芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

視聴率

    このエントリーをはてなブックマークに追加
wakamono_hanareru_tv

1: なまえないよぉ~ 2022/01/05(水) 23:00:56.98 _USER9
大みそかの恒例特番『絶対に笑ってはいけないシリーズ』に代わって放送された『笑って年越したい!笑う大晦日』(ともに日本テレビ系)が“大爆死”となってしまった。

同番組は、ナインティナイン、千鳥、バナナマン、フットボールアワー・後藤輝基(47)、麒麟・川島明(42)、かまいたち・山内健司(40)、渡辺直美(34)がMCを務め、6時間の生放送という超大型特番。しかし、18時30分からの第1部は平均世帯視聴率7.2%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、21時からの第2部は世帯5.6%と、『笑ってはいけない』から約10ポイントと大幅に数字を落とし、11年連続だった民放トップの座から陥落してしまったのだ。

お笑い番組では、元日恒例の『第55回新春!爆笑ヒットパレード2022』(フジテレビ系)もあり、同じくナイナイがMCを務め、爆笑問題、さまぁ~ず、ネプチューンなどの人気芸人が多数出演した。「しかし、こちらも世帯6.5%と微妙な感じでしたね。裏の『羽鳥慎一モーニングショー新春特大スペシャル』が(テレビ朝日系)が9.6%、『ニューイヤー駅伝2022』(TBS系)が11.2%でしたからね」(制作会社関係者)

大みそか名物の『NHK紅白歌合戦』も、世帯視聴率34.3%と歴代最低を更新してしまった。

「こういった結果もあり、テレビ関係者からは“やっぱり結局はダウンタウンとウッチャンナンチャンだよね”という声が出ています。ダウンタウンの松本人志さん(58)と浜田雅功さん(58)が出演してきた『絶対に笑ってはいけないシリーズ』は11年連続で民放トップを誇っていました。

元日恒例、浜田さんMCの『芸能人格付けチェック!2022お正月スペシャル』(テレビ朝日系)は、2022年も世帯視聴率20.1%と高視聴率を記録しています。また、2021年は数字を落とした『紅白』ですが、2020年までは内村光良さん(57)が4年連続で総合司会を務めていましたからね」(前同)

中略

「『笑う大晦日』の大爆死やイマイチの『爆笑ヒットパレード』、『紅白』の歴代最低視聴率などがあったわけです。今回の年末年始特番ではお笑いBIG3の凋落と、年末年始特番を引っ張っていくナイナイ以下、中堅・若手芸人の力不足が露呈してしまったと言えそうです。『笑う大晦日』については、ナイツの塙宣之さん(43)がYouTubeで、“年末に酒を飲んだ芸人が『自分が今年はこうだった』と話すのを聞いて、誰が楽しいんだろうと思っちゃうのよ”と指摘していましたが、グダグダな構成面にも大いに問題があったのでしょうが……。

 一方で、あらためて日本のテレビ界の頂点はまだまだダウンタウンとウッチャンナンチャンだ、ということも明らかになったのではないでしょうか。年末年始の特番には人気とともに“格”が必要だと言われていますが、ナイナイ以下の若手にはまだそれが伴っていない。

お笑いBIG3には格があるものの、コア視聴率はついてきていない。ダウンタウンとウッチャンナンチャンには格があって、なおかつコア視聴率が取れるというのも大きいですよね」(同)

さまざまな世代の有識者がテレビ番組について語る、年始恒例番組『あたらしいテレビ2022』(NHK総合)が1月1日に放送された。今回はかまいたちを進行に迎え、テレビプロデューサーの佐久間宣行氏(46)、『水曜日のダウンタウン』などの演出を手掛けるTBSの藤井健太郎氏(41)、さらば青春の光の森田哲矢(40)、BiSHのセントチヒロ・チッチらが出演。

森田は藤井氏らとの対談の中で、ダウンタウンについて「あの人たちがまだ現役で君臨している限り、僕らも全然まだまだというか。こんなこと言ったらあれですけど、松ちゃん、平場バリ強いんすよ。レベル違う」と熱弁。これに藤井氏も「打率8割打者」だからと、松本の面白さについて語った。

全文はソースをご覧ください

https://taishu.jp/articles/-/99592?page=1

【『笑う大晦日』“大爆死” 『紅白』“史上最低視聴率” ニッポンTV界「結局ダウンタウンとウッチャンナンチャンしか頼れない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
wakamono_hanareru_tv

1: なまえないよぉ~ 2022/01/05(水) 11:01:58.43 _USER9
元日にフジテレビ系で放送されたバラエティー特番「逃走中 元日3時間SP~美女とハンターと野獣~」(午後6時)の平均世帯視聴率が午後6時から60分間が3・7%、同7時から120分間が4・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と5日、分かった。

同番組は、限られたエリアの中で、ハンターから逃げた時間に応じて賞金を獲得できるゲーム。決められた時間を最後まで逃げ切ることができれば高額賞金が手に入る。

舞台は、埼玉県越谷市にある日本最大級のショッピングモール「イオンレイクタウン」。東京ドーム7個分の広大な敷地に、3棟の巨大な建物が立ち並ぶ。逃走エリアとしても過去最大級の広さ(全フロア面積)を誇り、ハンターもこの巨大エリアに応じた数が登場した。

今回は東京五輪で活躍した金メダリスト5人が参戦。レスリング・須崎優衣、柔道・高藤直寿、卓球・水谷隼、フェンシング見延和靖、スケートボード・四十住さくらが熱い走りを見せた。

他に福岡ソフトバンクホークス松田宣浩、Sexy Zone佐藤勝利、謎解きクリエーター松丸亮吾、HKT48矢吹奈子、ピン芸人・ヒコロヒー、オズワルド伊藤俊介、アンガールズ田中卓志、アンタッチャブル柴田英嗣、オードリー春日俊彰、とろサーモン久保田かずのぶ、岡田結実、フワちゃんらが参戦した。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/c2c10854587e1afb27d7c0fe1653b46655c78560

【【視聴率】フジ「逃走中」元日3時間SP4・6% ← フジならこんなもんでしょwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
syokuji_okazu_noseru

1: なまえないよぉ~ 2022/01/05(水) 09:55:01.27 _USER9
 昨年大みそかに放送された俳優・松重豊(58)主演のテレビ東京ドラマ「孤独のグルメ 2021大晦日スペシャル 激走!絶景絶品・年忘れロードムービー」(後10・00〜11・30)の平均世帯視聴率が6・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。2017年にスタートした大みそか特番としては、19年の4・7%を1・4ポイント上回り、歴代最高を更新。例年通り「NHK紅白歌合戦」第2部(後9・00〜11・45)と重なったが、大健闘した。

 大みそかSPは17年が4・6%、18年が4・0%、19年が4・7%、20年が4・1%。5年目にして初の5%超えとなった。

 「週刊SPA!」で不定期連載された同名コミック(原作・久住昌之氏、作画・谷口ジロー氏)を映像化したグルメドキュメンタリードラマ。12年に始まり、深夜枠ながら昨年7月期に「Season9」を迎えるなど、今や同局の看板ドラマ。輸入雑貨商を営み、商用のため様々な街を訪れる井之頭五郎(松重)が一人、ふと立ち寄った店で食事をする姿を描く。

 今回は12月29日、井之頭五郎(松重豊)は京都府伊根町で年内最後の商談。商談を終え、帰路に就こうとしたところ、東京へ届け物があると商談相手の舟屋の主人・蓑田康雄(小籔千豊)に相談されるが、それは何と車だった。押しの強さに渋々了承したが、古い車の上に狭くて運転しにくい。方向も分からぬまま一路東京を目指し、迷いたどり着いたのは兵庫県丹波篠山。空腹の五郎が一軒のお店に入ると…という展開だった。

1/5(水) 9:52
スポニチアネックス

俳優の松重豊

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220105-00000081-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f8deb2c7680d309c50b5db35b0e553b2a7b407a

【【視聴率】テレ東「孤独のグルメ」大みそかSP最高6・1% 紅白裏大健闘 5年目にして初の5%超え】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
wakamono_hanareru_tv

1: なまえないよぉ~ 2022/01/04(火) 12:18:12.75 _USER9
ビデオリサーチは4日、2~3日の主な特番の番組視聴率を発表した(関東地区)。

数字は(個人/世帯)

■2日
・『世界の果てまでイッテQ! 新春スペシャル』(日テレ、18:30~)4.7%/7.4%、(19:00~)6.5%/9.6%
・『夢対決2022 とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 5時間スペシャル』(テレ朝、18:30~)4.8%/7.9%、(19:00~)6.4%/9.7%
・『バナナマンのせっかくグルメ!! 新春食べ始めSP』(TBS、17:00~)5.3%/8.6%、(18:00~)7.2%/10.9%、(19:00~)7.2%/10.8%
・『義母と娘のブルース2022謹賀新年スペシャル』(TBS、21:00~)8.4%/13.8%
・『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ! 放送550回記念!!SP』(テレ東、17:55~)4.1%/6.6%、(19:00~)5.1%/8.3%
・『チコちゃんに叱られる!』(NHK、19:20~)5.8%/10.1%
■3日
『1億人の大質問!? 笑ってコラえて! 4時間SP』(日テレ、18:00~)6.3%/10.6%、(19:00~)7.3%/12.0%
『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん新春SP』(テレ朝、18:30~)5.3%/9.2%、(19:00~)6.6%/10.7%
・『新春ドラマスペシャル 緊急取調室特別招集2022・8億円のお年玉』(テレ朝、21:00~)6.8%/11.3%
・『マツコの知らない世界SP』(TBS、21:00~)6.7%/10.4%
・『VS魂2022超豪華新春3時間スペシャル』(フジ、18:00~)3.6%/5.4%、(19:00~)6.0%/8.2%

マイナビニュース

https://news.mynavi.jp/article/20220104-2243164/

【【視聴率】『せっかくグルメ』がイッテQ・スポーツ王・チコちゃんとの激戦制す!年始特番視聴率】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ochanoma_smile

1: なまえないよぉ~ 2022/01/04(火) 13:47:19.41 _USER9
昨年大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」(後7・30~同11・45)の歌手別最高世帯視聴率が4日に判明。
大トリを務めたMISIA(43)の歌唱中に記録した39・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が最高だったことが分かった。

MISIAは2年連続で大トリを務め、 「明日へ 2021」と題した特別バージョンを披露。オフショルダーのピンク色のドレスに身を包み、ロングブレスをまじえながら情熱たっぷりに歌い上げた。さらに、サプライズで藤井風のピアノ伴奏で、藤井から提供された「Higher Love」をセッションで披露した。

歌手別2位は白組トリを務めた福山雅治で、36・6%を記録。福山は祖母にささげるバラード「道標」の特別バージョンを披露した。

前半では、松平健の「マツケンサンバ」で記録した33・2%が最高だった。

同番組の瞬間世帯最高視聴率は39・3%。午後11時42分にこの日のアーティストのダイジェスト映像が終わり、結果発表直前の場面で記録したものだった。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/01/04/kiji/20220104s00041000256000c.html
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/01/04/jpeg/20220104s00041000255000p_view.jpg

【紅白歌合戦視聴率 歌手別トップはMISIA 藤井風とのサプライズコラボで39・2%】の続きを読む