芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

道端アンジェリカ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/14(火) 15:02:40.57
芸能活動再開を発表したモデルの道端アンジェリカ(34)が14日、自身のインスタグラムを更新。息子の2歳誕生日を祝ったことを報告し、親子ショットを公開した。

道端は「先日、息子の2歳のBirthday Partyをしました」と2ショットやケーキの写真をアップ。「まだまだコロナが続いていて不安なので、今年は限られたお友達と、身内だけで、お祝い お店ではなく貸し切りスペースで、ママ装飾頑張りました」と明かした。

「とにかくたくさん喜ぶ顔が見たかったので、好きな物だらけにしてあげたくて、大好きな仮面ライダーのケーキに、仮面ライダーのアイシングクッキー(これはさすがにオーダーですが)プレゼントも仮面ライダーだらけ すごく喜んでくれてて嬉しかった」と道端。

「ママはあなたの笑った顔さえ見れれば何もいらない 最近はよく喋って、本当に赤ちゃんから子供になってきて成長の早さに驚いてるよ」と思いを記し、「2歳になってまた出来ることが増えてくるね 一緒にたくさん思い出作ろうね 大好きだよママの王子様」とメッセージを送った。

フォロワーからは「ママにそっくり」「顔もかわってきて早くもイケメンです」「すごいイケメン」「女の子みたいに可愛い」などの声が上がっていた。

https://hochi.news/articles/20200714-OHT1T50060.html 
2020年7月14日 13時10分スポーツ報知 

no title

no title

【【必死】道端アンジェリカさんが息子の2歳誕生日に親子ショット公開】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/22(月) 12:38:24.13
活動再開を発表したモデルの道端アンジェリカ(34)が、ヌード写真集を発売することへの思いをつづった。

道端は22日、インスタグラムを更新。8月12日に発売される自身の写真集について告知し、上半身に何も着けていない姿で浜辺に横たわるカットを公開した。

「今回、芸能活動を再開しリスタートをするにあたり、今までしたことのない思い切ったことをしたいなと思い至りました 色んな決断があったなかで、これから女性として自信を持ち輝いていくためにも、35歳になる今、ありのままの自分を記録しておきたかった、とゆう思いもあります」と、ヌードを披露した思いをつづり、「10年、20年後に、リスタートを切った自分を思い出せるような大切な大切な記念に残る作品になりました」と自信をみせた。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202006220000151.html 
2020年6月22日10時0分 


no title

【道端アンジェリカ (35)さんが、裸で出直し「ありのままの自分を記録しておきたかった」写真集発売】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/16(火) 06:05:02.27
芸能活動を休止していたモデルの道端アンジェリカ(34)。6月15日、約8カ月ぶりに更新したインスタグラムで活動再開の報告をした。

道端は19年10月、夫と共謀して知人男性から現金35万円を脅し取った疑いで書類送検されていた。道端が夫の経営する店で男性と密着したことから夫が激昂し、「家族をめちゃくちゃにしてやる」などと脅迫。その現場に道端が居合わせたことから、“美人局疑惑”とも一部では報じられていた。結果的に不起訴処分となり、刑事責任は問われなかった。

はじめに道端は、《お久しぶりです。昨年は関係者の方、ならびにファンの方へご迷惑とご心配おかけしたこと心より深くお詫び申し上げます》と謝罪。

今後について、《今まで私を支えてくださっていた方々に恩返しをするつもりで、モデル活動のみならず、社会貢献につながるお仕事をしていきたいと思います》と表明。さらに所属事務所を退所したことや、シングルマザーになることを明かした。

いっぽう、同日に報じられたスポニチの取材にも応じている道端。記事によると、道端が復帰を決意した理由は1歳11カ月になる子供の存在であり、夫とは離婚協議中だという。

事件については、「全くの誤解で事実ではない」とキッパリ。友人女性4人で食事をした帰りに夫の店へ行ったとし、「子供を産んでからほとんどお酒を飲んでいなかったので、はっちゃけ過ぎてしまった」と説明。「夫はそんな私の姿を初めて見たので怒ったんです」と“美人局疑惑”を否定したという。

夫が逮捕されるまでは、「夫の怒りで大変だった」と涙ながらに語ったという道端。そんな彼女に《おかえりなさい》や《応援してます》といったエールが寄せられている。

いっぽう復帰にあたって「社会貢献」を掲げている道端だが、新型コロナウイルスの影響もダメージになっていたという。コロナ禍で「芸能人の友達がSNSでメッセージを出して社会貢献している中、それをやっちゃいけないような存在になっている自分がつらかった」と告白。この発言に対して、厳しい声が上がっているのだ。

《社会貢献する気持ちがあるのであれば、わざわざSNSに投稿しなくても出来るはず》
《一番ひっかかったのは「他の友達がSNSで社会貢献をしてて」って部分。別に社会貢献をSNSで発信する必要はないと思う》
《社会貢献をやっちゃいけない空気ってなんですかね!? 貢献するのは自分の気持ちであって表に出ずに貢献する事もできる》

「道端さんは過去にも『(結婚相手の年収は)5,000万円は絶対ほしい』『子供はベビーシッターに見てもらいたい』といった発言で度々炎上していました。活動休止する際に、『育児に専念』と説明したことも物議を醸したようです。少なからず、これまでの発言の積み重ねが影響しているのではないでしょうか…」(芸能関係者)

果たして道端の復帰は吉と出るのだろうか――。

投稿日:2020/06/15 21:30 更新日:2020/06/15 21:30
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1869217/
no title

no title

【道端アンジェリカ 復帰宣言も…社会貢献発言に批判の声続々】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/15(月) 05:59:59.27
 夫の恐喝事件から“美人局(つつもたせ)疑惑”が浮上し休業していたモデルの道端アンジェリカ(34)が、芸能活動を再開させることが14日、分かった。本紙のインタビューに明らかにしたもので、夫とは別居し、離婚協議に入ったことも涙ながらに告白。仕事復帰の理由は1歳11カ月の長男の存在で「私が育てます。シングルマザーとして頑張ります」と明かした。 

 「夫とは離婚協議中で、離婚届は1カ月前に判を押して送ってます。小さい子供がいるので生活していかなきゃならない。私一人で育てていくので仕事を再開したいと思うようになったんです」

 メディアへの登場は8カ月ぶり。この間に新型コロナの感染拡大もあり「芸能人の友達がSNSでメッセージを出して社会貢献している中、それをやっちゃいけないような存在になっている自分がつらかった」と明かした。

 事件があったのは昨年8月。飲食店経営の夫(38)が会社役員の知人男性を「おまえの家族をめちゃくちゃにしてやる」などと脅し、指定口座に35万円を振り込ませた疑い。2カ月後に夫は逮捕されたが、恐喝現場に道端も同席していたことが判明。事件前日に道端とこの男性が夫の飲食店個室でイチャついていたことも分かり“美人局疑惑”に発展した。

 「あれは全くの誤解で事実ではありません」と、疑惑の当事者である道端が初めて真相を明かす。

 「友人女性を含めた4人でランチに行き、その後カラオケに行こうとなり、夫のお店に4人全員で行ったんです。だから部屋には夫も何度も来たし、密会なんかしていない」と強調。男性とイチャついていたことは「イチャついていたのではなく子供を産んでからほとんどお酒を飲んでいなかったので、はっちゃけ過ぎてしまった。夫はそんな私の姿を初めて見たので怒ったんです。その場で夫婦ゲンカになり、それを見てみんな帰っちゃったんです。その一部始終が写った部屋の防犯カメラを警察に提出したので、私は事件に一切関係がないとして不起訴になりました」。

 その翌日、男性を恫喝(どうかつ)した現場に同席したことについては「夫に男性との浮気を翌朝までずっと疑われ“直接アイツに聞く。おまえも来い!”と連れていかれた」という。その場では、お金を請求する場面は一切なかったそうで「録音が全部残っていたので、夫も不起訴になったのだと思います。でも、私が夫を怒らせたことが原因であることに変わりはないです」と反省。ただ、離婚にまで発展したことには「夫にケータイを取られ、連絡先も全部消され、彼が逮捕されるまでの2カ月間は夫の怒りで大変でした。詳しいことは協議中なので…」と声を震わせ、涙がこぼれ出た。

 既に出版社から仕事の依頼が来ているという。「シングルマザーだった母からは“息子という字は自分の心と書く。子供のお手本になれるようにしなさい”と言われました。その言葉を胸に歩んでいきたい」と話した。

 ◆道端の夫逮捕 韓国籍の夫が昨年10月3日、知人男性への恐喝容疑で警視庁組織犯罪対策2課に逮捕された。事件の端緒となった同8月6日に、この男性と道端が夫の経営する飲食店でイチャついていたことが判明。美人局疑惑が報じられたものの「なぜ、わざわざ夫の店で密会したのか」などの疑問が浮上。夫との共謀が疑われた道端も、逮捕された夫も不起訴に。道端は育児に専念したいなどの理由で休業した。

 ◆道端 アンジェリカ(みちばた・あんじぇりか)1985年(昭60)12月5日生まれ、福井県出身の34歳。アルゼンチン人の父親と日本人の母親を持ち、全員がモデルとして活躍する「道端3姉妹」の三女。05年から起用された雑誌「S Cawaii!」で人気に。日本テレビ「ヒルナンデス!」などのテレビでも活躍。夫とは17年12月に結婚。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e3fe3600382def10c273159842c68c5b2aa776bf
6/15(月) 5:30配信
no title

【道端アンジェリカ離婚協議中 美人局疑惑から8カ月…涙の激白、芸能活動再開へ ← 需要ないだろwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/02(土) 12:52:48.09
”タピオカ恫喝騒動”解決のめ目処がなかなか立たない木下優樹菜

‘19年10月は3人の芸能人が表舞台から姿を消すことになった。1人目は“タピオカ騒動”で好感度ガタ落ちのタレント・木下優樹菜。姉との間でトラブルになったタピオカ店のオーナーに“恫喝DM”を送っていたことがバレ、いまだ大炎上中だ。

木下優樹菜、東ちづる…「悪気無し」でも炎上する芸能人の“性質”

「当初はインスタグラムで姉が店から嫌がらせを受けていると訴えていたが、のちにヤンキー丸出しのDMが暴露されると、木下さんに批判の矛先が向かいました。イメージダウンは深刻で、これまで商品PRなどで年間ウン億円稼いでいたビジネスモデルが一夜にして消失してしまいました」(スポーツ紙記者)

木下サイドは所属する大手プロダクションの“お願い”により、テレビやスポーツ紙などはこの問題をスルー。だが、ネット全盛のご時世では逆効果で、火に油を注ぐ展開になっている。

木下は10月30日放送のフジテレビ系『BACK TO SCHOOL! 初回2時間SP』(フジテレビ系)や、同24日放送の『モニタリング』(TBS系)に出演したが、ネット上では罵詈雑言の嵐。ゲスト出演予定だった12月のジャニーズグループ「ふぉ~ゆ~」の主演舞台も、木下から歌手の森公美子に変更になった。テレビ関係者は、次のように語る。

「530万人のインスタフォロワーを抱えるだけに、逆に炎上した時の破壊力は凄まじい。業界では反響の大きさを考慮し、しばらく起用は控えるだろう」

2人目は夫の恐喝事件から“美人局疑惑”が浮上したモデルの道端アンジェリカだ。

当初は韓国籍の夫による単独事件かと思われたが、恐喝現場に道端も同席していたことがわかり、状況が一変。道端は所属事務所のホームーページで「私と知人男性が身体を密着させて飲酒していたことを夫が疑い」と釈明したが、当局は道端も夫と「グル」と判断し、恐喝容疑で書類送検した(その後不起訴)。

所属事務所は「不起訴(嫌疑不十分)となり、夫と共謀した事実がなかった」としているが、法曹関係者は次のように説明する。
「不起訴=潔白ではありません。公判維持が厳しいと判断されたために却下されただけで、捜査当局は少なくとも彼女を共犯者とみています」

道端は育児を理由に芸能活動を休止。関係者によれば「なぜか夫に怒り心頭のようで、離婚は避けられない」という。

最後は個人事務所の法人税の申告漏れが報じられたお笑いコンビチュートリアルの徳井義実だ。

大阪で記者会見を開き「想像を絶するルーズさが原因」と吐露する一方、新たな申告漏れは「ない」と明言。ところがすぐに個人の所得税や消費税の未申告、社会保険の未加入時期があったことなどがバレてしまった。

「吉本興業の対応もまずかった。会見当時はまだ法人税の申告漏れしかニュースになっていなかったため、広報担当者は個人の未納問題に話が及ばないよう会見終了後にマスコミにクギを刺していた。もっと言えば、徳井の申告漏れは今春、一部メディアが取材に動き、吉本に事実関係を当てていた。自発的に公表していれば、心証も違ったはずだ」(ワイドショー関係者)

吉本は26日に徳井の活動自粛を発表したが、舞台裏を知る人物が言うには、「これは徳井さん自ら申し出たもの。ことの重大さに気付き、心が折れてしまったようだ」。

現在、ほとんどのメディアが徳井の起用を控え、収録済みの番組は編集でカット。納税の義務を軽視したツケは大きく、事実上の芸能界追放と言っていい状況だ。

木下、道端、徳井――。わずかひと月で一線級の3人が同時に消えるのは珍しい。

「3人に共通しているのは、自己保身のためにウソをついたこと。マスコミを抑え込んで世論をコントロールできると勘違いしているんですよ。SNS社会ではそうした“企み”はあっさりバレるし、しっぺ返しを食らうハメになる」(前出のスポーツ紙記者)

トラブルへの対応を間違えると、取り返しのつかないことになるのは、今も昔も変わらない。しかし、SNS全盛の時代には、ちょっとした初動でのミスが命取りになることもあるのだ。

木下優樹菜、道端アンジェリカ、徳井義実…「消えた」3人の共通項 
11/2(土) 7:02配信 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191102-00000002-friday-ent
20191102-00000002-friday-000-2-view[1]

【木下優樹菜、道端アンジェリカ、チュート徳井…「消えた」3人の共通項とは マスコミを抑えて世論操作は逆効果か】の続きを読む