芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

西野七瀬

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/22(火) 13:37:51.66 _USER9
女優の西野七瀬(26)が、22日発売の写真週刊誌『FLASH』(光文社)の表紙に登場。
巻頭グラビアでは、リラックスモードで撮影された美しい肌見せショットやニットでのキュートな笑顔などを披露した。

白い素肌にドキッ!ピンクのトップスを着た西野七瀬

女性ファッション誌『non-no』専属モデルとして活躍しながら、女優業に精力的に取り組む西野。
大きな話題となったドラマ『あなた番です』や、今年放送の『アンサング・シンデレラ』など話題作に次々と出演し、MCとしても成長している。

今回のグラビアは、アイドルを経て真摯にキャリアをかさねてたどり着いた26歳の現在地を撮り下ろし。
美肌ボディを可憐に見せた。

来年は劇団☆新感線41周年春興行『月影花之丞』(東京公演は2月26日から4月4日まで東京建物Brillia HALL、大阪公演は4月14日から5月10日までオリックス劇場)に出演が決まっている。

http://news.yahoo.co.jp/articles/eba2bc59674c89970f8db2387af9f8563118f880

『FLASH』 西野七瀬が美しい肌見せショット
no title

no title

no title

表紙
no title

【元乃木坂46西野七瀬(26)が美肌ボディを披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/10(土) 16:06:54.13 _USER9
元『乃木坂46』の西野七瀬に、思わぬ火の粉が降りかかっている。

先ごろ終了した出演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)が全話平均視聴率9.6%の一桁惨敗に終わったことで、
主演の石原さとみだけでなく、西野にもその〝責任論〟が取り沙汰されているというのだ。

「西野は乃木坂卒業後、本格的に女優業に進出。昨年は話題になったドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)の重要役を務め、
『アンサング――』では石原に次ぐ準主役級で出演しましたが、いずれも評判はイマイチ。

業界内では〝女優として華がない〟の声しきりです。小顔でヤセているというのが、むしろ存在感を弱くしている感じ。
飛び抜けた美人ではなく、逆に親しみやすさがあるのですが…」(テレビ雑誌編集者)

『アンサング――』は〝本邦初〟の薬剤師ドラマとしてフジテレビが大宣伝。
コロナ禍に遭って放送スタートが延びてしまった不運はあったが、同じ〝平日22時台〟のドラマ
『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)が全話平均視聴率15%超えを記録したことと比較すると、やはり〝大惨敗〟と言わざるを得ない。

「当然、石原の責任論が囁かれていますが、石原よりも〝戦犯〟は西野だという声も聞こえています。
西野は新米薬剤師・相原くるみ役でしたが、そもそも原作とは全く違うキャラクターで登場。
年長の患者に対して『薬のことは相談してね』という感じのタメ口で話すなど、親しみやすさがウリの彼女にムリヤリ寄せた感じになっていましたね。

ドラマ自体が薬剤師の仕事内容を逸脱し過ぎているなどと猛批判を浴びていましたが、
低視聴率だったのは彼女の役のせいもあったのかもしれません」(同・編集者)

西野は男性だけでなく女性からの人気も抜群。それだけに、同ドラマは女性視聴者をターゲットに彼女を起用したともっぱらだった。

「しかし、そのもくろみは結果的に大外れ。業界関係者が声を潜めて言うには、石原以上に西野の女優としての評価がダダ下がりだとか。
次に起用されるとき、どんな意図なのかが悪い意味で注目されそうです」(フジテレビ関係者)
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-821334/
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-814519/

20201010005

【元乃木坂46の西野七瀬にも飛び火 惨敗ドラマ・アンサングの責任論・・・業界内の声 「石原よりも〝戦犯〟は西野だ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/30(水) 12:46:11.60 _USER9
女優・西野七瀬(26歳)が、9月29日に放送されたトーク番組「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演。お気に入りのマンガについて語った。
番組冒頭で西野が、かつて自分が主演した映画の原作であるマンガ「あさひなぐ」の連載が終了したという話題を振ったことで、「マンガ好き?どんなマンガが好き?」と質問される。

西野は「マンガ好きです。昔から。『銀牙 -流れ星 銀-』というマンガが好きです。昔、ジャンプでやっていた犬が熊を倒すというマンガ。めっちゃ面白いんですよ!」とアピールした。

https://www.narinari.com/Nd/20200961729.html 
2020/09/30 06:26 

no title


no title

no title

【西野七瀬(26歳)の好きなマンガ「昔、ジャンプでやっていた『銀牙 -流れ星 銀-』めっちゃ面白いんですよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/29(水) 12:00:48.68 _USER9
 女優の西野七瀬(26)が28日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。過去の交際相手と友達になることは「ないと思います」と語った。

 「元カレ、元カノとの復縁ってあり?別れても友達になれる?」という視聴者からの質問に、共演者の女優・長谷川京子(42)が回答。「(友達に)なれると思う。復縁もいいんじゃない?長い人生だから、そういうことあってもいいんじゃないかなって思います」と私見を述べた。一方、西野は「なれないと思います」。「全部消したいってたぶん思っちゃう」と率直に答え、笑いを誘った。

 「交際相手と、どのくらい会いたい?どのくらい連絡を取りたい?」という質問でも2人は真逆。「毎日会いたい。連絡も1日何回も取りたい」と話す長谷川に対し、西野は理解できない様子。自身が長谷川と付き合う立場だったら「数日でたぶん終わっちゃう気がします」と苦笑しながら話していた。

no title

7/29(水) 11:27 
スポニチアネックス 

西野七瀬、元カレとの復縁はなし「全部消したい」 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200729-00000119-spnannex-ent

【西野七瀬、元カレとの復縁はなし「全部消したい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/17(金) 00:29:18.24
女優の石原さとみさんが主演を務める、連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第1話が7月16日、放送された。
SNSでは、新人薬剤師の相原くるみ役を演じる西野七瀬さんが「可愛すぎる」「なーちゃんがいる病院どこ?」などと盛り上がりを見せた。

ドラマは、石原さん演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部・病院薬剤師の葵みどりが、患者に真摯(しんし)に向き合う姿を描く。
第1話では、薬剤部にやって来たくるみが、みどりの仕事ぶりを見ながら、病院薬剤師の仕事を学んでいく過程が描かれた。

西野さん演じる新人薬剤師のくるみは、髪をポニーテールに束ね、関西弁を話す。
登場にSNSでは「ポニテなーちゃん可愛すぎる問題」「関西弁可愛すぎた」「顔面強すぎ」といった声が続々と上がっていた。

また、西野さんと連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、2019年)シリーズで共演した田中圭さん、金澤美穂さん、前原滉さんも出演。
気づいた視聴者の「なんかもう色々あな番やな(笑い)」「他にも出てくることを期待してしまう」「人殺されそうでハラハラする」などのコメントも見られた。

ドラマは、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん作、富野浩充さん医療原案のマンガ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作。
病院薬剤師を主人公とした連続ドラマが制作されるのは初めてとなる。
タイトルの「アンサング」は「褒められない」という意味で、縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)として患者のために奮闘する病院薬剤師たちを描く。

http://news.yahoo.co.jp/articles/7ae4bad951f90b3faea65714567f0a109b3f5d76

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」 西野七瀬
no title

no title

no title

no title

no title


【ドラマ「アンサング・シンデレラ」 元乃木坂46西野七瀬が「可愛すぎる」と話題!】の続きを読む