芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

連続テレビ小説

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/10/20(金) 15:25:16.59
 NHKは20日、2025年度前期に放送する朝の連続テレビ小説「あんぱん」を制作することを発表した。第112作目となる。「アンパンマン」を生み出した漫画家・やなせたかしさん(1919―2013)と妻の小松暢(のぶ)さん(1918―1993)がモデルで、脚本は中園ミホ氏が担当する。

 NHKが紹介したストーリーは以下のとおり。

 あらゆる職業を転々としながら定まらない人生を送っていた、遅咲きの漫画家・やなせたかしさんが70歳にして生きる喜びを書いたアンパンマンのマーチの歌詞を生み出した背景には、戦前・戦中・戦後と激動の時代を、ちょっと気が弱くて自信のないたかしと共に生き、けん引し続けた「ハチキンおのぶ」の存在があった。生きる意味も失っていた苦悩の日々と、それでも夢を忘れなかった二人の人生。何者でもなかった二人があらゆる荒波を乗り越え、“逆転しない正義”を体現したアンパンマンにたどり着くまでを描き、生きる喜びが全身から湧いてくるような愛と勇気の物語を届ける。

 実在の人物である小松暢とやなせたかしをモデルとするが、激動の時代を生きた波乱万丈の物語として大胆に再構成。 登場人物名や団体名などは一部改称してフィクションとして描き、原作はないという。また、ヒロイン・のぶ役はオーディションで決定する。

 脚本は、2014年前期の連続テレビ小説「花子とアン」も担当した中園ミホ氏が担当する。中園氏はNHKを通じてコメントを寄せ「アンパンマンが誕生するずっと前、小学生の私は、やなせさんと文通をしていました」と告白し「戦後80年、放送開始から100年目にあたる2025年、連続テレビ小説で、のぶと嵩のお話を書かせていただけることに、今、私は幼い頃のように胸を高鳴らせています」と喜んだ。

 ◆中園 ミホ(なかぞの・みほ)東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業後、広告代理店勤務、コピーライター、占い師の職業を経て、1988年にテレビドラマ「ニュータウン仮分署」で脚本家デビュー。徹底した取材を通じてのリアルな人物描写には定評があり、特に女性の本音に迫るセリフは多くの視聴者から共感を得ている。07年に「ハケンの品格」が放送文化基金賞と橋田賞を、13年には「はつ恋」「Doctor-X外科医・大門未知子」で向田邦子賞と橋田賞を受賞。その他の執筆作に「For You」「Age,35恋しくて」「やまとなでしこ」「anego」「下流の宴」「トットてれび」、連続テレビ小説「花子とアン」、大河ドラマ「西郷どん」、「七人の秘書」「ザ・トラベルナース」など。

2023年10月20日 11時55分

https://hochi.news/articles/20231020-OHT1T51049.html?page=1

eiga_joyuu

【NHK2025年度前期の朝ドラは「あんぱん」やなせたかしさん夫婦がモデル ヒロインはオーディションで決定】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/09/23(土) 00:08:14.25
 NHKは22日、2025年度前期の連続テレビ小説(第112作)のヒロインオーディションを開催すると公式サイトなどで発表した。作品概要などは、あらためて発表される。近年、ヒロイン(主演)はキャスティング(オファー)起用が多く、東京制作の朝ドラとしては2018年「半分、青い。」(永野芽郁)以来7年ぶり。“ニューヒロイン”誕生に期待が集まる。

 応募資格は1988~2006年生まれの女性。「既に劇団・プロダクション・演劇事務所に所属し、プロの俳優・タレントを目指している方。または既に活動している方」「行動力がありポジティブで、笑顔の素敵なヒロインを演じていただく、人間味にあふれた方を募集いたします。多くの皆さまからのご応募をお待ちしております」と呼び掛けた。

 ◇近年のNHK連続テレビ小説ヒロイン(主演)
 2018年前期「半分、青い。」永野芽郁(オーディション)
 2018年後期「まんぷく」安藤サクラ(キャスティング)
 2019年前期「なつぞら」広瀬すず(キャスティング)
 2019年後期「スカーレット」戸田恵梨香(キャスティング)
 2020年前期「エール」窪田正孝(キャスティング)(相手役・二階堂ふみはオーディション)
 2020年後期「おちょやん」杉咲花(キャスティング)
 2021年前期「おかえりモネ」清原果耶(キャスティング)
 2021年後期「カムカムエヴリバディ」上白石萌音・深津絵里・川栄李奈(上白石・川栄はオーディション)
 2022年前期「ちむどんどん」黒島結菜(キャスティング)
 2022年後期「舞いあがれ!」福原遥(オーディション)
 2023年前期「らんまん」神木隆之介(キャスティング)
 2023年後期「ブギウギ」趣里(オーディション)
 2024年前期「虎に翼」伊藤沙莉(キャスティング)
 2024年後期「おむすび」橋本環奈(キャスティング)

2023年09月22日 15:13

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/09/22/kiji/20230922s00041000321000c.html

pose_heart_hand_woman

【2025年春朝ドラ「ヒロインオーディション」開催決定!東京制作7年ぶり 近年はキャスティング起用】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/02/22(水) 10:04:30.03
2/22(水) 10:01配信 スポニチアネックス

 NHKは22日、来年2024年前期の連続テレビ小説のヒロインを伊藤沙莉(28)が務めることを発表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/16b62e01a2c2ca129613a5475c5751713df6f84f

pose_english_wow_woman

【【NHK】来年春朝ドラ ヒロインは伊藤沙莉】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/09/30(金) 09:23:39.35 _USER9
 9月30日、NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』が最終回を迎える。SNSの「反省会」が話題になるなど、視聴者の厳しい意見が終始絶えなかったドラマだが、《毎日ツッコミして、SNSで盛り上がる・・こんなに楽しい朝ドラは今までなかった。ちむどんロスになりそう》などという声もある。

 そこで本誌は、NHK朝ドラで「もっともおもしろくなかった」作品はどれかアンケート調査をおこなった。対象は、10年前の『純と愛』以降、『ちむどんどん』までの20作品。全国の20代以上の女性500人から回答を得た。

 1位は、やはりというべきか『ちむどんどん』。全体の3分の1以上となる172票を集めた。その理由は

《ストーリーが支離滅裂。一貫性がない。キャストの良さを殺してる》

《とにかく脚本が酷くて主演女優のこれからが心配》

《沖縄の良いところ、歴史を伝えるのにもっとスト-リ-ができそうなのに残念だった》

 など、ごもっともな意見。ストーリー展開や脚本に対する不満の声が目立った。

 2位は、101票を集めた『純と愛』(2012年後期、主演・夏菜)。

《全体的に暗く、特殊能力とか意味不明だった》

《朝から重苦しい気分になった》

《女優が好きではなかった。脚本が酷く、言葉も汚く、内容もひどかった》

『女王の教室』『家政婦のミタ』などを手掛けた遊川和彦が脚本を担当。従来の朝ドラにはないエキセントリックな作品だったが、放送開始直後から「朝向きではない」などの批判がNHKに殺到、視聴率も低迷した。

 この手のアンケートでは、比較的最近の作品が上位に来る傾向があるが、堂々の2位となった。インパクトの強さでは、朝ドラ史上1位かもしれない。

 3位には、29票で『まれ』(2015年前期、主演・土屋太鳳)。

《今、思い出しても印象に残っているシーンがない》

《主演女優の演技がわざとらしく感じた》

 この作品に関しては、ストーリーよりも、主演の土屋太鳳に対する厳しい意見が目立った。女性受けしない女優なのかもしれない。

 4位は、25票で『あまちゃん』(2013年前期、主演・能年玲奈)。

《周りが評判以上に持ち上げていたように思う》

《脚本家が好きではないから》

 宮藤官九郎脚本で、大いに話題を集めた作品にしては、意外な結果か。人気が高かったぶん、反発が大きいのかも。なかには《じぇじぇじぇしか覚えてない》という意見も。

 5位は、22票の『カムカムエヴリバディ』(2021年後期、主演・上白石萌音、深津絵里、川栄李奈)。
主演女優が好きではないという意見が多いなか、《話についていけなかった》という声も。2カ月ごとに時代が変わる100年間のストーリーについていけなかったということだろうか。

 以下、

・6位『半分、青い。』20票(2018年前期、主演・永野芽郁)
・7位『わろてんか』17票(2017年後期、主演・葵わかな)
・同7位『おかえりモネ』17票(2021年前期、主演・清原果耶)
・9位『マッサン』16票(2014年後期、主演・玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス)
・10位『エール』12票(2020年前期、主演・窪田正孝)

 となった。残り10作品は、いずれも10票以下という結果となった。

 ちなみに票がもっとも少なかったのは、『べっぴんさん』(2016年後期、主演・芳根京子)の4票。ここまで少ないと逆に、どんなドラマだったのかさえ憶えていないという可能性も……。

 10月3日からは、福原遥主演の『舞いあがれ!』がスタートする朝ドラ。どんな評価を受けるのか、「ちむどんどん(=胸がどきどき)」しながら放送開始を待ちたい。

SmartFLASH 9/29(木) 16:02
https://news.yahoo.co.jp/articles/f681d77aa23f5af5579aadc63156fcc0641553c5

figure_anti

【歴代NHK朝ドラ「おもしろくなかった」アンケート ダントツの1位はwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/08/26(金) 19:50:07.39 _USER9
 2023年度前期に放送されるNHKの連続テレビ小説「らんまん」の新たなキャストが発表され、広末涼子が朝ドラ初出演を果たすことが明らかになった。

 連続テレビ小説の第108作にあたる「らんまん」は、牧野富太郎をモデルに、日本の植物学の父と称される槙野万太郎の波乱万丈の人生を描く物語。主演を神木隆之介が務め、富太郎の妻・寿衛をモデルとした槙野寿恵子を浜辺美波が演じる。脚本はNHKでは特集ドラマ「流行感冒」「旅屋おかえり」などを手掛けた長田育恵。

 今回発表されたのは、高知編に登場する新たな出演者たち。神木ふんする槙野万太郎の故郷の家族など、彼の人生に大きな影響を与えることになる。志尊淳が万太郎の生家である酒蔵「峰屋」の番頭の息子の竹雄、佐久間由衣が万太郎の姉である槙野綾、笠松将が幼い頃から「峰屋」に出入りする蔵人の幸吉、中村里帆が万太郎が幼い頃から「峰屋」に奉公している働き者の女中・たまを演じる。笠松と中村は今作が朝ドラ初出演となる。

 そして、自由民権運動を支援する、通称“民権ばあさん”の楠野喜江に島崎和歌子、学問所「名教館」の学頭である池田蘭光に寺脇康文、万太郎の母で病弱ながらもやっと授かった万太郎のことを慈しむ槙野ヒサに朝ドラ初出演の広末涼子、万太郎の祖母・槙野タキに松坂慶子がそれぞれふんする。(編集部・大内啓輔)

2022年8月26日 15時05分
https://www.cinematoday.jp/news/N0132000
https://img.cinematoday.jp/a/1LOqsppmIce2/_size_1000x/_v_1661493261/main.jpg

pose_naruhodo_woman (1)

【広末涼子が朝ドラ初出演!「らんまん」志尊淳、佐久間由衣、笠松将ら新キャスト発表】の続きを読む