芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

視聴率

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/14(木) 09:18:47.58 _USER9
 女優の菅野美穂(43)と女優の浜辺美波(20)が親子役を演じる日本テレビ系連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(水曜後10・00)が13日にスタートし、初回の平均世帯視聴率は10・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。個人平均視聴率は5・8%だった。

 恋愛ドラマの名手・北川悦吏子氏(59)がオリジナル脚本を執筆。北川氏の連ドラ脚本は2018年前期のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」以来、約2年半ぶり。「恋愛小説の女王」と呼ばれた小説家のシングルマザー・水無瀬碧(みなせ・あおい)と、筋金入りの漫画オタクの娘・空(そら)による恋活模様を描く。菅野が少女のような天然母役、浜辺がしっかり者のオタク娘役。菅野の連ドラ主演は16年10月期のTBS「砂の塔~知りすぎた隣人」以来、約4年ぶり。北川作品への出演、浜辺との共演は初となる。

 菅野、浜辺のほかには岡田健史(21)、福原遥(22)、[Alexandros]の川上洋平(38)、沢村一樹(53)、「くりぃむしちゅー」の有田哲平(49)らが出演する、

 初回は、シングルマザーで小説家の碧(菅野)は漫画オタクの大学生の娘・空(浜辺)に浮いた話がまるでないことに悩んでいた。そのうえ、出版社編集長・小西(有田)からは渾身の初ミステリーを連載打ち切りが言い渡され、恋愛小説を発注される。一方、空は碧の幼なじみのゴンこと欣次(沢村)のたい焼き屋で家計への不安を吐露する。そんな中、空は大学の飲み会で、同じゼミの光(岡田)の言葉にカッとなり…という展開だった。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/3dcefe231231b25dbc12a0f9bbd78547976ef898
20210114001

【【視聴率】菅野美穂&浜辺美波が母娘役「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」初回10・3%】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/13(水) 10:06:48.32 _USER9
 女優の上白石萌音が主演するTBS系連続ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(毎週火曜 後10:00※初回15分拡大)第1話が12日放送され、初回平均視聴率が11.4%(世帯)だったことがわかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 今作は、昨年1月期に放送された上白石主演による人気ドラマ『恋はつづくよどこまでも』のスタッフが再集結。ファッション雑誌編集部を舞台に、人並みの幸せに憧れる奈未がドSな鬼編集長・麗子(菜々緒)や運命的な出会いをする子犬系男子・潤之介(玉森裕太)に振り回されながらも、恋と仕事に懸命に立ち向かい成長していく様をオリジナル脚本で描く胸キュンお仕事&ラブコメディ。

 第1話では東京で暮らす幼なじみで片思い相手・日置健也 (犬飼貴丈) を追いかけ、地方の田舎町から上京してきた就活中の奈未は、大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の面接を受けることに。

 面接までの時間を潰そうとしていた矢先、ひょんなことから知り合った潤之介 (玉森裕太) に救われ、アクシデントに見舞われながらも無事に面接を乗り切った奈未。無事、採用されたものの、配属されたのは備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部だった。

オリコン

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d1957bb598b93add36532a9a45c34d03ac46077
20210113002

【【視聴率】上白石萌音主演『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』初回11.4%】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/08(金) 17:44:03.84 _USER9
 1月1日に放送された「芸能人格付けチェック! 2021お正月スペシャル」(ABCテレビ制作・テレビ朝日系列)で、午後6時から放送された第2部の視聴率が22・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)に達した。

 ***
 この数字がどれほど凄いか、昨年7月から放送された人気ドラマ「半沢直樹」(TBS系列)の数字と比較してみよう。

 9月27日に放送された最終回はさすがの32・7%だったが、7月19日の第1話は22・0%、26日の第2話は22・1%という数字だった。

 まさに“国民的関心事”となったドラマと引けをとらない数字を出したわけで、昨年元日の21・2%を上回る番組最高記録となったのも納得と言える。

 これほどの高視聴率だったのは、何が理由だったのか。だが、ライバルの民放キー局でバラエティ番組の制作に携わるスタッフは、「過去の『格付けチェック』に比べて、突出した魅力があったわけではありません」と予想に反する感想だ。

「Twitterでも『寂しい』という声が投稿されたようですが、今年はMCとして浜田雅功さん(57)と名コンビである伊東四朗さん(83)の欠席が発表されました。恐らく、新型コロナの感染対策だったと思われます」
在宅率が追い風

 同じように感染対策として“密”を避けたのだろう、番組で人気の「おもてなし」も廃止になってしまった。

 番組を見た方ならご存知だろうが、チェックに挑戦する芸能人は、最初は誰でも“一流芸能人”として丁寧に扱われる。

 ところが「高級マグロとスーパーのマグロの食べ比べ」といった問題に正解しないと、“二流芸能人”、“三流芸能人”とランクが下がっていき、「おもてなし」もぞんざいになっていく。

 例えば、おやつが出るとして、一流芸能人には高級な羊羹が供されるが、二流芸能人には安価な煎餅という具合だ。

「視聴者を爆笑させる重要なルールですから、番組としては非常に痛かったと思います。おまけに最初に出題されたワインの問題も全員が正解してしまい、何の面白さも感じられませんでした」

 だが、それでも番組は最高の視聴率を記録した。一体、どうしてなのだろうか。

「コロナ禍で視聴者の在宅率が上がったことで、定番の番組に人気が集まったのが原因だと思います」

1/8(金) 11:02 
デイリー新潮 

もはや元日の風物詩?  

「芸能人格付けチェック」が驚異の視聴率 ライバル局からも「当分、一強時代が続く」 
自虐ネタも新鮮だったGACKT 
https://news.yahoo.co.jp/articles/f7f4aeea4f0caa3b6db5917a47337d83801bfcb9
>>2続く
no title 【「芸能人格付けチェック」が驚異の視聴率 ライバル局からも「当分、一強時代が続く」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/04(月) 15:48:45.03 _USER9
観客動員数1000万人超、興行収入140億円を突破し、国内の2019年映画興行収入ランキング第1位を記録した新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』が本編ノーカット版で地上波初放送。前作『君の名は。』に続きタッグを組んだRADWIMPSの音楽や、タイトルの“天気”を新海アニメならではの美麗な描写で表現し反響を生んだ本作。一方、公開当時、物語の結末には賛否両論も巻き起こった。
中略

■最後の決断、あなたならどうする?
新海監督は、本作についてしばしば賛否両論あるだろう、と言葉にしている。特に最後の決断については、意見が大きく分かれるところではないだろうか。筆者は正直、彼らのような行動を取ることはできない。ゆえに、それを“カッコよさ”と捉えたが、観た人の中には「許せない」という気持ちになる人もいるだろう。しかしながら、そこも含めて、『天気の子』という作品を見て損はないと断言できる。。もっと言えば、作品を肯定する必要すらないと感じている。果たして自分ならどうするのか。なぜ行動を理解できないのか。解釈や考え方の違いすらも楽しむのが、『天気の子』という作品なのかもしれない。
全文はソースをご覧ください

https://www.crank-in.net/column/84714/1 

no title


木村拓哉主演「教場2」前編は13・5%!「天気の子」「マツコ」などとの“1・3”視聴率バトル制す
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/01/04/kiji/20210103s00041000410000c.html

「天気の子」(後9・00~11・12)は8・8%だった。

【【視聴率】地上波初放送「天気の子」、視聴率がひどすぎて泣けるwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/04(月) 09:05:24.48 _USER9
 女優の新垣結衣(32)が主演を務めるTBS「逃げるは恥だが役に立つ」のスペシャルドラマ「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」(後9・00)が2日に放送され、平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が15・5%だったことが4日、分かった。

 2016年10月期に社会現象を巻き起こした人気ドラマ。海野つなみ氏による同名漫画が原作で、求職中の妄想女子・森山みくり(新垣)が、独身会社員・津崎平匡(星野源)の家事代行として働くうちに、2人が従業員と雇用主という関係の「契約結婚」をしてしまう社会派ラブコメディー。連続ドラマでは“ムズキュン”“恋ダンス”などのブームを生み、視聴率も最終回20・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯)と大反響。初回10・2%から一度も数字を落とさず上昇し、初の大台超えを達成して有終の美を飾った。

 新春スペシャル(SP)ドラマでは、みくりと平匡が契約結婚から生まれた恋を経て、ついに本当の“結婚”を決めた連続ドラマのその後のストーリー。脚本は原作の10巻と11巻をもとに、連続ドラマを手掛けた野木亜紀子氏が担当。結婚”を決めてから母となり父となった、みくりと平匡に起こるさまざまな人生の転機、どうにもならない困難に立ち向かい奮闘していく姿を描いた。放送では、NHK Eテレ「ねほりんぱほりん」とのコラボなど、大きな反響を呼んだ。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/e3202b46e53d7a4bed29c7b34606bb237313c734
no title

【【視聴率】「逃げ恥」新春SP15・5%の高視聴率】の続きを読む