芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

視聴率急落

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/08/31(木) 09:47:00.00 ID:CAP_USER9
有村架純が主演している朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)に出演中で、元『AKB48』の島崎遥香の演技が「あまりに情けない…」と評判だ。
第20週(8月14~19日)はそれなりに露出を見せたが、みね子(有村)に由香(島崎)は怒られる場面ばかりだった。さらにはみね子の親友の時子(佐久間由衣)にまで説教されている。

「由香はみね子が働く『すずふり亭』でシェフをしている牧野省吾(佐々木蔵之介)の娘です。母親の死がきっかけでぐれてしまい、結婚すると言って家を出てしまう(実際は同棲)。
その後、仕事をせずふらふらし、すずふり亭の経営者で省吾の母である牧野鈴子(宮本信子)や省吾に金を無心しているときに、みね子と出会ったのです」(NHK関係者)

その後、由香はみね子と仲よくなり、みね子の行きつけのバー『月時計』で時子らとともに話し合う機会を持つようになる。

「由香は省吾へ“愛情の裏返し”で金を無心することのだといい、本当は父が好きだと明かします。その言葉にみね子は同情するどころか怒りを露わにし、奥茨城弁で『親からお金もらっちゃだめだ』、『わたしも時子も仕送り送っている』と厳しく言われ、時子にまで説教をされるのです。ファンを『キモオタ』と呼び、握手会への出席を拒否して労働意欲を見せない島崎と、由香は本当にそっくりです」(同・関係者)

■島崎中心のストーリーで視聴率急落

役柄の設定も相まって、島崎の演技は酷評されている。

「女優宣言をしてAKBを辞めたのは、笑い話になっています。ドラマでは、みね子や時子の引き立て役以上の存在になれず、いてもいていなくてもいい役柄です。さらには、イベントやライブのときに見せていた、ふてくされたような雰囲気ばかりが目に付き、女優でやっていけるのか疑問が残ります」(テレビ雑誌編集者)

さらに、島崎が中心にストーリーが展開した第20週は、平均視聴率が20.9%で、18週と19週に2週連続で記録した22.4%から下落した。

「朝ドラのファンからも《由香って誰?》、《嫌いなタイプ》とインターネット上で酷評されています。なかには《キモ女だし、早く消えて》といった、辛辣な投稿もありました」(同・編集者)

ファンを「キモオタ」とバカにしていた島崎が、今度は「キモ女」扱いされようになっている。

https://myjitsu.jp/archives/30051
no title

【NHK「ひよっこ」島崎遥香中心のストーリーで視聴率急落、大不評www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/04/30(日) 20:07:27.86 ID:CAP_USER9
「月9ドラマ」30周年を記念し制作した嵐・相葉雅紀主演のフジテレビ系「貴族探偵」が放送開始から僅か2回目で、平均視聴率8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と急落。「月9ドラマ」の打ち切り話が急激に再燃している。すでに局内にも諦めムードが漂い始めているという。

「初回の平均視聴率が11.8%だったことで上層部や編成関係者も皆、ひとまず安心していた。3クールぶりの2ケタ発進に皆、気をよくしていたんです。もしかしたら、このまま平均視聴率15%超えも夢ではないともみられていた。現場スタッフも『第2話は12%を超えるのでは』と盛り上がっていたんです」(フジテレビ関係者)

 だが、肝心要の第2話では、3.5ポイントも数字を下落させてしまった。

 これにはフジ局員が頭を抱える一方で、他局の編成幹部や制作会社関係者らは、異口同音に「当然」と答えている。

「まさに悪いドラマの見本市といっていい。褒めるべきところが何ひとつないんです。主演の相葉以下、中山美穂、松重豊、仲間由紀恵、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一らと超豪華なキャストを揃えたのは確かに凄いが、それが無駄な努力になっている。皆が皆、主役を張れる役者なんです。これだけの芸達者な役者が出てきたら、それぞれの演技をじっくりと観賞したい。ところがみんながチョイ役扱い。見ているうちに、誰が主役なのか分からなくなってくる。まさに視点が定まらないんです」(民放関係者)

■後継は情報バラエティーか格安ドラマ

 月9ドラマの出稿を取りまとめる大手広告代理店の元には、スポンサーから“ギブアップ”の声が多数寄せられているという。すでに、7月クールでは、山下智久が主演する医療ドラマ「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」のサードシーズンの放送が決定しているのだが……。

「7月クールはマスコミ発表をしているから仕方ないが、問題は10月クールです。実は木村拓哉主演で話がまとまっていた。だが『貴族探偵』の平均視聴率がこのままシングルで終わったり、『コード・ブルー』も低迷すれば、間違いなくキムタクの企画は流れます。タレント価値の毀損にしかならないですから」(前出の民放関係者)

 フジ局内でも、物凄い勢いで“月9不要論”が噴出しているという。すでに、後番組の話まで浮上しているらしい。

「現在、2案が出ています。1つは制作費の安い情報バラエティー番組を立ち上げること。もう1つは、“恋愛”という枠を取っ払った何でもありの制作費の安いドラマの放送です。これまで月9を擁護してきた亀山千広社長の退任は確実視されている。恐らく6月以降に制作委員会が発足し、早ければ6月中にも月9を継続させるのか、あるいは打ち切るのかの結論を出すことになるでしょう」(フジテレビ幹部)

 ジリ貧の月9に、もはや打つ手なしか。

2017年4月30日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13004084/

フジテレビ

【貴族探偵 視聴率急落で現実味帯びるフジ月9消滅の日...】の続きを読む