芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

西野七瀬

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/08(月) 08:56:49.79 _USER9
元乃木坂46で女優の西野七瀬(26)が19日から独占配信されるAmazonプライムビデオの新ドラマ「ホットママ」で卒業後初主演することが8日、分かった。初のママ役を演じる。

今作は2013年に中国で放送され、仕事に子育てに奮闘する主人公の姿が大きな反響を呼び社会現象を巻き起こすほど大ヒットとしたドラマ「辣媽正傳(英語タイトルはHOT MOM!)」の日本版リメーク。
西野はファッション業界を舞台に、妊娠、結婚、出産、育児に奮闘しながら、アパレル会社で世界に通用するファッションディレクターを夢見る、主人公・松浦夏希を演じる。

夏希に思いを寄せる大学時代の同級生・三村元哉役は俳優・千葉雄大。
2人は初共演で、初のママ・パパ役に挑戦する。

また、主人公を囲むキャストとして、ファッション業界のカリスマ敏腕上司・塔子役に板谷由夏。
元恋人・幸次郎役に味方良介、後輩役に横田真悠と萩原利久が出演。
さらに、“中国で最も有名な日本人”と称され、絶大な人気を誇る矢野浩司も出演する。

監督は、フジテレビ系ドラマ「ファーストクラス」(14年)などファッションや恋愛をテーマにしたラブコメを多く描いてきた宮脇亮氏と、日テレ系ドラマ「チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~」(19年)などを手掛ける北川瞳氏が担当する。
 
西野は「初めて脚本を読んだ時、夏希という女性を演じる自分の姿がなかなか想像できませんでした。ですが、撮影に入ってから、仕事の夢に向かって突き進み、妊娠、結婚、出産、育児も、すべて頑張る夏希を、スタッフの皆さんと一緒に作り上げることができたと思います」とコメント。
 
千葉との初共演には「初共演でしたが、お芝居で引っ張っていただきながらも、お互いに初めてのママ・パパ役として、しっかりと役柄と向き合えたかなと感じています」と手応えを明かした。

http://news.yahoo.co.jp/articles/a4eb2b3f00a5eccdb55c0165750ab348f7955846

西野七瀬主演!3/19(金)配信開始「ホットママ」 90秒予告
https://www.youtube.com/watch?v=eiIdkRVnc_k


西野七瀬主演ドラマ『ホットママ』 初のママ役に挑戦!
no title

メインビジュアル
no title


【元乃木坂46西野七瀬(26)、卒業後初の連ドラ主演決定!ママ役に初挑戦】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/10(水) 12:29:25.81 _USER9
 女優の西野七瀬(26)が9日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。デビュー当時を振り返った。

 番組ゲストは、ピアニストYouTuberのハラミちゃんと、ギャルモデルの今井アンジェリカ(20)。「ギャルを見るのが好き」というハラミちゃんは、ギャルに関する話題で今井と盛り上がった。

 ここでハラミちゃんは「デビュー当時、もうちょっと眉毛細かったですよね?」と西野に質問。西野は「細眉がすごい流行ってて」とうなずき「私もそうですね。ギャルの一味やってた」とギャルトークに参加して盛り上げていた。

2/10(水) 11:10
スポニチアネックス

西野七瀬 デビュー当時は細眉「ギャルの一味やってた」
西野七瀬
https://news.yahoo.co.jp/articles/44ce68730bed04962154f0b1c963e773597c2e7b
no title 【西野七瀬さん、デビュー当時は細眉「ギャルの一味やってた」www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/07(日) 17:01:06.81 _USER9
最近、西野七瀬のCMをよく見る。

「au」の「意識高すぎ!高杉くん」シリーズでは新キャラの「貯杉先生」として登場。
神木隆之介扮する高校生を悩殺し、松本穂香扮する女子高生を嫉妬させる役どころだ。そのかわいさを武器に、人気シリーズを活性化させる働きを見事に果たしている。

また「アサヒスーパードライ」の「春、待ってるよ」編では、同じく元・乃木坂46の白石麻衣と共演。「スーモハウス」の「ナナセさんの絞り込みカンリョウ!」編には単独で出演中だ。

どのCMでも、長年在籍したグループを2年以上前に卒業した26歳とは思えない新鮮な魅力が感じられ、ファンならずとも目を奪われる人が続出している。

ただ、こうした姿を見せているのは西野だけではない。欅坂46のセンターだった平手友梨奈は年明けの「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)でかくし芸に挑戦するなどして、グループ時代とはまた違ったアイドル性をアピール。
同じく元欅坂の長濱ねるも、一年近くの活動休止を経て、しっとりとした魅力も加えたかたちで戻ってきた。

前出の白石もきれいなイメージをキープしているし、坂道系の卒業組はもっぱらアイドル性を維持、もしくは更新しながらソロに移行しているのである。

一方、AKB48をはじめとする48系グループの卒業組は対照的だ。
女優なり、バラドルなり、アイドル的ではないイメージを強く打ち出しているように見える。例外として渡辺麻友がいたものの、昨年、引退してしまった。

そんななか、ヒントになるような成功モデルを示したのが、川栄李奈と指原だ。前者は女優、後者はバラドルとして、道を切り開いた。
特に川栄は、選抜総選挙の最高順位が16位と、グループ時代は大した実績を残せず、ファンによる握手会襲撃事件の被害者という印象くらいしか持っていなかった人も多いだろう。
そんな脇役的存在が卒業後、出世頭と呼ばれるほどの大躍進を遂げたのである。

その転機となったのが、2016年前期のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」。
ヒロインが身を寄せる下町の弁当店の娘を演じて、爪痕を残した。その後、ドラマや映画、CMにも引っ張りダコとなり、本年度後期の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」ではヒロインのひとりに決定。
今月スタートのNHK大河ドラマ「青天を衝け」にも出演する。

これが女優志向の48系卒業組に影響を与えたことは、想像に難くない。
大島優子は二度目の朝ドラとなった「スカーレット」(19年度後期)でヒロインの幼なじみをオバサンになるまで演じきり、評価を高めることに。
島崎遥香は「ひよっこ」(17年前期)でクセの強い役をこなし、女優としての株を上げた。
松井玲奈は二度目の朝ドラ「エール」(20年度前期)にヒロインの姉役で登場。二階堂ふみや森七菜と絶妙なコントラストを見せたものだ。

また、朝ドラとは縁のない前田敦子にしても、川栄のことは気になるのではないか。
こちらは卒業後しばらくソロ歌手としても活動したが、やがて女優に専念。
一昨年の映画「葬式の名人」や昨年のドラマ「伝説のお母さん」(NHK総合)など、個性的な主演作を残している。
AKBの象徴的なポジションだった分、その後の展開が難しいことを思えば、十分に健闘しているといえる。

なお、川栄は早くから女優志望で、朝ドラへの憧れも強く、初めてオーディションを受けたのはグループ在籍中の「あさが来た」(15年後期)だという。
ヒロインを射止めた「カムカムエヴリバディ」は6度目の挑戦だったとのことだ。

そこにはAKBならではのハングリー精神もプラスに働いたのだろう。
なにせ、わずか観客7人の前で行われた初公演以来、この手のグループの草分けとして歴史を作ってきた存在だ。
「努力は必ず報われる」(高橋みなみ)という言葉に象徴されるメンタリティーが、第11期の川栄にも受け継がれていたのだろう。

全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/010c7cee3bf53f3a75d6ef7b3da82682f8cb4251

20210207007

【川栄李奈に続き「西野七瀬」も快進撃 坂道系と48系の卒業後の成功モデルの違いから見えるもの】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/04(木) 00:16:21.25 _USER9
女優の西野七瀬が、4日発売の『週刊ヤングジャンプ』10号の表紙に登場。
唯一無二の可愛さで魅了した。

乃木坂46を卒業後、数々の人気ドラマに出演。
また、バラエティのMCや舞台など活躍の場を広げている西野が約1年ぶりに表紙に登場した。

西野の可愛さは唯一無二。
どんどん愛しさが増していく西野と一緒に行く、笑顔いっぱいのショートトリップグラビア。
日本中を癒してくれる最高の笑顔が満載の内容となっている。

http://mdpr.jp/news/detail/2421788

『週刊ヤングジャンプ』10号 西野七瀬
no title

no title

no title


元乃木坂46 西野七瀬
http://pbs.twimg.com/media/DlQ_ziWVAAArScP.jpg
http://pbs.twimg.com/media/Ddy6SNJUQAEv-uA.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DcujbsVW4AM6cI4.jpg
http://pbs.twimg.com/media/C21NRVrUoAAI7eI.jpg

【元乃木坂46西野七瀬(26)、唯一無二の可愛さ全開 小旅行グラビア披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/22(火) 13:37:51.66 _USER9
女優の西野七瀬(26)が、22日発売の写真週刊誌『FLASH』(光文社)の表紙に登場。
巻頭グラビアでは、リラックスモードで撮影された美しい肌見せショットやニットでのキュートな笑顔などを披露した。

白い素肌にドキッ!ピンクのトップスを着た西野七瀬

女性ファッション誌『non-no』専属モデルとして活躍しながら、女優業に精力的に取り組む西野。
大きな話題となったドラマ『あなた番です』や、今年放送の『アンサング・シンデレラ』など話題作に次々と出演し、MCとしても成長している。

今回のグラビアは、アイドルを経て真摯にキャリアをかさねてたどり着いた26歳の現在地を撮り下ろし。
美肌ボディを可憐に見せた。

来年は劇団☆新感線41周年春興行『月影花之丞』(東京公演は2月26日から4月4日まで東京建物Brillia HALL、大阪公演は4月14日から5月10日までオリックス劇場)に出演が決まっている。

http://news.yahoo.co.jp/articles/eba2bc59674c89970f8db2387af9f8563118f880

『FLASH』 西野七瀬が美しい肌見せショット
no title

no title

no title

表紙
no title

【元乃木坂46西野七瀬(26)が美肌ボディを披露】の続きを読む