芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

遊郭編

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ochanoma_happy

1: なまえないよぉ~ 2022/02/14(月) 09:04:39.94 _USER9
 人気アニメ「鬼滅の刃 遊郭編」(日曜後11・15)の最終回(第11話)が13日にフジテレビ系で放送され、平均世帯視聴率は9・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。

 最終回は「何度生まれ変わっても」。宇髄が妓夫太郎の血鬼術をすべて弾き、炭治郎が顎を貫かれながらも妓夫太郎の頸を斬り落とす。善逸と伊之助も、満身創痍の中、堕姫の頸を断ち、ついに二体の頸を同時に斬ることに成功する。死闘の果てに上弦の陸を倒したかに思えたその時、妓夫太郎の血鬼術が放たれ…という展開。

 本編中はCMなし。テレビアニメ第3弾「刀鍛冶の里編」の制作(放送時期は未定)が発表された。

2/14(月) 9:02
スポニチアネックス
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/444f86ccc15b7ac0835cedafce0dd825e0b763c5

【【視聴率】アニメ「鬼滅の刃 遊郭編」最終回は9・1%】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
question_head_gakuzen_boy

1: なまえないよぉ~ 2022/02/08(火) 22:57:23.27 _USER9
2月6日に、大人気アニメシリーズ『「鬼滅の刃」遊郭編』(フジテレビ系)の第10話『絶対諦めない』が放送された。今回のエピソードでも相変わらず圧倒的な〝作画〟で視聴者を驚かせていたが、一方で「褒めるところが作画しかない」といった声もあがっているようだ…。

仲間たちが次々に倒れて絶望的な状況の中、上弦の陸・妓夫太郎から言葉で追い詰めれ、指を折られてしまう主人公・竈門炭治郎。しかし、隙をついて妓夫太郎に毒のクナイを刺して動きを止め、首を切断しにかかる。

その光景に上弦の陸・堕姫が攻撃を繰り出すが、倒れていた我妻善逸と嘴平伊之助が彼女の攻撃を阻止。すると今度は音柱・宇髄天元も復活し、炭治郎と共に燃え盛る吉原の中で妓夫太郎の首を切断する。時を同じくして堕姫の首も切られ、吉原での戦いに終止符が打たれるのだった。

映画顔負けの圧倒的な作画で描かれた今回のエピソードに、ネット上では、

《鬼滅作画えぐ》
《ガチで今日の鬼滅作画エグすぎて震えた》
《作画班が過労死しないか心配レベルで凄いな》
《宇随さんと妓夫太郎の作画スピードがありえん速さに鳥肌連発だった!!!!》
《鬼滅の刃、火事作画はやっぱりすごいね。ufotableスゴすぎ》
《待って待って鬼滅10話ホントに無料で見ていいの? おかしいよ? 作画おかしいよ? まず最初始まって数秒で分かる炎のゆらめき…》

などの大興奮の声が続出している。

作画で押し切るだけ? 中身がない『遊郭編』

一方、疑問の声も…。次回が最終回で、クライマックスを迎える「遊郭編」だが、

《みんな、鬼滅の刃の褒めるとこが作画しかないの草》
《やっぱり内容ペラッペラですよね。本当に作画がえぐいのは分かるんですけど、鬼滅で検索しても「作画ガー!」しか出てこないんで…(笑)》
《いつも思うけど鬼滅ってなんで作画しか語られないの?》
《鬼滅さ、神回神回って言われてるけど褒められてるの作画だけじゃん》
《作画凄いのはわかるほんと作画だけ。やっぱり音柱さん雑魚いというかほんとダサい》
《鬼滅って「視聴率」「作画」の話題しか聞かないよね。中身は? 引き伸ばしはジャンプ作品の伝統芸かよ》

などの反響も見受けられた。
とはいえ、作画が映画並みのクオリティーであることは事実。何も褒めるところがないアニメよりはマシと言えるのではないだろうか。


https://myjitsu.jp/archives/332801

【【いつもの】『鬼滅の刃 遊郭編』中身が無く話題なのは作画だけ?「内容ペラッペラ」「褒めるところが作画しかない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
nihontou_youtou

1: なまえないよぉ~ 2022/02/08(火) 00:49:43.51 _USER9
『テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』(フジテレビ系/毎週日曜23時15分)第10話が6日に放送。

宇髄天元率いる鬼殺隊の大逆転劇が大きな反響を呼んでおり、天井知らずで盛り上がりを見せる展開に戦闘や背景の書き込みなど圧巻の作画も相まって「30分とは思えない」と体感時間のズレを感じた視聴者から多数のコメントが投稿されている。


胸を刺された嘴平伊之助と、倒れた宇髄天元。そして妓夫太郎に肉体的にも精神的にも追いつめられる竈門炭治郎。
それでも炭治郎は妓夫太郎の頚(くび)を狙うが、圧倒的な力の差に劣勢を覆すことはできない。
あわやとどめを刺されそうになった瞬間、割って入ったのは心臓が止まったはずの宇髄天元だった。


絶望的な状況から一転、満身創痍の鬼殺隊の快進撃に視聴者は熱狂。

宇髄と妓夫太郎の戦闘をはじめ、炭治郎、我妻善逸、伊之助が総力で上弦の陸と戦うシーンの迫力は凄まじく、「毎週映画のクオリティやん」「これ無料で観ていい映像なのか?」と作画を絶賛する声や、
「大変でしょうけど頑張ってください…」といった制作へのねぎらいなど、多数のコメントが寄せられている。キャラの画をパッと消して速さを表現するわけではなく、“目にも止まらない”攻防が“見えるように”描かれている点が印象的だ。


今回は炎上する吉原を映した特殊エンディングをはじめ、背景の書き込みにも仰天した視聴者が多い。
「作画って言うか、この火見てビックリした! ジャパニメーションの新しい火の演出」「異次元すぎる」「声が出ない」と感嘆じみた声も相次いでいる。

そして、毎話必ずと言っていいほど指摘されるのが体感時間。
「今週もあっという間の30分だった」「仕事の30分と同じとは思えない」「体感5分に感じる」「30分は秒」など、具体的な時間はさまざまだが、今回も「30分とは思えない」と感じた視聴者が非常に多かったようだ。
 

これは描き込み量の多い人気アニメで起こりやすい現象で、よく動く映像ではそれだけ視覚的な情報量が増えるため脳が負担する処理が大きくなる。
加えて、好きな作品を見ている時は視聴に没頭していることが多く、仕事などで忙しい状態を集中して過ごすとあっという間に時間が経っている、といった状況に似た感覚かもしれない。


しかし本作ではそれだけではなく、“緩急”を使い分ける作画の関係も大きいのではないだろうか。

分かりやすいのは戦闘描写。高速で物事が展開するシーンでは、セリフ・心の声・ナレーションなどをどう見せるかで印象が大きく変わってくる。
“動くシーン”と“話すシーン”を切り分けた作品も多いが、本作では動きを超高速と超低速に分けた表現が目立つ。


例えば、復活した宇髄と妓夫太郎の戦闘では、超高速の殺陣の最中に「譜面…譜面だと! 俺の鬼気術を曲にしてはじきやがったのか!」と動揺する妓夫太郎の声を超低速のシーンで挟む。
その際は、揺れる髪の毛や流れる火の粉など効果的なアイテムも駆使して、動きを分断せずに画的な演出の妙も見せている。

結果として速い映像と遅い映像が入り乱れ、視聴者の時間の感覚が狂いやすくなるのかもしれない。

『鬼滅の刃』遊郭編 絶望からの逆転劇に熱狂 「30分とは思えない」時間を狂わせる作画の緩急
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1b052c1ed06291b5df95a4fe80a1be4eb65b633

【『鬼滅の刃』遊郭編 絶望からの逆転劇に熱狂 「30分とは思えない」時間を狂わせる作画の緩急】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
nihontou_youtou

1: なまえないよぉ~ 2022/02/06(日) 23:52:23.15 _USER9
 人気アニメ『鬼滅の刃』の第2期『鬼滅の刃』遊郭編(フジテレビ系 毎週日曜 午後11時15分〜)第10話「絶対諦めない」が6日放送された。次週、最終話は13日より45分拡大版で放送される。

 公式ツイッターでは「テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編 最終話は、全国フジテレビ系列にて2月13日(日)夜11時15分より、放送枠を45分に拡大して放送いたします」と報告。あわせて次回予告も公開された。

 第2期は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の続きを描き、鬼殺隊最高位の剣士<柱>の一人、音柱の宇髄天元とともに炭治郎たちが、鬼の棲む遊郭に向かうストーリー。

2/6(日) 23:49配信
オリコン

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220206-00000360-oric-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/1186e86f796eb8fb7c19add111060b1838a82e81

【『鬼滅の刃』遊郭編、次週最終話は45分拡大放送、クオリティが高すぎると話題にwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
figure_anti

1: なまえないよぉ~ 2022/01/31(月) 11:14:58.44 _USER9
 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」の新作「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」の第9話「上弦の鬼を倒したら」が、フジテレビ系で1月30日午後11時15分に放送され、平均視聴率(世帯)は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。第9話は、鬼殺隊の音柱・宇髄天元(うずい・てんげん)と上弦の陸(ろく)の鬼の妓夫太郎(ぎゅうたろう)らの激しい戦闘シーンが描かれ、ツイッターで「宇髄さん」がトレンド入りするなど話題になった。

 「遊郭編」は、日本の映画史上初めて累計興行収入が400億円を突破した劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)のその後の物語で、主人公・竈門炭治郎たちが、鬼殺隊の音柱・宇髄天元と共に鬼が棲(す)む遊郭に潜入する。
 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、鬼に変異した妹・禰豆子を人間に戻すために旅立つ……というストーリー。原作は、2016〜20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、「テレビアニメ『鬼滅の刃』竈門炭治郎 立志編」が2019年4〜9月に放送、2020年10月に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開された。

1/31(月) 10:02
MANTANWEB

<鬼滅の刃>テレビアニメ「遊郭編」第9話「上弦の鬼を倒したら」 視聴率8.2% 宇随さんの激闘も話題

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220131-00000005-mantan-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e1ff9b2f3626b12b5a15a038c8a5e0f297bd71f

【【視聴率】鬼滅の刃 テレビアニメ「遊郭編」第9話 宇随さんの激闘も話題 ← まだアンチさんが粘着してるwwww】の続きを読む