1: なまえないよぉ~ 2019/03/03(日) 05:16:06.59 ID:4p62r2ZC9
4月入社のテレビ朝日の女性アナウンサーが、朝の人気番組『羽鳥慎一モーニングショー』の新アシスタントに抜てきされるというニュース。

彼女の名は斎藤ちはるアナウンサー(22)。昨年7月まで、乃木坂46に在籍していた元アイドルだ。
今年4月で入社2年目を迎える日本テレビの市來玲奈アナ(23)も、元乃木坂46のメンバーだ。

アイドルグループのメンバーは、いずれ卒業のときを迎える。元〇〇〇48、元〇〇〇46という肩書きが、現役時代同様、輝かしいものになるかどうかは誰にもわからない。

ソロだと素通り

つい先日、乃木坂46の絶対的エースとも言われた西野七瀬(24)が、グループを卒業した。
その2日後、東京で開催されたモバイルゲームの新CM発表会に出席したが、異変というほどではないが、珍しい取材風景が目撃された。

テレビカメラが10台以上駆けつけ、注目の高さを見せつけたのだが、発表会の後に行われた囲み取材で、質問に立ったディレクターはたったひとり!という寂しい風景になってしまったのだ。

注目度の高い芸能人が登場したり、ニュース度の高い会見の場合、民放各局は芸能リポーターを送り込む。そこまでのバリューがないと判断した場合は、番組ディレクターが質問に立つ。

ところが今回は、テレビカメラは出すけれど、ディレクターを配置しない、という各局の塩対応。このことが何を意味するかというと、

「あえて質問するようなこともないので、とりあえず絵(映像)が撮れればいい、と判断したケース」(情報番組デスク)

だという。現実はぬるくない。

その数日前、AKB48時代は“神7”のメンバーとして、上位人気を誇った板野友美(27)が新曲のイベントに登場した。
11枚目シングル『すき。ということ』のリリースを記念したものだったが、そこで目撃された風景は、芸能人の栄枯盛衰(えいこせいすい)を物語るものだったという。

「会場は500人くらいは入るところでしたが、前方に4~5列ぐらいファンがいる程度で、後ろはガラガラ。
スタート直前、周辺を歩く人に、誰でも入れるのでぜひお立ち寄りください、というようなアナウンスが流れましたが、みんな素通りしていました」(スチールカメラマン)

今回のシングル初週売り上げは、約3000枚。ミリオンが当たり前だったグループ時代と比較するのは酷だが、現実は生易しくない。

グループ卒業後、多くのメンバーが女優業を目指す中、板野は、自ら作詞も手掛けるなどアーティスト色を前面に押し出している希少な存在。

ソロ歌手として楽曲を売り上げ、ライブに客を動員しつづける人気をどうキープし続けるのか。
大所帯を離れた後の全員に待ち受ける課題だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/16101050/
2019年3月2日 22時0分 週刊女性PRIME
no title

【板野友美に西野七瀬、“大所帯” を離れたあとに待ち受ける「試練と課題」】の続きを読む