芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

西野七瀬

1: なまえないよぉ~ 2018/02/12(月) 05:44:26.38 ID:CAP_USER9
 1月、『乃木坂46』の新成人メンバー6人が東京・乃木神社で成人式を行った。
 「昨年、成人式だった生田絵梨花ら5人のメンバーは、自分たちの世代を『マイペース世代』と命名していました」(芸能記者)
 そこで、「今年は何世代?」という質問に、星野みなみは「どうしよう…」と困惑。グループの“顔”でもある白石麻衣(25)にちなんで取材陣から「白石越え世代?」と聞かれると、星野は「じゃあ、白石越えを目指す世代で」と答えて笑わせた。

 昨年末には、『第59回日本レコード大賞』の大賞に輝いた『乃木坂46』。
 「星野たちが“白石越え”を宣言するのはいいことですが、同グループの中心はまだまだ白石。それに、西野七瀬(23)、齋藤飛鳥(19)が続く形です」(アイドルライター)

 『乃木坂46』は、秋元康氏のプロデュースで2011年8月に誕生した。
 2012年2月にシングル『ぐるぐるカーテン』でデビュー。続く2作目の『おいでシャンプー』以来、シングル18作連続首位。2015年には、『NHK紅白歌合戦』初出場。先輩格の『AKB48』とは違って専用劇場を持たず、AKB48グループの選抜選挙にも参加していない。

 では、ここから『乃木坂46』の現在の“中心メンバー3人”を見て行こう。
 “断トツ”でナンバー1は、“まいやん”の愛称で親しまれている白石麻衣(1992年8月20日生)。
 「オヤジ好みの妖艶さを備えた“イイ女”です。“抱き心地”もよさそう」(写真誌カメラマン)

 そんな白石が昨年2月に発売した写真集『パスポート』(講談社)は25万部以上を売り上げ、2008年にオリコン・本ランキング写真集部門が集計開始以来、女性では歴代最高の年間売り上げを記録した。
 「あの福山雅治も購入したようですし、今も写真集は売れています。インターネット上でも『ヤババババ』『エロすぎ』などと沸き返りました」(芸能ライター・小松立志氏)

 大ヒットの要因は、同世代女性の支持率の高さと言われているが、それだけではないようだ。
 「福山が購入していたように、おじさん受けも抜群なんです。オリコンの表彰式には、シースルー系の“ランジェリーのような”黒いドレス姿で登場しましたが、なにげなく、髪をいじる仕草が色っぽいのなんのって。久しぶりに、“フル勃起”してしまいました」(50代のベテラン芸能記者)

 2013年からは、ファッション誌『Ray』の専属モデルも務めている。
 「いくら“絶対的な存在”といっても、彼女も25歳。近いうちに、グループを卒業し、ピン(1人)で活動していくのは自然の流れです。資生堂が『マキアージュ』のCMに起用したことからも分かる通り、あの美しさは天下一品。生き残っていくのは簡単なことです」(広告代理店関係者)

 そういえば、件の写真集『パスポート』というタイトルは、“色々なお仕事をしていけたら”という白石の思いを込めて名付けられたという。
 「(写真集の)帯には、『白石麻衣は、もうどこへでも行ける。写真集を眺めながら、ふと、そんなことを思った』という、秋元氏のコメントが添えられていました。案外、今年中に“卒業”があるかもしれませんよ」(芸能レポーター)

 目標は佐々木希。
 「モデル、女優で歌もできるからです。男関係の方は、“ジャニーズ・キラー”という噂もあって、写真誌や文春砲がマークしているようですが、決定的シーンはまだキャッチされていません。タン塩弁当をめぐって、楽屋で後輩たちとジャンケン大会をしているくらいですから、かわいいものです」(芸能プロ関係者)

 むしろ、おっぱいの大きさを気にしているという。
 「今でも80のDカップで“美乳”の誉れが高いのですが、本人は、もう少し大きくなってほしいと、オフや空き時間でのおっぱいマッサージは欠かせないようです。周囲からは、“早く彼氏を作って揉んでもらえ”と冷やかされているそうです」(芸能関係者)

http://wjn.jp/article/detail/2308191/

no title

【乃木坂46「美乳三姉妹」〈白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥〉wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/07(水) 15:49:05.09 ID:CAP_USER9
乃木坂46の白石麻衣、西野七瀬、生田絵梨花、若月佑美、松村沙友理、高山一実が7日、都内で行われた新CM発表会に出席した。

会見では9日より全国で放送開始となる新CM「春イチバンになれ。」篇をひと足早くお披露目。
新CMでは“清楚”で“おしとやか”なイメージのある乃木坂46のメンバーが、メンズスーツを身にまとって“クール”で“カッコ良い”姿を見せる。

CMタイアップ曲は4月リリース予定の新曲『シンクロニシティ』。
CMの雰囲気にもぴったりな疾走感溢れる1曲となる。
なおCMには白石、西野、生田、若月、松村、高山のほか、秋元真夏、井上小百合、齋藤飛鳥、桜井玲香、堀未央奈も出演する。

http://mdpr.jp/news/detail/1745229

乃木坂46白石麻衣、西野七瀬らがクールな男装姿に!メンズスーツ着こなしダンスも  「はるやま/P.S.FA フレッシャーズキャンペーン」新CMが公開
https://youtu.be/4WFStwCSdqM



「はるやま/P.S.FA フレッシャーズキャンペーン」新CM 乃木坂46が“イケメン”に変身
no title

no title

no title

no title

no title


はるやま商事『P.S.FAフレッシャーズキャンペーン』新CM発表会 乃木坂46
no title

no title

no title

【【乃木坂46】白石・西野・生田らイケメン男装姿でメンズスーツをPR】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/05(月) 14:09:48.16 ID:CAP_USER9
乃木坂46の西野七瀬(23)が5日、東京都内で行われた「花王ビオレUVアクアリッチウォータリーエッセンス」の新テレビCM発表会見に出席した。

西野は、グループ卒業を発表した生駒里奈(22)について聞かれると「うっすらとは聞いていたけどびっくりしました。あ、今なんだと。思ったより早いな、と」と明かした。

卒業について生駒本人からまだ具体的に聞いていないというが、「卒業までの期間を楽しんでできたら。本人も残りの期間を楽しみたいと言っていたので」とエールを送った。

この日、西野は新CMと同じように自転車をこいでステージに滑り込むように登場。
両肩を大胆に露出した黄色の衣装について「ふだんここまでお肌出さないんで若干恥ずかしいです。ひとりというのもなかなかないので恥ずかしいです」と“胸キュン”スマイルで魅了した。

夏に自転車に乗る際は背中に照りつける日光が気になるが、日焼け対策については「焼けるとけっこう痛いので、背中からうなじまで塗るようにしています」と明かした。
新CMは6日から全国オンエア。

http://www.sanspo.com/geino/news/20180205/akb18020513350001-n1.html

「花王ビオレUVアクアリッチウォータリーエッセンス」新テレビCM発表会見 西野七瀬
no title

no title

no title

no title

no title

no title


「花王ビオレUVアクアリッチウォータリーエッセンス」テレビCMより
no title

no title

no title

no title

no title

【【乃木坂46】西野七瀬、黄色のオフショルワンピで両肩を大胆に露出「若干恥ずかしい」“胸キュン”スマイルで魅了】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/01/28(日) 09:21:48.26 ID:CAP_USER9
乃木坂46の西野七瀬、俳優の野村周平がW主演を務めるテレビ東京土曜ドラマ24枠『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』(毎週土曜深夜12時20分~)の第3話が27日、放送され、キスシーンに反響が集まった。<※一部ネタバレあり>

西野七瀬&野村周平W主演「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」

原作は「週刊少年ジャンプ」黄金期を支えた作家、桂正和氏の代表作『電影少女』。
累計発行部数1400万部を超える恋愛SF漫画の金字塔が初のドラマ化。
時代設定を現代に移し替え、原作の続編として2018年リブート版「電影少女」として蘇る。

動くビデオガール・アイ役を西野、高校生・弄内翔役を野村が演じるほか、飯豊まりえ、清水尋也、大友花恋ら注目の若手俳優陣が出演する。

奈々美×智章の恋が進展 落ち込む翔を励ますアイは…

デートは上手くいったものの、結局、奈々美(飯豊)の心は智章(清水)にあると改めて感じ、落ち込む翔(野村)は身を引く。

そんな翔の様子を見て「君の役に立つのが俺の役目だからな!」と解決策を探すアイ(西野)だったが、なかなか良い方法が思いつかない。
そんな中、智章から奈々美と付き合うことを先に報告された様子の翔は、自分も奈々美へ思いを伝えようと思っていたが「いいと思う。きっと良くなると思うよ、いろんなことが」と言い、付き合うことになった奈々美と智章を祝福。
アニメコンクールに出す作品のヒロインを奈々美風のキャラクターデザインにしていた翔は、その絵を見せることなく破った。

その後、翔が落ち込みつつ家に帰宅すると、明るいアイの姿が。
そんなアイに「ちゃんと果たしてると思うよ、役目。ビデオガールの」と翔が伝えると「は?何だそれ。褒めてんじゃねーよ」と照れたアイ。
翌朝アイは、キャラクターデザインを考えながら寝てしまった翔の机の上にあった、自分に似たショートカットの元気な女の子が描かれたスケッチブックを見て笑顔に。

学校へ向かう翔へ手作り弁当をもたせると「いってらっしゃい」と頬にキス。
「何してんだよ、遅刻するぞ!」と笑顔で送り出した。

アイ“行ってらっしゃい”のキスに反響

番組ラストに登場した“行ってらっしゃい”のキスに視聴者は驚き&興奮。
「いってらっしゃい、ってチューした!!」「西野七瀬ちゃんからキスでお見送りされたい人生だった」「なんだこの夢のようなシチュエーションは!!!」「なぁちゃんのキスシーンやばい!めっちゃキュンとした」「失恋した翌日これだったら吹き飛ぶわ」といった声が上がっていた。

http://mdpr.jp/news/detail/1743072

『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』第3話 西野七瀬
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


天野アイ役 西野七瀬
no title

『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』出演者と
no title

【【乃木坂46】西野七瀬のキスシーンに驚き&興奮の声wwwwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/01/20(土) 16:11:04.38 ID:CAP_USER9
出来レースとの声もあるが、一応、日本の音楽賞では権威ある有名ドコロとされる「日本レコード大賞」。昨年度は、AKB48(「願いごとの持ち腐れ」)と乃木坂46(「インフルエンサー」)、そして欅坂46(「風に吹かれても」)の“秋元康プロデュース”3組が賞レースに参加する展開となった。結果、大賞は乃木坂に――AKBに勝利したのである。

「このままいけば今年のレコ大は乃木坂と欅坂の対決になるでしょうね。昨年はAKBに比べ、“坂”の勢いがありましたから」

 との見立てを明かすのは、スポーツ紙の芸能記者だ。

 小嶋陽菜(29)や渡辺麻友(23)らが卒業し、新たな“顔”となるメンバー不在のまま新年を迎えたAKBに対し、乃木坂では昨年2月に発売された白石麻衣(25)の写真集「パスポート」が年をまたいで売り上げを伸ばしている。累計にして26万部で、これは“女性ソロ写真集では21世紀最大のヒット”だとか。一方の欅坂も、1万部売れればヒットとされる写真集において、昨年末の長濱ねる(19)の「ここから」が12万部を売っている。

 CD売上でいうならば、AKBの“29枚連続ミリオン”の記録は不動だが、

「とはいえ、乃木坂は昨年3月に出した『インフルエンサー』でミリオンを初達成して以降、最新シングルまで3連続ミリオンを続けています。欅はセールス面ではまだまだ及びませんが、それでも昨年の『紅白歌合戦』で体調不良騒動を招いた『不協和音』は、この件で認知度がグンと上がったのではないでしょうか。年末には100位以下だったランキングが、年明けには20位まで上昇してます。なによりグループの名前も、あの騒動が知られるきっかけになったでしょう」(同)

そんな坂道の2018年問題
 ……と勢いづく坂道だが、別の記者からはこんな冷静な分析が。

「乃木坂に関していえば、かねてよりファンの間で囁かれてきた白石の卒業が懸念事項です。写真集のバカ売れが話題になっていますが、逆にいえば個人としてもやっていけることが証明されてしまった。今年中の卒業の可能性がますます高まり、そして白石が抜ければグループの大きな穴になる。仮に卒業した場合、誰がグループの“顔”に代わるかといえば……現状では見つからないですね。例えば齋藤飛鳥(19)は白石とほぼ同じタイミングで写真集を出し、こちらもロングセラーを続けてはいるものの、白石の写真集とは雲泥の差の売り上げ。西野七瀬(23)は放送中のドラマ『電影少女』の主演で注目をされていますけれど、SNS上でドラマの感想をひろうと“あんまり可愛くない”とアイドルとしての評判はイマイチ。そのほか、一昨年に加わった3期生を含め、白石の枠を埋めるほど育ってはいません」

 1人抜けるとグループが危機、というのは欅坂も同じ。こちらの場合は、紅白で体調不良、そして1月13日に右腕負傷で全治1カ月が発表された平手友梨奈(16)が問題だという。

「そもそも欅は“平手ありき”のグループになっている点がファンの間でも危惧されていました。『不協和音』も彼女の『僕は嫌だ!』の叫びなしでは成立しないし、平手が出られないからこそ、月末からの開催が予定されていた武道館公演が、欅坂からアンダーグループの“ひらがなけやき”こと『けやき坂46』の単独公演に代わってしまったわけです」

 ダークなイメージで売る欅坂だが、少なくとも彼女に関しての“闇”はホンモノらしく、

「紅白のリハーサルでは、ホールの壁に突っ伏して誰とも会話していませんでしたから、年末に体調が悪かったのは本当でしょう。さらにいえばこの時、他のメンバーやスタッフを寄せ付けまいとする負のオーラが凄かった。ファンからは“平手はメンバー間でハブられている”といわれていますけれど、こういう部分が周りを引かせているんじゃ、とも感じましたね。彼女の精神的な不安定さを招いているのは、運営側が酷使しすぎというのもあると思いますよ。14歳で愛知県から上京して以来、ずっと寮生活で仕事漬け。その上、秋元さんからは過度な期待をかけられて、参っていると聞きます。欅坂も、平手が長期休養ともなれば、長濱やキャプテンの菅井友香(22)では代役がききませんよ」


 ……と、ここまでの記者諸氏の解説を聞いても、読者の多くは乃木坂の白石、欅の平手、くらいしか顔と名前が一致しないところだろう。
そう思えば、“あっちゃん”や“ともちん”“ゆきりん”とあだ名ですら分かるメンバーが揃っていたAKBって、凄かった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180120-00536504-shincho-ent

西野七瀬
no title

【【乃木坂46】西野七瀬は可愛くない 白石卒業後の乃木坂の顔がいない 週刊新潮が分析wwwwwwwwwwwww】の続きを読む