芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

西野七瀬

no title


1: なまえないよぉ~ 2019/04/03(水) 10:55:13.06 ID:B6i1Xvlf9
夢に向かって頑張る子供たちの成長を見守る応援ドキュメントバラエティー『ライオンのグータッチ』(フジテレビ系)でMCを務めている元乃木坂46の西野七瀬(24)。
同番組の3月30日の放送回で西野の思わぬ一面が発覚し、視聴者を驚かせた。

この日は、小学校最後の大会で優勝したいという神奈川県の少年サッカーチームを元日本代表・石川直宏(37)がサポート。
石川がプロならではの目線で練習方法を提案していき、勝つためのポイントを押さえながら成長していく子どもたちの様子が放送された。

番組の最後では、今回登場したサッカーチームのある少年が、サッカーを始めてから体格が大きく変わっていったというエピソードから、
佐藤隆太(39)、博多大吉(48)、そして西野のMC3人が「最近、体に起きた変化」についてのトークを展開。

佐藤は「やっぱり目ですかね」と歳を重ねるとともに老眼の気配を感じるようになったと話すと、博多が「ようこそ老眼の世界へ」と人生の先輩らしく答えた。
さらに佐藤が「そばがめちゃくちゃうまい」と続けると、西野は「わかんな~い」と首を横に振り、「私、そばとうどんの違いがまじでわからない」と驚愕の事実を明かした。

これには佐藤や博多も驚き、「それはないでしょ」「それは大問題」と否定。
しかし西野は「一緒!」「細いのと、ちょっと違う」とうどんとそばは細さが少し違うだけだと主張していた。
しかし博多は「うどんとそばはまったく違う!」「じゃないとホラーだって」と、西野の発言が信じられない様子であった。

そんな西野に視聴者からは「うどんとそばの違いがわからないとか、なぁちゃんヤバいな」「なぁちゃんの一言が衝撃だった件」
「なぁちゃんおもしろすぎる」「『そばとうどんの違いがマジでわからない』のマジさに思わず笑った」といった声が上がっていた。 

西野にはぜひ、そばとうどんの食べ比べをしてみてほしい。

http://dailynewsonline.jp/article/1756875/
2019.04.02 19:55 日刊大衆

【元乃木坂46・西野七瀬さんの“致命的な味覚音痴”が発覚! 「大問題」「ヤバい」と激震wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/23(土) 17:20:13.02 ID:rOYb/2BN9
ファストファッションECブランド「GRL(グレイル)」が、乃木坂46を卒業した女優の西野七瀬と現役メンバーの齋藤飛鳥のツーショット写真を公開した。

「GRL(グレイル)」はかねてから西野と齋藤をイメージモデルとして起用しており、卒業コンサートを終えた西野と齋藤が2019年春の新作アイテムを着たツーショット撮影を敢行。
2人を起用してきた同ブランドならではの、“奇跡の2ショット”となっている。

GRLの公式ツイッターでは、一足早く撮影を終えた2人のオフショットが披露されており、花束を持った2人がカメラに目線を送っている写真に、ファンからは「この2人揃うと最強ですね!」「2人とも最高に可愛い」「2人が天使すぎて...」などのコメントが殺到している。

2人が着用している洋服は3月23日の15時からGRLのサイトで順次販売がスタートする。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00063574-crankinn-ent

齋藤飛鳥&西野七瀬
no title

no title

no title

西野七瀬
no title

no title

no title

no title

no title

no title

齋藤飛鳥
no title

no title

no title

no title

【乃木坂46 西野七瀬&齋藤飛鳥、奇跡の2ショット 天使すぎ」「最強」の声殺到】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/12(火) 08:25:40.59 ID:XSC1NlKN9
元『乃木坂46』の西野七瀬に〝前途多難〟説が浮上している。
彼女は昨年9月にグループからの卒業を発表し、去る2月のコンサートで乃木坂としての全活動を終えたばかり。
しかし、大成しないとされる『AKB48』卒業組と同じ〝ニオい〟が漂っているとの見方をされているのだ。

「AKBは〝会いに行けるアイドル〟をコンセプトに専用劇場を持ち、親近感を売り物に結成されました。
一方、乃木坂もそれほど方向性は変わらないのですが、専用の劇場はなし。
またAKBグループに対して圧倒的に人数が少なく、美女度は上ということになっています。
〝選抜総選挙〟には出ないので、必ずしも人気やビジュアルが乃木坂が優位とは言えませんけど」(アイドルライター)

ただAKB出身が成功しないというのは、もはや定説化している。

「前田敦子、篠田麻理子、板野友美……しかりです。いずれも〝元AKB〟の冠で何とかやっている感じでしょう。
大看板だった大島優子など、一昨年から昨年まで米国留学。
10月に帰国会見を行ったのですが、取材陣から『まだいたんだ』の失笑が出る始末でした」(同・ライター)

もっとも例外もいる。AKB時代には目立つ存在ではなかったが、卒業後に大躍進。
AKB出身で断トツの売れっ子といわれる川栄李奈だ。彼女は数多くのCMの他、話題のドラマに何本も出演している。

「川栄に関しては事務所の力だけではなく、現場からの〝推し〟がやたら強いという話があります。
AKB選抜総選挙での最高が16位だったことを考えると、ほとんど奇跡的な売れ方ですね」(AKBライター)

ルックスもトークも微妙な西野
昨年5月、乃木坂のエース格だった生駒里奈が卒業したが、ソロになってからの活動はパッとしない。
卒業したばかりの七瀬に関しても、やはり芳しい話は聞こえてこない。

「生駒もそうですが、西野もビジュアルに関しては賛否両論が激しい。彼女は女性ファッション誌の専属モデルというのも売り物でしたが、かと言ってスタイルが抜群というわけでもない。
考えようによっては、近寄れないような美女でないのがいいのかもしれません。

それこそ親近感の湧くアイドルです」(同・ライター)

西野は今年1月よりガールズトーク番組『グータンヌーボ2』(関西テレビ)にMCで出演中。

「しゃべりはお世辞にもうまくない。とにかく語彙、表現力がなくて、ただのお姉さん。
番組にはフリーアナの田中みな実、変な日本語の滝沢カレンが共演していますが、元アナウンサーのみな実は当然として、あのカレンと比べてもしゃべりが心もとない。
4月からは日本テレビのドラマに出ますが、これは企画が秋元康氏です。何だか先が見えた感じですね」(同)

乃木坂出身も大成しないのか!?

http://dailynewsonline.jp/article/1727914/
2019.03.12 07:30 まいじつ

no title

【元乃木坂46西野七瀬にAKBと同じ“卒業失敗”の予感wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/07(木) 09:09:30.08 ID:eBTGpJTg9
 乃木坂46を卒業した西野七瀬が5日放送のカンテレ『グータンヌーボ2』に出演。タレントのゆきぽよ、若槻千夏とトークを展開し、好きな男性のタイプなどの話で盛り上がった。

 ゆきぽよから「アイドル時代にこの人、イケメンだなって思うことは?」と聞かれた西野は「思います。思います」とうなずき、若槻から具体的な顔を尋ねられた。

 西野は「二重じゃない人がいいです」と話し、「パチッていう…が、なんか苦手で」と目力の強い人が得意ではないと説明。
ゆきぽよが「塩顔だ」と指摘すると、西野は大きく相槌を打ちながら「塩顔だ、塩顔です」と肯定した。

 そして、ゆきぽよが好きな顔として「向井理さん」を取り上げると、西野は何度も「うん」と応じ、「カッコイイですね」と同意した。

 ただ、若槻は「向井理さん、二重だった気がするけど?」と西野の主張との食い違いを突っついたが、ゆきぽよと同時に「奥二重じゃないですか?」とした西野。その場は爆笑に包まれ「奥二重は好きなんですよ」とし、その場で若槻がスマホで向井が「奥二重」であることを確認した。

 また、「行ってみたいデートスポット」を尋ねられた西野は、「一人でスーパー行った時とかに、カップ麺のコーナーで、カップルが指さしてああだこうだやってたんですよ」と説明。カップルの仲睦まじそうな雰囲気が「すごいうらやましいなって」とすると、ピュアな状況描写に2人は驚きの様子を見せていた。

 この日の放送で、西野は自宅の部屋についても紹介。「シンプルです。シンプル、質素です」とし、
「ベッドカバーとか枕は全部、無地のグレー」と女の子らしいものは置いていないようだ。

 観葉植物やサボテンも枯らしてしまったという西野。「1回、お花をドライフラワーしようと思って逆さに吊るしてたんですよ」と話したが、仕事が忙しくそのまま置いたままにしていたところ、「虫の卵があったみたいで」と当時を振り返り、2人を引かせていた。

ミュージックヴォイス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00010001-musicv-ent
no title

【元乃木坂46西野七瀬さん、好きな顔は向井理 ← おまえら惨敗wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/03(日) 05:16:06.59 ID:4p62r2ZC9
4月入社のテレビ朝日の女性アナウンサーが、朝の人気番組『羽鳥慎一モーニングショー』の新アシスタントに抜てきされるというニュース。

彼女の名は斎藤ちはるアナウンサー(22)。昨年7月まで、乃木坂46に在籍していた元アイドルだ。
今年4月で入社2年目を迎える日本テレビの市來玲奈アナ(23)も、元乃木坂46のメンバーだ。

アイドルグループのメンバーは、いずれ卒業のときを迎える。元〇〇〇48、元〇〇〇46という肩書きが、現役時代同様、輝かしいものになるかどうかは誰にもわからない。

ソロだと素通り

つい先日、乃木坂46の絶対的エースとも言われた西野七瀬(24)が、グループを卒業した。
その2日後、東京で開催されたモバイルゲームの新CM発表会に出席したが、異変というほどではないが、珍しい取材風景が目撃された。

テレビカメラが10台以上駆けつけ、注目の高さを見せつけたのだが、発表会の後に行われた囲み取材で、質問に立ったディレクターはたったひとり!という寂しい風景になってしまったのだ。

注目度の高い芸能人が登場したり、ニュース度の高い会見の場合、民放各局は芸能リポーターを送り込む。そこまでのバリューがないと判断した場合は、番組ディレクターが質問に立つ。

ところが今回は、テレビカメラは出すけれど、ディレクターを配置しない、という各局の塩対応。このことが何を意味するかというと、

「あえて質問するようなこともないので、とりあえず絵(映像)が撮れればいい、と判断したケース」(情報番組デスク)

だという。現実はぬるくない。

その数日前、AKB48時代は“神7”のメンバーとして、上位人気を誇った板野友美(27)が新曲のイベントに登場した。
11枚目シングル『すき。ということ』のリリースを記念したものだったが、そこで目撃された風景は、芸能人の栄枯盛衰(えいこせいすい)を物語るものだったという。

「会場は500人くらいは入るところでしたが、前方に4~5列ぐらいファンがいる程度で、後ろはガラガラ。
スタート直前、周辺を歩く人に、誰でも入れるのでぜひお立ち寄りください、というようなアナウンスが流れましたが、みんな素通りしていました」(スチールカメラマン)

今回のシングル初週売り上げは、約3000枚。ミリオンが当たり前だったグループ時代と比較するのは酷だが、現実は生易しくない。

グループ卒業後、多くのメンバーが女優業を目指す中、板野は、自ら作詞も手掛けるなどアーティスト色を前面に押し出している希少な存在。

ソロ歌手として楽曲を売り上げ、ライブに客を動員しつづける人気をどうキープし続けるのか。
大所帯を離れた後の全員に待ち受ける課題だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/16101050/
2019年3月2日 22時0分 週刊女性PRIME
no title

【板野友美に西野七瀬、“大所帯” を離れたあとに待ち受ける「試練と課題」】の続きを読む