芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

視聴率

1: なまえないよぉ~ 2019/09/17(火) 09:41:22.61
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第35回が15日に放送され、関東地区の平均視聴率が6・9%だったことが17日、
ビデオリサーチの調べで分かった。前回の第34回は9・0%と2桁が視野に入ったように見えたが、前回から2・1ポイントのダウンとなった。

8月25日放送の第32回では大河ドラマ史上最低の5・0%(関西地区4・9%)を記録していた。「いだてん」放送前の、大河ドラマの平均視聴率の
最低記録は12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%だったが、「いだてん」は、4月28日放送の第16回で7・1%を記録し、6月9日放送の第22回で
6・7%、8月11日の第30回で5・9%、8月25日の第32回に5・0%と、4度目のワースト記録更新となり厳しい状態が続いている。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0%)

第26回は7・9%(関西地区6・5%)

第27回は7・6%(関西地区7・0%)

第28回は7・8%(関西地区5・1%)

第29回は7・8%(関西地区5・5%)

第30回は5・9%(関西地区5・2%)

第31回は7・2%(関西地区5・9%)

第32回は5・0%(関西地区4・9%)

第33回は6・6%(関西地区4・8%)

第34回は9・0%(関西地区5・5%)

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-09091061-nksports-ent
20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

【【台風一過】NHK大河「いだてん」視聴率www】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/10(火) 11:51:39.41
女優広瀬すず(21)が、ヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜午前8時)の9日に放送された第139回の平均視聴率が23・8%(ともに関東地区)だったことが10日、
ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高視聴率は第15回の23・6%だった。

同ドラマは、戦争で両親を亡くし、父の戦友の養女として引き取られたヒロイン奥原なつ(広瀬すず)が、北海道を舞台に、亡き父の戦友の柴田剛男(藤木直人)と妻富士子(松嶋菜々子)、
柴田夫妻の父泰樹(草刈正雄)に育てられ、豊かな想像力と開拓者精神を生かし、アニメーターを目指す姿を描く。脚本家の大森寿美男氏のオリジナル作品。元AKB48で女優の渡辺麻友、
井浦新、染谷将太、伊原六花、小手伸也らが朝ドラ初出演。ほかに貫地谷しほり、中川大志、麒麟の川島明、木下ほうか、角野卓造が出演する。また、語り(ナレーション)をなつの父親という設定で内村光良が担当する。

あらすじは、なつは18年間勤めてきた東洋動画を辞める日を迎え、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)らと挨拶を交わした。そして仲間と一緒にこれまで試行錯誤してきた日々の数々を思い出した。
そして拍手で見送られ、東洋動画を去った。後日、いよいよマコプロに入社したなつは、麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)らと北海道を舞台にした新しい企画「大草原の少女ソラ」の作画監督としてスタートを切った。
そして、ロケをするためなつらは十勝にやって来た、という内容だった。

https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201909090000054_m.html?mode=all
no title

【【視聴率】広瀬すず「なつぞら」第139話23・8%最高更新】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/09(月) 10:06:58.50
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第34回が8日に放送され、関東地区の平均視聴率が9・0%だったことが9日、ビデオリサーチの調べで分かった。前回の33回の6・6%から2・4ポイントアップした。

8月25日放送の前回第32回では大河ドラマ史上最低の5・0%(関西地区4・9%)を記録していた。

「いだてん」放送前の、大河ドラマの平均視聴率の最低記録は12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%だったが、「いだてん」は、4月28日放送の第16回で7・1%を記録し、6月9日放送の第22回で6・7%、8月11日の第30回で5・9%、8月25日の第32回に5・0%と、4度目のワースト記録更新となり厳しい状態が続いていた。8日放送の第34回は久々に2桁が視界に入る数字となった。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0%)

第26回は7・9%(関西地区6・5%)

第27回は7・6%(関西地区7・0%)

第28回は7・8%(関西地区5・1%)

第29回は7・8%(関西地区5・5%)

第30回は5・9%(関西地区5・2%)

第31回は7・2%(関西地区5・9%)

第32回は5・0%(関西地区4・9%)

第33回は6・6%(関西地区4・8%)

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-09020609-nksports-ent
20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

【【視聴率】NHK「いだてん」第34話、まさかの爆上げwwwww】の続きを読む

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/09/02(月) 09:46:53.42
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第33回が1日に放送され、関東地区の平均視聴率が6・6%だったことが2日、
ビデオリサーチの調べで分かった。

同作は、8月25日放送の第32回で、関東地区の平均視聴率が、大河ドラマ史上最低の5・0%(関西地区4・9%)を記録していたが、同数字から
1・6ポイントアップした。

「いだてん」放送前の、大河ドラマの平均視聴率の最低は12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%だったが、「いだてん」は、4月28日放送の
第16回で7・1%を記録し、6月9日放送の第22回で6・7%、8月11日の第30回で5・9%、そして前回の32回で5・0%と4度目の記録更新をするなど
低迷が続いている。

第33回は、1940年のオリンピック招致をめぐり、互いに激しく争う東京とローマが描かれた。治五郎(役所広司)は田畑(阿部サダヲ)らを
イタリアの独裁者ムソリーニとの直談判に派遣。しかし、ムソリーニとの会見直前、IOC委員・副島道正(塚本晋也)が急病で倒れてしまうなど
絶体絶命の状況下で、治五郎が逆転の秘策を思いつく内容だった。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0%)

第26回は7・9%(関西地区6・5%)

第27回は7・6%(関西地区7・0%)

第28回は7・8%(関西地区5・1%)

第29回は7・8%(関西地区5・5%)

第30回は5・9%(関西地区5・2%)

第31回は7・2%(関西地区5・9%)

第32回は5・0%(関西地区4・9%)

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-08261018-nksports-ent

【【視聴率】NHKいだてん33話、前回から1.6P増の爆上げ、でも6.6%wwwww】の続きを読む

3afae260

1: なまえないよぉ~ 2019/09/02(月) 09:14:38.79
 宮崎駿監督のスタジオジブリの長編アニメーション映画「天空の城ラピュタ」が8月30日、日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(金曜後9・00)で放送され、
平均視聴率は14・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが2日、分かった。前回の14・4%から0・1ポイント上昇し、17回目のテレビ放送ながら根強い人気を示した。

 少年・パズーが空から舞い降りた少女・シータを守るため、空に浮かぶという伝説の城「ラピュタ」を探し求める姿を描く冒険ファンタジー。テレビ放送2回目の
22・6%(1989年7月)を筆頭に、過去16回のうち、20%超えは6回。13回目(2011年12月)は15・9%、14回目(13年8月)は18・5%、前々回(16年1月)は
17・9、前回(17年9月)14・4%を記録した。

 今回も滅びの言葉「バルス」がインターネット上で多くつぶやかれる「バルス祭り」が発動。「バルス」が世界トレンド1位となる盛り上がりを見せた。

 裏番組のTBS「凪のお暇」で、武田真治演じるスナック「バブル」のママが料理を提供する際に「バルス」とつぶやくシーンもあり、放送中の「天空の城ラピュタ」を
意識したセリフだと話題になった。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000137-spnannex-ent
no title


【【視聴率】「天空の城ラピュタ」テレビ放送17回目も安定の人気】の続きを読む