芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

資生堂

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/05/25(土) 16:55:56.49 ID:O5DGMLjf9
◆ 資生堂CMが炎上で公開中止 なぜ資生堂の広告で女性蔑視が繰り返されてしまうのか

資生堂の日焼け止めブランド・ANESSA(アネッサ)のCMが物議をかもしている。資生堂は5月16にアネッサのブランドサイトとYouTubeでウェブ動画を公開したが、たった1日でプロモーションを終了したのだ。

そのウェブ動画は『みんなで筋肉体操』(NHK)でおなじみの武田真治、村雨辰剛(庭師、タレント)、小林航太(弁護士、タレント)の3人が水色の短パンに上半身裸という格好で筋トレをしながら製品の特色を紹介するという内容だった。人気番組と連動したこの企画はネット上で話題となったが、公開翌日に突如閲覧ができなくなり、ブランドサイトからも削除されてしまった。

わずか1日での公開終了というのは不可思議な現象。資生堂側は<プロモーションの期間が終了したため>と説明しているが、素直に信じろというほうが無理な話だ。

そもそもアネッサのプロモーション動画は公開されるや否や炎上していた。理由は出演者の一人である小林航太のツイートだった。彼は今年の4月、デモに対して<法教育以前に, 正義感振りかざしてオナニーしたいだけの人達には日本語が通じないんだよな。>とツイートし、ネット上で異論が噴出していた(現在は削除済み)。

このツイートは、3月に全国で相次いだ性暴力の無罪判決に異議を申し立てるフラワーデモが行われた直後のもので、性犯罪の被害者や支援者への揶揄に多くのネットユーザーが反論。そしてアネッサの動画公開に際しても、「なぜ主に女性をメインターゲットにする商品のイメージキャラクターに、このような価値観の人物を起用するのか」と疑問の声が相次いでいた。このCM動画に怒りを表明し、「不買」を宣言する人までいた。

今回のプロモーション動画取り下げに、こうした批判が影響していることは明らかである。しかし資生堂側は、プロモーション公開取り止めの理由を説明しようとしていない。その姿勢自体に、疑問を抱かざるを得ない。

■ 「25歳以上の女性は可愛くない」CMから地続きの問題

資生堂は化粧品を扱う企業であり、国連女性機関(UN Women)と連携して<日本社会に未だ根強く残る性別役割分担意識などの固定観念を払拭し、ジェンダー平等な社会を実現するため、これからの日本の未来を担うGeneration Z(若年層)を対象としたジェンダー平等啓発ワークショップの開催を支援>してもいる。一方で、女性蔑視的な価値観の広告で批判を浴びたこともある。そのひとつが、2016年に放送されたインテグレート(INTEGRATE)のCMだ。

小松菜奈、森星、夏帆の3人を起用し、商品のメインターゲットである「25歳の女性」をテーマにしたストーリーを描くCMだったが、その内容は商品ターゲットの女性に前向きな気持ちを抱かせるものではなかった。

CM第1弾は、小松菜奈演じるキャラクターが25歳の誕生日を迎えるバースデーパーティーの様子を描いた。他の2人が25歳になった彼女に対し<もうチヤホヤされないし、ほめてもくれない。下にはキラッキラした後輩。週末ごとにアップされる結婚式の写真。白いタキシードうける(←元カレ)。やばい、なんで? いつからこうなった? カワイイという武器はもうこの手にはない>と畳み掛ける。年齢や性別によって人生が制限されるこの世の“地獄”を肯定してしまうような内容であり、“もう若くはない女性”への脅しのようでもあった。

さらに続編CMでは、眼鏡でサンドウィッチを頬張りながらパソコンに向かうオフィスで仕事中の小松菜奈に対して上司が<今日も頑張ってるね~。(でも、)それが顔に出ているうちはプロじゃない>と指摘。これに対しても「女性は疲れを顔に出すことすら許されないのか」といった批判が多く起きた。化粧を女性自身の楽しみではなく、周囲の視線を意識した身だしなみとして押し付けるような描写は、化粧品ブランドとして致命的だった。

批判の声を受けて資生堂はCMの放送を中止。広報担当者は<大人の女性になるために試行錯誤している女性を前向きに応援するという、こちらが意図していたメッセージが視聴者に十分に伝わらなかった点などを総合的に判断した結果となります>と説明した。

■ 水原希子の「#MeToo」

昨年は、モデルの水原希子が意味深な告発をしたことも話題になった。モデルのKaoRiが写真家の荒木経惟から受けたセクハラなどについて告発した際、水原も「#MeToo」と声を上げたのだ。

水原希子はインスタグラムのストーリーで、広告撮影中に覚えた違和感を告白した。

※続きは下記のソースでご覧ください

wezzy 2019.05.21
https://wezz-y.com/archives/66091

00bed3

【資生堂CMが炎上で公開中止 なぜ女性蔑視の広告が繰り返されてしまうのか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/02/21(木) 10:05:00.71 ID:uao2QFZ19
 モデルの蛯原友里(39)が、日焼け止めブランド資生堂アネッサのCMに10年ぶりに出演する。05年から4年間、同ブランドのイメージキャラクターを務めており、06年にはビキニを外しトップレス姿でシャワーを浴びる姿が大きな反響を呼んだ。

【写真】2006年に資生堂アネッサのCMに出演し、社会現象を巻き起こした蛯原友里
no title


 私生活では09年に「RIP SLYME」のILMARI(43)と結婚。15年には第1子男児を出産した。新CMでは、子役の男の子に優しくほほ笑みかける“ママの顔”を見せている。

 蛯原は「私も1児の母になり、これまでと違う立場でアネッサを紹介できることをとてもうれしく思います」と笑顔。沖縄で行われた撮影を「久しぶりにお会いするスタッフさんと思い出話をしたり、楽しく撮影ができました」と振り返った。

2/21(木) 9:39
スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000004-spnannex-ent

【エビちゃん、蛯原友里 10年ぶり資生堂アネッサCM出演、優しい“ママの顔”見せる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
水原希子3

1: なまえないよぉ~ 2018/04/17(火) 23:04:17.45 ID:Yl6/hu640 BE:292723191-PLT(19081)
4月9日、水原希子がインスタグラムを更新。
モデルのKaoRiがアラーキーこと写真家の荒木経惟の言動を告発したことに言及し、
その流れで「モデルは物じゃない。女性は性の道具ではない」とのメッセージと共に
自身の体験談を明かしたのだ。

「それはある企業の広告撮影で、彼女が上半身裸になって撮影に臨んだ時のこと。
その時だけなぜか上層部とおぼしき20人ほどの男性社員がスタジオに現れた。
水原が『裸だから撮影中は見られたくない』と伝えたところ、
『写真を確認しなくてはならないから』という理由で、大勢の男性に裸を見られながらの
撮影を強いられたといいます」(女性誌記者)

ハリウッドや政界、テレビ界でのセクハラ問題が大きく話題を呼んでいる昨今、
この投稿もネット上で注目を集めた。そして「内容が一致している」と関連が疑われて
いるのが、2013年元日に資生堂が展開した新聞広告だという。

「ネット上では当該広告が拡散され、多くの人が『コレか!』と確信しているようです。
『わたし、開花宣言。』と題したその広告には、『一瞬も一生も美しく』というコピーが躍り、
上半身裸の状態で胸を手ブラで隠す水原がデカデカと写っている。
撮影者はまさにアラーキーで、宣伝部のS氏がディレクションしたようです」(芸能ライター)

こうした疑惑が浮上していることに対して、資生堂サイドからは未だ公式声明が出されていない。

「こういう裸に近い撮影をする時には、男性スタッフは最低限にして女性スタッフだけで
行うのが普通です(前出・女性誌記者)
http://www.cyzo.com/2018/04/post_158643_entry.html
no title

【水原希子に恥づかしいことをさせたセクハラ企業は資生堂だったwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
水原希子3

1: なまえないよぉ~ 2018/04/13(金) 19:55:39.95 ID:CAP_USER9
複数の男性が周囲にいる状況で、上半身裸での写真撮影を強要された――。モデルの水原希子さん(27)のこんな訴えをめぐって、インターネット上で関連が疑われている広告がある。
資生堂が2013年元旦に展開した新聞広告だ。水原さんの投稿と撮影時期、内容が一致しているなどとして、ネット上に「これ資生堂かな?」といった疑いの声が相次いでいるのだ。

■水原さん「モデルは物じゃない」

水原さんは18年4月9日、インスタグラムの「ストーリー」機能で、アラーキーこと写真家の荒木経惟氏(77)の言動を告発したモデルのKaoRiさんのブログに言及した。
2001年から16年まで荒木氏の「ミューズ」として撮影モデルを務めたKaoRiさんはブログで、外部の人間がいる前でヌードを強要されたことや、無報酬の仕事が多数あったことなどを明らかにしていた。
こうしたKaoRiさんの告発に対し、水原さんは「長い間どれ程苦しかったか、想像するだけでも心が痛みます。勇気をもってこの話をシェアして下さった事に感謝します」。その上で、

  「この業界にいる若いモデル そして女性、男性にもこの記事を読んでほしい。モデルは物じゃない。女性は性の道具ではない」とのメッセージを投稿した。

 水原さんは続けて、自身の過去の経験も告白した。彼女が20代前半の頃、ある企業の広告撮影で「上半身裸になって手で胸を隠して撮影することがあった」として、
  「その時だけ何故か沢山の男の人、多分上層部であろう20人くらいの社員の人達がスタジオに来て、裸だから撮影中は見られたくないと伝えたけれども、写真を確認しなくてはならないからと言う理由で、結局、仕事だからと拒否できないんだよと言う理由で、沢山の男性に裸を見られる環境の中で撮影を強いられた事があった」と打ち明けたのだ。投稿の末尾では、「もちろん撮影中、緊張して固まってしまった」とも振り返っている。
資生堂は社内調査を行うも...

 こうした水原さんの告白を受けて、ネット上では資生堂が13年元旦に展開した新聞広告に注目が集まっている。
 「わたし、開花宣言。」と題した広告で、両胸を手で隠した上半身裸の水原さんが笑顔を浮かべる写真が大きく掲載されている。このとき、水原さんは22歳。撮影内容、時期ともに水原さんの告白と一致している。

 資生堂公式サイトに13年5月に掲載された記事によれば、この水原さんの上半身ヌードを撮影したのは荒木経惟氏だ。広告のディレクションは、資生堂宣伝部の澁谷克彦氏が担当したという。

 これらの情報から、ツイッターやネット掲示板では、「これ資生堂かな?」などと関連を疑う書き込みが続出。さらには、「資生堂のイメージめっちゃ悪くなった」「資生堂の印象変わる...ショック」などと訴えるユーザーまで出ていた。

 こうした疑いの声について、当の資生堂はどう答えるのか。J-CASTニュースは18年4月10日、資生堂グローバル広報部に取材を依頼。水原さんの告発に関し、資生堂の広告写真との関連を疑う声が出ていることについて、事実確認を求める質問状を送った。

 資生堂からは13日、次のような回答があった。
  「水原さんの所属事務所にも事実確認を依頼し、社内での調査も行いましたが、結果として、当社での広告撮影時に起きた出来事かどうかについては分かりませんでした」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000011-jct-soci&p=2

【【いつもの】水原希子、ヌード撮影「強要」を告白 資生堂が事実関係を調査も...「分かりませんでした」wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/07/20(木) 16:19:53.99 ID:CAP_USER9
 女優の吉岡里帆(24)が20日、都内で資生堂の「エリクシール 新泡洗顔」新CM発表会に出席した。

 放送中のTBS系連続ドラマ「ごめん、愛してる」(日曜・後9時)でヒロイン役を務めるなど躍進著しい吉岡は、同商品などを含めCM7本に出演中。自身初の化粧品のCMとあって「すごくうれしくて…。ひたむきな思いで臨みました」と笑顔で語った。
CMでは急勾配の坂道を「とりあえず今頑張る!」と叫びながら走るシーンがあるが、ブレイク中の自身に重ね合わせ「これからの未来に向けて『とりあえず今頑張ろう』と私も思っている。気持ちと劇中の女の子がリンクして感慨深かったです」と振り返った。

 イベントではもこもこの泡にキスする「泡チューポーズ」を披露。キュートな表情で会場の報道陣をメロメロにさせていた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000099-sph-ent
no title


no title

no title

no title

【キュートすぎ!吉岡里帆の「泡チューポーズ」に会場メロメロ】の続きを読む