芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

転落

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/09/30(日) 01:20:38.24 ID:CAP_USER9
酒気帯びでひき逃げしたとして逮捕された元『モーニング娘。』の吉澤ひとみ容疑者(33)。その酒癖の悪さは方々から聞こえてくる。
数年前に泥酔した吉澤を見かけたというIT関係者は、その素顔をこう語る。

「芸能人御用達の会員制バーで偶然、吉澤さんに遭遇したんです。カウンター10席ほどのこぢんまりとした店で、吉澤さんは深夜に女友達と2人で来店していました。
すでに酩酊状態で、隣の友人女性にずっとしなだれかかっていましたね」

だが、その後、思いもよらぬ事件が起きたという。「酔っ払った吉澤さんは、フラフラとトイレに立ったんです。
その店のトイレは男女共用で、カウンターの客からも見える位置にあるんですが、なんとドアを完全に開けっ放しで便座に座り込んじゃって……」(前同)

さらに、吉澤は驚く“大醜態”をさらしたのだという。「なんと吉澤さんは、用を足したら、眠っちゃったみたいで……。
その間もドアは開けっ放しです。こんな調子ですから、今回の事件も彼女ならやりかねないと思いましたね」(同席していた別の客)

■元『モーニング娘。』の芸能界復帰は絶望的

アイドルとして、地の底まで堕ちてしまった吉澤。「通行者2人をケガさせたうえに逃亡ですから、芸能界復帰は絶望的。
一生、テレビには出られないでしょうね」(テレビ局関係者)

大手芸能プロ幹部は“堕ちたアイドル”の先輩を例にこう語る。「元WinKの鈴木早智子みたいになりそうで……。
鈴木は2009年には当時、不倫関係にあった俳優の津田英佑と艶系ビデオに出演。
現在はパチンコ依存症らしく、東京・豊洲のパチンコ店に一日中入り浸っている姿が目撃されています」

吉澤の今後が注目される。

http://dailynewsonline.jp/article/1529929/
2018.09.29 18:00 日刊大衆
no title

【吉澤ひとみ、元人気アイドルの転落…「バー泥酔」事件】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ


1: なまえないよぉ~ 2017/12/08(金) 01:21:03.74 ID:CAP_USER9
 民放キー局の2017年4~9月期決算によると、フジ・メディア・ホールディングス(HD)傘下のフジテレビジョンが唯一、営業赤字となった。一人負けに歯止めがかからない状態だ。視聴率の低迷が続き、広告収入が減った。復活への道は険しいようだ。

 フジ・メディアHDの連結決算の売上高は前年同期比4.8%減の3118億円、営業利益は12.3%減の116億円、純利益は8.8%減の116億円だった。減収減益決算となったのは、主力子会社フジテレビの不振が原因だ。

 フジテレビ単体の売り上げは1272億円。前年同期より166億円、11.8%減と大幅に落ち込んだ。営業損益は8億3600万円の赤字(前年同期は23億500万円の黒字)、最終損益は5億2200万円の赤字(同16億4700万円の黒字)に沈んだ。

 赤字決算になったのは放送収入が落ちたためだ。放送収入は918億円で前年同期より87億円、8.7%減った。番組の放送時間枠を販売するタイム広告は385億円。65億円、14.5%も落ちた。番組の間に流すスポット広告も463億円で、23億円、4.9%のマイナス。スポット広告は、これまでシェアが高かった化粧品・トイレタリー、清涼飲料、食品などが減った。視聴率の低迷で広告主が出稿を控えたことを端的に物語っている。

 ビデオリサーチの18年3月期上期視聴率調査(17年4月3日~10月1日、週ベース、関東地区)によると、日本テレビホールディングス傘下の日本テレビ放送網の一人勝ちが続く。日本テレビは全日(6時~24時)、ゴールデンタイム(19時~22時)、プライムタイム(19時~23時)ともトップで視聴率三冠王だ。

 フジテレビは全日が5.7%、ゴールデン7.7%、プライム7.6%で、民放キー局5社のなかの4位にとどまる。視聴率三冠王の称号は93年までフジテレビのものだったが、過去の栄光いまいずこだ。

 情報番組、ドラマ、ニュース、どれをとっても視聴率が振るわない。バラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』などが2018年3月で終わる予定だ。

 6月に就任したフジ・メディアHDの宮内正喜社長は、ドラマを視聴率回復の起爆剤にするつもりだが、10月にスタートしたドラマは大苦戦。期待が大きかった『民衆の敵』の10月1カ月間の平均視聴率は7.8%で、ドラマの視聴率ランキングで10位にとどまる。


続きは http://biz-journal.jp/2017/12/post_21616.html

【フジテレビが赤字転落wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
a1b79b91-s

1: なまえないよぉ~ 2017/09/23(土) 17:19:17.60 ID:CAP_USER9
浜崎あゆみはCD売り上げが低下、体重は激増しネットや週刊誌では"激太り"と揶揄される
エイベックス・マネジメント社内で、浜崎は今なお“女帝”であり続けているという
浜崎への批判が週刊誌に載ると、スタッフはネットニュースにならないよう電話するそう

浜崎あゆみ「ホールツアー」に堕ちても変わらぬ女帝ぶり スタッフは「悪口記事」封殺に必死で……
浜崎あゆみ
 2000年代には日本を代表する歌姫として、ミュージックシーンの頂点に君臨していた浜崎あゆみ。しかし、近年はCD売り上げが低下するとともに、体重も激増、ネットや週刊誌では“激太り”と揶揄される始末だ。
 さらに今年は「Just the beginning -20- TOUR 2017」と題して、全60公演に及ぶ長期間のコンサートツアーを行っているが、こちらはいわゆる「ホールツアー」。収容人数2,000人弱の会場が中心となっており、これまで少なくとも1万人規模のアリーナツアーを行ってきた浜崎にとっては、かなり小規模なツアーとなる。
「規模が小さくなった分、これまで行けなかった地方にも行けるというメリットがありますが、ビジネスとして縮小しているのは事実。また、最近の浜崎は長年喉を酷使しているからか、歌唱力が著しく低下しているという問題もあって、長いツアーは相当きついはず。ヘタしたら、今回のツアーが最後になってしまうかも……との声も聞こえてきます」(音楽業界関係者)
 そんな浜崎だが、所属するエイベックス・マネジメント社内では、今なお“女帝”であり続けているという。
「はっきりいって、ビジネス的には浜崎は完全に“お荷物”なわけですが、松浦勝人社長の肝いりでデビューし、長年会社を支えてきたアーティストとして、エイベックス社内では誰一人逆らうことはできません。04年にエイベックスのクーデター騒ぎがあったときも、浜崎が救う形で食い止めたということもありますし、社内では今でも松浦社長と肩を並べるほどの影響力があるようです」(同)
 そんな女帝だが、ネットでの評判が気になって仕方ないという。レコード会社関係者が裏側を暴露する。
「ネットでは浜崎に対する罵詈雑言が飛び交っていますが、浜崎はそれらの批判にものすごく敏感らしいですね。ちょっとでも悪口が書いてあるのを見つけると、周囲のスタッフに『これどういうこと? どうにかならないの?』と文句を言っているとか」
 しかし、現場スタッフが削除することなどできるわけもない。とはいえ、雑誌などに浜崎の悪口が書かれているのを見つけたスタッフが、浜崎の目に入る前に“先手”を打つこともあるという。
「たとえば、週刊誌に『あゆ激太り』なんていう記事が載っていたとすると、スタッフが編集部に連絡して、『どうにかネットニュースにならないようにしてもらえますか?』などと、お願いをしているらしいです。確かに、雑誌に書かれているだけではネットでも炎上しませんから、浜崎もそれなら気づかないということでしょう。とにかく、現場スタッフたちは、浜崎が気分を害することがないように右往左往しているようです」(同)
 女帝をお世話するスタッフたちの苦悩は、まだまだ続きそうだ。

浜崎あゆみ、凋落しても変わらず女帝に君臨か スタッフは「罵詈雑言」封殺に必死? 
2017年09月22日 14時05分 日刊サイゾー 
記事まとめ 

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-102776/ 【浜崎あゆみ、ホールツアーへ転落も女帝ぶり健在「ネットの悪口どうにかならいの?」スタッフ、記事封殺に奔走】の続きを読む