芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

過酷ロケ

694dffda

1: なまえないよぉ~ 2019/01/08(火) 07:00:13.30 ID:QJ+lIFX+9
6日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、ドラマ撮影と海外ロケをこなすイモトが、体調不良を訴える場面がオンエアされた。

体調不良を押してイモトが過酷なミッションをこなしたにも関わらず、容赦ない番組の対応に視聴者から様々な声が寄せられている。

■悪天候でトラブル続出の登山
イモトは、南米・ギアナ高地にそびえる、標高2810メートルのテーブルマウンテン・ロライマ山にて、2020年1月のカレンダー写真の撮影に挑んだ。

頂上付近の岩場でクライミングするイモトと絶景を収めることが目的だったのだが、現地では10分おきに変わる不安定な天候にロケ隊が翻弄され、さらにはドラマ撮影とのハードスケジュールをこなすイモトが体調不良を訴えるなど、トラブルが続出してしまう。

■体調不良を押して登ったのに…
登山道を登る計画を変更し、クライミングのポイントまでヘリで移動することとなった一行。しかし、度重なる悪天候でイモトの風邪が悪化してしまった。

新春スペシャルのトップを飾るプレッシャーや体調の不安、切り立つ崖の恐怖から、クライミング直前にうずくまってしまったイモト。
加えて、このロケの後で早朝5時から吉川晃司との『下町ロケット』(TBS系)の撮影を控えていることがチラついており、ロケに集中できていない悔しさを泣きながら吐露。

自分を奮い立たせてなんとか崖を登ったイモトだったが、後日「イメージと違った」という理由で写真が不採用となったことが告げられてしまう。
イモトはスタジオで目を見開き「えー!」と声を漏らしていた。

■「ひどい」「かわいそう…」
過密スケジュールの中、体調不良を押して過酷な撮影に挑んだにも関わらず、肝心のカレンダー写真が不採用になってしまったイモト。
一部始終を見届けた視聴者からは「かわいそう」との声が相次いでいる。

イモトがこれだけ頑張ってクライミングしたのに、番組側が不採用ってひどくない???
#イッテQ

? JUN (@OOJUNGIN) January 6, 2019

下町ロケットでの新潟での撮影って台風のシーンかな?それで風邪ひいてそのままの状態でイッテQのロケ行ったのに、カレンダー不採用になるとかイモトまじで可哀想

? れいな? (@reisan1223) January 6, 2019

不採用?!イモトが泣いてまで登ったのに…。鬼畜 #イッテQ

? 亥娘 (@neko_neko829) January 6, 2019

ドラマ中にこのロケはあかんやろ…怪我したらどうすんの…しかも不採用て…鬼かよイッテQ…。

? micio (@miciovoce) January 6, 2019

中には「写真は不採用にする必要はなかったと思う」と訴える声も。

■努力ではどうにもならないこともある?
しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,537名を対象に「努力ではどうにもならないことのほうが多いと思うか」調査を実施したところ、全体で58.8%もの人が該当した。

「努力は必ず報われる」という言葉もあるが、努力だけではどうにもならない厳しい現実に直面している人は少なくないようだ。

泣きながら崖登りをしたにも関わらず、残念な結果に終わってしまったイモト。彼女は1月期も北川景子主演『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)への出演が決まっており、女優と珍獣ハントの多忙な日々はしばらく続きそうだ。

(文/しらべぇ編集部・もやこ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161952915/
2019年01月07日 16時00分 しらべぇ

【『イッテQ』イモト、過酷ロケで体調不良に 番組の対応が「ひどい」と騒然 ← いや、仕事だしwwwww 】の続きを読む

abema


1: なまえないよぉ~ 2017/10/21(土) 15:16:27.60 ID:CAP_USER9
AbemaTV(アベマTV)にて20日に放送された『芸能義塾大学』で、よゐこ・濱口優がこれまでの経験から「過酷ロケBEST5」を発表した。
濱口は『いきなり!黄金伝説』(テレビ朝日系)で10年以上レギュラー出演をし、「無人島0円生活」などの過酷なロケを経験してきており、芸能界きっての“サバイバル芸人”と評されている。

no title


5位は『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)の「ドーバー海峡横断部」だ。
これは、フランスとイギリスの間を流れる幅34kmのドーバー海峡を6人が1時間ずつ交代で泳ぐというもの。
泳ぎ切ると認定証がもらえ、世界のスイマーの憧れの場所である。

濱口がここで身につけた役立つ技術は「水泳」。実はこの企画が始まるまで濱口は水泳が得意ではなかった。
25メートルぐらいしか泳げず、息継ぎができなかった。
だが、2年間におよぶ特訓を重ね、ようやくドーバー海峡を泳げるまでの能力を身につけた。
これがあったからこそ、「無人島0円生活」の素潜り漁で獲物を捕まえた時の決めゼリフ「取ったど!」が生まれた。

第4位は“お笑いサバイバル「飲まず食わずで6日間過ごすロケ」”だ。
これはよゐこがデビュー仕立ての頃で、山に8人の芸人が放り出され、6日間で面白いネタを思いつけるのか? を競うもの。
濱口が今でも反省していることが、リアクションをしなかったことだ。
当時、よゐこはサバイバル芸人とは真逆で、シュールな都会的なコントをやっていたのだという。

だからこそ、この仕事を無理やり入れられたが、濱口はこういった仕事が大嫌いだった。
「なんでオレらがこんな仕事しなくてはいけないねん」と思い、何を言われてもノーリアクションを貫き、よゐこの部分はまったく本番で使われなかった。

この時いたのはよゐこ、アニマル梯団(おさる・コアラ)、オアシズ(光浦靖子・大久保佳代子)、男同士(江頭2:50・コンタキンテ)で、司会はルー大柴だった。
空からペットボトル入りのウーロン茶が落ちてきたと思ったら、中は水で薄めた醤油だったりするなど、かなり過酷だった。江頭2:50は山の中に逃走してしまったという。

3位は『進め! 電波少年』(日本テレビ系)の「1Wayチケット」だ。これは、同番組の特番。
ベトナム行きの片道チケットをもらい、現地で帰りのチケット代を稼ぐというもの。
過酷ロケの元祖のような番組だが、ベトナムから日本へはどうやって帰れるのか、を実践するものだったが、よゐこはあろうことか、ギブアップしてしまったのだ。

2位は『いきなり!黄金伝説』(テレビ朝日系)の「無人島0円生活」だ。
タイトル通り、無人島へ相方・有野晋哉と一緒に行き、生活するのだが、猿の支配する島が大変だった。
ここには釣り人ぐらいしか来ず、断崖絶壁があり、座る場所すらほとんどない。
そこにも猿がいる状況だ。猿は便所の場所を決めておらず、そこらへんが猿の糞尿だらけ。
カメラが回っていようがいまいが関係なく、猿が荷物を盗みに来る。作っている料理も持っていかれ、食材も盗まれる。器用に鞄を開け、モノを盗む。

濱口は「2泊3日、ここ貸してくれ、共存しよう! オレの魚やるから、テーブルの上のモノは取るなよ」と言った。だが、猿はテーブルの上のモノを取り、ブチギレたら猿が手をあげてきた。

「テレビであそこまでブチギレたのは初めて。本気でキレた。『話、ちゃうだろ!』と猿に言った」(濱口)

1位は『いきなり!黄金伝説』の「スケルトン生活」だ。これは、お台場の人が集まる場所にアクリル板で作られた6畳ぐらいの部屋に常に人の目に晒される状態で住むというもの。
トイレは外でやってもいいが、基本的にはここで生活する。夜中に「輩」が来たりする。
この時、金魚の水槽をコンコン叩いたらいけない、という金魚の気持ちが分かったそうだ。中にいるとうるさくストレスになる。
その音はまるでハンマーでたたかれたような音になる。濱口はストレスで死ぬのが分かったという。

http://news.livedoor.com/article/detail/13778138/
2017年10月21日 8時0分 AbemaTIMES

【よゐこ濱口が経験した過酷ロケBEST5「無人島0円生活」が2位wwwww】の続きを読む