芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

赤江珠緒

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/01(金) 23:28:52.57
新型コロナウイルス肺炎で入院したフリーアナウンサーの赤江珠緒が、抗インフルエンザウイルス剤アビガンの投与を受け、その後病状が改善したことを、1日放送の『荻上チキ・Session-22』(TBSラジオ)に寄せたメールで報告した。

この中で赤江は「入院してからアビガンを処方してもらい、肺の状態が改善しています」と報告。「私は悪化しすぎる前のタイミングの良いところで投薬できた感があります」としている。

一方、同じ新型コロナの患者でもアビガン投与を受けられる人とそうでない人がいる理由について、赤江は医師から聞いた話として、アビガンの新型コロナへの効果についてはまだ研究段階で、「現在アビガンの研究を行っている機関とそこの研究対象グループとして申請した病院しか使えないのが現状のようだ」「患者は入院する病院を選べないが、たまたまその病院がアビガンの申請をしていれば使える」と説明。著名人や医療機関へのコネがある人しかアビガン投与を受けられないのではとの世間の憶測を否定している。

https://www.rbbtoday.com/article/2020/05/01/178766.html 
2020年5月1日 
20200502003

【新型コロナで入院の赤江珠緒、アビガン投与受け快方へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/19(日) 05:13:31.78
フリーアナウンサー赤江珠緒(45)が、新型コロナウイルス検査で陽性と診断されたことが18日、分かった。パーソナリティーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」(月~木曜午後1時)の公式サイトに寄せた本人コメントで明らかにした。テレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜午後9時54分)の総合演出を務める夫に感染の疑いがあったことから、13日からは同番組に電話出演していた。16日に同番組に寄せたメッセージでは、感染を隠す風潮への疑問や、娘の養育に対する不安もつづっていた。

  ◇    ◇    ◇

赤江アナはこの日、TBSラジオに寄せた文書で「赤江珠緒のPCR検査結果が出ましたので、ご報告致します。赤江珠緒本人は新型コロナウイルス『陽性』。娘は『陰性』でした」と報告した。15日に発症し、現在は娘と自宅で療養しているという。

赤江アナは13日の「たまむすび」で、12日に感染が判明したテレビ朝日富川悠太アナウンサー(43)がメインキャスターを務める「報ステ」総合演出の夫に新型コロナ感染の可能性があること(15日に陽性と診断)を明かした。自身にも感染が心配されたため、同日から電話出演に切り替えていた。赤江アナは「念のため11日以降は家族揃って社会活動を一切止めておりました。回復してラジオに復帰しましたら、私どもの体験をお話できたらと思っております」とつづった。

赤江アナは2日の放送を声の不調を理由に電話出演したが、翌週は通常出演。最後にスタジオ出演したのは9日で、電話出演した13日は自身の体調について「何の症状もなく」と報告していた。同局によると、感染防止のため、スタジオは空気殺菌装置を導入し、共演者の間にアクリル板を設けるなど対策をとっていた。共演者や制作スタッフに濃厚接触者はいないという。赤江アナの復帰時期は未定で「症状が回復したのち、本人およびご家族の体調を考慮して、改めて調整しお知らせする予定です」。

関係者は赤江アナの現在の病状について「発熱とせき込むことはあるが、息苦しさはない」と説明。2歳の娘にウイルスをうつさないよう気をつけながら過ごしているという。赤江アナは16日、同番組に寄せたメッセージの中で夫の感染を伝えるとともに「わが家の場合、親が共倒れになった場合の、子供の面倒は誰が見るのという問題があります」と娘の養育に対する不安を吐露。娘は陰性と診断されたが、陽性の自分が世話をせざるを得ない状況に不安を抱えているという。

同メッセージでは、家族が感染した立場から入院などに備えた事前準備の大切さも説明。批判を恐れて感染を隠す風潮にも疑問を示し「状況をひた隠しにすればするほど、この病の実態は世の中に見えてこない気もしています」と危惧していた。

<赤江アナが新型コロナ検査で陽性と診断されるまで>

▼4月2日 声がかれていることから「たまむすび」に電話出演

▼同6~9日 通常通りスタジオ出演

▼同11日 夫が高熱、頭痛、背中の痛みを訴える

▼同12日 夫が軽度の肺炎と診断され、PCR検査を受ける。富川アナの陽性をテレ朝が発表

▼同13日 夫の新型コロナ感染の可能性から「たまむすび」に電話出演

▼同14日 「たまむすび」に電話出演

▼同15日 新型コロナの症状が出る。「報ステ」CPと総合演出を務める夫の陽性をテレ朝が発表

▼同16日 「たまむすび」に文書を寄せ、夫の陽性を報告

▼同18日 自身の陽性を文書で発表

◆赤江珠緒(あかえ・たまお)1975年(昭50)兵庫県生まれ。神戸女学院大卒業後、97年に大阪・朝日放送に入社。
98年に夏の高校野球の実況を担当、ラジオでは女性初だった。03年からテレビ朝日系「スーパーモーニング」の司会を担当し、06年に同「サンデープロジェクト」のキャスターも務めた。
07年にフリーに転身し、08年に同局社員と結婚。12年からTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」のパーソナリティー。

https://news.livedoor.com/article/detail/18141622/
2020年4月19日 5時0分 日刊スポーツ

no title

【感染の赤江珠緒「面倒は誰が…」2歳娘は陰性も不安 ← テレ朝の犠牲者か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/24(水) 13:22:11.27 ID:WiZNXulc9
19日発売の写真週刊誌「FRIDAY」で芝生デートが報じられたフリーアナウンサーの赤江珠緒と博多大吉が24日、赤江がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「たまむすび」(月~金曜・後1時)に生出演した。

赤江は、18日の同番組などで今回の記事について「恥ずかしい写真が出ます」と報告し、記事の内容については不倫関係を否定し
「有根といいますか、書いてあることは全て事実です。無根ではないんですよ」と話し、「怒られました。いろんな人に。家族とか、うちの旦那とかにも原っぱだからって寝転がっていたらダメだって」と反省したが、
番組水曜パートナーの大吉は、報道についてこれまでコメントしていなかった。

大吉は、前番組の「ジェーン・スー生活は踊る」とのリレータイムで「渦中のコンビです。みなさんお待たせしました」と笑わせていた。スタッフの対応に「こんなに腫れ物に触るってこんな感じなんや」と明かしていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16365326/
2019年4月24日 13時3分 スポーツ報知
no title

【赤江珠緒&博多大吉、芝生デート報道後、初の生共演…「渦中のコンビです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/20(土) 10:29:45.54 ID:O3D08TDO9
「フライデー」2019年5月3日号(講談社)によって、お笑い芸人「博多華丸大吉」の博多大吉との“ダブル不倫疑惑”が報じられたフリーアナウンサー・赤江珠緒。
赤江アナ18日放送のラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)で不倫関係を否定したが、彼女の行動に「あざとい」「相談女だったのか」といった非難が集まっている。なお、二人は『たまむすび』の水曜日にタッグを組んでいる。

同誌によると、二人はイタリアンレストランで食事をした後、芝生のある公園に移り“芝生のベッド”に寝転がりながら桜を観賞。時折見つめ合う様に言葉を交わしていたという。
また、お花見デートの4日前にも赤江アナと博多大吉は西麻布で食事をしており、二人であるく姿は非常に怪しく“男女の仲”に見えたそうだ。

赤江アナ、博多大吉共は共に既婚者であり、本当に男女の仲であれば“ダブル不倫”ということになる。
ただ、今回の報道では二人の不倫を決定付ける記載や、証拠であるキスやベッド写真、「LINE」のスクショ等はない。あくまでも疑惑の域に留まっている。

また、「フライデー」が博多大吉の所属事務所に赤江アナとの関係を問い合わせると、「赤江さんはもちろん他の出演者とも仲がいい」と不倫関係ではないと主張。
一方、赤江アナは同誌が発売される前日の18日に『たまむすび』で報道のいきさつを語った。

赤江珠緒アナは博多大吉に“相談”を持ちかけた
 
赤江珠緒アナによると、博多大吉と食事をしたのは『たまむすび』の今後を相談するためだったという。そして、食事後に時間が余ったため花見をしただけだと説明した。
また、赤江アナは週刊誌に載るとわかった際、夫にも叱られたようで「ダメだって。どう見ても怪しく見えるとすごい怒られた」「本当に恥かしい」と発言。夫婦関係に亀裂は入っていないことをアピールしていた。

赤江アナの釈明によって、不倫関係ではないとみる人も多いが、既婚者でありながら疑われるような行動をとった二人に否定的な意見が続出している。

特に、相談を持ちかけた赤江に対しては「あざとい」「相談女」との指摘が。相談女とはその名の通り、「相談を持ちかける女性」のこと。既婚者やパートナーがいる男性に対して
「相談」を隠れみのに近づき略奪を狙うことが主な目的とされているが、そういった目的も悪気もなく相談をする人もいる。赤江アナは後者だったのだろうか。

男性のなかには相談を受けるうちに「頼られて嬉しい!」「彼女を守ってあげたい!」という心理が芽生え今カノから乗り換えたり不倫に走る人もおり、なんとも単純だ。

ちなみに、このゴシップを取り上げた4月19日放送の『ビビット』(TBS系)では、20?70歳の男女100人に緊急アンケートを取ったそうで、
「それぞれ家庭のある男女が公園の芝生で寝転ぶ あり?なし?」の質問に「あり」が37人、「なし」が63人だった。

さて、赤江アナは水曜日の『たまむすび』で、博多大吉も交えて騒動について語ると述べている。きれいさっぱり“ダブル不倫疑惑”を払拭することはできるのか。

messy / 2019年4月20日 1時10分
https://news.infoseek.co.jp/article/messy_69711/

写真
no title

【博多大吉と“ダブル不倫疑惑”の赤江珠緒アナは「相談女」だった?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/18(木) 16:24:28.15 ID:vkbKwhOR9
 フリーアナウンサーの赤江珠緒が18日、TBSラジオ「たまむすび」で、自身と博多大吉の2ショットが19日発売の週刊誌で報じられることをリスナーに報告。「恥ずかしい」を連呼し、詳細を説明。「すべて正しい。事実無根ではなく事実有根」と語った。

 赤江は冒頭から、この日のパートナーだった玉袋筋太郎へ「ちょっとどうします?玉さん」といきなり切り出し、「ラジオを聞いて下さっているリスナーさんは何のこと?という状態だと思いますが…」と、自身が19日発売の週刊誌に取り上げられることを報告した。

 「タイトルだけいっていい?博多大吉、赤江珠緒、芝生のベッドで寄り添う」と見出しを読み上げ「今日、休みたいというぐらい恥ずかしい」とコメント。

 赤江は「たまむすび、色々ありまして。今後どうするかと話し合って相談しようとなってまして」と大吉に相談をもちかけていたといい、NHKの「あさイチ」に出演している大吉が、次の仕事まで時間があるタイミングでランチをしようと持ちかけたという。

 そこで「込み入った話もあるから」と赤江が青山のお店を予約。そこで食事をした後に、まだ時間があったことから「ランチは(店の)時間も限られているから、お店を出て。そっから喫茶店もあれだし、桜が満開の晴天。公園があったから桜でも見て時間つぶして会話しますかと」と公園に行ったと説明した。

 そこにはサラリーマンの団体などが花見をしていたといい、周囲にはたくさんの人がいたと説明。すると桜の木の下で宴会をしていた人達が引き上げたことから「あの下が一番いい桜ですよと」と移動したという。

 「後のお話しは、当事者と水曜にお会いしますから」と来週の番組で大吉も交えて語ると約束。またこの報道が出る事を知り「怒られました。いろんな人、家族、旦那とか」ともコメント。夫からは「ダメだって。どう見ても怪しく見えるとすごい怒られた。昼間の人もいる真っ青な公園だからいいかと…」と反省しきり。「本当に恥ずかしい」と繰り返していた。

2019年4月18日 14時1分 
http://news.livedoor.com/article/detail/16335330/ 
no title

【フリーアナ赤江珠緒、明日発売の週刊誌で博多大吉との2ショットを掲載へ】の続きを読む