芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

遠藤さくら

1: なまえないよぉ~ 2019/09/05(木) 00:09:22.77
人気アイドルグループ・乃木坂46の遠藤さくら(17)が、5日発売の『週刊ヤングジャンプ』40号(集英社)に登場。
最新シングルで初選抜にしてセンターに大抜てきされた期待の4期生が、圧倒的な美少女感を存分に披露した。

輝く美肌を披露した乃木坂46遠藤さくら

昨年夏に開催された坂道合同オーディションで合格し11月に加入した遠藤は、5月に行われた横浜アリーナでの4期生単独ライブでも大半の楽曲のセンターを任された期待の星。
4日発売の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」では初めてセンターに起用された。

多数の先輩が誌面を飾ってきた『ヤンジャン』に初登場となった今回、センターグラビアで初々しさとフレッシュ感をたっぷり発揮。
白で統一されたタンクトップ&ショートパンツのスタイルで、可憐な美肌も見せている。

また、同号の巻末グラビアにはアイドルグループ・きゅい~ん’ズの西葉瑞希(さいば・みずき/20)が登場。
“令和最初のロリ巨乳”と評価される逸材が、その片鱗を感じさせた。
さらに、表紙は人気グループ・King & Princeの平野紫耀が飾っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00000319-oric-ent

『週刊ヤングジャンプ』40号 遠藤さくら
no title

no title


乃木坂46 4期生・遠藤さくら
no title

no title

no title

no title


遠藤さくらセンター新曲
乃木坂46 『夜明けまで強がらなくてもいい』
https://www.youtube.com/watch?v=9yCEYQeMqJc


【乃木坂46遠藤さくら(17)、タンクトップ&ショーパンで輝く美肌を披露】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/23(金) 10:45:23.25
乃木坂46の新センター、遠藤さくら(17)が、ファッション誌に引っ張りだこだ。
登場が決まっているものも含め、合計10誌で持ち前のスレンダーなスタイルを披露。
昨年11月に乃木坂46に加入したばかりのルーキーだが、若い女性ファンにも認知が広がってきている。

遠藤はこれまで、「an・an」「JJ」「CanCam」「ar」「ViVi」「SHE THREE」「LARME」に登場。
さらに、9月20日発売の「non-no」11月号、10月23日発売の「Ray」12月号、12月1日発売の「bis」1月号にも登場する予定。
ルーキーとしては異例の、オファーの嵐だ。

身長160センチ。
愛らしいルックスと、小顔でスレンダーな体形が特長だ。
スタイルの良さは、「アイドル界NO・1の小顔」と言われる先輩の齋藤飛鳥(21)と並んでも遜色ないほど。
今年7月に富山で開催された「東京ガールズコレクション」でランウエーデビューも果たし、早くもファッションモデルとしての適性を発揮している。
新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」(9月4日)で、センターに抜てきされた。

遠藤の魅力について、「non-no」の花輪夏江編集長は「17歳とは思えない表現力。小顔、骨格、腰位置の高さなど圧倒的なバランスの良さ」と答え、「JJ」今泉祐二編集長も「とにかく顔は小さく、手足は長くてモデルとしても全身のバランスが抜群。キラキラオーラがスゴい!」と絶賛している。

「an・an」北脇朝子編集長も「乃木坂46史上イチとも言える均整のとれたスタイル。可憐(かれん)ではかなげな姿はいくつもの物語を想起させ、乃木坂46の今後を担うにふさわしい存在」と期待を寄せ、「CanCam」高田浩樹編集長も「いざカメラの前に立つとモデルとしてのスイッチがONになり、想像以上の表現力と表情をいとも簡単に見せるすごい才能の持ち主」と高評価だ。

乃木坂46では白石麻衣(27)ら多数のメンバーがファッション誌で活躍し、多くの女性ファンを獲得してきた。
17歳の新センターにも、大きな期待がかかっている。

◆遠藤(えんどう)さくら 
2001年(平13)10月3日、愛知県生まれ。
昨年8月の坂道合同オーディションに合格し、同11月乃木坂46に4期生として加入、12月の「お見立て会」でお披露目。
愛称は「さくら」「さくちゃん」「えんさく」など。
名前の由来はコブクロの楽曲「桜」。
160センチ。血液型不明。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-08220619-nksports-ent

9月20日発売「non-no」11月号の遠藤さくらの先行カット
no title

6月26日発売の「an・an」に掲載された遠藤さくらのショット
no title

「JJ」に掲載された遠藤さくらのショット
no title

「CanCam」に掲載された遠藤さくらのショット
no title

「JJ」に掲載された遠藤さくらのショット
no title


乃木坂46 4期生・遠藤さくら
no title

no title

no title

no title


遠藤さくらセンター 9月4日発売24thシングル
乃木坂46 『夜明けまで強がらなくてもいい』
https://www.youtube.com/watch?v=9yCEYQeMqJc


【【乃木坂46】遠藤さくら(17)にファッション誌からオファー殺到「キラキラオーラがスゴい!」絶賛の声】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/21(水) 00:23:22.29
アイドルグループ「乃木坂46」の4期生の遠藤さくらさん、賀喜遥香(かき・はるか)さん、筒井あやめさんが、8月21日発売のマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)第38号の表紙に登場した。

可愛すぎる!新センター 新フロントの実力は… 「マガジン」写真を一挙公開

遠藤さんは「新センター」、賀喜さんと筒井さんは「新フロント」と紹介され、制服姿で手をつなぎ、走る写真などが掲載された。
同号は、流石景さんのマンガ「ドメスティックな彼女」が巻頭カラーを飾った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000025-mantan-ent

「週刊少年マガジン」38号
4期生 筒井あやめ、遠藤さくら、賀喜遥香
no title

no title

no title

遠藤さくら
no title

賀喜遥香
no title

筒井あやめ
no title

【【グラビア】乃木坂46、可愛すぎる!「新センター」遠藤さくら(17)賀喜遥香(18)、筒井あやめ(15)「マガジン」グラビア】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/08(木) 12:39:55.67
アイドルグループ・乃木坂46の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」(9月4日発売)のミュージックビデオ(MV)が8日、解禁となった。

「女の子たちが人知れず葛藤していたり、誰にも打ち明けることができない悩みを持っている」ことをテーマにしたMV撮影は、7月上旬に2日間かけ、イメージシーンは都内スタジオと栃木・足利市、ダンスシーンは東京・大手町で行われた。
ダンスシーンでは、乃木坂46のMV史上最多となる250人のエキストラも参加した。

今作では昨年11月末に加入した4期生の遠藤さくらが初選抜で初センターに抜てきされ、両隣を同じく4期生の賀喜遥香・筒井あやめが固める。
キャプテンとして8年間グループをけん引し、9月1日をもって卒業することが決まっている桜井玲香にとっては、最後のシングル表題曲のMVともなる。

大役を任された遠藤、賀喜、筒井の3人は緊張感漂う中で、何度も振りを確認しながら撮影。
遠藤は泣く演技にも初挑戦し、「4期生との思い出」を頭に思い浮かべながら涙をこぼした迫真の演技も見どころとなっている。

本作は乃木坂46の数多くのMVを手がけ、2015年公開の乃木坂46初のドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』の監督・丸山健志氏が指揮を執った。
「メンバーの心情模様を画面に濃密に描きたい」との想いから、あえて4:3の映像演出となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000317-oric-ent

■乃木坂46 24thシングル選抜メンバー&フォーメーション
3列目:梅澤美波、北野日奈子、秋元真夏、久保史緒里、高山一実、星野みなみ、新内眞衣
2列目:山下美月、生田絵梨花、白石麻衣、松村沙友理、桜井玲香、与田祐希
1列目:堀未央奈、賀喜遥香、遠藤さくら、筒井あやめ、齋藤飛鳥
>>1��2列目=11福神

MV
乃木坂46 『夜明けまで強がらなくてもいい』
https://www.youtube.com/watch?v=9yCEYQeMqJc



大粒の涙を流す遠藤さくら
no title


MVより

no title

no title

no title

no title

no title


センター 4期生・遠藤さくら
no title

no title

no title

no title

【【乃木坂46】「新センター」遠藤さくらが大粒の涙!新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」MV公開】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/02(金) 23:17:19.12
8月2日から4日の3日間にかけてお台場・青海周辺で「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019(以下、TIF2019)」が開催され、初日となる2日、乃木坂46・4期生が初出演した。

乃木坂46・4期生「TIF2019」初登場
フジテレビ湾岸スタジオ横公園の「SMILE GARDEN」に登場した4期生。
乃木坂46の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」(9月4日発売)でいきなりセンターに抜擢された遠藤さくらは、この日右目に眼帯をしてステージに立った。

MCでは、「右目が腫れちゃったので眼帯をしています」と説明し、「テンション上がるように眼帯に“さくら(桜)”を書きました」とにっこり。
3曲のセンターを務め、堂々としたステージを見せた。

出演メンバー
遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、金川紗耶、柴田柚菜、清宮レイ、田村真佑、筒井あやめ、早川聖来、矢久保美緒

欠席:北川悠理

セットリスト
1.ガールズルール(センター:賀喜遥香)
2.インフルエンサー(センター:遠藤さくら)
3.制服のマネキン(センター:柴田柚菜)
5.4番目の光(センター:遠藤さくら)
6.キスの手裏剣(センター:遠藤さくら)
7.君の名は希望(センター:筒井あやめ)
8.ジコチューで行こう!(センター:清宮レイ)
9. 裸足でSummer(センター:掛橋沙耶香)

http://mdpr.jp/music/detail/1856770

「TIF2019」 乃木坂46の新センター遠藤さくら、眼帯姿で登場
no title

no title

no title

乃木坂46 4期生
no title


乃木坂46 4期生 遠藤さくら
no title

no title

no title

no title

【【乃木坂46】「新センター」4期生遠藤さくら(17)、右目負傷 眼帯姿で登場】の続きを読む