芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

視聴率

いだてん

1: なまえないよぉ~ 2019/01/20(日) 07:29:33.99 ID:54DDf8ZU9
 1月6日にスタートした平成最後のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は初回こそ15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、昨年の『西郷どん』(主演:鈴木亮平)の初回視聴率15.4%をかろうじて上回ったが、第2話(13日)は12.0%まで急降下。

 これを受けてフリーアナウンサーの久米宏は、1月19日放送の「久米宏 ラジオなんですけど」(TBSラジオ)で以下のように語った。

「(昨年)暮れから大キャンペーンをずっと張っていて、その挙げ句が15.5%。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にかなり負けている。(中略)さらに2話は『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)の制作費7万円くらいの番組にまで負けて……NHKはショックだろうね。(中略)下手すると、明日は1ケタになるんじゃないか?」

 同業者にここまで言われたら、NHKもさぞやショックだろう。

 それにしても、朝ドラ「あまちゃん」で実績のあるクドカンこと宮藤官九郎を脚本に抜擢して、なぜここまで視聴率は伸びないのか。

 ***

 1963年、井伊直弼を描いた「花の生涯」(主演:尾上松緑[二代目])に始まり、今年で58作目となる大河ドラマが「いだてん」だ。これまでの人気作品を見てみよう。

 意外なことに「NHK紅白歌合戦」とは違って、古ければ古いほどみんなが見ていたわけではない。1960年代からは2本、70年代からはなく、80年代から6本がランクインしている。90年代に2本あり、2000年以降、ベスト10に入る作品はない。

 作品の時代背景を見ると、戦国時代を含む作品が5本、これに安土桃山時代も含めると10本中7本に、日本人の好きな織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が出演していることに。

 さらに、日本人が大好きな「赤穂浪士」と暴れん坊将軍の「徳川吉宗」は江戸中期の物語であり、9本が近世を描いたものになる。

 唯一の例外が「いのち」であり、時代は昭和で、主人公が架空の人物であるばかりか、歴史上の人物が全く登場しない唯一の大河作品である。

「後にNHK会長となる川口幹夫さんが放送総局長だった頃に、戦国時代と幕末ばかりになってしまった大河ドラマの路線転換を図ったんです。“近代大河”と名付け、山崎豊子さんの『二つの祖国』をもとに日系アメリカ人2世を主人公にした『山河燃ゆ』(1984年、主演:松本幸四郎、西田敏行)に始まり、翌年には日本人女優・第1号の川上貞奴を描いた『春の波濤』(主演:松坂慶子)を放送したのですが、どちらも不人気でした。そのため、大河『おんな太閤記』や朝ドラ『おしん』(1983~84年)で実績にある橋田壽賀子さんにテコ入れをお願いし、視聴率を回復させたのが86年の『いのち』です。実際、その翌年の『独眼竜政宗』以降3年連続でベスト10入りしているのは、視聴者の揺り戻しでしょう。NHKも相当懲りたと見えて、以来、大河で近現代を扱うことはなかったのですが、『いのち』から33年ぶりの近現代大河となったのが『いだてん』というわけです」(当時を知るテレビマン)

>>2以降に続きます

1/20(日) 6:01配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190120-00555419-shincho-ent
no title

no title

【NHK大河「いだてん」が早くもピンチ “近現代”と“オリジナル脚本”はコケるのジンクス】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/15(火) 09:55:09.08 ID:892fmJdj9
女優の高畑充希が主演するTBS系連続ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(11日スタート 毎週金曜 後10:00)第1話が11日放送され、初回平均視聴率が12.7%だったことが、わかった。
初回は15分拡大された。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

同ドラマは加藤実秋氏の『メゾン・ド・ポリス』シリーズ(角川文庫刊)が原作。
主人公の若手刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住むシェアハウス『メゾン・ド・ポリス』を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく。

第1話では刑事課に配属され、やる気に満ち溢れていた柳町北署の新人刑事・牧野ひよりはある日、所轄内で人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされるという事件の捜査に参加することに。
5年前に起きた焼殺事件の模倣犯と見たひよりは事件の手がかりを探るべく、「デスダンス事件」と呼ばれたその5年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)から話を聞くため、高級住宅街にある古びた洋館を訪れる。

この洋館には、館のオーナーであり元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤正臣)、ジャージ姿で新聞を読んでいる現場主義の元所轄の熱血刑事・迫田保(角野卓造)、キザな口調でひよりに近寄ってくる元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口五郎)、管理人として家事全般を担当する元警務課勤 務・高平厚彦(小日向文世)、そして高平の下で雑用係をしている元警視庁捜査一課の敏腕刑事・夏目が暮らしていた。
ここは元警察官のおじさんばかりが共同生活を送るシェアハウスだったのだ…。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000316-oric-ent

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』
no title

【【視聴率】高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』、初回 12・7%で好発進】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/15(火) 10:29:04.24 ID:am/7MlnM0 BE:837857943-PLT(16930)
スタジオジブリの劇場版アニメ「耳をすませば」(近藤喜文監督)が11日、日本テレビ系の「金曜ロードSHOW!」で放送され、平均視聴率は11.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。2017年1月27日以来、約2年ぶり11回目の放送となったが2桁の視聴率を記録した。

「耳をすませば」は、柊あおいさんの少女マンガを基に宮崎駿監督が脚本を執筆。小説家を夢見る少女とバイオリン職人を目指す少年の、甘酸っぱい恋模様を描く。本が大好きな少女・月島雫の声を声優の本名陽子さん、少年・天沢聖司の声を俳優・高橋一生さんがそれぞれ担当した。
過去最高視聴率は、02年7月19日の放送で記録した20.5%(同)。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000002-mantan-ent
no title

【耳をすませば 2年ぶり11回目の放送も視聴率がナウシカに次ぐ惨敗 ジブリ危うしwwwww】の続きを読む

いだてん

1: なまえないよぉ~ 2019/01/15(火) 10:23:05.54 ID:IJbZfZJL9
3日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第2話の関東地区の平均視聴率が12・0%(関西地区11・5%)だったことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。

6日放送の初回は関東地区15・5%と、前作「西郷どん」の初回を0・1ポイント上回ったが、00年以降の作品では2番目に低い数字だった。
初回はNHKのチーフ・プロデューサー(CP)が壮大なプロローグと表現するなど、描かれる時代が激しく前後し、大勢のキャストが登場して分かりづらい一面もあった。
また、前作の「西郷どん」の後半の数カ月間の平均視聴率がほぼ11%台と低迷していた。
「いだてん-」の初回の数字は「西郷どん」の視聴習慣の影響があったとも考えられる。

NHKは第2話についてオーソドックスな話の流れになっており、見やすいはずと説明していた。
第2話は今後の人気のバロメーターになる勝負の回だったが、関東地区では初回をさらに3・5ポイントも下回ってしまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00443510-nksports-ent

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」W主演の中村勘九郎と阿部サダヲ
no title

【【視聴率】NHK大河ドラマ「いだてん」第2回、視聴率激減wwwwwww】の続きを読む

フジテレビ

1: なまえないよぉ~ 2019/01/12(土) 07:42:47.27 ID:wn9Hg+Pv9
「2.2%ですよ……。この数字が明らかになったとき、フジテレビ全体に衝撃が走りました。いくらなんでも低すぎですよ」

フジテレビで働く放送作家が青ざめた顔で話すのは、1月1日の18時から3時間にわたって放送された正月特番『ニッポンよ! セカイを倒せ! フジヤマ 日本のNo.1VS 世界のNo.1』の平均視聴率についてだ。

「つい先日伝えられたのですが、2.2%しかなかったんです。正月のゴールデンの特番で、この数字は絶対ありえません。こんな数字では、大金を投じたスポンサーも激怒しますよ。フジテレビの局内でも、いま大問題になっています」(前出の放送作家)

 1月1日のフジテレビといえば、かつては『新春かくし芸大会』をゴールデンタイムに放送してきた。同番組は1980年に48.6%の視聴率を叩き出すなど、常時30%を記録したお化け番組。2000年頃から低迷期に入り、2009年に一桁台の視聴率しか稼げなくなったため、2010年の放送を最後に番組の歴史を閉じている。その同じ枠での“2%台”は、今回の『フジヤマ』が初めてとなる。

『フジヤマ』は、坂上忍(51)、山崎夕貴アナ(31)、永島優美アナ(27)をMCに、海外のNo.1プレイヤーと日本のNo.1プレイヤーをさまざまな競技で対決させようという内容の番組。

 今回の番組では「フィギュアスケート」「シンクロナイズドスケーティング」「天才キッズシンガー」など五つの競技で対戦する模様を放送。スタジオゲストは新木優子(25)、木村多江(47)、新川優愛(25)、高橋英樹(74)、羽田美智子(50)、細川たかし(68)、山崎育三郎(32)、山下健二郎(33)という面々をそろえた。

「現在、局内ではさまざまな角度から“敗因”の分析がされているようですが、ひとつには“坂上忍神話”の陰りを上げる声も少なくないようです。『いいとも!』の後継として『バイキング』を成功させたことで、フジの救世主と呼ばれた坂上ですが、さすがに飽きられてきたのか、ここにきて勢いを失っています。

自ら企画を売り込んだ『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)の視聴率も振るわず、早くも今春で打ち切りという話も聞こえてきています。坂上忍は連日テレビに出ているため、逆にスペシャル感がなかった、もしくは正月の特番ぐらいは変わったメンツを見たいという視聴者心理があったのかもしれません」(前同)

 さらに、肝心の「No.1プレイヤー」の人選にも問題があったと前出の記者は話す。

「フィギュアスケート対決の日本代表は小塚崇彦(29)と安藤美姫(31)でした。ですが小塚といえば、昨年末に不倫スキャンダルが発覚したばかり。妻である元フジテレビアナの大島由香里(34)の妊娠中に不倫相手を自宅に連れ込んだのがバレ、離婚に向けた話し合いになっています。当然、フィギュアファンも総スカン。このタイミングで、正月番組に小塚を起用してしまったフジテレビには、“呪い”が降りかかったということでしょう」(同)

 視聴率惨敗は「必然」だった!?

2019.01.10 07:10 週刊大衆
https://taishu.jp/articles/-/62857?page=1

写真
no title

【【衝撃】フジテレビさん、元旦特番が驚異的な視聴率をたたき出していたwwwwwww】の続きを読む