子に聞いたわけですよ。「お母さんがうっかり死んじゃったら、ルフィの声、誰がやったらいいと思う?」って聞いたら、すごい真剣に考えて、「おかんの後釜か~……。野沢雅子さんしかいないなぁ」って言ったんですよ。「いや、あたしより年上言ってどうすんだ!」って話でしょ! でもその話をマコさんにしたら、大笑いしてね。そのあと、マコさんが「真弓、やるよ」って言ってくれたんですよね。またそこで大笑い。

野沢:そうそうそう(笑)

田中:だからちゃんと(後任候補に)“野沢雅子”って入ってますから。

野沢:あ、入ってる? おっかしいよね(笑)

続きはソースをご覧下さい

https://tfm-plus.gsj.mobi/news/pJjR7bsmbg.html?showContents=detail 
2019-12-21 
f4b1b857

【田中真弓と野沢雅子 ドラゴンボールとワンピース「ここまで続くとは…」「死んじゃう年齢になってきたぞ…」www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/25(金) 22:46:10.80
『ドラゴンボール』の孫悟空を初めとする、様々なキャラクターを演じてきた声優界のレジェンド・野沢雅子。25日に83歳の誕生日を迎え、ネット上では祝福の声が多数上がっている。

80代も半ばに差し掛かろうという高齢の野沢だが、フジテレビ他で放送中の『ゲゲゲの鬼太郎』では目玉おやじ役を担当する現役の声優。近頃は野沢をリスペクトするDB芸人のアイデンティティ・田島直弥の強烈なモノマネ芸もあってか、より幅広い層から注目を集めている。

普段は「おでれぇた」「でぇじょうぶ」といった独特の「野沢語」を使いこなす田島だが、25日には自身のツイッターから「野沢雅子さん、お誕生日おめでとうございます」「世代も国境も飛び越えて、全ての人にとってのヒーローです」と改まった口調で敬意を表した。

田島のツイートを受け、ファンからは「同じ時代に生きられて本当に幸せ」「83歳のベテランにして現役ってすごすぎる」といった声が多数寄せられた。生ける伝説として活動を続ける野沢。高齢にも関わらず衰えを全く感じさせないバイタリティーには、頭が下がるばかりだ。

https://sirabee.com/2019/10/25/20162186749/ 
2019/10/25 

no title

【レジェンド声優・野沢雅子、83歳の誕生日迎える ← なんかドキッとしたwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/10/25(木) 10:29:27.59 ID:CAP_USER9
アニメ!アニメ!では、野沢雅子さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース 2018.10.25 Thu 7:15

10月25日は野沢雅子さんのお誕生日です。

野沢雅子さんは子どものときに役者として活動をスタート。半世紀以上にわたって数多くのアニメでキャラクターを演じてきました。TVアニメの歴史とともにキャリアを歩み続けてきた声優であり、さまざまなアワードにも輝いています。

2018年には『ゲゲゲの鬼太郎』第6作で目玉おやじを担当。第1作・第2作では鬼太郎役だった野沢さんが、今度は父親役を演じるというニュースは大きな話題になりました。

アニメ!アニメ!では、野沢雅子さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。10月14日から10月21日までのアンケート期間中に193人から回答を得ました。
男女比は男性約49パーセント、女性約51パーセントとほぼ同数。年齢層は19歳以下が約30パーセント、20代が約25パーセント、30代、40代もそれぞれ約15パーセントと、幅広い世代から票が集まりました。


■トップは孫悟空 国民的キャラが多数ランクイン

1位は『ドラゴンボール』の孫悟空。支持率は約45パーセントで、他を寄せ付けない圧倒的な人気を見せました。

「ドラゴンボール超 ブロリー」(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
no title


読者からは「悟空が子供から大人になっても、ずっと変わらない声を今も保ち続けて、ファンを喜ばせてくれているのが本当にすごいです」や「野沢さんの悟空・悟飯・悟天の演じ分けが大好きです」
といったコメントが集まっています。悟空を少年期から演じ続けてきたことや、息子の悟飯と悟天を含めて三役を担当したことが人気の要因です。
また悟空の父親であるバーダックや、最新作『ドラゴンボール超』に登場したゴクウブラックもランクイン。それぞれで異なる芝居を見せて、ファンを虜にしました。

2位は『あらいぐまラスカル』のラスカル。支持率は約10パーセントでした。「可愛くてやんちゃなラスカルの鳴き声を見事に表現しているから」や「空想の生き物ではなく、
言葉を喋るわけでもない純粋な動物の声を演じるってすごいなぁと感じたからです」といったコメントが寄せられいます。『ラスカル』は1977年放送の作品ですが「再放送で見ました」という声も多く、若い世代からも人気でした。

『あらいぐまラスカル』(C) NIPPON ANIMATION CO., LTD.
no title


3位は『銀河鉄道999』の星野鉄郎。支持率は約9パーセントでした。「少年が少しずつ大人になっていくさまが見事に表現されてる」や「男気があって真っ直ぐな鉄郎が大好きです」という意見が見られました。少し大人の姿で描かれた劇場版の人気が高く、ときおり見せるカッコ良さもファンを魅了しています。

「銀河鉄道999」(c)松本零士・東映アニメーション
no title


全体ランキングでは『ガンバの冒険』や『怪物くん』など、主演を務めた作品が目立ちます。同率7位には『ドラえもん』もランクイン。1973年に放送された日本テレビ版の後半でドラえもんを演じました。
同率14位には「わかさ生活」のマスコットキャラクターであるブルブルくんも登場。「テレビを見るときは部屋を明るくして離れてみよう」というアニメCMがよく流れていたため、
印象に残っている読者が多いようです。誰もが知っている国民的キャラクターを筆頭に、多彩なキャラが一堂に会する結果となりました。

■ランキングトップ5

[野沢雅子さんが演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?]

1位 孫悟空 『ドラゴンボール』
2位 ラスカル 『あらいぐまラスカル』
3位 星野鉄郎 『銀河鉄道999』
4位 鬼太郎 『ゲゲゲの鬼太郎』『墓場鬼太郎』
5位 ギルモン 『デジモンテイマーズ』
5位 孫悟飯 『ドラゴンボール』

(回答期間:2018年10月14日~10月21日)
https://animeanime.jp/article/2018/10/25/41000.html
次ページ:全体ランキング公開
《高橋克則》
https://animeanime.jp/article/2018/10/25/41000_2.html

【野沢雅子さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?「銀河鉄道999」鉄郎やラスカルを抑えたトップはwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
f4b1b857

1: なまえないよぉ~ 2018/08/18(土) 11:00:46.66 ID:CAP_USER9
8月17日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、声優の野沢雅子がゲストに登場、人気アニメの裏側を明かした。

大人気アニメ「ドラゴンボール」の孫悟空役でおなじみの野沢は、放送開始から32年、悟空を演じ続けてきたとして、昨年ギネス世界記録に認定され、海外での人気も絶大。

ほかにも「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎、「銀河鉄道999」の星野鉄郎など、演じたキャラクターは300以上にも上るという声優界のレジェンドだ。

40年来の仕事仲間であるピッコロ役の古川登志夫によると「“悟空語”というのがあるんですけれども、例えば『戦ってみるか』というのを『戦けってみるか』って言うんですね。

するとディレクターが『それは“戦ってみるか”の方がよろしいんじゃないでしょうか』と言うんですけど、野沢さんは『そう? 悟空じゃなくなっちゃうけど』と言うと『じゃあ、そのままで結構です』となった。

野沢さんが発明された悟空語があるんですね」と、悟空語は野沢のアドリブなのだそうだ。

また、「(野沢が演じている)悟空、悟飯、悟天の3役が会話している時に、通常だと1役ずつ録って何回も回して撮り直すんですけど、そのままずっと切り替えて30分のアニメの中で15分一気に回す。それをできる人は他にいない」と、3役同時に演じられると証言した。

「『おっす! オラ悟空!』っていうのもアドリブなんですか?」と坂上忍が尋ねると、「マイクの前に立ってて『おっす! オラ悟空!』って言ったんですよ。

後ろでスタッフが『面白いですね』って言ってそれが使われるようになったら、これは東映で作った言葉だってなっちゃったんですよ」と裏話を明かしていた。

そんな一言に松本人志は「これは法廷で戦ってもらって」とアドバイスすると、浜田雅功から「いらんこと言わんでええねん」とツッコまれた。

https://thetv.jp/news/detail/158835/ 
2018/08/18 09:25 

【「おっす!オラ悟空!」は 野沢雅子のアドリブだったwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/01/13(土) 12:24:39.49 ID:CAP_USER9
昨年11月16日に大動脈解離のため亡くなった声優の鶴ひろみさん(享年57)のお別れの会「鶴ひろみを送る会」が13日、東京・港区の青山葬儀所で営まれた。

 鶴さんが好きだった紫をベースにした祭壇にはスイートピー、カーネーションなど約6000本の花が飾られた。鶴さんが声を担当した「ドラゴンボール」のブルマや「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんのパネルも。ドラゴンボールに見立てたバルーンも飛んでいる。

 BGMには、切なさを誘う「ドラゴンボール」のエンディング曲「ロマンティックあげるよ」が採用された。

 アニメ「ドラゴンボール」シリーズで孫悟空の声を演じ、共演した野沢雅子(81)が弔辞を読み「ひろみ、何回呼んでも何万回呼んでも、もう答えが返ってこないんだね。寂しいよ。ドラゴンボールが7つ揃ったら、何でも叶うんだよね。今回はダメだった…ごめんね。ドラゴンボールで、最初にオーディションで一緒にできて、本当にうれしいと言ってくれたこと、私の心に残っています。これが一生の思い出になっていまって、寂しいよ。大好きなゴルフをゆっくりとやってください。本当は言いたくないけど、私たちを見守って、さようなら…」と涙を流した。

 アニメ「それいけ!アンパンマン」でばいきんまんの声を演じ、鶴さんと共演した中尾隆聖(66)も弔辞を読み「頑張って、これからも僕らは番組を続けます。最後に、一緒に言っていたセリフです。(鶴さんに呼びかけるように)息を合わせて言ってください」と涙声。最後は「ドキンちゃん、バイバイキーン!」と別れを告げた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/13/kiji/20180113s00041000079000c.html 
2018年1月13日 11:00 

 
no title

no title

【鶴ひろみさんお別れの会 野沢雅子涙の弔辞「ドラゴンボールが7つ揃ったら…」】の続きを読む