芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

視聴率

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/05/27(月) 10:44:56.16 ID:Q7AD+asW9
 26日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(日曜・後8時)第20話の平均視聴率が8・6%だったことが27日分かった。

 1月6日放送の初回は15・5%を記録し、昨年放送の前作「西郷どん」の初回15・4%を0・1ポイント上回るスタート。第2話は12・0%、
第3話は13・2%、第4話は11・6%、第5話は10・2%と推移し、2月10日放送の第6話で9・9%と初の1ケタ台を記録。

 第7話は9・5%、第8話は9・3%、第9話は9・7%。第10話と第11話は8・7%、第12話は9・3%、第13話は8・6%、第14話は
9・6%、第15話は8・7%。

 4月28日放送の第16話は7・1%で、大河ドラマでは記録が残る1994年以降で過去最低の数字となった。これまでの関東地区での最低視聴率は
12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%。第17話は7・7%、第18話と第19話は8・7%、そして今回は0・1ポイント微減し、
15週連続の1ケタ台となった。

 ドラマは主演を中村勘九郎(37)と阿部サダヲ(48)が務め、東京高等師範学校の嘉納治五郎校長の元に五輪の招待状が届いた1909年から
64年の東京五輪開催までの激動の55年間を描く。
12年ストックホルム大会で、マラソン選手として日本人で初めて五輪に出場したが不本意な結果に終わった金栗四三(中村勘九郎)と、東京に五輪を
招致するために尽力した日本水泳連盟会長・田畑政治(阿部サダヲ)を中心に2部構成で展開。

 宮藤官九郎氏(48)が脚本を手掛け、ビートたけし(72)が物語の語り部となる伝説の落語家、5代目・古今亭志ん生を演じる。
(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000056-sph-ent

【【視聴率】NHK大河「いだてん」第20話視聴率、ついに安定期に突入かwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/23(木) 10:12:45.33 ID:SQ+A2/Vp9
 22日に放送された女優の中条あやみ(22)、水川あさみ(35)がダブル主演の日本テレビ系ドラマ「白衣の戦士!」(水曜・後10時)の
第6話の平均視聴率が7・2%だったことが23日分かった。

 初回は10・3%で発進。第2話は9・3%、第3話も9・3%、第4話は8・4%、第5話は8・3%と推移。今回は1・1ポイントダウンした。

 看護師が主人公のオリジナルドラマ。元ヤンキーの型破りな新米ナース・はるか(中条)と、はるかの指導係で34歳婚活中のベテランナース・
夏美(水川)が、“戦士”のごとく仕事に恋に奮闘するコメディーだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000076-sph-ent
00bed3


【【視聴率】中条あやみ、水川あさみW主演「白衣の戦士!」第6話視聴率、前回から1・1ポイント減】の続きを読む

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/05/20(月) 09:44:23.70 ID:fvUA+YLN9
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第19回が19日に放送され、
関東地区の平均視聴率が、前回18回と同じ8・7%だったことが20日、ビデオリサーチの調べで分かった。

4月28日の第16回は大河ドラマ史上最低の7・1%を記録し、5月5日の第17回も7・7%と厳しい数字となっていた。

前回18回は17回から1ポイントアップし、上昇の可能性も感じさせていたが、19回は数字を伸ばすことはできなかった。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-05200203-nksports-ent

【【月曜のお楽しみ】 NHK大河ドラマ 「いだてん」視聴率wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/20(月) 09:40:15.29 ID:fvUA+YLN9
19日放送のテレビ朝日系「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)の平均視聴率が19・8%
(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが20日、分かった。

これまでの番組最高だった5日、12日放送の17・7%を2・1ポイント上回り、20%の大台に肉薄した。

◇2019年「ポツンと一軒家」視聴率

1月6日 15・4%(同時間帯2位)

  13日 放送なし

  20日 14・2%(同2位)

  27日 14・9%(同2位)

2月3日 13・8%(同2位)

 10日 15・2%(同2位)

 17日 放送なし

 24日 16・4%(同1位)

3月3日 15・9%(同2位)

 10日 17・0%(同1位)

 17日 放送なし

  24日 16・1%(同1位)

 

  31日 16・8%(同1位)

4月7日 17・6%(同1位)

 14日 16・6%(同2位)

 21日 17・2%(同1位)

 28日 放送なし

5月5日 17・7%(同1位)

 12日 17・7%(同1位)

 19日 19・8%(同1位)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000123-spnannex-ent
20190225-00000080-spnannex-000-7-view[1]

【【視聴率】「ポツンと一軒家」 大台肉薄、番組最高を大幅更新、何がそこまで惹きつけるんだろ?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/13(月) 18:33:58.20 ID:QBM4NAYl9
 女優の広瀬すず(20)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)の第6週の平均視聴率が21・3%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが13日、分かった。初週から第5週までに続いて6週連続で大台を超えた。

 各日の番組平均は6日=21・1%、7日=21・6%、8日=21・5%、9日=21・7%、10日=21・2%、11日=20・8%と全話で大台越えだった。初回22・8%と今世紀最高のスタートを切り、週平均も初週22・1%、第2週22・2%、第3週22・6%、第4週22・5%、第5週20・7%と絶好調をキープしていた。

 戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。

 節目の朝ドラ通算100作目。大河ドラマ「風林火山」などで知られる脚本家・大森寿美男氏(51)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。主題歌「優しいあの子」はスピッツが書き下ろした。9月28日まで全156話。

 第6週は「なつよ、雪原に愛を叫べ」。兄・咲太郎(岡田将生)を探すため、東京を訪れていたなつ(広瀬すず)と富士子(松嶋菜々子)。2人は偶然、天陽(吉沢亮)の兄・陽平(犬飼貴丈)と再会する。陽平は東京の美大に通いながら、漫画映画を作る会社で働いていた。なつは陽平に誘われて会社を見学、漫画映画の制作現場を目の当たりにし、心を奪われる。一方、十勝では、照男(清原翔)が大事な話があると天陽を呼び出していた。なつへの思いを確かめようとしていたのだ。そんな2人は青年団のスキー大会で対決することになり、それを見つめるなつは…という展開だった。


2019年05月13日 10:09芸能
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/13/kiji/20190512s00041000244000c.html
lCwE2xr

【【視聴率】「なつぞら」第6週平均21・3% 6週まで全週大台超えで絶好調キープ】の続きを読む