芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

西郷どん

1: なまえないよぉ~ 2018/09/03(月) 10:40:53.32 ID:CAP_USER9
NHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜午後8時)の第33話が2日に放送され、平均視聴率が関東地区で13・2%だったことが3日、ビデオリサーチの調べで分かった。

これまでの関東地区の最高は2月4日の第5話で記録した15・5%。最低は8月12日の第30話で記録した10・3%だった。8月26日の第32話では日本テレビ系「24時間テレビ」の影響もあってか10・4%とワースト2位を記録していた。

2日の放送は、寺田屋で襲われて負傷した坂本龍馬(小栗旬)が薩摩藩に保護され、お龍(水川あさみ)とともに療養のため鹿児島に渡って西郷家を訪ねる内容。吉之助(鈴木亮平)の妻の糸(黒木華)は、吉之助と夫婦らしい時間を持てない中、お龍の龍馬へのまっすぐな愛に心を動かされる姿が描かれた。

9/3(月) 10:26配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00315434-nksports-ent
no title

【【視聴率】「西郷どん」糸とお龍で視聴率爆上げwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/27(月) 11:36:05.34 ID:CAP_USER9
 俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第32回「薩長同盟」が26日に放送され、平均視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。“歴史的会談”の裏では、日本テレビのチャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」が放送され、瞬間最高視聴率で34.7%、平均視聴率は15.2%を記録した。

【写真特集】鈴木亮平、瑛太、小栗旬、玉山鉄二に“ハンバーグ師匠”も! これが「薩長同盟」だ!! 意地のぶつかり合いの果て…

 「西郷どん」は、明治維新から150年となる2018年に放送される57作目の大河ドラマ。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助、鈴木さん)の愚直な姿に、カリスマ藩主・島津斉彬が目を留め、西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へと奔走。勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……という内容。

 第32回「薩長同盟」は、倒幕のため、長州と手を結ぶことをあきらめきれない吉之助(鈴木さん)は、坂本龍馬(小栗旬さん)に、再び長州との仲を取り持ってほしいと頼み込む。龍馬は動き、長州のために薩摩名義で銃や軍艦を買いそろえると桂小五郎(玉山鉄二さん)の説得を試みる。長州の行く末を思い、一人苦悩する桂は、薩摩と吉之助に対して複雑な思いを抱きつつ、急転直下で、会談に臨むことに。だが、両藩の意地がぶつかり合い……という展開だった。

8/27(月) 10:46配信 
まんたんウェブ 

<西郷どん>第32回「薩長同盟」視聴率10.4% 24時間テレビの裏で“歴史的会談” 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000004-mantan-ent
0794b7a0-s

【【視聴率】<西郷どん>第32回「薩長同盟」視聴率10.4% 24時間テレビの裏で“歴史的会談”】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/13(月) 10:58:58.52 ID:CAP_USER9
12日に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜午後8時)の平均視聴率が
関東地区で10・3%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。

これまでの関東地区の最高は2月4日に記録した15・5%、
最低は4月29日と7月29日に記録した11・1%だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00294870-nksports-ent

0794b7a0-s

【【視聴率】「西郷どん」ついに最低視聴率を記録wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/06(月) 13:32:27.08 ID:CAP_USER9
NHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の29話「三度目の結婚」が5日に放送され、AKB48柏木由紀が初の時代劇にして、大河ドラマ初登場。
ファンから「大河出演おめでとう」といった祝福の声が上がった。

吉之助(鈴木亮平)が1年ぶりに帰郷。
薩摩は「禁門の変」の長州征伐の噂で持ちきりで、吉之助は多くの歓迎を受ける。
すでに次の一手、徳川幕府の打倒を見据える彼は、一蔵(瑛太)に「力を貸してくれ」と懇願するが、「ついていけない」と断られてしまう。

その夜、吉之助の帰りを祝う宴が行われた。
給仕をしていたのは、妹・琴(桜庭みなみ)と、弟・吉二郎(渡部豪太)の妻・園(柏木由紀)だった。
彼女の妊娠に「赤子まで授かっての、まっこてめでたか!」と喜ぶ吉之助。
琴は「兄さぁも嫁を取ってくいやんせ」と頼み込み、吉二郎らも加勢する。

そんな折、幼なじみの糸(黒木華)が、父親に連れられてやってくる。
聞けば糸は離縁されて里に戻っているという。
周囲が縁談を後押しするさなか、園が「産まれる!」と産気づいて…。

SNS上では、大河デビューを果たした柏木に注目が集まった。
オープニングで名前がクレジットされると、「推しの大河デビュー胸熱」とファンは歓喜。
また鹿児島出身とあって、「ゆきりんさすがだな鹿児島弁うまい」と、ネイティブならではの自然な台詞にも好感の声が。
さらに「ほぼすっぴんらしいけどすっぴんであの可愛さはすごいと思う…」と、ほぼ素顔の演技にも高い関心が寄せられた。
 
純朴で可憐な糸を演じる黒木華には、「あの役どころは黒木華さん以外にない」「糸ちゃん切なくて、可愛かった」、さらには吉之助と再婚したことについても「鈴木亮平の吉之助とお似合いに見えるな」といった意見も書き込まれた。

また、吉之助役の鈴木亮平は、糸へのプロポーズに一度失敗したり、久光の前で偽りの涙を流したりと、さまざまな一面で視聴者を魅了。
「役柄が板についてきた」「どんどん貫禄出てきてる」という投稿も見られた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00057992-crankinn-ent

NHK大河ドラマ『西郷どん』 柏木由紀が大河ドラマ初登場
no title

no title

no title

no title

no title

no title


AKB48 柏木由紀
no title

no title

【【AKB48】柏木由紀の大河ドラマ『西郷どん』初登場にファン歓喜wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/05(日) 09:59:05.97 ID:CAP_USER9
俳優の鈴木亮平(35)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)。視聴率が“西高東低”の不思議な現象が起きている

 大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(64)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の激動の生涯を新たな視点で描く。脚本はNHK連続テレビ小説「花子とアン」、テレビ朝日「ドクターX外科医・大門未知子」などで知られる中園ミホ氏(59)。初の大河脚本となる。

 1月7日の初回は関東地区が15・4%に対して、関西地区は19・8%と大台に迫る数字で船出(ビデオリサーチ調べ)。3月18日の第11話でも関東14・6%に対して関西18・9%と高い視聴率を記録した。初回から7月29日放送の第28話まで28回分の平均視聴率も関東が13・5%、関西が16・7%と3・2%の開きが出ている。

 過去2作品の平均視聴率と比較しても、「おんな城主直虎」(17年)が関東12・8%、関西14・1%で差は1・3%、「真田丸」(16年)が関東16・6%、関西15・9%で0・7%と「西郷どん」の東西差が最も大きい。

 先週の放送回は裏番組の人気バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ、読売テレビ)に歌手の安室奈美恵(40)が出演。大きな反響があり東西で20%超えとなったが、「西郷どん」第28話は関東11・1%、関西16・3%と関西地区は健闘した。関西地区では「イッテQ!」を上回る回もある。

 主演の鈴木をはじめ、西郷従道役の錦戸亮(33)、篤姫役の北川景子(31)ら主要キャストが関西出身、幕末騒乱の京都が舞台など“関西とのつながり”は深いが、NHK関係者も「ここまで関東・関西の差が大きいのは異例」と数字の開きに驚いているという。

 大河ご当地の視聴率が上がるのはよくあることだが、今回は異例の現象。作品は革命編に突入し、西郷吉之助が英傑たちと薩長同盟、大政奉還へと突き進んでいく。今後の展開とともに視聴率も盛り上がるのか、注目を集めそうだ

8/5(日) 8:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00000063-spnannex-ent
no title

【<NHK「西郷どん」>異例の現象“西高東低”視聴率 局関係者も驚き】の続きを読む