芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

謝罪

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/09/14(火) 17:07:41.87 _USER9
日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」が14日、公式サイトで7日の放送回内容の一部について謝罪した。番組で取り扱った「ひどい肌荒れがまさかの方法で回復」の放送内容について、日本皮膚科学会が抗議していた。

 番組サイトで「9月7日の放送で、肌荒れを克服した女性の体験談をお伝えしました。番組内容で、治療中の多くの患者の皆様とそのご家族、携わる医師の方にご心配及びご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」と謝罪。

 「VTRでは、ステロイド薬の使用を中止したエピソードに触れました。一方で、日本皮膚科学会のホームページによりますとステロイドの外用薬は、皮膚炎の炎症を十分に鎮静することができるなど、有効性と安全性が科学的に立証されている薬です。正しく使用すれば、全身性の重篤な副作用は起きないとされています。患者の方が自らの判断で急に薬の使用を中止すると症状が悪化し、白内障や網膜剥離などのリスクがありますので、絶対にやめてください。治療は、医師の指導に従ってください。また日本皮膚科学会などのホームページも参考にしてください。今後、番組では再発防止に努めてまいります」と記した。

 この日、日本皮膚科学会がサイトを更新し、「ザ!世界仰天ニュース」の放送内容について「『ステロイドは本来体内で作られるが、ステロイド薬の使い過ぎにより体内でステロイドが作られなくなった。』(23:53)や、『再び体内で作られるようにするには、ステロイド薬を断つしかない』(24:09)といった、科学的に明らかに根拠のない内容もあり、患者さんへの悪影響が懸念されます」と問題視。

 「日本皮膚科学会、日本アレルギー学会、日本臨床皮膚科医会、日本皮膚免疫アレルギー学会、日本小児アレルギー学会、日本小児皮膚科学会、日本アレルギー友の会(患者会)は以下に当番組の問題点を指摘します」とした上で、4点について指摘した。

 1.ステロイド外用薬の使用を、種類も使用法も区別すること無く否定し、ステロイド外用薬を用いた治療中の患者さんに恐怖と不安をあおる内容であったこと。

 2.脱ステロイド「療法」という用語を用いることで、ステロイド外用薬を使わないことをひとつの治療法として、あたかも疾患が治るかのごとき期待を抱かせる内容であったこと。

 3.ステロイド外用薬を使うことの危険性を把握し、「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」に沿って診療を行っている医師と患者さんに不必要な不安と妨害を与えるものであったこと。

 4.番組を視聴した結果、多くの健康被害をもたらす可能性が高いこと。

 続けて「マスメディアは科学的根拠に裏打ちされた情報を基に、患者さんの利益になる番組を制作することが使命であると考えます。そのため、当番組を制作・放映したことに対して、日本皮膚科学会、日本アレルギー学会、日本臨床皮膚科医会、日本皮膚免疫アレルギー学会、日本小児アレルギー学会、日本小児皮膚科学会、日本アレルギー友の会から連名で日本テレビに対して厳重に抗議しました」と記載した。

スポニチ 9/14(火) 15:05
https://news.yahoo.co.jp/articles/a6a84a2ea4bf478ead39a140170ee8aba4554545

pose_syazai_man

【<日テレ>「世界仰天ニュース」放送内容を謝罪! 日本皮膚科学会が抗議文】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/12(木) 21:58:06.69 _USER9
東京五輪女子フェザー級で日本女子初の金メダルを獲得した入江聖奈(せな、20)=日体大=を扱ったTBSテレビ系情報番組「サンデーモーニング」で、野球解説者の張本勲氏(81)が女性およびボクシングを蔑視した発言をした問題について、日本ボクシング連盟は12日、TBSから謝罪文を受け取ったと発表した。

8日の放送に出演した張本氏が「女性でも殴り合いが好きな人がいるんだね。見ててどうするのかな。嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね。こんな競技好きな人がいるんだ」と発言。同連盟は10日付でTBSに抗議文を送付していた。

謝罪文は「サンデーモーニング」の制作プロデューサー名で、同連盟の内田貞信会長(47)宛てに送られ「張本氏の発言は、入江聖奈選手が金メダルを獲得したことについて、日本中が沸き立つ快挙であり、この目覚ましい成果に対し『あっぱれ』との賛辞を贈り、称賛することが本意でした」などとした。

続けて「しかしながら、張本氏の発言の中には、ご指摘のように『女性及びボクシング競技を蔑視した』と受け取られかねない部分があり、これについては本来であれば番組内で対応すべきでした。当番組として、不快に思われたボクシング関係者や視聴者の皆さまに誠に申し訳なく存じます」と謝罪した。

張本氏のコメントも添えられており「私は元々ボクシングが大好きで、白井義男さんやファイティング原田さんが世界チャンピオンになった時に、飛び上がって喜びました。今回、入江選手が金メダルを取った時も、飛び上がって喜んでいました。今回の私の発言は言葉が足りませんでした。入江選手の快挙を称えると共に、自分も金メダルを取れるのではと思って、ボクシングをやる女性が増えてほしいということを本当は言いたかったのです。言葉足らずで反省しています」としている。

TBSが張本勲氏の発言を謝罪 張本氏は「言葉足らずで反省しています」
https://news.yahoo.co.jp/articles/9ff1dd14cddba918a5a3580af6de7f362bdbf086
サンスポ

pose_syazai_man

【TBSが張本勲氏の発言を謝罪 張本氏は「言葉足らずで反省しています」サンモニからボクシング連盟会長に謝罪文 ← これ謝罪か?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/11(水) 08:48:28.90 _USER9
 テレビ朝日の東京五輪番組を担当していたスタッフ10人が、閉会式が行われた8日の夜に打ち上げ名目で飲酒を伴う飲み会を行っていた問題で、同局は11日、「羽鳥慎一モーニングショー」(月曜~金曜前8・00)で謝罪した。

 スポーツ局の社員ら10人が、緊急事態宣言中の8日夜から9日未明にかけ、都内のカラオケ店で飲酒。このうち社員1人が店を出る際に誤って外に転落して負傷し、救急搬送されて入院中とした。斎藤ちはるアナが「不要不急の外出等の自粛を呼びかける立場にありながら著しく自覚を欠く行動があったことは大変遺憾であり、深く反省しています。事態宣言下で尽力されている皆様をはじめ、関係各位に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び致します」と同社が発表したコメントを読み上げた

 コメンテーターを務める同社報道局の玉川徹氏は「テレビ朝日社員として視聴者の皆様の信頼を損ねたことを謝罪申し上げます。申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 さらに「今回は3つ大きな問題があると考えます。緊急事態宣言下で、番組で行動の自粛を呼びかけてきました。呼びかける立場の社員が10人で集まって酒を飲んで宴会をしていたこと。2つ目として五輪に関しての感染拡大っていうのは危惧されている中で、五輪の番組を担当する社員がこういうふうな宴会していたこと。3つ目は感染が爆発して、医療体制はひっ迫しています。その中で無用な負荷を救急医療体制にかけてしまったこと」とし、「どれ一つとっても恥ずべきこと批難されるべきこと。私もとても恥ずかしいことで怒りを禁じえません」と感情をあらわにした。

 「テレビ朝日として何ができるのか、一体なぜこういうことが起きてしまったのか。調査委員会などを作ってすべて明らかにする必要があると私は思います。社員個人の資質の問題なのか指導が足りなかったのか、テレビ朝日の構造的な問題なのか」と徹底調査が必要とした上で「すべて明らかにして視聴者の皆様にお伝えする。まずそこからしか信頼は回復できないと思います。テレビ朝日の社員、役員一人一人が失われた信頼を少しでも回復できるように努力するしかない。改めて羽鳥慎一モーニングショーやテレビ朝日を見ていただいている視聴者の皆様に謝罪致します。申し訳ございませんでした」と再度頭を下げた。

 同局は夕方の「スーパーJチャンネル」(月~金曜後4・40)で林美沙希アナウンサーも同社が発表したコメントを読み上げたほか、「報道ステーション」(月~金曜後9・54)の番組内でも謝罪していた。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/0cf4e23be8020992a2dcf17f21944d47560f4e62

20210811001

【【謝ったからおしまい】五輪スタッフ飲み会問題で「モーニングショー」謝罪 玉川徹氏、頭下げ「恥ずかしい。怒りを禁じえない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/07/20(火) 21:55:02.94 _USER9
 出版社「シンコーミュージック・エンタテイメント」(東京都千代田区)は20日、過去の雑誌インタビューでいじめを告白していたことが問題となり、東京五輪開会式の楽曲制作担当を辞任したミュージシャン・小山田圭吾(52)に関する月刊音楽誌「GiGS(ギグス)」1996年2月号の記事について公式サイトで謝罪した。

 小山田のいじめ告白を掲載した音楽誌「ロッキング・オン・ジャパン」(ロッキング・オン)は今月18日に山崎洋一郎編集長名で、サブカルチャー雑誌「クイック・ジャパン」を出版する太田出版は今月19日に岡聡社長名で謝罪文を公式サイトに掲載した。

 「シンコーミュージック・エンタテイメント」「GiGS」の謝罪文は以下の通り。

 現在各メディアで、「GiGS」1996年2月号に掲載されている「コーネリアス カスタム・ギター大作戦」特集における小山田圭吾氏のインタビュー記事が引用され、議論されております。確認しましたところ、実際この記事中に倫理観に欠ける不適切な表現がありました。この件で不快な思いをされた方には心よりお詫び申し上げます。また、今後はこういった表現を掲載することがないようコンプライアンスに留意し、二度と判断を間違えないための努力をして参ります。重ねてこの度は誠に申し訳ございませんでした。

 吉田聡志(1996年時GiGS編集部 編集長)

 25年前に発売された弊誌1996年2月号に掲載された小山田圭吾氏の特集につきまして、『GiGS』を引き継いでいる現在の編集部も、今後多数の方を傷つけるような倫理観に欠けた表現を二度とすることがないよう心に刻み、編集方針を改めて見つめ直し、音楽と楽器を愛する皆様に喜んでいただける音楽雑誌作りに精進していく所存です。この度は誠に申し訳ございませんでした。

 GiGS編集部一同

7/20(火) 21:36
スポニチアネックス
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/572246b43179021ff9b5f36a5bf28c63140c9c7b

pose_syazai_man

【【小山田いじめ】今度は音楽誌「GiGS」が謝罪 小山田圭吾記事「倫理観に欠ける不適切な表現」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/06/05(土) 16:21:15.28 _USER9
 フジテレビの井上清華アナウンサーが5日、自身のインスタグラムを更新し、一部週刊誌でステルスマーケティング(ステマ)が報じられたことを受けて、謝罪コメントを発表した。

 井上アナは「報道された件に関して、放送人として自覚を持って行動しなければならなかったと反省しています」と心境を伝え、「しばらく投稿が空いてしまいましたが、より一層責任感を持って誠実にお伝えしていきますので、今後ともよろしくお願い致します」とつづった。

 3日には宮澤智アナ、久慈暁子アナ、木下康太郎アナ、堤礼実アナもそれぞれのインスタで謝罪。4日には杉原千尋アナ、三上真奈アナ、海老原優香アナも謝罪した。

 4月発売の『週刊文春』では、女性アナウンサー数人が都内の美容室でヘアカットなどを無料でしてもらった代わりに、店のSNSにヘアカット後の写真を掲載するなど宣伝に協力したことが、ステルスマーケティングに当たるのではないかなど、関係者の話を交えて報じた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0d47fb8eabe5bda179ef060d5298a6583d0da29c
no title

【フジ井上清華アナも謝罪「自覚持って行動しなければならなかった」 ステマ疑惑報道で計8人が反省コメント】の続きを読む