芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

近藤春菜

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/11(木) 20:53:05.19 _USER9
 飼い主に噛みついた“狂犬”がついに見捨てられた。吉本興業とエージェント契約を結んでいた極楽とんぼの加藤浩次(51)が3月末をもって契約を更新しないことが発表された。10日、加藤は「スッキリ」(日本テレビ系)で“吉本興業さんから契約を延長しない”と言われたことを明かし、驚いたと話した。

 事の発端は闇営業騒動で吉本興業の大﨑洋会長と岡本昭彦社長が宮迫博之(50)や田村亮(49)にパワハラをしたことで、加藤が“大﨑会長が辞めないなら俺は吉本を辞める!”とスッキリの放送中に吠えたことだ。同じMCの近藤春菜(38)も涙ながらに会社の体制を批判した。

■近藤がエージェント契約に切り替えられた経緯

 その後、加藤は専属エージェント契約という“半分退社”という形で落としどころとつけたが、その後近藤も同じくエージェント契約になったと、今年1月に「FRIDAY」(1月29日号)が報じた。

「近藤さんがエージェント契約になったことは報じられましたが、“いつ”エージェント契約になったのかということはあまり知られていないと思います。加藤さんが吉本のエージェント契約第1号なことは知られていますが、実は加藤さんの後、間もなく近藤さんも水面下でエージェント契約に変えられたようなんです。それは近藤さんの映像の権利処理をした時に明らかになりました」(テレビ局関係者)

 テレビ局関係者によると、吉本興業は「日本音楽事業者協会」(音事協)と呼ばれる団体に加盟しており、タレントの映像を二次使用する際はここに申請しなければならないというルールがある。しかし近藤の映像使用許可を申請したとき、音事協は“近藤さんは吉本所属ではないので申請の必要はない”と答えたことで“近藤は吉本のマネジメント契約がなくなった”ことが明らかになったという。

■契約延長には双方の合意が必要

「加藤さんは会社に楯突いたことによってクビになることは初めから決まっていたのだと思います。しかしパワハラが問題になっている最中にクビにすると、さらに騒ぎが大きくなる。だからエージェント契約という名のもとに半分解雇したような形をとった。そして双方の合意がなければ契約を延長できないという契約書に基づき簡単に吉本は加藤さんを切れたんです。これで他の芸人が軽々しく“エージェント契約をしたい”と言い出しにくくなりました。見せしめの効果も抜群ですね」(芸能レポーター)

 加藤に関しては、1993年のJリーグ開幕から続いてきた「スーパーサッカー」(TBS系)に続いて、「この差って何ですか?」(TBS系)もこの春に終了。近藤は3月末で「スッキリ」を卒業することが決まっている。

 加藤はTBSで2番組終了したが「がっちりマンデー!!」はまだ残っており、近藤に関しては日テレの「幸せ!ボンビーガール」が残っている。

「テレビ局に対する直接的な吉本の圧力は正直ないと思います。しかし編成などの幹部の吉本に対する“忖度”はやはりある。あの2人を番組に使うことで吉本から“敵”と見なされるかもしれないと恐れています。残りの番組も改編期を機に終了したり卒業したりする可能性は非常に高いと思います。しかも吉本が近藤さんとのエージェント契約を今後も続けていくとは限りません。恐らく加藤さんと同じ道を辿ることになるでしょう」(前出・テレビ局関係者)

“加藤の乱”に帯同してしまった近藤が次の標的となるのは時間の問題だろう。

3/11(木) 16:40
日刊ゲンダイDIGITAL

加藤浩次の“吉本クビ”はハナから既定路線 次の粛清は近藤春菜の“裏付け”にもつながる
次は…(C)日刊ゲンダイ
https://news.yahoo.co.jp/articles/25e898609208ce418b67d33785f55392e2c865e1
no title

【【チワワの乱】加藤浩次の“吉本クビ”はハナから既定路線 次の粛清は近藤春菜www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/15(金) 07:13:50.66 _USER9
’19年夏――本誌報道に端を発した「闇営業」問題で、最も厳しく吉本興業の姿勢を批判していたのが情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)だった。

MCの『極楽とんぼ』加藤浩次(51)は数分にわたって、上層部を糾弾。「経営陣が変わらないなら(吉本を)辞める」と宣言し、〝加藤の乱〟と視聴者に称賛された。この戦いに懐刀として参戦したのがサブMCを務める『ハリセンボン』の近藤春菜(37)だった。

吉本が芸人とまともに契約書をかわしていなかったことに嚙みつき、

「会長のおっしゃっていることと、芸人みんなの中での相違がすごくて、これで納得している芸人っていないんじゃないかなって思います」

と、大𥔎洋会長(67)までも、ブッタ切ったのである。歯に衣着せぬ人気芸人たちの発言で『スッキリ』は注目を集め、視聴率は急上昇した。

だが、〝反乱〟の代償は安くはなかった。大﨑会長と面談後、加藤は「専属エージェント契約」となったのだ。

「闇営業問題後、吉本が新たに導入した契約形態です。仕事の種類や量を自由に決められるかわり、仕事の斡旋以外のサポートがなくなります。スケジュールの管理や広報、営業、リスク管理も自分でやらなければならない」(芸能プロ幹部)

「吉本興業」の看板が使えるだけで(しかもギャラの一部を納めなくてはならない)、実質、フリーランスである。

ゆえにエージェント契約を選ぶタレントはごくごく一部なのだが――〝加藤の乱〟から1年半の時を経て衝撃のニュースが飛び込んできた。春菜がエージェント契約になったというのだ。時を置かず、3月末で『スッキリ』を降板することまで発表された。中堅芸人は「吉本に干されたのではないか」と案じる。

「今回、吉本側がエージェント契約を提示したといいます。1年半前、事務所批判をしていた友近(47)やたむらけんじ(47)もやはり、エージェント契約になっている。つまりこれは吉本の〝報復〟なのではないか。春菜の相方の箕輪はるか(41)はマネジメント契約のままですからね。契約変更を受けて春菜は担当マネージャーが不在となり、個人でマネージャーを雇う羽目になりました」

1月上旬、新しいマネージャーとラジオ局から出てきた春菜を直撃した。

――どうして急に『スッキリ』を降板することになったのですか。

「日テレの方と相談させていただいて、自分で決めました」

――いつごろですか。

「かなり前ですよ。去年だったかな……」

1/15(金) 7:02配信 
FRIDAY 

寒空の下、直撃に応じる春菜。「エージェント契約を結んだのは昨年の秋ごろ」(吉本関係者)だという 
https://news.yahoo.co.jp/articles/953fa61e45255d9b3be45f9e4f1ad2a35f1f791f
>>2続く
no title 【吉本に干された…?『スッキリ』降板の真相を近藤春菜に直撃!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/09(土) 00:02:54.48 _USER9
今年3月いっぱいで、レギュラー出演していた情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)からの卒業を発表した『ハリセンボン』近藤春菜。
ネット上では喜びの声が多数あがっている。


春菜は番組中にも挨拶をしたが、1月4日のブログでも再度《突然の発表になってしまい、申し訳ありません。スッキリで、とにかくたくさんの経験をさせていただきました。約5年間、何にも変え難い貴重な時間となりました。その経験を生かし、新しい環境で、いろいろなことにチャレンジしたいと思うようになりました》などと投稿。
なお、卒業は春菜の意思で、自ら番組からの降板を望んでいたという。


これにネット上では、

《春菜さんの人の良さが逆効果だったからよかった》
《叩けるような人には強気な発言をして、身内には甘いコメントばかりだったな》
《コメンテーターするほどの人生経験がなかった感じ。泣くか必死にコメントを捻り出してて、みてて辛かった》
《つまらない自己保身のコメントしかしない奴に需要は無い!》

など、コメンテーターとして失格だったと辛らつな声が多くあがっている。


近藤春菜は嫌々コメントしていた?

「春菜は芸能人の不倫問題を扱う際に、『周りが言うことじゃない』などと論じ、コメンテーターとしての仕事を放り投げることが多々ありました。こうした態度は、『仕事放棄』『偽善者』と批判され、誰も得しない展開になることもチラホラ。やはり芸能人でありながらワイドショーに出演するのは、坂上忍や立川志らくのように、視聴者からどれだけ嫌われようと、自分の意見を押し通せるメンタルが必要なようです」(芸能記者)


昨年2月に女優・鈴木杏樹の不倫問題を扱った時には、「当事者の問題ですし、(自分が)言うことじゃないっていうのは(不倫のニュースのたびに)毎回言ってますけど…」と嫌気がさしたようにコメントしていた春菜。
卒業が決まって、一番喜んでいるのは本人かもしれない。

近藤春菜『スッキリ』に愛想尽かして卒業? 本人もウンザリしていた報道姿勢 
https://myjitsu.jp/archives/251407

images

【近藤春菜『スッキリ』に愛想尽かして卒業?  本人もウンザリしていた報道姿勢】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/04(月) 07:02:51.30 _USER9
 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(37)が日本テレビの人気情報番組「スッキリ」(月~金曜前8・00)を今春で卒業することが3日、分かった。本人の希望によるものとみられ、今後は舞台での活動を中心に仕事の幅を広げていく。

 2016年に極楽とんぼの加藤浩次(51)が司会を務める同番組のサブMCに就任した。帯番組とあって月曜から金曜日まで出演しており、すっかりお茶の間の朝の顔として定着。ニホンモニターによる20年1月から11月のテレビ番組出演本数では「スッキリ」以外のレギュラー番組も合わせ女性1位の437本。スッキリに加入から5年連続の女性1位となっている。

 今回の卒業は、春菜の芸人としての思いがきっかけになったとみられる。テレビ局関係者は「日々、ニュースを見ながらコメントしてきたことは、凄く良い経験になっている。芸人としての反射神経も鍛えられ、春菜さんも大事にしてきた番組。ただ、真面目な性格ですし、ネタを作ったり、舞台を大切にしていきたいという思いも同じようにあった。それで決断したのでは」と話した。

 「スッキリ」では3月末にMCの水卜麻美アナウンサー(33)が卒業して「ZIP!」(月~金曜前5・50)に加入。後任を岩田絵里奈アナ(25)が務めることになっており、番組としてもリニューアルすることになる。

 春菜は、相方の箕輪はるか(40)とともに07、09年のM―1グランプリの決勝進出を果たすなど、若手の頃から漫才の実績もある実力派。バラエティー番組で出演者に、見た目をイジられた時の「〇〇じゃねえよ~」というノリツッコミにも定評があり、リアクション芸もピカイチだ。

 「劇場でお客さんを笑わせることが本当に好きなコンビ。昨年の厳しいコロナ禍の中で、いろいろ考えることもあったのでしょう。コンビ仲も良いし、はるかさんとともに、改めて本業の漫才に向き合うのだと思います」(芸人仲間)。スッキリで鍛えたコメント力も武器に今後はアドリブ満載の新しいハリセンボンが見られるかもしれない。近日中に春菜本人から報告があるとみられ注目が集まる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e05ac9d1f919af80a3239f3d2015d500b20a9bbc

images

【【朗報】近藤春菜「スッキリ」今春卒業 反射神経は鍛えられた。今後は本業漫才に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/07(月) 12:38:14.27 _USER9
12月4日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、前日に謝罪会見を開いた『アンジャッシュ』渡部建を特集した。サブMCの『ハリセンボン』近藤春菜が、いつものように正義感を全面に押し出し、ネット上では呆れ声が広がっている。

周知の通り、渡部は今回の会見を自ら希望したが肝心なところは何も話さず、芸能レポーターの質問から逃げ続けていた。あまりにも何も話さないことから何度も同じような質問をすることになり、結局会見は100分以上にもおよぶことに。すると世間ではなぜか、渡部に対して同情の声が続出。芸能レポーターを「やりすぎだ」と攻撃する流れが生まれた。

そして案の定『スッキリ』でも同じように、芸能レポーターを叩く流れに。MCの加藤浩次は「渡部を小馬鹿にするような感じの質問があってイラっとした」「なんでマウンティングしちゃってんの? 気持ち悪くねえか?」「なんで会見を早くやらなかったんですか? ってそれは渡部の判断、そこに関しては言う必要は無い」などと擁護した。

結論…渡部建を叩く世間が悪い!
そして春菜は、「私が一番に考えたのは、奥さんの気持ち。今後も渡部さんだけじゃなくて、世間も(妻の佐々木希を)傷付けちゃいけないなって思う」「この報道に関しては、ご家族内、相方の児嶋さんと話し合うということで、(他の人たちは)何もいわなくていいんじゃないかなと思って見ていました」と、世間に対して忠告。会見もする必要がなかったということを示唆した。

会見の必要性については、『バイキングMORE』(フジテレビ系)で土田晃之も「このご時世、会見いるの?」とコメントし、『ノンストップ!』(フジテレビ系)ではカンニング竹山が、「記者の方が会見しないで仕事する気だったんですか? みたいなことを言うんですけど、それ当たり前のことじゃないから」「会見して仕事するのが法律でもセオリーでもない」と指摘していた。

しかし前述の通り、今回の会見は渡部が望んだもの。芸能人たちは、渡部が無理やり会見に引っ張ってこられたように論じているが、これは明らかな間違い。ネット上でも春菜たちの意見に対して

《渡部が自分の都合で会見しただけなのに、何で世間が悪者になってるの? 世間の人を見下し過ぎだわ》
《奥さんに免じて批判をやめろと? 芸能人、芸人共のずっ友意識まじ気持ち悪いわ》
《会見するかどうかは渡部側の判断だし、べつに記者側も求めてたわけじゃないでしょ》
《なにも言われたくないならテレビ出てくるなよ。銭の亡者どもが》

と怒りの声をあげている。

ネット上のバッシングが問題視されて以降、事あるごとに芸能人の不祥事を視聴者のせいに責任転嫁する芸能界。世間がテレビを見放してしまうのも納得だ。

https://myjitsu.jp/archives/192511

images


【世間を見下し過ぎ!? 『スッキリ』近藤春菜の“渡部擁護”に批判殺到】の続きを読む