芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

西野七瀬

1: なまえないよぉ~ 2019/03/07(木) 09:09:30.08 ID:eBTGpJTg9
 乃木坂46を卒業した西野七瀬が5日放送のカンテレ『グータンヌーボ2』に出演。タレントのゆきぽよ、若槻千夏とトークを展開し、好きな男性のタイプなどの話で盛り上がった。

 ゆきぽよから「アイドル時代にこの人、イケメンだなって思うことは?」と聞かれた西野は「思います。思います」とうなずき、若槻から具体的な顔を尋ねられた。

 西野は「二重じゃない人がいいです」と話し、「パチッていう…が、なんか苦手で」と目力の強い人が得意ではないと説明。
ゆきぽよが「塩顔だ」と指摘すると、西野は大きく相槌を打ちながら「塩顔だ、塩顔です」と肯定した。

 そして、ゆきぽよが好きな顔として「向井理さん」を取り上げると、西野は何度も「うん」と応じ、「カッコイイですね」と同意した。

 ただ、若槻は「向井理さん、二重だった気がするけど?」と西野の主張との食い違いを突っついたが、ゆきぽよと同時に「奥二重じゃないですか?」とした西野。その場は爆笑に包まれ「奥二重は好きなんですよ」とし、その場で若槻がスマホで向井が「奥二重」であることを確認した。

 また、「行ってみたいデートスポット」を尋ねられた西野は、「一人でスーパー行った時とかに、カップ麺のコーナーで、カップルが指さしてああだこうだやってたんですよ」と説明。カップルの仲睦まじそうな雰囲気が「すごいうらやましいなって」とすると、ピュアな状況描写に2人は驚きの様子を見せていた。

 この日の放送で、西野は自宅の部屋についても紹介。「シンプルです。シンプル、質素です」とし、
「ベッドカバーとか枕は全部、無地のグレー」と女の子らしいものは置いていないようだ。

 観葉植物やサボテンも枯らしてしまったという西野。「1回、お花をドライフラワーしようと思って逆さに吊るしてたんですよ」と話したが、仕事が忙しくそのまま置いたままにしていたところ、「虫の卵があったみたいで」と当時を振り返り、2人を引かせていた。

ミュージックヴォイス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00010001-musicv-ent
no title

【元乃木坂46西野七瀬さん、好きな顔は向井理 ← おまえら惨敗wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/03(日) 05:16:06.59 ID:4p62r2ZC9
4月入社のテレビ朝日の女性アナウンサーが、朝の人気番組『羽鳥慎一モーニングショー』の新アシスタントに抜てきされるというニュース。

彼女の名は斎藤ちはるアナウンサー(22)。昨年7月まで、乃木坂46に在籍していた元アイドルだ。
今年4月で入社2年目を迎える日本テレビの市來玲奈アナ(23)も、元乃木坂46のメンバーだ。

アイドルグループのメンバーは、いずれ卒業のときを迎える。元〇〇〇48、元〇〇〇46という肩書きが、現役時代同様、輝かしいものになるかどうかは誰にもわからない。

ソロだと素通り

つい先日、乃木坂46の絶対的エースとも言われた西野七瀬(24)が、グループを卒業した。
その2日後、東京で開催されたモバイルゲームの新CM発表会に出席したが、異変というほどではないが、珍しい取材風景が目撃された。

テレビカメラが10台以上駆けつけ、注目の高さを見せつけたのだが、発表会の後に行われた囲み取材で、質問に立ったディレクターはたったひとり!という寂しい風景になってしまったのだ。

注目度の高い芸能人が登場したり、ニュース度の高い会見の場合、民放各局は芸能リポーターを送り込む。そこまでのバリューがないと判断した場合は、番組ディレクターが質問に立つ。

ところが今回は、テレビカメラは出すけれど、ディレクターを配置しない、という各局の塩対応。このことが何を意味するかというと、

「あえて質問するようなこともないので、とりあえず絵(映像)が撮れればいい、と判断したケース」(情報番組デスク)

だという。現実はぬるくない。

その数日前、AKB48時代は“神7”のメンバーとして、上位人気を誇った板野友美(27)が新曲のイベントに登場した。
11枚目シングル『すき。ということ』のリリースを記念したものだったが、そこで目撃された風景は、芸能人の栄枯盛衰(えいこせいすい)を物語るものだったという。

「会場は500人くらいは入るところでしたが、前方に4~5列ぐらいファンがいる程度で、後ろはガラガラ。
スタート直前、周辺を歩く人に、誰でも入れるのでぜひお立ち寄りください、というようなアナウンスが流れましたが、みんな素通りしていました」(スチールカメラマン)

今回のシングル初週売り上げは、約3000枚。ミリオンが当たり前だったグループ時代と比較するのは酷だが、現実は生易しくない。

グループ卒業後、多くのメンバーが女優業を目指す中、板野は、自ら作詞も手掛けるなどアーティスト色を前面に押し出している希少な存在。

ソロ歌手として楽曲を売り上げ、ライブに客を動員しつづける人気をどうキープし続けるのか。
大所帯を離れた後の全員に待ち受ける課題だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/16101050/
2019年3月2日 22時0分 週刊女性PRIME
no title

【板野友美に西野七瀬、“大所帯” を離れたあとに待ち受ける「試練と課題」】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/02/26(火) 22:52:40.27 ID:lm0mqKs79
乃木坂46の第1期生として活躍していた西野七瀬が、24日開催の「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」でグループを巣立った。
“不動のエース”の卒業に、ファンからは惜別の声が相次いでいる。

21日から開催されていた同ライブは、グループ誕生7周年を祝うと同時に、西野の卒業コンサートとしても位置づけられた。
会場となった京セラドーム大阪は満員となり、全国218館の映画館でもライブビューイングが行われるなど大盛況となった。

西野は2011年に行われたオーディションを勝ち抜き、1stシングル『ぐるぐるカーテン』でCDデビュー。
14年リリースの8thシングル『気づいたら片想い』では、念願の初センターを獲得した。
その活躍はグループ活動以外でも多岐にわたり、15年には初のソロ写真集『普段着』(幻冬舎)を発売したほか、
ファッション誌「non-no」(集英社)の専属モデルにも抜擢されている。

また、女優業として、17年に白石麻衣や生田絵梨花らと共演した映画『あさひなぐ』(東宝映像事業部)で堂々主演を務めた。
18年1月期のドラマ『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』(テレビ東京系)でドラマ初主演を飾り、髪を20cmも落としたショートカット姿で挑んで話題を呼んだ。

ファンから絶大な支持を得る一方で、西野は昨年“文春砲”を食らったこともある。
18年5月に「週刊文春」(文藝春秋)が、
西野がテレビディレクターの男性を“お持ち帰り”する姿を報じた。
撮影された写真自体は、その2年前のものだったが、西野のスキャンダルは多くのファンを落胆させることになった。

そうした状況のなか、西野は18年9月20日のブログで「おしらせ」と題して乃木坂46からの卒業を発表。
グループ活動は同年いっぱいとし、年が明けてから卒業コンサートが行われることを明かした。
なお、西野によるとグループからの卒業について、1年以上前から事務所側と話し合っていたといい、文春砲は関係ない模様だ。

卒業コンサートをもってグループから巣立った西野に対し、インターネット上では「これからは新生・西野七瀬を応援していきたい」
「よくここまでグループ人気をけん引してきたなって素直に思う」といった労う声が続出。
その一方で「橋本奈々未、生駒里奈らに続いて西野七瀬も抜けて、グループはどうなっていくかな」
「高い人気を誇るのは白石麻衣だけになって、グループがファンの支持を受けられるか不安」などと、
人気の高いメンバーの脱退が相次いでいることからグループの今後を心配する声もあった。

今後は女優業を中心に活動するという西野。これからどんな軌跡を刻んでいくのか、期待しよう。

http://dailynewsonline.jp/article/1708762/
2019.02.26 19:20 ビジネスジャーナル

【乃木坂46、西野七瀬ら人気メンバー次々脱退で白石麻衣“一強”状態wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/02/25(月) 08:33:28.97 ID:nkrDRqGG9
西野七瀬(24)の乃木坂46卒業コンサートが24日、京セラドーム大阪で行われた。

この日をもって、アイドル活動にピリオドを打った。
加入時の「選抜外」から変化や努力を重ねた7年。
超人気メンバーにまで上り詰め、乃木坂46を国民的アイドルグループに押し上げた。
超満員の5万人を前に、地元大阪でラストパフォーマンスを披露した。

21日から同所で開催された乃木坂46のデビュー7周年記念「バースデーライブ」には、4日間で合計100万の応募があった。
24日の卒業コンサートには、西野の地元大阪ということもあり50万の応募が殺到、倍率10倍のプレミアムチケットとなった。
ステージバック席や機材席も開放し、超満員となった。
全国218館の映画館で10万人を動員してのライブビューイングの生配信も行われ、こちらも20万の応募があった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-02241326-nksports-ent

「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE Day4 ~西野七瀬 卒業コンサート~」

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title
元乃木坂46 西野七瀬
001_size6

【【乃木坂46】西野七瀬の卒コン倍率10倍だった 応募殺到!50万 ライブビューイングでも20万】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/02/22(金) 07:08:53.39 ID:Mcq6INK69
アイドルグループ・乃木坂46が21日、京セラドーム大阪でデビュー7周年記念ライブ『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』4daysの初日を迎えた。
昨年いっぱいでグループを卒業し、最終日の24日に卒業コンサートを控える西野七瀬がサプライズ登場し、5万人の観客を沸かせた。

昨年の6周年は、隣り合った明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時併催という前代未聞のライブを開催した『BIRTHDAY LIVE』。
今年は“原点回帰”し、2012年2月22日発売のデビューシングル「ぐるぐるカーテン」から約7年間でリリースしてきた持ち歌177曲を、21~24日までの4日間で全曲披露する。

オープニングでは1期生の最終オーディションの映像が流れ、合格発表のコールと同時にメンバーがステージに登場。
1期生によるデビューシングル「ぐるぐるカーテン」で幕を開けると、2ndシングル「おいでシャンプー」収録曲の生駒里奈ソロ曲「水玉模様」は、昨年12月に加入したばかりの4期生11人が“継承”した。

2ndアルバム『それぞれの椅子』収録曲の西野七瀬ソロ曲「光合成希望」では、本人が登場するサプライズ。
昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』以来、約1ヶ月半ぶりにグループに合流し、会場は大歓声に包まれた。

初日公演では、1stシングル「ぐるぐるカーテン」から7thシングル「バレッタ」収録曲やアルバム収録曲、その他のシングルのカップリング曲も数曲披露された。

セトリ他全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000324-oric-ent

『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』 京セラドーム大阪で開幕 西野七瀬がサプライズ登場
no title

no title


元乃木坂46 西野七瀬
no title

no title

【【乃木坂46】西野七瀬サプライズ登場に5万人が大歓声!7周年記念ライブ開幕】の続きを読む