芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

視聴率

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/03/18(月) 09:23:38.43 ID:DHJjr9Sv9
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第11話が17日に放送され、関東地区の平均視聴率が、第10話と同じ8・7%だったことが18日、ビデオリサーチの調べで分かった。

第6~9話まで関東地区の平均視聴率は4話連続で9%台を記録し、10日放送の第10話は8・7%と、とうとう9%台を下回っていたが、2話連続で8・7%となった。第11話はレギュラー出演者の1人であるピエール瀧容疑者の逮捕後、初の放送とあって、瀧容疑者の出演シーンはないものの、影響が懸念されていた。

第11話は、1912年7月のストックホルムオリンピック開会式で、「NIPPON」のプラカードを持ち、四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)が日本初のオリンピック選手として入場する姿が描かれた。競技が始まると、弥彦は100メートル短距離走で好タイムでゴールするも順位では惨敗。200メートルも惨敗に終わる内容だった。

◆これまでの視聴率推移

第1話が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2話は12・0%(関西地区11・5%)

第3話は13・2%(関西地区11・6%)

第4話は11・6%(関西地区12・0%)

第5話は10・2%(関西地区11・7%)

第6話は9・9%(関西地区8・0%)

第7話は9・5%(関西地区8・6%)

第8話は9・3%(関西地区7・7%)

第9話は9・7%(関西地区8・3%)

第10話は8・7%(関西地区8・6%)

【【視聴率】NHK「いだてん」ピエール瀧容疑者逮捕後初の放送で下げ止まりか?来週に期待wwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/11(月) 09:19:00.41 ID:G9w1DHf09
8日、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(金曜・後9時)でテレビ初放送されたインディーズ作品として異例の大ヒットを記録した映画「カメラを止めるな!」(監督・上田慎一郎)の平均視聴率が11・9%の好数字を記録したことが11日分かった。

同作品はゾンビ映画、サスペンス映画の要素を盛り込んだ娯楽作。
冒頭カメラ1台でワンシーン・ワンカットで撮影された40分間のシーンがCM無しでノーカット放送された。

SNSには「日テレさん、本当に冒頭のワンカットをノーカット、ノーCMでやってくれてありがとうございます」「まさか後半こんな展開とは…」などの絶賛の声があふれた。
副音声では上田監督やキャストの生トークで撮影秘話などが明かされた。

「カメラを止めるな!」は製作費300万円で製作され、昨年6月、都内2館で公開されるやSNSなどの口コミで大きな話題に。
興行収入は30億円突破。累計350館以上で上映された話題作で先日の「第42回日本アカデミー賞」でも優秀作品賞など8部門で受賞した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000094-sph-ent
no title

【【視聴率】テレビ初放送 映画「カメラを止めるな!」好視聴率を記録】の続きを読む

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/03/11(月) 09:27:53.67 ID:oGvNDuek9
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第10話が10日に放送され、関東地区の平均視聴率が8・7%だったことが11日、ビデオリサーチの調べでわかった。第6~9話まで関東地区の平均視聴率は4話連続で9%台を記録していたが、先週から1ポイント下がり、とうとう初の8%台となってしまった。

第10話は、金栗四三(中村勘九郎)が白夜に苦しめられ、おまけに大森兵蔵(竹野内豊)の体調が悪いため、弥彦(生田斗真)と2人だけでトレーニングを開始。周囲の外国人選手の多くが、監督の的確な指導のもと、複数の選手と一緒になって練習に励む姿を見て、明らかな差を感じ、また、孤独にめいっていく内容だった。

◆これまでの視聴率推移

第1話が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2話は12・0%(関西地区11・5%)

第3話は13・2%(関西地区11・6%)

第4話は11・6%(関西地区12・0%)

第5話は10・2%(関西地区11・7%)

第6話は9・9%(関西地区8・0%)

第7話は9・5%(関西地区8・6%)

第8話は9・3%(関西地区7・7%)

第9話は9・7%(関西地区8・3%)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-03110187-nksports-ent

【【視聴率】NHK大河「いだてん」 とどまる所を知らないwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/11(月) 10:05:00.86 ID:PkCQm0IS9
 テレビ朝日系「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)が10日に放送され、平均視聴率が自己最高の17・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。同時間帯の日本テレビ系人気番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の16・5%を再び上回った。

 タレントの所ジョージ(63)が司会、予備校講師でタレントの林修(53)がパネリストを務め、日本各地の人里離れた場所にポツンと存在する一軒家を制作スタッフが訪れて、住人のドラマを伝える同番組。

 前週24日放送では番組最高となる平均16・4%をマーク。「イッテQ」は16・3%で、初めて「ポツンと…」が「イッテQ」を上回った。前週は「イッテQ」が18・8%、「ポツンと…」が15・9%と高い数字での争いが続いている。

 また、日本テレビは「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜後7・00)=14・3%、「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)=17・1%と日曜夜のバラエティ番組が軒並み高数字をマークした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000071-spnannex-ent

20190225-00000080-spnannex-000-7-view[1]

【【視聴率】「ポツンと一軒家」高数字での争い続く「イッテQ」を再び上回るwwww】の続きを読む

8a6163c6

1: なまえないよぉ~ 2019/03/08(金) 20:53:11.33 ID:PzddCa1C9
大人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ)の首位陥落がテレビ業界をにぎわせている。
2月24日放送回の視聴率は16.3%と相変わらず好調だったが、裏番組の「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)が16.4%と、
わずか0.1ポイントの僅差ながら首位を奪取したのである。

「日本テレビは長年、視聴率3冠王を獲得し続けており、中でも『イッテQ!』はバラエティ部門の勢いを示す象徴的な番組でした。
それがテレ朝に負けたということで、社内には大きな動揺が広がっています。しかも特番が相手ではなく、レギュラー放送で負けたのですから、
明らかな力負けとなったわけです」(業界関係者)

その「イッテQ!」では昨年5月20日に放送された「ラオスの橋祭り」にやらせ疑惑が発生。放送倫理・番組向上機構(BPO)で審議に入っており、
今後、関係者のヒアリングなどが行われる予定だ。また、レギュラー出演者のNEWS・手越祐也は未成年女子との飲酒疑惑が持ち上がるなど、
先行き不安の状態にある。そんな状態の番組に日テレではどんなテコ入れを行うのだろうか。

「実はテコ入れどころか放置状態になっているようです。というのも日テレのバラエティ部門では『イッテQ!』に関わっていた人物が幹部となっており、
自分の実績でもある番組を批判するようなマネは避け、見て見ぬふりを決め込んでいるというのです。
しかし視聴者は早くも『イッテQ!』離れの兆候を見せているのが現実。
このままでは手遅れになる恐れもあり、いまがまさに“終わりの始まり”になっているのかもしれません」(前出・業界関係者)

翌週の3月3日放送回では「イッテQ!」が人気企画を投入し、「ポツンと一軒家」を視聴率で大きく上回ったが、
それでも、「イッテQ!」が、このまま、手をこまぬいているようでは、日テレの天下も危ういのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1723029/
2019.03.08 17:58 アサ芸プラス

【「イッテQ!」の首位陥落は、日テレ天下にとって終わりの始まりなのか? ← しつこいwwwwww】の続きを読む