芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

謝罪

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/19(木) 23:15:17.25 _USER9
TBS系報道番組「NEWS23」(月~木曜午後11時、金曜午後11時30分)の取材の際に、歌手のMISIAが落馬し、全治6週間のけがを負った件で、同番組が19日の放送で、あらためて謝罪した。

小川彩佳アナ(35)が冒頭、神妙な表情でMISIAの骨折を報告。サブキャスターの山本恵里伽アナが「私たちNEWS23は、現場で頂いた指摘を重く受け止めています。心よりお詫び申し上げます」と深く頭を下げて謝罪した。 小川彩佳キャスターも深く頭を下げると、「取材現場には私もおりました。MISIAさんには落馬の後、時間を置いて、インタビューにも応じていただきました。その際、ご本人は口には出されませんでしたが、きっと痛みに耐えながら懸命にお話くださったんだと思います。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。心よりお詫びとお見舞いを申し上げます」などと語った。

MISIAは15日午後、同番組の取材を受け、乗馬している様子を撮影していたところ、馬が突然スピードを上げ、落馬。トレーナーからは、取材クルーの動きや機材に馬が反応したと指摘されているという。当日はその後、インタビューも行い、取材を終えたが、16日に医師の診察を受けた結果、胸椎棘(きょく)突起部を骨折していたことが判明。けがは全治6週間で、現在自宅で療養しているという。

同局はこの日、「取材中に怪我をされたことについて、MISIAさんに心よりお見舞い申し上げます。当該の馬は調教されており、乗馬している人がコントロールできる状態にあったとのことでしたが、MISIAさんが怪我をされることになってしまいました。取材クルーの動作や機材の存在が刺激を与えることになったのであれば、誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます」とコメントしていた。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/c062b625a10bb3d1a704ed14caf951c00a7685e4

20201119002

【小川彩佳アナTBS「23」でMISIA骨折を謝罪 ← しょうがねぇ謝罪しとくかwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/28(水) 17:46:32.47 _USER9
24日にアイドルグループ「嵐」が国立競技場で行った無観客のライブ収録の演出に使用された風船や花火の煙が流れ込んだため、近隣の神宮球場で同時刻に行われていたプロ野球「ヤクルト―中日」戦が2度中断されたことを受け、両球団に翌日、嵐メンバーからの謝罪メッセージなどが届いていたことが明らかになった。

両球団関係者の話を総合すると、同日の試合に先立ってジャニーズ事務所側から両球団に対し、国立競技場でライブ収録をすることが伝えられており、資料に花火や風船を使用する予想時刻も記した上で、風向きによっては、迷惑をかけてしまうかもしれないとの報告を受けていたという。

当日は、レフトからライトに向かってイレギュラーの風が吹いたため、結果的に2度の中断を招いてしまった。ジャニーズ事務所は試合後に公式サイトに「本日、国立競技場にて行っておりました、嵐フェス2020の収録にあたり、風船及び花火による演出の煙により、隣接する神宮球場にて試合中の『ヤクルト対中日』戦を2度ほど意図せず中断させてしまう事となりました。神宮球場、両球団選手及び関係者、視聴者の皆さまには、ご迷惑をお掛け致しました事を、深くお詫び申し上げます」とのメッセージを掲載した。

メンバーはこのことについて沈黙を貫いているという一部報道もあったが、翌日にジャニーズ事務所関係者が神宮球場を訪れ、ヤクルトと中日それぞれに嵐メンバーからの謝罪が書かれた文面と直筆サイン色紙、大量の洋菓子を届けたという。


 24日、神宮球場でのヤクルトー中日戦の試合中に、隣の国立競技場で「嵐」のライブ収録演出用の花火が上がる

https://www.chunichi.co.jp/article/144908/ 
2020年10月28日 

no title

【「嵐」メンバーがヤクルト、中日両球団に謝罪文とお詫びのサイン色紙、洋菓子などを送付】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/28(水) 16:07:50.06 _USER9
デヴィ夫人ことタレントのデヴィ・スカルノ氏が28日、自身のブログを更新。生放送のテレビ番組で「不妊の一番の理由は堕胎」などの発言で物議を醸している件について、説明するとともに謝罪した。

 デヴィ夫人は「去る10月24日に放送された関西テレビ『胸いっぱいサミット』における私の発言によって、不妊治療に当たっている方々、中絶せざるをえなかった方々等を心ならずも傷づけてしまったり、不快な思いをさせてしまったことは残念であり大変申し訳なく思っております」と謝罪。

 「私は カソリック教徒だったため(※)、中絶によってその方自身、または周りの方々が生涯取り返しのつかない後悔に陥ってほしくないという強い思いからの発言でした」と説明しつつも「言葉と表現が足りず、一方的な発言が先行した結果、こうした事態を招いたこととなり、深く反省しております」と記した。

 続けて「そして私の思慮に欠ける言動のため、関西テレビおよび番組制作、関係各位の方々に多大なるご迷惑をおかけ致しましたことを、心より深くお詫び申し上げます」と重ねて謝罪し「また、直近の仕事関係の皆さま、これまで出演していた番組等に携わっていた皆様、応援して下さっているファンの皆様、全ての方々へ深謝申し上げます。今後は皆さまからの思いもよらぬほど多くのご批判、ご進言を真摯に受け止めてまいります」とした。

 最後は「改めまして、この度の私の発言により、多方面の方々に多大なるご迷惑ご心配を及ぼす結果となりましたこと、心より深くお詫び申し上げます。デヴィ・スカルノ」と結んだ。

※「デヴィ・スカルノ自伝」1978年発行 文藝春秋刊

ORICON NEWS
10/28(水) 15:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/c3dfd8c5c851330cefad13254583e907240fb411

ブログ
https://ameblo.jp/dewisukarno/entry-12634417385.html

20201028004

【発言で物議…デヴィ夫人がブログで説明と謝罪「深く反省しております」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/23(水) 12:10:21.91 ● BE:345749931-2BP(2000)
華原朋美さん(46歳)が、突如として謝罪動画をYouTubeに掲載し、多くの人たちが驚きを隠せずにいる。

そして、あまりにも情緒不安定な表情や言動であったため、メンタル面に関してもファンたちが心配している。

・突如として謝罪動画を掲載
華原朋美さんといえば日本人にとってカリスマ的シンガーであり、美しすぎるタレントとしても活躍していた女性であり、「千年に一度の歌姫」と絶賛している人がいるほどの人気者である。

そんな華原朋美さんがYouTubeに公式動画を掲載し、ファンが知っている華原朋美さんと大きくかけ離れた容姿だったため、ファンの多くが衝撃を受けていた。

それでも華原朋美さんの明るい性格と美声は健在で、視聴者の多くが歓喜していたが、突如として、謝罪動画を掲載し、物議を醸しているのである。

・華原朋美「謝罪をもうしあげます」
華原朋美さんは2020年9月23日に自身の公式YouTubeチャンネルに「謝罪をもうしあげます」というタイトルで謝罪動画を掲載。

バイオリニスト高嶋ちさ子(52歳)と、芸能事務所「プロダクション尾木」の尾木徹社長(77歳)に謝罪したのである。しかもかなり情緒不安定なようすで、号泣しながら謝罪をしていた。

(以下略)

no title

https://buzz-plus.com/article/2020/09/23/kahara-tomomi-shazai-news/

【【衝撃】華原朋美さんが動画で号泣緊急謝罪「高嶋ちさ子と尾木徹社長に泣いて謝罪」、明らかに情緒不安定と話題に・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/21(火) 20:43:11.25 _USER9
アイドルグループ「NGT48」が21日、新潟市のNGT48劇場で、「今後の活動に関する発表会」を開催した。

NGT48をめぐっては、2018年12月、当時メンバーだった山口真帆(24)が新潟市内の自宅マンションで男性2人に暴行される被害を受け、19年1月にSNSなどで告発。その後に第三者委員会による検証なども行われたが、山口側と運営側との溝は埋まらず山口は5月にグループを卒業した。
一連の騒動でグループは事実上の活動休止状態に。ようやく今月22日に前作から1年9か月ぶりに5枚目シングル「シャーベットピンク」をリリースする。
グループ運営会社「Flora」の岡田剛社長(42)は「明日ようやく5枚目のシングルを発売させていただくことができたが、ファンのみなさま、新潟県のみなさま、関係者のみなさまのご協力あってのことで感謝申し上げます。発売するまでにみなさまにご心配、ご迷惑をかけてしまい申し訳ございませんでした」と謝罪した。
グループ運営は、4月1日にAKSから新会社「Flora」に移り、改革に乗り出していた。 岡田社長は当時の運営体質の未熟さを反省し、現役、卒業メンバーに涙ながらに謝罪した。
「運営の組織、体制、対応が問題だったと私は思っております。私も旧経営陣(AKS)の副支配人として運営に関わっておりました。NGTを立て直すことはできなくて…。僕の立場ではどうすることもできませんでした。メンバーには本当につらい思いをさせてしまった。しっかり対応できず、アイドルとしての大切な時間を奪ってしまった。旧運営体制が悪かったのだと思っております。今活動しているメンバーにも卒業していったメンバーにも、運営サイドの人間がしっかり向き合えてなかった。それが一番の問題だと思っている。卒業していったメンバーもいろんなところで活躍してくれている。すごく応援したい気持ちでいます」と話した。
その上で、山口と運営との主張の対立について、「当時の運営の対応の悪さ、メンバーとちゃんとしたコミュニケーションが取れていなかったことが原因と思っている。僕が責任を持って、これからはそういったことがないようにこの場で申し上げる」と断言。「彼女(山口)を傷つけてしまったことには変わりない。運営の対応が悪かった。申し訳ない気持ちでおりますし、応援しているという気持ちです」と謝罪した。
その上で、メンバー一人ひとりと話し合いの場を持ち、「どういうことをしていこうか。どういうことを目標にしていこうかと、主に話していた」と告白。現メンバーについても「たくさんつらい思いをしてました。『自分に何か足りなかったんじゃないか』とか『メンバーに対してこういうことができたんじゃないか』とか葛藤している部分がすごくあった。そういったことをすべて受け止めて、(現メンバー)30人全員で新たに出発する。メンバーと僕たちがたくさん話をした中で、前を向いていくと決めてくれた。『NGT48のために私ができることは何だろう』と考えてくれている」と話した。
さらに、以前の運営で問題視された“隠蔽体質”からの脱却を宣言。
「当時の体制についてはやっぱり良くなくて、言えるものは言うべきだった。“隠蔽体質”と言われていたけど、隠すべきじゃないし、何か起きた時はこれからはしっかり公表して、しっかり判断していくことが大事になる」とした。

ソース/YAHOO!ニュース(東スポ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/632fa16e70bedc5a97b9225d696cf5b5ab34126b
3b185e299f89fde4c9f4742977d909ec


【【NGT48】岡田社長が山口真帆問題を謝罪 隠蔽体質からの脱却を宣言】の続きを読む