芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

連続テレビ小説

1: なまえないよぉ~ 2019/07/16(火) 06:18:48.61
NHK連続テレビ小説『なつぞら』に、視聴者からの不満が高まっている。

広瀬すず主演の『なつぞら』。戦争で両親を亡くした少女が北海道・十勝の開拓者一家に引き取られ、
やがて東京でアニメーターを目指すようになるというストーリーが描かれている。
朝ドラ100作目ということもあり放送前から話題を集めていたが、4月1日からの放送開始以降、
2週にわたって描かれた幼少期編は「泣ける」「感動する」として大反響を呼んでいた。

現在、『アニメーション編』が描かれている本作だが、視聴者からの評判はすっかり落ちてしまったという。

「実は『東京・新宿編』に突入して以降、視聴者からの評判が落ち始めているとのこと。
当初は、『北海道・十勝編』の反動では? と言われていたものの、主人公・なつの身勝手さが目立つようになってきた。
『なつぞら』の登場人物たちは基本的に無条件で親切になつに接するのですが、なつはその親切さを無下にするように反発することもしばしば。
第46話では、なつが川村屋に泊まっていることを知ったなつの兄・咲太郎(岡田将生)が、ひどい目に遭っていると勘違いしてなつを迎えに来る一幕がありましたが、
これにマダム(比嘉愛未)が『なつさんを幸せにできるの?』と忠告すると、なつはなぜか『マダムは、兄の何を知ってるんですか!』と反発。
初対面で泊まる場所まで提供してくれた恩人に接する態度ではないと批判が殺到する事態に。
『これも黒歴史朝ドラになるのか…』といった懸念も出ています」(ドラマライター)

「黒歴史」と呼ばれた朝ドラといえば、18年上半期に放送された『半分、青い。』が挙げられるが――。

「実は『なつぞら』と『半分、青い。』には共通点があると言われています。
第78回でなつが幼なじみの天陽(吉沢亮)の結婚を聞かされたシーンがありましたが、なつはそれに対し明らかに動揺していました
。『半分、青い。』でも、主人公の鈴愛(永野芽郁)がはがきで幼なじみの律(佐藤健)の結婚を知り、動揺しながらはがきを片手に住所まで押し掛けるという展開がありましたが、
なつも鈴愛も、かつてその幼なじみから告白され、その告白をスルーした身。『振っておいて明らかに惜しいことしたって顔するのやめなよ…。
鈴愛じゃん』『天陽くんなんて鼻にもかけてなかったのにショック受けるなんて鈴愛みたい』といったツッコミが多く聞かれました」(同)

とはいえ、「なつはあの鈴愛よりも自分勝手」「他人が鈴愛に厳しかった分、なつの方が助長してタチ悪い」といった声も多く見受けられている。
果たして『なつぞら』は今後どのような展開になっていくのだろうか――。

https://news.livedoor.com/article/detail/16778489/
2019年7月16日 6時0分 リアルライブ
001l (1)

【『なつぞら』、なぜ評判が落ちた? 伝説の“炎上朝ドラ”と共通点 ← またアンチがwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/07/13(土) 09:13:07.13
4月からスタートした連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合)が7月から残り3ヶ月となる後半に入った。
週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』のドラマ満足度調査「ドラマバリュー」のこれまでの推移では、過去3年間で最高平均満足度80.3Pt(100Pt満点)を記録した前期『まんぷく』と同じような推移を見せている。

■『まんぷく』を超える初回満足度でスタートした『なつぞら』

戦前から戦後の高度経済成長期にかけての激動の時代に、インスタントラーメンを発明した夫婦の人生を描いた『まんぷく』。
それまでの朝ドラは50Pt前後でスタートし、中盤から後半にかけて満足度を上昇させていくケースが多かったが、『まんぷく』は直近3年の朝ドラ作品で最高の初週満足度73Ptでスタート。
第4週には90Ptに到達し、その後も、大きくポイントを下げることのない推移で、80Pt超えの高い数値を維持したまま半年間にわたる放送を終えた。

一方、1946(昭和21)年初夏、戦災孤児となった9歳の主人公・なつが北海道の酪農一家に引き取られるところから物語がスタートした『なつぞら』。
不幸な生い立ちの主人公が、温かい仲間に囲まれ、誰からも愛される女性に成長していく王道の朝ドラとなる本作は、
初回で『まんぷく』を上回る過去最高の86Ptでスタート後、2話で早くも91Ptまで上昇。その後も80Pt台中盤を安定してキープするが、北海道編から東京編に移ってから70Pt台前後で落ち着いている。

■折り返しの7月1週目は伸びずも、この先へ期待

折り返しとなった7月1週目は、なつと兄・咲太郎が幼少時に生き別れになった妹・千遥の無事を知る、中盤のクライマックス。
久々に東京から北海道・十勝に舞台を移し、涙なしでは観られない姉妹の“再会の物語”が視聴者の涙を誘った。
しかし、東京と北海道における電話での会話のみで、姉妹の対面が果たされなかったことが影響したのか、同週の満足度は72Ptとここ数週から大きくは動かなかった。

お互いに再会を切望しながらも、当時の家族の事情から再会ができなかった2人。再会の直前までいきながら、その感動の瞬間を後半へ引っ張る物語構築のうまさが光ったが、視聴者にはストレスになったようだ。
しかし、物語としては、これからのなつの仕事における成長とともに、千遥との再会のポイントに向けて家族のパートを盛り上げていくことが予想され、ここからの満足度の上昇も十分期待できる。

『まんぷく』は、折り返し1週目で満足度62Ptだったが、そこから後半にかけて、起伏はありながらも確実に上昇させていった。
『なつぞら』は、これまでとくに北海道の家族にまつわるパートの満足度が高くなっていたが、なつの仕事における展開でも波乱を迎えそうな予感が漂ってきており、
それを苦労のすえに乗り越える成長が描かれていくことは、きっと満足度にもつながっていくことだろう。

なつが視聴者の共感を得ているキャラクターであることは間違いない。ここまで好調な推移を見せてきている『なつぞら』。この先も期待できそうだ

https://news.livedoor.com/article/detail/16767423/
2019年7月13日 8時40分 オリコン

no title

【『なつぞら』アンチさんが騒いでいるのに満足度高推移で折り返しwwwwwww】の続きを読む

1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec

1: なまえないよぉ~ 2019/07/08(月) 18:30:52.27
 女優の広瀬すず(21)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)の第14週の平均視聴率が21・6%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが8日、分かった。初週から第13週までに続き、14週も大台を超えた。

各日の番組平均は、
1日=20・1%
2日=20・9%
3日=22・2%
4日=21・3%
5日=22・4%
6日=22・8%だった。

初回22・8%と今世紀最高のスタートを切り、週平均も初週22・1%、第2週22・2%、第3週22・6%、第4週22・5%、第5週20・7%、第6週21・3%、第7週22・1%、第8週21・6%、第9週20・8%、第10週20・4%、第11週21・0%、第12週21・6%、第13週20・7%と絶好調をキープしていた。

 戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。

 節目の朝ドラ通算100作目。大河ドラマ「風林火山」などで知られる脚本家・大森寿美男氏(51)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。主題歌「優しいあの子」はスピッツが書き下ろした。9月28日まで全156話。

 第14週は「なつよ、十勝さ戻って来い」。東洋動画で短編の漫画映画制作が決定した。なつ(広瀬)と麻子(貫地谷しほり)はその原画に抜擢され、監督志望の坂場(中川大志)と企画を考えることになった。一方、北海道の柴田牧場に、ある女の子が訪ねて来ていた。身分を明かさない彼女をなつの妹・千遥と察した富士子(松嶋菜々子)は、即座になつに電話をかける。なつは会社を早退し、咲太郎(岡田将生)と十勝へ向かうが、丸2日はかかる。柴田家のみんなは必死に千遥を引き留めるが、彼女にはすぐに去らなければならない事情があった…という展開だった。

2019年07月08日 10:00芸能
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/08/kiji/20190705s00041000158000c.html

【【視聴率】「なつぞら」14週まで全週大台超えで絶好調キープ、アンチのイライラが心地よいwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/07/07(日) 14:43:15.15
 女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」で、ヒロイン・なつ(広瀬さん)の妹・千遥(ちはる)を演じた清原果耶さんが話題だ。7月1日放送の第79回で初登場すると、ドラマの序盤に漂っていた濃密な空気がにわかに復活。舞台が視聴者にとって思い入れの深い十勝であったことや、草刈正雄さん扮(ふん)する泰樹の温かな視線が近くにあったことも作用したとは思うが、清原さんの出現によって、ある意味、物語がリセットされたような気もする。それらを可能にしたのが、清原さんの確かな演技力に裏打ちされた“吸引力”。彼女の「見る人を引き込む芝居」の裏側に迫ってみた。

 ◇役と同じ気持ちになりながら、見ている人にも同じ気持ちを味わわせる

 清原さんは2002年1月30日生まれ、大阪府出身の17歳。女優デビューは2015年度後期の朝ドラ「あさが来た」で、同作以降も数々のドラマや映画に出演し、順調に活躍の場を広げてきた。初主演作となった2018年のNHKの連続ドラマ「透明なゆりかご」では、小さな町の産婦人科医院で「命」を見つめる看護師見習い・アオイ役に挑戦。主人公の「命」への祈りにも似た思い、気持ちの揺れ具合を繊細に表現するだけにとどまらず、物語にとって非常に重要なモノローグでは「語り」という才能も発揮し、高い評価を得た。

 「透明なゆりかご」の演出を手掛けた柴田岳志さんは当時、「台本の読みが的確」「自分のイメージをしかりと持っている」「表情が多彩」と熱のこもった口調で清原さんを評し、「驚異の16歳」と言い切っていた。多少のリップサービスもあったとは思うが、約1年が経過し、「なつぞら」における清原さんの演技を目の当たりにすると、あながち大げさではなかったと思える説得力がある。

 同じく「透明なゆりかご」の制作統括・須崎岳さんも当時、「本当に今、アオイとして何かを感じているんだなって画面を見ていて伝わるので、そこがまず素晴らしい」と高く評価。さらに「役と同じ気持ちになりながら、見ている人にも同じ気持ちを味わわせるってことは、どんな作品でも極めて大事なこと。それを16歳でやってのけるのは、やっぱりすごい」と感心していたが、この「役の気持ちにまで深く同化できること」こそが清原さんが画面の中で放つ吸引力の源なのかもしれない。

>>2以降に続きます

2019年07月07日 芸能 テレビ
https://mantan-web.jp/article/20190706dog00m200052000c.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【清原果耶「なつぞら」でも発揮された“吸引力” 役の気持ちにまで深く同化】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/07/03(水) 18:32:08.04
 女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の第81回が7月3日に放送され、清原果耶さんが演じる千遥(ちはる)が、広瀬さん扮(ふん)するなつのお下がりの洋服を着て、牛の乳搾りをする姿が描かれた。

 お下がりの洋服は、なつが高校時代によく着ていたチェックのシャツにオーバーオールという組み合わせで、ドラマのポスタービジュアルなどでもおなじみの格好。SNSでは「なつのお下がりを着る千遥」「千遥ちゃーーん! なっちゃんと同じ格好で出てきた! 可愛いーー!!」「千遥、オーバーオール似合う」「なっちゃんコスの千遥、可愛すぎ」「千遥の労働スタイル可愛い」といった声が上がっていた。

 また、ドラマの公式ツイッターでも、“なっちゃんコス”の清原さんと泰樹役の草刈正雄さんのツーショット写真がアップされ、「草刈正雄さんと千遥役・清原果耶さんを休憩スペースでパチリ。なつが着ていたチェックのシャツにオーバーオール、千遥も似合っていますか?」とつづられている。

 「なつぞら」は、100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。戦後、北海道・十勝地方に移り住み、移民1世の柴田泰樹から開拓者精神を学んだなつは、高校卒業後に上京。当時「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・山田天陽から手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく……というストーリーが展開する。



2019年07月03日 テレビ
https://mantan-web.jp/article/20190703dog00m200007000c.html
no title

【なつぞら、“千遥”清原果耶のなっちゃんコスが「可愛い」と話題にwwwww】の続きを読む