芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

解散

1: なまえないよぉ~ 2019/09/20(金) 20:27:52.14
女性5人組グループ「Flower」の中島美央(25)が結婚・妊娠・芸能界引退、そしてグループが解散することになり、残る4人のメンバーも公式サイトなどでコメントを発表。
中島を祝福すると同時に、Flowerへの熱い思いをつづった。

鷲尾伶菜(25)は「Flowerの今後の形や在り方、そしてそれぞれの人生について
メンバー全員で改めて考えていた時に中島美央の結婚報告を受け、うれしい報告とともに、
それぞれの道にみんなが進み始めるきっかけをいただくことができました」と解散の経緯を明かした上で「改めてみおちん、おめでとう。
幸せになってね。そしてまたいつかメンバーのことを想って曲を作るので、その時はメンバーに一番に聴かせたいです」。

リーダーの重留真波(24)は「これまでの時間は言葉では簡単に言い表せませんが、ただひとつ胸を張って言えるのは、とてもすてきなアーティスト人生だったということです!」。

 佐藤晴美(24)は「長い長い人生の中ではたった8年という月日かもしれませんが、
とても濃厚な時間で、Flowerに出会えて本当によかったです」。

坂東希(22)は「このような結果になってしまって、ファンの皆さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、
Flowerなくしては今の自分はないので、わたしの中にFlowerはずっと生き続けていくんだと思います。
今までFlowerというチームに自分がいられたことは本当に財産です」とそれぞれFlowerでの思い出やグループを通して出会った人たちへの感謝で一杯だった

9/20(金) 20:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000047-tospoweb-ent

https://youtu.be/_P-_X_b2CmE


白雪姫

https://youtu.be/JTgzyFXmI3w


太陽と向日葵
no title

【【衝撃】Flower解散!!!】の続きを読む

フジテレビ

1: なまえないよぉ~ 2019/07/11(木) 18:08:37.08
「今年の1月にスタートしたフジテレビの『アオハル(青春)TV』ですが、早くも9月の打ち切りが決定したとのことです」

そう話すのは、民放関係者。

『アオハルTV』(毎週日曜日21時~)は、昨年4月と9月に2回放送された『青春アオハルTV』をレギュラー化した番組。全国各地で「青春な人」を発掘し、紹介するといった内容で、ヒロミ(54)がMCを務め、Sexy Zone(セクゾ)の菊池風磨(24)と佐藤勝利(22)、ビビる大木(44)とDAIGO(41)がレギュラー出演している。

「ヒロミさんがフジテレビのゴールデン帯のレギュラーMCを務めるのは、2004年3月まで放送されていた『発掘!あるある大事典』以来ということもあり、番組開始当初は注目を集めました。しかし、ふたを開けてみれば視聴率が壊滅的で……」(放送作家)

『アオハルTV』初回放送の平均視聴率は4.1%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、2回目は3.3%とさらに下がり、現在まで低視聴率を連発している。

「確かに日曜21時は、日本テレビの『行列のできる法律相談所』や、TBS『日曜劇場』枠で、現在は『ノーサイド・ゲーム』が放送されていることもあり、裏番組が相当強い。ただ、それにしても視聴率が悪すぎると、実は番組開始から2か月後の3月いっぱいで打ち切りにしようという話も出ていたとか。

ですが、久しぶりにMCをお願いしたヒロミさんに加えて、出演者にセクゾがいるということで、フジサイドがジャニーズ事務所に気を遣って、あまりにも早い打ち切りには踏み切れなかった言われていました。しかし、最近はジャニーズ以外にも多くの人気イケメンがいることもあり、絶対的だったジャニーズの影響力が落ちてきているとされています。これまではジャニーズ所属の出演者がいたら、8か月なんて短期間での番組打ち切りはできなかったでしょうから」(前同)

セクゾに関しては6月4日、『文春オンライン』に、“ポスト嵐”となるKing&Prince(キンプリ)を売り込みたいジャニーズ事務所が、セクゾに来たオファーも「キンプリを使ってくれ」とゴリ押し、セクゾが冷遇されていると報じられている。

「現在はセクゾメンバーそろっての仕事も激減していて、メンバーからも不満が噴出しているといいます。

さらにメンバーのマリウス葉(19)はグループ脱退を検討しているという話も聞こえてきています。『文春オンライン』では、マリウスが、“アイドルをやっている自分は本当の自分ではない”と、悩んでいると伝えていますね。昨年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)でセクゾはメインパーソナリティを務めましたが、番組終了後にマリウスが、“ジャニーズを辞めたい”と、泣きながら関係者に訴えたといいます。

セクゾのメンバーは事務所のスタッフに“自分のポジションをハッキリさせてほしい”と不満をぶつけていたといいます。数少ないセクゾメンバーが出演する番組の1つが打ち切りになるのはセクゾファンにとっては悲しいことでしょうが、これを機に彼らは、グループの“今後”を検討するのかもしれません。また、マリウスはいよいよ退所を決断するかもしれませんね……」(女性誌記者)

ジャニー喜多川氏の逝去とともに、ジャニーズ事務所に大きな変化が訪れることになりそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1918669/
2019.07.11 17:00 日刊大衆

【Sexy Zone『アオハルTV』9月打ち切りで“解散&事務所退所”も!?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/04/13(土) 18:33:41.69 ID:0aw3qB4M9
昨年12月に男2人から暴行被害に遭っていたことが明らかになった「NGT48」の山口真帆(23)が、11日に運営サイドが発表したNGTの“再編成”に「反発したのでは?」とファンから心配の声が噴出している。

本紙既報通り、運営側は現在のチームを解散し、新たに全メンバーを1期生と研究生に分けて再スタートを切ることを発表。
だが、山口は12日に自身のツイッターで一般人とみられるツイートに「いいね!」を押した。

その当該ツイートというのが「あと、チームの解体はメンバーとスタッフとも話し合ってとか言っているが、たぶん一方的に全員(山口氏側3人を除く)に伝えただけじゃないのか」と運営側が発表した再出発に疑問を投げかけるものだった。

この行動に、ネット上では山口は納得しておらず、いまだに運営サイドとの溝が深いのでは、と勘繰られている。

山口は先月22日に行われた運営会社の会見中、報告内容に反論したり、運営側を非難するツイートを連発。
それ以来、ツイッターなどSNSでは反応していなかった。

解散となるチームNⅢとチームGは、21日に新潟市内のNGT48劇場で千秋楽公演を行うが、
グループの公式サイトでは「出演メンバーについては、決定次第ご案内申し上げます」。

山口の出演について、関係者は「未定」と回答した。

山口の事件を含めた今回の騒動の背景には、メンバー同士の確執があるともいわれる。
チームを解散させることによって、対立していた派閥の解消を目指すが、多くのファンが指摘するように、山口のケアが最優先課題なのは間違いない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00000039-tospoweb-ent
no title

【【NGT48】 チームを解散させるとか言っているけど、相変わらず山口真帆さなには触れないよねwwww】の続きを読む

1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec

1: なまえないよぉ~ 2019/04/02(火) 20:32:35.83 ID:DB0iunRj9
 JR東日本新潟支社は3月28日、広告のイメージキャラクターとして起用しているNGT48との契約更新を保留にすると明らかにした。現在、新潟駅をはじめとする県内の一部駅のサイネージ広告では、NGT48メンバーによる歓迎メッセージ映像が放映されているが、4月1日から放映を取り辞めるほか、イベント広告のポスターも撤去するとしている。

 NGT48は昨年12月に発生、今年1月に発覚した暴行事件の騒動が長期化しており、その余波はどんどん広がっている。

 3月27日には、新潟県の花角英世知事が、今年9月に開幕する「国民文化祭」「全国障害者芸術・文化祭」のスペシャルサポーターとしてPR動画やポスターに起用していたNGT48との契約更新を「現時点では保留」とすることを発表。花角知事は、「今のままでは事態は収束したとは思えない。事態の推移を見守ってから判断したい」と説明し、「早く正常化していただきたい」と訴えかけた。

 27日夜には、NGTの地元ラジオ番組『NGT48の みんな神対応!! ラジオあくしゅ会!!』(FM NIIGATA)が同放送をもって休止となることも発表された。

 26日には、ラジオ番組『NGT48のガチ!ガチ?カウントダウン!』(BSNラジオ)と『NGT48のガチ!ガチ?トーク』(同)の2番組について、「正常な番組内容で放送ができるようになるまで休止とさせていただきます」と発表されたばかり。さらに3月25日には、2年以上続いた地上波の冠番組『NGT48のにいがったフレンド!』(テレビ新潟)が最終回を迎えている。

 31日に市内で開催されるイベント「最高の新潟ラーメン祭」のトークショーも出演中止がアナウンスされており、もはやNGT48は、地元の新潟で活躍の場をなくしつつある。もはや四面楚歌といった状況にあるが、地元から「NO」を突きつけられる地元密着型アイドルほど無用の長物もない。もはや解散待ったなしと言っても過言でない。


メンバー保護者会で怒号飛び交う
 こうした騒動の余波を食い止めるためか、運営会社のAKSは21日、新潟市内で第三者委員会による事件の調査報告会見を開いた。しかし、被害者の山口真帆がTwitterでリアルタイム反論したこともあり、調査報告書の内容の矛盾点や虚偽を突かれた松村匠運営責任者兼取締役はしどろもどろに。世紀のグダグダ会見となっていた。

 また、事件のきっかけとして争点となっているファンとグループ側の「つながり」(私的領域での接触)について、AKSはメンバー12人に疑いがあると公表したものの、元劇場支配人の今村悦朗氏をはじめとする運営スタッフの「つながり」についてはなぜか調査が行われておらず、説明は不十分。運営の一連のずさんな対応に世間の不信感はピークに達している。

 3月28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、報告会見後、運営がNGT48メンバーの父兄を集めて保護者会を開いたと伝えている。しかしやはりここでも運営側の説明は不十分で、怒号が飛び交い、わけても山口真帆と仲の良いメンバーの保護者は大激怒していたという。

 一部報道では、被害者の山口真帆はすでに新潟を離れ、地元の青森に帰省したとも伝えられている。会見後、山口はファン向けの有料メールサービスで卒業を示唆するメッセージを送っており、その去就が注目されるところだ。

wezzy 2019年3月29日 18時5分
https://news.infoseek.co.jp/article/wezzy_64682

【<NGT48に迫る解散の日> 地元新潟から「NO」を突きつけられ開店休業状態 ← でも、運営はwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/23(土) 18:23:22.36 ID:stOXFR5+9
今月21日、NGT48・山口真帆の暴行事件に対しての第三者委員会調査報告書が公開された。
運営は「今後は健全な運営に取り組んでいく」とコメントしたが、それとは裏腹に “NGT48解散”とも取れる動きを見せている。

第三者委員会は、山口真帆に直接事情をきくとともに、メンバー42名とAKS役職員24名と他に14名、計80名に聴取、資料の提出も求めた。
またメンバーのうち38名に記名任意の書面回答による調査を実施。記名回答24人、無記名14人の回答を得た。
その結果、12名がファンとの“つながり”を持っているとして名前が上がったという。一方で、事件に関与したメンバーはおらず、処分は不問とした。

ごく一部のファンとの“つながり”(私的領域における接触)は、具体的には、「(事件の犯人3名のうち1名と)複数回個別に会っていたメンバーがいること」
「(犯人3名のうち別の1名が)以前より、当該マンション内で、他のメンバーと会うなどしていたこと」などが事実だとして報告されている。

AKSのNGT48運営部は、“つながり”を黙認していた。積極的に調査や対応をしなかった理由として、具体的な規程がないためだと報告書では説明されている。
不倫など不適切な男女交際が判明した場合は処分対象だが、ファンとの私的領域での接触は「不適切な男女交際」に該当するかどうかが曖昧だということだ。

山口真帆の事件告発以降、ネット上では数名のメンバーのファンとの“つながり”や事件関与が噂されてきたが、実に12名ものメンバーが“つながり”を持っていたと発覚したことは大きい。
あらためて「犯行を唆したメンバーはいない」と明示されたものの、アイドルグループとしての存在意義を揺るがす事態であることに変わりないだろう。

果たしてNGT48は今後も前向きに活動を継続できるのだろうか。運営はすでに解散・撤退も視野に入れている可能性がある。
第三者委員会調査報告書を公開した同日に発表された劇場スケジュールは、白紙だった。

NGT48の劇場スケジュールは白紙で、冠番組も終了

今月は週3~4回程度のペースで劇場公演を開催してきたNGTだったが、発表された今月23日~31日までのスケジュールはすべて“休館日”、つまり、コンサートを開催しないという報告だった。

NGTの冠番組『NGT48のにいがったフレンド!』(TeNY新潟テレビ)は今月末で終了することがわかっており、ネット上では「NGTが解散のための準備に入ったのでは」という意見が飛び交っている。

なお、4月27日に横浜スタジアムで開催される「AKBグループ 春のLIVEフェス」へのNGTの出演は、取り消しにはなっていないが出演メンバーは調整中だ。

握手会を再開しても払拭できない“不信感”

一方で、NGT48は今月16日と17日にパシフィコ横浜で行われたイベント「NO WAY MAN」で、暴行事件以降初の握手会を再開させている。

この握手会にはAKB48などNGT以外のグループも参加したが、NGTメンバーのレーンにだけ防犯カメラが設置されるなど厳戒態勢。
何とかしてNGTを通常運転に戻したいという運営側の思惑が窺えるが、何事もなかったかのように活動を再開させることに嫌悪感を持つファンも多い。

一部ではNGTの活動再開を喜び、グループが崩壊した原因を山口真帆に押し付ける声も聞こえるが、冷静なファンであれば発表内容を二転三転させる運営側に不信感を抱いて当然だ。

また、事件に関わったとネット上で噂される複数のメンバーのSNSには、今なお多くの誹謗中傷が書き込まれ続けている。
暴行事件やファンとのつながりですっかり悪化したイメージを改善することは相当難しいだろう。

第三者委員会の調査報告書には、言い訳のように、新潟という一地方における健全なアイドル運営の困難さも綴られていた。
都市部が狭く、公共交通機関が発達しておらず、ファンの絶対数も少ない新潟において、ファンがアイドルの私的領域に接触してしまうことは容易だったとしているのだ。

報告書はAKSスタッフの職務範囲や権限の明確化、およびメンバー規程の整備を要すると結ばれている。
新潟で健全運営を目指すか、解散か。NGT48は岐路に立たされている。

http://dailynewsonline.jp/article/1743357/
2019.03.23 14:35 wezzy
no title

【NGT48解散か 「事件のマンションで犯人と会っているメンバーはいた」】の続きを読む